2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

有機合成研究室ランキング

1 :あるケミストさん:2005/12/19(月) 20:05:52
いままでなかったこのランキング。
おまいら、おしえれ。
とりあえずテンプレは
偏差値   研究室名   大学
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

みたいなかんじでよろ。

スレたてっぱなしで、スマソ。
 

2 :あるケミストさん:2005/12/19(月) 20:29:31
今までなかったわけではない。
過疎の化学板にも、DAT落ちというものがある。
レスがつかずに落ちただけだよ。
そのことを知っていてこのスレを立てたとしたら馬鹿だし、
もし知らなかったとしたら、1年ROMれ、ってことだな。
つまり俺の言いたいことはだな
馬鹿とガキは2ちゃん使うなwwwwwwwww

3 :あるケミストさん:2005/12/19(月) 20:48:43
偏差値    研究室名      大学
80      福山研     東京大学
78      平間研     東北大学
77      宮下研     北海道大学
75      柴崎研     東京大学
75      野依研     名古屋大学
73      こばしゅう   東京大学
72 磯部研     名古屋大
71      吉田研     京都大学
70      只野研     慶応大学
69      福住研     大阪大学
67      佐々木研    東北大学
66      北研      大阪大学
62      高橋(孝志)研 東工大
57      大船研     大阪市立大
57      上西研     京都薬科大
56      勝村研     関西学院大
55      林研      東京理科大
53      野出研     京都薬科大

4 :あるケミストさん:2005/12/19(月) 21:43:34
>>3
宮下先生はスゴイけど、そこまで高くはない。
福住研ももう少し上。というか、合成?
林民雄さんは、ずっと上。
勝村、上西は聞いたことすらない。

有名どころで、思いつくだけで以下の研究室が抜けてる
丸岡研・香月研・向山研・鈴木啓介研・竜田研・宮浦研・橋本俊一研・
山本嘉則研・山口研・玉尾研・上村大輔研・中村栄一研・

若手で入ってきてもいいかな、と悩むところでは、
杉野目研・石原研・野崎京子研

5 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 02:36:50
>>4
あなた、相当のマニアですね?
福山研、ちと高すぎ?

6 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 13:58:41
>>3,4
82 向山研
81 香月研
79 玉尾研
77 福山研
67 宮浦研
66 山本嘉則研
60 上村大輔研
58 杉野目研

ぐらいかな。他は知りません




7 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 15:10:27
"そ合研@東京理科大"もすごいと思います。

8 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 15:10:45
75      丸岡研
75      鈴木啓介研
72      竜田研
68      中村栄一研

9 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 17:06:15
有機合成=天然物合成+反応開発とすると比較が難しい。
3は天然物合成に片寄っている上にあまり正しくない..大阪在住のM1か?
岸研,根岸研,山本尚研,尾島研等の海外組を入れるべきだと思う。
福住研はさすがに有機合成ではないだろう。
後,玉尾研はもうない。

10 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 17:28:43
とりあえず>>3の偏差値60以下の研究室書く必要なし
まだ上がっていない大嶋研,奈良坂研,碇屋研等の方が明らかに重要だろ。
>>6の宮浦研以下の4研究室の評価低すぎ。
佐々木研=宮浦研>山本嘉則研=北研 ???
適当すぎる。 せめて博士号をとってから書いてくれ。





11 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 20:44:59
有機合成という大まかなくくりでは
コンビケムの高橋研(東工大)も入るだろう?
ケイ素も入れるなら、関口研(筑波大)は?
ケイ素三重結合をつくったんだから入れていいだろ。

>>10さんがいうようにいい加減すぎだな。
有機を専攻してない人間でも、もう少しまともな順位をつけられるよ。

12 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 21:35:31
おまいら海外は無視ですか。そうですか。
スタンフォードにふれないとは良い度胸してますね。

13 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 23:28:55
こんなランキング意味無いのでは?
各研究室でも修了者の実力はさまざまだよ。

14 :あるケミストさん:2005/12/20(火) 23:48:19
>10
おまえが「これぞっ」ていうランキング作ってやれよ。

15 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 01:32:56
過去の教授自身の仕事(合成,反応に限る)でのランキングだと
Sランク 野依良治 向山光照
Aランク 岸義人 福山透 山本尚 山本嘉則 (玉尾皓平 村橋俊一 村井慎二 鈴木章)
Bランク 平間 尾島 根岸 香月 柴崎 宮浦 磯部 竜田 宮下 
吉田 大嶋 奈良坂 小林 中村 上村 林 丸岡
Cランク その他
年齢順になってしまいがち(括弧内は退官)。
後,桜井一門(吉良,関口,細見)は除外しました。

16 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 01:46:40
何で勇気だとこんなに食いつきいいんだろう

17 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 01:51:01
山本明夫を忘れてもらっては困る。

18 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 02:22:28
>>13
当方B3。これから研究室所属する身としては、やはりこういうのはありがたい。

というわけで、このスレ落ちないでくれ〜

19 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 02:50:24
まああんまり言いたくないんだけどさ、
このスレマジに受け取られるのも困るんだよね。特に>>18
B3だったら行けるのは自分の大学だけだべ?
このリストに載ってる研究室行けなかったらどうすんの?ロンダ?
「俺はこんな糞研究室にいちゃいけないんだ!」とか思いながら卒研書くの?
到底耐えられないと思うよ。
「俺の研究室はあそこより上なんだい!」とか言ってるのは別にいいんだけど、
このスレはあくまでもネタスレなわけで、そこはわかっていて欲しい。

20 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 02:56:12
>>18
まぁ、とにかくあれだ、

「Journal of the American Chemical Society (J. Am. Chem. Soc.)」
とか、
「Angewandte Chemie International Edition (Angew. Chem. Int. Ed.)」
とか、
「Chemical Communications (Chem. Comm.)」
とか、
「Organic Letters (Org. Lett.)」

とかに、年に1,2報ぐらい載せてる先生なら、B3の人には文句なしってことさ。

21 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 02:58:30
>>19
当然嘘半分なのはしっとる。
逆に言うと、半分はほんとだろ?

それに院にいくときは選べるな。まさか来年の所属の参考にしようとはおもっとらんから安心汁。
学内限定なら学内の情報の方が遙かに確度が高い。

22 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 02:59:54
では補足
Aランク (森ケンジ,山本明夫,桜井英樹)
B 橋本,細見,北原,鈴木啓介 
ヘテロ元素化学(吉良,関口,岡崎一門)は除外しました。 
過去の総計なので最近のアクティビティを基準にすると..??

23 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 03:00:25
>>20
おおぅ。そうかそういう基準もあるのか!ありがとう。参考にするよ。

24 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 03:01:16
院は研究室で選べっていうけど、それは東大生が学歴は関係ないって言ってるようなもの
実際には大学名で選んだほうが良いことがわかりました・・・

25 :20:2005/12/21(水) 03:04:32
>>B3の方々へ
論文数で選ぶという基準もあるけどさ、三年生ぐらいなら、はっきりいって、

『教授の人格』

これを最優先で決めることをお勧めするよ。院は、修行の場であるから教授の実績を優先させるほうがいいだろうけどさ。

26 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 03:19:26
若者達へ
実績は研究室の人数にも依存するので,
JACS=3ポイント
Angew=2ポイント
Chem.Comm./Org.Lett./Chem.Eur.J./Organometallics=1ポイントとして
過去3年のポイントを算出,研究室の人数で割る。
その値が1ポイントぐらいなら一流。


27 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 03:24:48
>>26
異議あり。
その基準なら、Angew=3ポイント ぐらいでもいいと思うのだが。
なぜか、有機系の人は、Angewを低く見がちな気がするんだよなぁ。
やっぱり、JACSと比較して物性系の論文が多いからか?
俺は、Angewは素晴らしい雑誌だと思う。ひねくれた論文が多いけど、そこがまたイイ。

28 :26:2005/12/21(水) 04:14:25
>>27
俺も迷ったのだけどね...
もちろん3でもよいです。
Nature, Scienceは10ポイントくらい。
1ポイント以上なら進学先として選んでもまあ問題ないと思います。
これまでに上がった研究室だと2ポイントを超えている所もたくさんあります。
別の基準として,教員と博士課程の学生の比率が多い所もオススメです。

29 :27:2005/12/21(水) 04:36:28
>>28
なるほど、少々不躾な物言いで申し訳なかったです。
なら、俺はそれに加えて、
Chemical Reviews(Chem. Rev.)
を10ポイントぐらいで加えたいです。あれを書くのは一部の例外を除いて、相当な実力がないといけないから。


30 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 04:51:38
故正宗先生(平間先生の師匠)や、故光延先生がご存命なら、どれぐらいのレベルだろうかなぁ?

31 :26:2005/12/21(水) 04:53:43
いえいえ。
では今の基準(10P*3,3P*2,1P*4,26−29参照)で
2003−2005年のポイントで算出してみようと思います。
(Scifinder+ホームページで人数確認)
週末にやるので,意見や要望はそれまでによろしく。





32 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 08:19:28
いままでの経過を見るに…
”研究室の人数で割る”というアイディアはなかなかに斬新であると思う。
JOCを1ポイントで換算することをキボンヌ。Acc.Chem.Res.はどうしようかしらん?
とにかく、期待してます。頑張って。就職偏差値格付けぐらいの勢いで作ってちょ。

33 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 15:24:54
若者の進路決定の指標として
最近のアクティビティを反映したいので
レビューはやや低めにしようかと思います。
現在の値
10=Nature/Science
6=Chem.Rev.
3=JACS/Angew/Acc.Chem.Res./Chem.Rec./Pure.Appl.Chem
2=PNAS
1=Chem.Comm./Org.Lett./Chem.Eur.J./J.Org.Chem./Organometallics

34 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 16:30:15
>>33
レビューを低くするなら、ACC.CHEM.RES.は2ぐらいが妥当かもしれない。

35 :34:2005/12/21(水) 16:31:25
あと、PURE&APPL.CHEM.も。

36 :あるケミストさん:2005/12/21(水) 22:31:33
Reviewは止めたほうがいい。

理由
かつてはChemRevなどは、その分野で大きな仕事をしてきた有名教授が
Reviewを纏め上げることが多かった。しかし近年、国内国外を問わず論文投稿数とIFを
用いた業績評価が広まった御蔭で、最近は若手無名研究者が手っ取り早く投稿実績を
稼ぐため、他人の仕事をReviewに纏めて投稿することが大変多くなってきているから。
Highlightなども同様。

Full, commun, note程度に絞るべきだ。

あとChemCommunは、そんなに重要度高い?
Nature/Science, JACS/Angew., JOC/OLの次には普通、Tetrahedron/Synthesis/TL/Synlett
あたりだと思うけど。
俺の感覚では、その次にCL/TAsynmet/ChemCommun./Bioorg.Chemといった印象。

また、Pure.Appl.Chem は論文誌と言えるのかな。

37 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2005/12/22(木) 01:07:02
J.Med.Chem. お勧め。

38 :あるケミストさん:2005/12/22(木) 01:45:45
>>36
天然物合成の人かな?
メソドロジーだとChem.Comm.はOLと同じくらいの感覚だけど..
Tetrahedron/Synthesis/TL/Synlett =0.?としてもいいのだけど
BullChemは?CLは?となるので今回は1ポイント以上の雑誌のみ集計します。
Chem.Rev.=3
Chem.Rec.=2
Acc.Chem.Res./Pure.Appl.Chem =1 にしておきます。
3年でレビュー3報も書いているところないので影響は少ないです。
>>37
いい雑誌ですが,
すでに挙った研究室でJ.Med.Chem.出しているところ
ほとんどないので,ポイントには影響ないです。

39 :あるケミストさん:2005/12/22(木) 15:16:48
>>36
確かに、最近のChem.Rev.を見ると、言い方は悪いが、化学がそれほど盛んではない地域の執筆者による論文
が多いように思われる。しかし、日本に限ればどうなんだろう?という疑問もある。
CLとChem.Comm.を同列に並べるのは、いくらなんでも強引な気が…。
TLは、1ポイントでもいいかもしれない。Chem.Comm.と比較すると明らかに劣るが、有機系学生の登竜門的
な性質を持つ雑誌であると思うからである。
>>38
Acc.Chem.Res.とPure Appl.Chem.を同列に扱うのはちと疑問に思う。でも1ポイントならたいした影響はない、か?
Pure Appl.Chem.を入れるのなら、Chem.Soc.Rev.も入れるべきではないだろうか?

40 :あるケミストさん:2005/12/22(木) 15:25:51
レビューは新参者のThe Chemical Recordが頑張ってるんじゃね?
編集部からの依頼原稿がほとんどだが。

41 :あるケミストさん:2005/12/22(木) 15:28:19
依頼原稿なら、信用できそうだな。

42 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 00:37:40
>>41
結局、有機合成化学教戒師を日本語で読めばすむよ。
目利きが新しい総説を書かせているわけでないから、焼き直しでしょ。

43 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 00:56:14
>3
福山研 アルカロイド類の全合成
平間研 海洋ポリエーテル類の全合成(シガトキシンなど)
宮下研 よく知らんが、すごいらしい。
柴崎研 LLBなどのBimetal Chiral Lewis Acid
野依研 不斉還元、超臨界反応
こばしゅう 水中でのルイス酸
磯部研 海洋ポリエーテル類の全合成(岡田さん、ザラ御仁さん等)
>6
向山研 向山アルドール他
香月研 不斉酸化
玉尾研 裕樹ケイ素(玉尾酸化)
宮浦研 鈴木宮浦反応
山本嘉則 よく知らんが、すごいらしい。
上村大輔研 ハリコンドリンだっけ?


44 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 01:02:49
>>15
岸義人 パリトキシン
山本尚 MAD
村橋俊一 CH直接activation
尾島 COを用いたカルボニレーション
根岸 根岸カップリング(Zn)
竜田 アントラサイクリンだっけ?
吉田 よく分からんが、すごいらしい
大嶋 有機Mn
奈良坂 よく分からんが、すごいらしい
中村 英語が上手い。有機Zn。
林 MOP
丸岡 不斉相関移動触媒
桜井 櫻井細見アリル化
野出 臭くないswern酸化




45 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 01:13:13
>>4
橋本俊一 Rh不斉触媒
山口研 よく分からないがまぁまぁらしい。
杉野目研 有機ホウ素
石原研 脱水縮合
野崎京子研 BINAPO

何にも調べない、俺の認識。w

三上幸一さんが出てこないのは仕様ですか。グリコシルエン反応。
冨岡先生は…、触れてはいけない人ですよね。
高橋保って北のほうにいましたよね。ポーソンカーンとか、そんなの?
細見さんは、合成だよね。
長崎あたりに畑山とかいう人が…。バイリスヒルマンだっけ?
福岡あたりに藤原とかいう人も…。ランタノイドだっけ?稲永純二?
日善三の名前のインパクトは忘れられない。
不斉アシル化の偽こばしゅう(進)w

う〜ん、限界だ・・・。orz




46 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 04:15:28
>>43-45
山本嘉則 Pdによる環化反応+海洋ポリエーテル類の全合成
吉田研  カチオンプール,ピリジルシリル基
奈良坂研 sp2窒素(炭素)上での置換反応
山口研 ルイス酸で炭素炭素多重結合への付加
追加(最近の仕事)
根岸研 Zrによるオレフィン不斉アルキル化
宮浦研 アリールC-H直接ホウ素化


47 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 04:50:47
雑魚ばっかりだな

48 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 05:11:44
ではレビューに関しては
Chem.Rev.=3  Chem.Rec.=2
Acc.Chem.Res./Pure.Appl.Chem/Chem.Soc.Rev.=1
でOK? いずれにせよ大勢には影響ないので..
個人的にはTLとCLはSupportingInfoがないのであまり認めておりません。
TL,CLのいずれか3報でJACSに値するかといわれると???です。
代替案としては
JACS=6 Angew=5(6?)PNAS=4
OL/JOC/ChemComm/ChemEurJ/Organometallics/JMedChem=2
TL/Tetrahedron/Synlett/SynComm/AdvSynCat/CL/Bull/EurJOC/JOMC=1
とする手もありますが,集計が結構大変です...orz



49 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 16:28:38
>>48
Syn.Comm.とChem.Lett.とBull.Chem.Soc.Jpn.とJ.Organomet.Chem.はいらないと思う。
そんな零細誌まで入れてたら、キリが無い。
Angew.Chem.Int.Ed.は6でいいんじゃね?


50 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 23:11:18
誰も言わないからいっとくが、上村研はモノトリだろーが
おまえら素人臭いよ

51 :あるケミストさん:2005/12/23(金) 23:31:59
>>50
駄目院生め、俺のケツをなめろ。

52 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 11:39:49
期待上げ。

53 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 12:09:53
アクティビティという意味では、BiochemistryとかJ. Phys. Chemみたいな分野外
の雑誌にも顔を出している先生のほうが、学生にとって幸福なことが多いけどな。
ただ、評価基準に使うには難しいか。

54 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 13:00:46
有機限定の評価表なら基準に入れてもいいかもね。

55 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 14:23:59
良く考えたら週末クリスマスだし,この基準でやると
シャレにならないほど時間がかかりそう...
誰かボランティアで1大学ずつ担当してくれないですか?
申し訳ない...orz
(1)大学内の有機合成系研究室の人数(教員含める)をホームページで調べる。
(2)SciFinderで2003-2005の論文をゲットし雑誌名でソート,それぞれの数を集計。
(3)雑誌ごとのポイントを振り分けて人数で割る。
JACS/Angew/ChemRev=6 PNAS/ChemRec=4
OL/JOC/ChemComm/ChemEurJ/Organometallics/JMedChem/ChemSocRev=2
TL/Tetrahedron/Synlett/SynComm/AdvSynCat/
CL/Bull/EurJOC/JOMC/AccChemRes/PureApplChem=1

56 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 16:49:36
"そ合研@東京理科大"もすごいと思います。

57 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 17:07:35
香月先生の計算を行ってみました。

JACS×1 / Angew.×2 / TL×6 / CL×5 / Synlett×7 / PNAS×1
/ Chem.Comm.×1 / Chem.Soc.Rev.×1 / Chem.Rec.×1

で、計48です。
研究室の人数は分からなかったので、写真に写っている人数を数えてみました。
そしたら、全員で25人でした。

∴1.92 です。

58 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 22:22:10
>>56
King of 1 pattern とも聞くが・・

59 :あるケミストさん:2005/12/24(土) 22:56:49
>>57

山本先生@東北理
JACS×16/Angew×2/ChemRev×1/JOC×20/
TL×18 / CL×1/EurJOC×2/Tetrahedron×2/
AdvSynCat×1/AccChemRes ×1/PureAppChem×1
計180 人数36 ∴ 5.00 
ベスト10入り確実?

平間先生@東北理
JACS×3/Angew×4/PNAS×1/ChemRec×1/JOC×1/OL×4
TL×4/Synlett×3/Tetrahedron×3/AccChemRes×1
計71 人数29(B3は除きました) ∴2.44
全合成の研究室ではベスト3?(生物系の雑誌も複数あり)

60 :あるケミストさん:2005/12/25(日) 00:50:03
このスレはどこまでを合成とするのかを明確にしないとな
名前の挙がってる半数は、一般に「反応屋」といわれる研究室だろ
反応と合成の基準を明確にしないとSCI FINDERでやっても意味ない

前述のヨシノリ研なんかは、反応開発の論文が圧倒的に多いだろうに

61 :B3:2005/12/25(日) 01:49:11
純粋に「有機合成ランキング」ならば線引きは重要なんですが、僕らからしますと「点数高けりゃどこでもいい」わけはないわけでして…そういう意味では取捨選択のための選択肢はより多い方がいいです。はい。

また、線引きよりもまずは「一応提示されたスキーム」を軌道にのせることの方が重要でして、「これ合成か?」という指摘は後からでもできます。今はその時期ではないと思います。

62 :あるケミストさん:2005/12/25(日) 03:57:59
究めて無駄が多い作業の気がするが、とりあえず頑張ってみてくれ

63 :あるケミストさん:2005/12/25(日) 04:23:27
>>60,61
一般に有機合成とは全合成と反応開発の両方を意味するのではないか?
論文を稼ぎやすいのは反応開発は全合成と比較することは出来ないけどね。
全合成の研究室で強い所は,平間研,福山研,宮下研ぐらいだけど
反応開発で強い柴崎研,小林研,山本研はその倍以上の論文を出している。



64 :あるケミストさん:2005/12/27(火) 16:03:31
>>63
だからこそ分ける必要があるのではないかと
一くくりにして論文数だけで比べると、反応屋が上になるのは当然だろうに

65 :あるケミストさん:2005/12/27(火) 19:19:08
結論:細かい数は意味なし

66 :あるケミストさん:2005/12/28(水) 14:51:05
この大学ならここっ!!みたいな感じで有機系の研究室をあげてもらえるとうれしい。
院試で研究室選ぶのに役に立つから。
東大、東工大、筑波、横国、千葉、首都大あたりの関東の国立大で。

67 :あるケミストさん:2005/12/28(水) 15:56:39
論文の出しやすさだと
上述したように反応>>全合成となるので
東大だと,柴崎研,小林研,中村研
東工大だと三上研,岩澤研,碇屋研
筑波は細見研
横国以下は...やめておいたほうが無難
全合成好きなら
東大の福山研 東工大の鈴木研 

68 :あるケミストさん:2005/12/28(水) 16:35:58
実際、スーパーポスドクが一人で量産することもあるからな
業績って

ってか、ドクターに行かないんなら
業績とかってあんまり関係ないよね
指導教官や先輩との相性のほうが大事

69 :あるケミストさん:2005/12/29(木) 12:48:07
>>67
横国以下のくだりは激しく同意!


70 :あるケミストさん:2005/12/29(木) 15:00:43
鶏口牛尾
鶏口となるも牛後となるなかれ
とは云うけれど、世界からみたら駅弁大学では
博士とるのは思いとどまった方がよい鴨
規模はどうであれ一年に2報も出せないのは
まず止めとき。

71 :あるケミストさん:2005/12/30(金) 01:13:22
東工大の江口研ってどうでしょう?

72 :あるケミストさん:2005/12/30(金) 13:15:31
>>71
江口正のこと?
おもろいオッサンと言うイメージが強烈に残ってる

73 :あるケミストさん:2005/12/30(金) 18:03:15
>>71
聞いたことすらない。

74 :71:2005/12/30(金) 21:29:47
>>72
そうです。
東工大の化学科からは鈴木啓介研と岩澤研と江口研に所属できるのですが、どの有機合成研究室にいこうか迷っています。

75 :あるケミストさん:2005/12/30(金) 22:45:23
とりあえず各大学各学部からノミネートしてはどうだい?
あと、退官間近な教授もいるからね。

76 :あるケミストさん:2005/12/31(土) 01:01:21
>>74
鈴木先生は良い先生だよ
相談にも親切になってくれるし、合成の知識もある。

ただ研究室に所属したからと言ってくぁwせdrftgyふじおlp;@:「」

77 :あるケミストさん:2006/01/02(月) 22:28:36
>>74
鈴木研と岩澤研はともにM山先生の直弟子ですな。
どちらもいい先生だが、所属の第一条件は体力だな。
岩澤先生は朝の9時ぐらいから23時位まで研究室に
おられ、ゼミの勉強は研究室ではやらせてくれない。どういう意味か分かるか?
鈴木研今ではどうかしらないが昼飯が20分以内という決まりがあったと
聞いた。

78 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 00:45:37
そりゃそんぐらいしないと東工大は張れないぜ
I澤研は seven-eleven-iikibun
だよね・・・

79 :74:2006/01/03(火) 00:49:50
>>76>>77
情報ありがとうございます。
残念ながら体力にはあまり自信がありませんorz

80 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 02:29:02
M山系でも天才系はそういう拘束時間はないかと思うが
実質は先生についていくために
残業を強いられる・・・・・・・・・・・・。

81 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 02:30:56
>>79
そういう謙虚さが、幸せにつながることもある。
決して、無理することが美徳ではないことを知るがよい。

82 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 11:19:22
部外者だが、肉体的にキツいのがI研で精神にキツいのがS研と聞いた。
E研は、少なくとも先代のK先生の頃は普通だったと研究室の学生から聞いた。(今は知らん)
ただし研究は合成というよりバイオより。

83 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 16:21:39
来年から合成の研究室に決まったB3ですが
マスターからもっとレベルの高いとこに
院試でうつるメリットとかってあるんでしょうか?
就職など,やはりちがうのでしょうか?
ドクター行くかは今の段階ではわかりません

84 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 16:47:33
>>83
違う、全然違う

あなたのいるところが良い所なら、変わらないほうが良いが
一から選びなおしてみては?

85 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 19:11:46
鶏口牛後
どっちがいいかだな
牛口の香具師は有力研究室に言ったほうがよいが…

ポスドクやドクターが多けりゃ
業績も多くなるよね、そりゃ

86 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 19:18:44
>>85
ドクターポスドクが多いから結果が出るのか、結果が出ているから人材が集まって
来るのか…。

卵と鶏の話だな。

87 :あるケミストさん:2006/01/03(火) 19:42:29
>>82
S研の助手もきつそうだね〜。

88 :あるケミストさん:2006/01/04(水) 00:00:22
>>86
マスターまでだったら単純に業績でみて良いと思うんだけど
ドクター以上だったら業績を頭数で割って判断したほうが
良いと思うわけですよ、僕は。

89 :83:2006/01/04(水) 02:21:36
鶏口牛後
自分は牛口どころか鶏後なんでどうせ後なら
鶏後より牛後の方が就活ではいいのかな...

とりあえず,四年の前半で下っ端やりながら
どこの研究室がどういう業績をあげてるか
論文読んで理解できるようになってから出直します.

90 :あるケミストさん:2006/01/04(水) 16:47:33
>>89
対人スキルに自信があるなら
そっちのほうが良いと思うよ

対人スキルも能力もないと
悲しいことになるかもね

91 :あるケミストさん:2006/01/05(木) 01:08:24
今度、ワイリー社と共同で、
Chemistry an Asian Journal(どう略すのかな? Chem. Asian J. ?)
が創刊されるぜ。ヤッタ!(IF 4.0以上目指すらしい。果たして?)

92 :あるケミストさん:2006/01/05(木) 01:23:22
>>89
所詮学生としてはいるのなら、鶏後か牛後の違いですよ。
そりゃ、機器面てやってくれる職員や実験面倒見てくれてくれる
ポスドクがいた方がいいし、分野にもよるけど機器のそろい具合や
予算の差もバカにならない。

さらにドクターでてアカポス狙うんなら、一般論でいえば顔の広い
ボスの弟子でいる方が有利です。

一例だけ、鶏ボスの下でも外部から見たら明らかにその学生オリジナルだろうと
いえるそれなりのレベルの仕事をやって、それを見込まれて同業者に助手に
取ってもらえた人を知ってるが、だいたい鶏ボスっていうのは基本的
にネタ枯れ・放置プレイは当然で、人格的にも問題がありかつ無能で
あるあることが多く、研究室も崩壊状態になっていることが多いので
素人にはお勧めできない。

93 :あるケミストさん:2006/01/05(木) 03:00:55
>>91

一昔前は、インドと中国とロシアの論文は信用するな!と言われていたくらい
だからなぁ。インドと中国、それに韓国が入るとなると、ムーに匹敵する信用できない
雑誌になりそう。

ある意味、見てみたい気もするがw

94 :あるケミストさん:2006/01/05(木) 03:15:19
>>93
俺は、impact factor値が7ぐらい逝く雑誌になると思うぜww

95 :あるケミストさん:2006/01/05(木) 07:49:35
>>91
アジア圏からの論文は載りやすいってことか?
でもヨーロッパ、アメリカ圏からは相手にされなそう。
ある意味においてはインパクトのある論文が載りそうだが。


96 :あるケミストさん:2006/01/07(土) 00:11:27
>>71
おまいが何をやりたいかによるんじゃないか?
S研…反応開発およびそれを用いた天然物合成
(でも今はあまり天然物のプロジェクト動いてないんじゃないかな)
I研…反応開発,特に遷移金属錯体を用いたもの
E研…生合成経路の解明;合成的なものもあるし,遺伝子操作を使うヤツもある

SもIも合成ベースなのでEとは一線を画す。
Eは相手が生物なので,しょうがなく徹夜ってことがあるみたい。
合成ならばその辺はある程度は調整可能だからね。
S,Iともに最近は軟化傾向にあるみたいだ。
昔ほど厳しくない。

個人的な印象としては
S先生…よい先生ではあるが,好かれるかどうかが勝負?
基本的に多忙であるのであまりあまり接する機会なしか?
I先生…教育熱心。政治とかには興味なさそう。化学大好き(w
E先生…飲み好き(w 第一印象は怖いが基本的にいい人。

参考までに。

97 :あるケミストさん:2006/01/07(土) 05:19:11
有機合成の世界では東工大は三上研くらいしか
知名度がない…。

と言ってみるテスト。
って、高橋たかしって東工大でしたっけ?w

98 :あるケミストさん:2006/01/07(土) 18:59:30
>>97
そうだよ。

しかしさ、前から思っていたんだが高橋タカシって名前すごいなwww

99 :71:2006/01/07(土) 23:50:36
>>96
情報ありがとうございます。
現在B2なんですが、恥ずかしながら知識不足で、有機合成の中の何を研究をしたいかはまだ定まっていません。
S先生とI先生とE先生には学生実験や講義でお世話になっていますが、自分との相性だけならI先生が合っていると思います。
とりあえずもうしばらくじっくり勉強してから決めたいと思います。

100 :3のつくひと ◆XX.dqnMOLw :2006/01/08(日) 01:36:43
>>99
大学院に行って何をするか
・勉強する(そして円満に卒業・M修了)
→いい教授

・研究する(Dへ、骨をうずめる)
→良い助手と助教授

・研究職まで行く途中
→有力な(コネのある)教授が居て
 邪魔な助手と助教授が居ないこと

101 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 01:55:54
B2なら仕方のない面もあるが、「何をやりたいかは定まっていない
けど有機がやりたい」のまま配属まで行くとドツボにはまる可能性がある。

102 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 02:09:13
>97
T中M人さんは有名でしょう、いろんな意味で。

103 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 08:34:10
>>100
最近は二期校でも博士は取れますからね。
地元の大学でも300人近くいますよ。

博士はもう、そんなたいしたものではありませんw

104 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 16:34:53
>>99
個人的な意見としては「勉強」にあまりこだわらなくてもいい。
もちろん勉強してきて研究室に配属されるのに越したことはないが、
B4に一番望むのは勉強できるかではなく
化学が好きか、実験が好きか、そしてメリハリがあるか。
自分が見てきた中では
3年まで遊んできた(ただ呆けてきたという意味ではない)連中の方が
研究室に入ってから化けることが多いんだよな。

体力的にキツイのは正直言って慣れ。どうにでもなる。
教授や先輩達との相性、つまり精神面でもフォローがあるか、
ってのがかなり重要。
どこいっても厳しいのはあたりまえ。
これから始まるB4 1年+修士2年(+博士3年)の期間をどれだけ打ち込めるか、
それが重要だと思うぞ。

105 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 16:35:50
>>102
どう有名なの?
いつも不機嫌そうにしてるところとかかな。

106 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 16:43:56
104が良いこと言ってると思う。
さらに私なりの追加ですが、自分自身の人間性を磨いて欲しいな。
根暗君ではお互いに困るので、人付き合いを苦に感じないようであって欲しい。
自分が知らない知識を「自分で調べることができる力」を持つことはもちろんだが、
メンバーに上手に「教えてください。お願いします」「ありがとう」と言える人が良いと思う。


107 :104:2006/01/08(日) 18:12:54
>>106
そうなんだけどな。20超えたヤツに人間関係を磨けっていうのもヘンかなと(w

俺が強く勧めたいのは塾講、家庭教師以外のバイトを経験してこいと。
旧帝,東工以上の大学だとバイトは塾講、ってのが普通だが、そこをあえて。
特に勧めたいのは(客の多い)ファーストフードの厨房。
人間関係も培われるし、
なにより、有機合成の実験における要領がよくなる。
事実、ファーストフードとかの厨房を経験してるヤツってのは実験のやり方がうまかった。
実験を仕込むときの手際がいいんだよな。

108 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 19:04:54
>>107
お前、まともな研究したこと無いだろw

109 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 19:58:26
生物板みてると
IFの合計が300のポスドクとかいるね

JACS 50報文か・・・

110 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 20:30:44
宮浦さんって、助手のころタバコ吸いながらエーテル抽出して立って先生??
スレ違いdすたねスマソ

111 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 20:35:12
うちの研究室が2年前から禁煙になった ってか大学全体が
なのに幸福追求権の侵害で訴える同士が集まらん・・・
isoとかイラネ 煙草吸いたい

112 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 20:38:25
>>110
元東工大の桑島先生がやってたって聞いた。
意外と大丈夫らしいぞ

>>111やってみろww

113 :106:2006/01/08(日) 22:23:48
>(客の多い)ファーストフードの厨房。

107へ
ファーストフードが最適かどうかは別として、言っている意味を
私は理解している。
「要領」は重要だよね。
準備して仕込んで、反応時間中にまた別の反応を仕込んだり、
論文を読んだり書いたりする時間配分を学べってことだよね。
これって社会に出てからも役に立つんだよね。できてない人間が
大多数だけどね。

114 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 22:51:29
続きはこちらで


研究室はどうえらべばいい?@化学板
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1082639817/

115 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 22:55:25
選び方とは違う気が

116 :あるケミストさん:2006/01/08(日) 23:01:53
しかしスレ違いなのは確かだ

117 :あるケミストさん:2006/01/12(木) 22:46:45
外国の研究室もキボン

118 :あるケミストさん:2006/01/13(金) 01:40:29
>>117
A.B.Smith
G.Stork
L.E.Overmann
S.E.Denmark
E.Jacobsen
D.A.Evans
Y.Kishi
E.Enders
D.Seebach
S.L.Shreiber
I.Flemming・・・

きりが無い。
綴りを気にしなければ100人くらい出てきそう。もー、やだ。w

119 :あるケミストさん:2006/01/14(土) 02:13:59
俺の師匠が出てこない。。。


120 :あるケミストさん:2006/01/14(土) 08:48:33
>>119
俺の元ボスは出て来た
実情をしらないんだろうな・・・偽りだらけのあqswでfrgtyふじこlp

121 :あるケミストさん:2006/01/20(金) 22:39:01
>>95
亀レススマソ
最近中国人の論文が増えてきて、日本<中国になってきてるから、アジア圏で巻き込んでレベルをうやむやにしようとしてるらしいよ

122 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:18:58
>>121
亀レスにレスしてスマソ
Organic Lettersは創刊数年で今や完全にOL.>>(越えられない壁)>>TLだが、
そんなに上手く行くとは思えないな。ましてやアジア発の雑誌が。
出来ればそんな雑誌に出さずに済むような仕事をしたいものだ。

123 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:20:32
>>122
あれはJACSから有機化学を排除した島流し先だからだろw

124 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:21:06
>>122
そんな君に一言。
「CLがあるじゃないか」 from むかいやま

125 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:22:43
>>123
Σ( ゚Д゚)ハッ 
まさかACSの隔離ジャーn(ry

126 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:25:39
>>125
言い方は悪いけどそうだろ。

JACSに単純有機化学が乗らなくなった
    ↓
アメリカの化学者の不平不満爆発
    ↓
ACS、純有機化学速報誌創刊
    ↓
JACSに乗らなくなった有機化学が流れる
    ↓
OLレベルたけー ←いまこのへん
    ↓
有機化学衰退
    ↓
OLってなに???


127 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:31:18
たった数分でやけにレスが付いてるw 実は人気スレ?
>>123, 126とか
へぇ、そういう事情があったのか。
OLに載ったからって調子に乗っちゃいけないんだな。



128 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:35:45
>>126
むしろJACSが年会予稿集に見える

129 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:36:33
>>126
というか、逆かな。

OL以前のJACSは、ACSの化学系総合論文誌のはずが半分以上、有機化学に
占有されてた。だから有機は有機へ行けということでOL創刊では?

ただ正直、有機でもいい論文はJACSに載っているし、JACS以外にもAngewが
ある。OLは最初は良かったけど、今は結構TL並みな論文も多い。速報誌としては

(JACS, Angew) >OL≧TL, Synlett≧Chem Commun>TA、CL

な印象。

130 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 01:46:13
俺は国内雑誌に載ればいいや。

131 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 04:21:23
>>130
イキナリ志が低く・・・

132 :あるケミストさん:2006/01/21(土) 18:33:42
スレ違い

133 :あるケミストさん:2006/01/25(水) 23:12:58
激しくスレ違いで申し訳ない。
当方、理学系大学一年生で4月から二年に上がる予定なのですが、将来、有機合成の分野
で活躍したいと思ってます。そこで院入試において有利となる資格等があったら
教えていただきたい。例えば技術士(繊維に当たるのかな?)とか。
宜しくお願いします。

134 :あるケミストさん:2006/01/25(水) 23:36:01
そんなものはない

135 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 00:18:45 ?
>>133
TOEFL

136 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 00:29:30
有機合成の分野

って何?

137 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 00:53:47
>>133
才能、知識、情熱、後先を考えない頭の悪さ
損得を考えない非冷静さ。
人が人に与えた資格になんか何の価値を持つのは
人の作ったものを相手にする場合だけ。
神が創った科学を相手にするには何の意味もないのだよ。

138 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 01:21:31
>>133
面接の練習が必要かもね。
学歴ロンダ目的で外部の院受けて、面接で「有機合成の分野で活躍したい」なんて言ったら、
「たいへん優秀な方のようなので他の分野でも活躍できると思います」なんつって切られる
可能性あるよw まあ、そういう所には行かなくて正解かもしれないけど。
なぜ、有機合成がやりたいのか?そしてそこで「活躍」できるという根拠は何なのか?
まずそこを考えてみた方がいい。
それから、本当に優秀な奴はこんなところで
> 技術士(繊維に当たるのかな?)
なんて聞かない。技術士の資格について自分で調べたらこんなこと書かないはず。
とにかく、ここで質問する前に先輩にいろいろ聞け。話はそれからだ。

139 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 02:00:42
他に訊く人がいないから
わざわざ2ちゃんで質問してるんでは?と言ってみる

140 :133:2006/01/26(木) 08:03:51
>>138

なんだと?やるのか
業績しょぼいくせに俺に講釈たれやがって




141 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 11:15:53
質問に答えて「講釈たれやがって」って言われてもなあw

142 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 12:59:07
しかもスレ違いの質問に答えてやってるのにねw


143 :マイック:2006/01/26(木) 13:57:56
アセトアニリドの合成で使用する吸引瓶の中の圧力が何mmHgかわかる方がいらっしゃったら教えてください。

144 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 14:24:16
>>143
なんだと?やるのか

145 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 19:09:33
>>143
水流アスピレーターなら、水の蒸気圧。
或いは用いている溶媒の常温での蒸気圧。

どうせ、学生実験のレポートだろうww


>133
そんなものはないに2票目。



146 :あるケミストさん:2006/01/26(木) 22:03:16
東大の橘研ってどうですかね

147 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 00:53:49
>>146
なんだと?やるのか

148 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 03:55:49
研究やって何かいいことあるの?

149 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 04:55:26
忍耐力がつく

150 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 15:24:50
つか天然物合成とかもう終わった有機化学だろ

151 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 17:37:10
そうでもないよ

天然物と類似の構造で薬効成分を作るものもあるから
天然物の構造決定、合成法は重要だよ

152 :133 ◆9CYPl6ETJs :2006/01/27(金) 18:43:37
さまざまなご指摘ありがとうございました。調べても技術士会のHPやその他
のサイトでもどういうものがあり、また受験科目はなんなのかなど非常に
分かりにくいつくりだったため、ここなら知ってる方がいるのではと思い書き込み
ましたが、それ以前とのことで。失礼いたしました。

153 :あるケミストさん:2006/01/27(金) 21:37:21
利権はどお?

154 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 01:18:01
>>151
構造決定はともかく、合成法はいらんだろ。
そう思ってるのは、俺を含めて
合成化学とかやってるやつらだけだって。
やべぇ、、、違うとこに足突っ込まないと。。。

155 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 17:33:27
合成法ってか、方法論はいいんじゃないか?
コンビだとかD. LiuみたいなDNAつかったやつとか

156 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 19:22:49
芳香環と糖を結合させる方法とか

天然ではいとも簡単にやっていることを、合成者は苦労している
しかしその反応を開発しないと
バイオで合成すれば良いじゃないってことになる

バイオにさせるくらいなら
なんとしてもフラスコで達成してバッチプロセスに乗せたいと思うのが
合成者として生き抜く道では?

157 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 21:58:09
>>156

>バイオで合成すれば良いじゃないってことになる
そんなに簡単に行くわけ無いじゃんw そんなに簡単なら、みんなバイオやってるよ。
だからみんな苦労して合成してる。

>151
重要だが「学問」としては終わっている気がする。


158 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:08:06
>>157
同感です。構造決定はX線構造解析が発達した現在ではほぼ終焉?
>>156
現在では、バイオでも機械でも中国人でも、なんでも使って、如何に目的物を早く、安く、効率的に作る時代です。意地で合成しても周りからはあまり評価してもらえないのが現状でしょう。

159 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:13:15
もう黙って聞いていれば
あほかといいたい。

160 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:24:23
>>158
>構造決定はX線構造解析が発達した現在ではほぼ終焉?

そこまでは言わない。普通、微量天然物はX線取れるほどの物量は確保できないから。
ただ有機合成反応の飛躍的な進歩と、ITによる検索システムの向上が複雑な天然物合成から
学問的意義を失わせてしまったような気がする。





161 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:36:24
ちょっとスレ違いになりつつあるので、天然物合成ランキング?w
順不同、思いつき。あと、適当に挙げてちょ。

Woodward
岸義人
E.J.Corey
K.C.Nicolaou
G.Stork
A.B.SmithV
L.E.Overmann
正宗悟
福山透
平間
磯部稔
宮下正昭



162 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:47:55
Nicolaou先生のところに行きたいです><

163 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 22:59:22
KCNはポスドクは機械ようにつかいので、お勧めしません。給料や環境はいいが。。
ポスドクいくなら、MacMilan、Kozumin、G.Fu、A.G.Myarsなどの若手がいいでしょう。

164 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 23:05:17
竜田邦明
桑島功
中西香爾


165 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 23:38:36
>>164
おおっと。
竜田先生が出てくるなら鈴木啓介も(何故か呼び捨てw)。

中西先生で思い出したのは、同じ昆虫フェロモンで森謙二。
平田門下で後藤俊夫、山田静之

小笠原國男や米光宰なんても思い出したけど、あんまり遡りすぎると
霊界名簿になってしまうかも。

>162
KCの別名は「Slave Master」ですよ。
若い頃は(今でも?)シシリアンでアクが強かったので、就職できなかったらしい。

>163
俺の時代は「A.I.」だったんですけどね。→メイヤース



166 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 23:50:25
個人的な好みもありますが。。
S.Danishefsky
Holton(USF)−Taxolの全合成だけ?
A.G.Myars-テトロサイクリン
S.V.Lay
Robert Williams (Colorado State University)
大村 智
Alois Fürstner  (Max-Planck)
北川 勲
北 泰行
西田 篤(マンザミンアルカロイド)
Ian Paterson
D.Evans(反応屋?)
も捨ててはおけません。。。


167 :あるケミストさん:2006/01/28(土) 23:53:27
>>166
勲は合成屋じゃねーだろ

168 :あるケミストさん:2006/02/01(水) 00:07:26
あだ名にslaveがつく教授って多いな…
かの白濱研にはナチの旗が飾ってあったというが

169 :あるケミストさん:2006/02/02(木) 21:44:30
J.Woodとかは?

170 :あるケミストさん:2006/02/05(日) 14:24:49
>>168
かの…とか言われても全然無名なのだが。
いや、名前くらいは聞いたことはあるか。

ちなみにほんの少し厳しい程度で「Slave」気取りはいかんぜよ。

>166
TaxolだったらWender(Stanford)もね。


>Robert Williams (Colorado State University)
>大村 智
>北川 勲
>西田 篤(マンザミンアルカロイド)

この辺りになってくると、随分小粒な気がするのは、私だけ?
ど〜でもい〜ですよ〜♪


171 :あるケミストさん:2006/02/05(日) 19:08:16
京大には
理   林 民生
    丸岡 啓二
工   檜山 爲次郎
    大嶌 幸一郎
    吉田 潤一
    村上 正浩
    杉野目 道紀
化研  小松 紘一
    中村 正治
がいるけどどう?

172 :あるケミストさん:2006/02/05(日) 20:21:08
似たようなネタを食い合っている研究室もあるか〜な。

173 :あるケミストさん:2006/02/05(日) 22:49:38
>>170
Scrippsに居る人たちね、slave driverとか。

白濱晴久知らないのか…世代を感じるw

174 :あるケミストさん:2006/02/05(日) 23:21:04
>>173
気になったから改めて確認しちゃったよ。w
キノコの人でしょ。知ってるよ。天然物若手の会で見たし。丹羽センセも
来ていたかなぁ。懐かしい。

分野を絞るのであれば、最低でも国内10位以内でないと無名と言われても
仕方が無い(と思う)。天然物合成の分野だけに限ってみても、国内10位以内に
入るかどうか…。

現役?から挙げてみると、
平間、福山、宮下、磯部、竜田、鈴木、桑島…
向山御大だってタキソール合成しているしね。しかも桑島センセより早くw
簡単な天然物ならコバシュウや野依氏、山本嘉則も合成している。

ここに白濱センセの同時代の森謙二さんや大野雅二さん、光延さんや米光さん、
國男センセとかが並ぶわけでしょ。やっぱ10位以内はちとキツイ気がする。

つまり世代の問題ではなく、今ではそんなに有名ではない。

175 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 00:07:39
所詮は狭いコミュニティーの中の話なんだよ。

176 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 00:08:57
すくりぷす研究所に博士取りに行きたい



177 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 00:13:10
    ____
    /\   \
`___ //\\   \
/|ロ L/ \/\\  /
 ̄ ̄//\ \/\\//
「「「/ \/\ \/ /:/
LL//\ \/\ /:/
「/ \/\ \/ /:/ _
//\ \/\ /:/ /|ロ
`\/\ \/ /:/ | |ロ
\ \/\ /:/ | |ロ
、/\ \/ /:/⌒`| |ロ
)\/\ /:/ "⌒ヽ|ロ
⌒Y⌒ヽ_ノ⌒Y⌒Y
(⌒ヾ::(:::_人.....
ノ⌒Y⌒ヽ:: ∧_∧
゙....::::Y (Д` )
::::::ー/  ヽ
  ∧∧ //  /|
..(´A`///  /L_つ
::/つ_(ノ ( V
:人 Y  /\ \
し"(_) ノ / > )
    / / / /
   し" ( ヽ
      ヽ_)


178 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 00:16:54
    ____
    /\   \
`___ //\\   \
/|ロ L/ \/\\  /
 ̄ ̄//\ \/\\//
「「「/ \/\ \/ /:/
LL//\ \/\ /:/
「/ \/\ \/ /:/ _
//\ \/\ /:/ /|ロ
`\/\ \/ /:/ | |ロ
\ \/\ /:/ | |ロ
、/\ \/ /:/⌒`| |ロ
)\/\ /:/ "⌒ヽ|ロ
>>418>>419>>421>>422
(⌒ヽ゛::(:::_人.....
ノ⌒Y⌒ヽ:: ∧_∧
゛....::::Y (Д` )
::::::ー/  ヽ
  ∧∧ //  /|
..(´A`///  /L_つ
::/つ_(ノ ( V
:人 Y  /\ \
し"(_) ノ / > )
    / / / /
   し" ( ヽ
      ヽ_)


179 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 03:28:44
>>171
薬学部をお忘れでは?
それとも意図的に、、、? >>45


180 :あるケミストさん:2006/02/06(月) 23:42:18
>冨岡先生は…、触れてはいけない人ですよね。

うちの富岡がご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありません。
と、何回、ガチで頭下げたことか。。。。

181 :あるケミストさん:2006/02/07(火) 08:49:37
>>180
kwsk

182 :あるケミストさん:2006/02/10(金) 19:48:03
>>171
丸岡先生にはもう1仕事欲しいね。
相間移動触媒だけではねぇ。しかもグリシンばっかりだし。
アルミニウム反応剤は実質丸岡先生だけど。

民生先生は不斉マイケルで息を吹き返した感じ。
MOPだけでは厳しかったから。

杉野芽先生は希望が持てそう。
ただ基礎研究だけでどこまでいくつもりなのか…。
そのうち実用へ転向するのかな。

大嶌先生はどうだろう。
Mnを上手に触媒的に回して面白い反応が出ればよかったけど。
岸先生にやられちゃったからねぇ。




183 :あるケミストさん:2006/02/10(金) 22:56:06
>>171
そのなかのM先生だけど、去年あたりは大阪市東部で
平日の早朝に歩いてるところを何度かみかけてたんだけど、
あのへんに別宅でもあるの?

最近は見かけない・・・たまたまかなぁ

184 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 21:58:11
>>179>>180
詳細キボンヌ

185 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 22:03:16
>183
昔からお盛んです・・・

186 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 22:35:27
>180はかなりのすけべだからな。
会うたんびにいつも仕事してんのかと疑問に思う。

187 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 22:38:58
>180,183,185,186
昔からお盛んです・・・

188 :あるケミストさん:2006/02/21(火) 23:46:45
>180 仕事に関しては?

189 :キッテル固体物理学入門:2006/03/01(水) 23:21:09
さっき、『報道ステーション』見てたら、S崎先生がタミフルの合成について解説
してらした。その映像を見たところ、1,4-シクロヘキサジエンから合成するらしい
のだが、画面の端にふと映った分子模型が、どうやら

『R-LLB(La-Li-BINOL)』(不斉アルドール縮合や、不斉Diels-Alder反応に用いる不
不斉Lewis酸触媒(Chem. Rev., 102, 2187 (2002)))

のようだった。どうも反応スキームにアルドール縮合やDA反応が絡んでいるように
思われるが、どうだろう?

190 :あるケミストさん:2006/03/01(水) 23:22:54
>>189
読売に書いてあったかと

191 :あるケミストさん:2006/03/03(金) 09:39:18
>189
分子模型の写真
http://www.f.u-tokyo.ac.jp/%7Ekanai/view/view24.cgi?mode=photo&cno=29


192 :あるケミストさん:2006/03/03(金) 09:59:03
でも俺は丸岡先生の不斉四級アンモニウムの方が優れていると思うんだ

193 :あるケミストさん:2006/03/03(金) 14:09:54
>>189
どうでもいいがキッテルは糞本だぜ。

194 :あるケミストさん:2006/03/03(金) 18:47:27
東工のS研はその下がなぁ・・・・

195 :キッテル固体物理学入門:2006/03/03(金) 19:12:50
>>191
これは貴重な資料をありがとう。
特許化技術はまだPublishできんだろうから、合成経路をヒマつぶしに考えてみるか…

>>194
投降のS研は、私語が禁止されていると聞いたことがあるようなないような…

196 :あるケミストさん:2006/03/03(金) 22:18:11
>>195
タイムカードで管理されてるんじゃ無かったっけ?

197 :あるケミストさん:2006/03/21(火) 21:07:26
昼飯20分


198 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 11:28:41
こばしゅうは水中ルイス酸の次の仕事はない。Kスケも10年前の仕事で
総説書くな。N良坂もやる気なさ杉。燃え尽きちゃったK島とか、何やって
いるんだかよくわからないY口M彦とか、M山研系はダメだな。
40ぐらいまではいい仕事するんだが、自分のテーマを動かそうとすると
いきなりネタ切れ。
その代わり雑用はマメにする習慣が若いときから身に付いているので(w)、
学会ではよく見かける。

199 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 11:49:36
有機合成は人が増えすぎた感じがするな
JACSから有機化学を隔離してOLにしたって話も、
真偽はともかく同じような論文ばかり量産する有機化学屋のせいだと思うし
結局手動かしていれば誰にでもできる学問だってことなんだろう

こういうスレ作っても上位の研究室と地雷研究室以外は結局似たり寄ったり

200 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 15:25:24
本当に才能があって引退まで新しいことをやり続けられる天才って
どの分野でもそんなに居ない希ガス。
中間層が似たり寄ったりになるのもまた然りだ罠。

201 :あるケミストさん:2006/03/25(土) 20:56:50
結局モノつくるだけで終わってしまう仕事が多いのが問題なんだよな

202 :あるケミストさん:2006/03/26(日) 07:57:39
>>199
それって

http://esi-topics.com/asy-cat/authors/b1a.html

「Number of Papers」が多いのに 「Cites Per Paper」が低いってのを暗に批判しているの?w

203 :あるケミストさん:2006/03/28(火) 00:21:01
福山研 アルカロイド類の全合成
平間研 海洋ポリエーテル類の全合成(シガトキシンなど)
柴崎研 LLBなどのBimetal Chiral Lewis Acid
野依研 不斉還元、超臨界反応
こばしゅう 水中でのルイス酸
磯部研 海洋ポリエーテル類の全合成(岡田さん、ザラ御仁さん等)
橋本俊一 Rh不斉触媒
杉野目研 有機ホウ素
石原研 脱水縮合
野崎京子研 BINAPO
山本嘉則 Pdによる環化反応+海洋ポリエーテル類の全合成
吉田研  カチオンプール,ピリジルシリル基
奈良坂研 sp2窒素(炭素)上での置換反応
山口研 ルイス酸で炭素炭素多重結合への付加



204 :あるケミストさん:2006/04/02(日) 19:27:15

まあそこまでレベルの高い研究室行かなくても有機合成なら何とかなるし

205 :あるケミストさん:2006/04/02(日) 23:36:39
やっぱし京大工学部の有機合成は強いなー。

206 :あるケミストさん:2006/04/04(火) 00:02:44
徳島文理ってなんであんなに合成盛んなの?

207 :あるケミストさん:2006/04/04(火) 23:05:21
昔マクマリーとかグリフィン訳し、TLのアジア地区Editorやってた
伊藤ショウって、有機合成界の妖怪がいて、その人がいろいろと。。。
大昔の話ですので、詳細は現地の人に聞いてください。
アワオドリンの合成とか有機の鉄人試薬とか、
いろいろわけわからんことやってますが。。。

208 :あるケミストさん:2006/04/04(火) 23:54:17
2chやってる割合は有機合成関連の人間に多い・・・とc⌒っ*゚д゚)φ メモメモ...

209 :あるケミストさん:2006/04/05(水) 00:37:20
>>206
さかんか?

210 :あるケミストさん:2006/04/12(水) 23:24:47
こばしゅう氏、小山田氏とタッグ
組んでプロジェクト立ち上げた
んだって?
平成初頭の理大を知る身としては、
すごい懐かしいコンビだ・・・

211 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 00:28:51
今頃何言っているんだ?>>210

212 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 01:34:22
へんな聞き方ですがスタンフォード大はどうでしょうか?

213 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 08:26:06
とりあえず山本嘉則先生、紫綬褒章受賞おめでとうございます。東北大退官後はどこに行かれたのでしょう。

214 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 14:10:57
>212
ポスドクいくなら大学ではなくて先生を選んだほうがいい!
大学院いくなら、自分の英語力(TOEC,TOEFL,あとなんか?)と
学部時代の成績を相談したほうがよい!
まあ、確かにスタンフォードは大学もいいし、先生もいいけど。。。

215 :あるケミストさん:2006/04/30(日) 16:25:55
福山研 アルカロイド類の全合成
平間研 海洋ポリエーテル類の全合成(シガトキシンなど)
柴崎研 LLBなどのBimetal Chiral Lewis Acid
野依研 不斉還元、超臨界反応
こばしゅう 水中でのルイス酸
磯部研 海洋ポリエーテル類の全合成(岡田さん、ザラ御仁さん等)
橋本俊一 Rh不斉触媒
杉野目研 有機ホウ素
石原研 脱水縮合
野崎京子研 BINAPO
山本嘉則 Pdによる環化反応+海洋ポリエーテル類の全合成
吉田研  カチオンプール,ピリジルシリル基
奈良坂研 sp2窒素(炭素)上での置換反応
山口研 ルイス酸で炭素炭素多重結合への付加


216 :あるケミストさん:2006/05/01(月) 10:44:12
>213
東北大(寄付講座)
ついでに副学長。すなわちりばけの神として君臨。

217 :あるケミストさん:2006/05/01(月) 17:32:42
>>215
きみ必死なのはわかるが片寄り過ぎ。
若いならも少し視野を広げて行こうぜ。

218 :あるケミストさん:2006/05/03(水) 19:10:07
有機合成化学ができる大学院教えてください。
国立で中堅ぐらいの大学で

219 :あるケミストさん:2006/05/03(水) 19:23:38
国立の中堅大学院というと宮廷辺りか?どこでもやれるはず

220 :あるケミストさん:2006/05/10(水) 22:16:00
>>219
旧帝は中堅じゃなくて上位国立って言う気が…

大学受験では千葉大が良く例として上がる

221 :あるケミストさん:2006/05/10(水) 22:22:55
できるっていうのが、有機合成の研究室があるかないかっていう意味なら…
無い大学は思いつかないなw

222 :ぴこぴこ:2006/05/11(木) 06:04:49
>13
 ほぼ研究室の成果と出身者の実力に相関はないな。
そもそも、天然物合成出身者は企業では使えないのは定説。

>>24
 そんなことはない。大学名は使うところがないが、合成のスキルはどこでも鍛えられる。
それとも、一から十まで指導してもらうことだけ考えているのか?それなら、大学名で
研究室を選ぶのはある種正解だが、就職後実力を試されるので、すごくしんどい。

>>26,27
 論文だけではかるのではなく、どういう合成技術を身につけたいかを考えるべき。
でも、応用分野のない化合物や天然物なんか合成しても仕方がない。企業に行くなら
論文数など、ほぼ意味なし。

>>203,204,215
 そもそも「レベルが高い」研究室って言うのがよくわからんが、天然物は、やっぱり意味がない
10年後も同じようなことやってるんだろう?触媒系は結構面白いと思うが、きっかけは
「混ぜたらできた」という感じ、カップリング系も良く似たもの。

 こばしゅうの話はこの間聞いたが、発想の転換的に面白いとは思う。次の展開は何だろう?
あるのか?

223 :あるケミストさん:2006/05/11(木) 11:22:48
>>222
天然物合成は企業で使えない説は一方的だなあ。
プロセス開発なんて天然物合成に近い概念を持っているし、なにしろ多段階合成を
やったやつは打たれ強い。
私は単位反応をやっていた学生の偏った知識に比べれば、全合成屋を買う。
あくまで「私は」だけどな。

有名な一流研究室出身のやつに期待することは、高い技術を身につけていることでも、
研究成果そのものでも、知識でもない。
「きちんとした躾をされてきた」ことだよ。
実験データをきちんと読んで、この先どう進めたらいいか考える。良質な研究に接して
自分の仕事の位置づけを考える。成果をどうまとめるか考えて、他人に説明する。
「レベルの高い」研究室というのは大学のレベルに関係なく、そういう点はきちんと
している。あと、大学そのもののレベル(例えば偏差値で示される)に比例しているのは
英語力だね。

222は大学院は有名どこの出身だが、まともな研究にならなかったロンダ組のような
気がする。
こばしゅうは「発想の転換的に面白い」ねえ・・・。まあ、いいけど。

224 :あるケミストさん:2006/05/11(木) 11:35:06
天然物合成で何の苦労もなく合成だけした人間だって価値はある
いわんや、合成上の挫折や試行錯誤した人ならなお

企業ではそのほか原料の価格、作業効率、法規制、安全性、プロセスなど
さまざまな知識が必要になるが、とりあえず合成だけは知っておいてもらえると助かる。

さらには、さまざまな問題の解決する姿勢や人間関係など
必要な資質はいくらでもある


それらを「合成上必要ない」と言い切れるだろうか?
それらがない人間は単なる作業者でしかないし
成長しない作業者は契約社員で十分だ
優秀な人材を輩出する研究室ではない。

225 :あるケミストさん:2006/05/11(木) 23:13:23
私も天然物合成屋ですが、企業でこそ全合成の知識経験が生かされる。
優秀な反応屋は良い合成屋になれるし、逆も真なりで、
優秀な合成屋は良い反応屋にられるはず。
一番大事なことは、出身研究室よりも、本人がどれだけ研究に真剣に取り組み、
どの程度の知識と経験を持っているかでしょう。
有名研究室出身者は優秀な研究者の出る割合が多いのは確かだが、
100%ではない。
>>223,>>224が言ってるとうり、要は本人の実力による。
研究は実力至上主義であるべきで、過去の業績などは、入社時あるいは
アカポスに就くときに有利なだけ!
実際、学生を卒業するとわかるでしょう。

226 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 00:34:10
結論としては、他人の研究も偏見を持たずに興味を持てる奴が最強でFA?

227 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 01:25:08
まあ、アホだが体力のある奴は天然行けばいいということでFA?

228 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 03:21:45
>>227
222乙
あなたは相当な偏見の持ち主のようで
必死に天然物合成を否定していますが、理由のはっきりしない叩きにしか見えませんよw

229 :ぴこぴこ:2006/05/12(金) 12:41:58
>>223
>プロセス開発〜天然物合成に近い概念
>多段階合成をやったやつは打たれ強い
 そうかも知れんが、単一の反応だけというのはあまりないので、これもどうかな。
苦労をし、それをどのように突破してきたかは、大切な経験ではある。
 ただ、天然物に限らず1ステップずつ、試薬を適当に使って、反応が進めばOK!、
進まなければ、ほかの試薬を混ぜるか、別の試薬でやり直すという、地道な作業に
変わりはない。

>「きちんと躾をされてきた」
これには同意する。

>>224,225
 非常に良い意見だ。「研究室のレベル」ではなく、やはり個人の問題だ。
優秀な研究室でも、20人中、ポス毒からB4まで入れても使えるのは1,2人だろう。
これは、どの研究室でもあまり変わりはない様だが、だめな先生のところは、やはり
だめなのは確か。
 研究室のレベルというよりも、研究室として、どれだけ「お互いを高められる環境に
あるか、どれだけ自分の能力を引き出せるか」だろうな。教授の問題だけではない。

 教授が目立てば、自分も目立つという意味での、「研究室のレベル」なら良く見る
ランクでもいいだろう。旗振ってるのが誰か程度だが。

230 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 12:44:44
>>228
 確かに、天然物合成を否定する人は多い。感覚的な話だが
(1)天然物合成で、全合成はすばらしいが、でも苦労した割りにその知識はほかには転用できない。
1tの原料から1gもできないようでは、こりゃ使えん。結果、コメントは「すごいね」の4文字か
「すばらしい」の5文字程度。動植物が、ちょろっと必要量合成できるのに、何やってんだろう「このばか?」
が正直なコメントかも。そもそも、研究費に見合う成果か?あと、コメントとして「で?、何?」ぐらいか。
(2)テーマとして安直すぎ。もう少し、世の中に役に立ちそうなテーマでやってもらいたいものだ。
 たとえばなんか、上市された成果があるのだろうか。医薬品としてもあまり利用されているとは思えない。
植物を使って、生産したほうが効率がいい場合が多いだろう。
(3)ワンパターン:単なる趣味みたいなもんだろう。テーマの進みも遅いし、もう少しまともなテーマを
やったらどうだろう。「もう10年も同じようなことやっている」という研究室もざらか。進歩がない。無駄。
論文は書けるだろうが、特許として書けるのか。まあ、書いても利用価値はないだろうし、「意味はないだろう」。

 結論としては、「そのテーマをやる必要性を感じない」・「費用対効果は期待できない」・「テーマの選定が安直」・
「利用価値がない」・「進歩がない」・「お金の無駄だ」。など、天然物合成にあまりいい感じがしない。

231 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 12:57:02
>>230
一般に否定する人の意見をまとめた感じだな
わざわざageて書く必要もない
気になるのはこいつがどの分野で何を研究してるかだな

232 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 22:16:49
>>230の研究分野を聞いて何かなるのかね。
相手の研究分野を否定して反論したつもりになろうとでも?

233 :あるケミストさん:2006/05/12(金) 22:55:07
>>230
確かに天然物合成は前近代的な研究ジャンルだが、それ以外の有機化学の
ジャンルも似たようなもんだからさ。
批判するんだったら、あんたのやっていることも同じぐらいくだらないだろ、
ってツッコミを入れたいんだよ。

234 :あるケミストさん:2006/05/13(土) 19:31:34
おれは天然物合成自体は否定するつもりはないが、
「天然物合成やってます!」って研究室のおそらく半分近くは
>>230のいう(2)、(3)に該当すると思う。

ちなみに、俺の出身研究室では今も全合成やってるが、
テーマとして安直では無いが、ワンパターンの単なる趣味
(「開発した単一反応」のアプリケーション)で、
5年近く目新しい進ちょくはなく(学生の代替わりでまた一からやり直しだったり←指導教官にも問題あり)、
論文はおろか、年会発表すらまともにできない(進ちょくないから)。


235 :三流ケミストさん:2006/05/14(日) 19:47:36
なんか悲しいな〜
有機化学=反応化学x分析化学x合成化学
と思ってましたが。。。
すなわち、1つでもかけていると有機化学者として使い物にならない!
新規反応は合成屋に使ってもらって初めて価値がでる。
最近のほとんどの新規反応は実用性がない=大量合成に不向きなど
反対に天然物合成も普通の反応の組み合わせで合成しても
評価されない。なにか、新しい方法論、新規反応、などをとりいれないと
ダメ!
>>226の言っているように
他の分野の仕事を如何に自分のものにするかがいい研究者か
ダメ研究者かだろう。
日本は、薬学VS工学VS農学VS理学があって呼び名も
薬学博士、工学博士、農学博士、理学博士と分かれているが
欧米では全部Ph.D
つまんない足の引っ張りあいをしてる人はこのPh.Dの意味を
よく考えて見てください。

236 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 21:04:07
千葉大で一番いい研究室ってどこ?

237 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 22:42:25
>有機化学=反応化学x分析化学x合成化学

極めて禿銅。
反応屋の開発した反応を合成屋が選別して磨いている、とおもう。

238 :あるケミストさん:2006/05/14(日) 22:53:37
自分に必要な反応は自分で開発して自分で評価している

239 :あるケミストさん:2006/05/15(月) 00:34:11
>>238
税金つかって何遊んでるの?

240 :あるケミストさん:2006/05/15(月) 01:04:30
>>238
そうか、鈴木カップリングもWitting反応も天然物合成の研究から
開発されたんだったな。忘れていたよw

241 :あるケミストさん:2006/05/15(月) 22:09:31
>>238
反応博士の称号を与えよう!Ph.Dを名乗らないように!
近い将来、天然物合成博士や構造決定博士なんて奴も
出てくるかもね。。。。日本の科学会の将来が心配じゃ!



242 :あるケミストさん:2006/05/15(月) 23:13:28
ウィッチングあげ

243 :あるケミストさん:2006/05/17(水) 23:09:06
本題に戻ろう!
お金がいっぱいある研究室ランキング
(除く公的資金!!)
-名誉横綱-
向山研-向山試薬(東京化成)
野依研-不正還元技術+リガンド(高砂香料)
-東横綱-
小林修研-MC+試薬いろいろ(和光)
柴崎件研-試薬+不正反応技術(何とか製薬?化学?)+タミフル特許??
−西横綱-
丸岡研-試薬+不整反応技術(Aldrich+何とか化学?)
玉尾研-ケイ素(信越化学)
-大関-
大村智研-天然物合成(協和発酵?)
香月研-サレン錯体(東京化成)
-前頭-
佐々木研?(岐阜薬)-Pd試薬(和光)
----
このへんからはじめましょか?


244 :あるケミストさん:2006/05/18(木) 00:34:11
本題ってかゼニの話に変わってるしw

245 :あるケミストさん:2006/05/18(木) 03:53:28
>>243
>>217

246 :あるケミストさん:2006/05/18(木) 20:19:47
不正還元とか不正反応、不整反応などわざと書いてるのか?

247 :あるケミストさん:2006/05/18(木) 21:41:38
 そういえば、M○研で不正反応というか、再現が取れない論文が投稿されたとか。
捏造するとはノーベル賞は遠のいたな。

248 :あるケミストさん:2006/05/20(土) 14:19:27
>>246
不整反応って書き方は歴史的には正しい。

249 :あるケミストさん:2006/05/21(日) 00:19:20
玉尾研なんてもうねーよばか
いつの時代の人?

ついでにいうなら信越から金はもらってない
馬鹿高いクロロシラン類はたくさんもらってたが。

250 :あるケミストさん:2006/05/21(日) 08:37:40
企業が大学の研究にそんなに大金を出すと無邪気に信じている厨房だよ。
まともに相手にすることないすよ。

251 :ぴこぴこ:2006/05/21(日) 21:27:07
>>250
 大学の研究に企業が金を出すのは、30万とか、50万、80万とか200万出せばいいほうじゃないか?
まあ、もう少しまともな「強い特許」ならあれだが、
(1)文献
(2)出願予定
(3)審査請求していない
(4)クレームショボイ
とかで、金を出せるわけもないが、まあ、上程度の金なら出しておいてもいいかな?ぐらい。
 あと、たいしたものでもないのに「特許=金になる」?と思う教授も多すぎ。結構疲れる。
特許で言うと「大学教授→B4,M1」のレベルが「企業→教授」に該当するぐらいのものだ。

252 :あるケミストさん :2006/05/21(日) 21:49:49
>>250
基本的に同意
しかし、なぜ日本の大学はお金儲けがへたなんだろう?
確かに基礎研究では非常に素晴らしいとおもうが!
1)お金を出さない日本企業に問題?
2)基礎研究ばかりやってる大学に問題?
3)日本の研究・特許政策の問題?
海外では有機化学の有名教授が儲けているのにな〜

253 :あるケミストさん:2006/05/21(日) 22:26:06
米国では、金になる基礎技術はベンチャーが持っていて、それを大企業が
組織ごと買い上げるというビジネスモデルが成立しているが、日本では
基盤技術は大企業の研究組織が所有しているという差がある。
そこに大学の研究が入り込める余地がない。

254 :あるケミストさん:2006/05/21(日) 22:41:43
>>252
難しいところだね。
特許を取ると企業研究の参加は非常に消極的になるからね。

鈴木カップリングなどは「特許を取らなかった」からこそ、多くの研究者が
参加し、工業的に実用化され、科学技術の発展に大きな寄与をしている。

一方、Grubbsのオレフィンメタセシスは特許で保護されている。企業で
研究をする際の注意書きとして、商品化された場合には「相応の対価を
要求する」と明記されている。だからうちの製品開発では、メタセシスは
使わない方針が出されている。材料関係では魅力的な反応なんだけどね。

本当にお金儲けがしたいなら、自分から売込みに行くくらいでないと
いけないんだろうね。或いは不用意に企業をけん制しないように、適度な
権利設定をします、ともっとアピールするとか。

そうでないと適正な価格設定を知らない大学の特許なんぞ、とても怖くて
使えない。



255 :D3♂:2006/05/23(火) 21:18:05
みなさん、イリノイ大学で有機合成・高分子合成で有名な教授ってご存知
でしょうか?有機金属でもいいですが。もしよろしければ、そこの研究室
の内部事情とか教えていただけたら、幸いです。

256 :あるケミストさん:2006/05/23(火) 21:51:10
大学教官は論文感覚で特許を出すから困ると、特許庁の人が
ぼやいてた。

つまり公知にしたければ論文で十分で、将来金になる(かも知れない)
からわざわざ維持費用まで出して特許にするのに。

ていうか、業績欄を飾りたい為だけなら特許出すなと。


257 :あるケミストさん:2006/05/23(火) 23:25:11
>>256
多分、何か勘違いしてるっぽい学生さんだね。

258 :あるケミストさん:2006/05/24(水) 00:09:21
でも大学教授の出す特許なんて穴だらけだよ

わざとかもしれないが

259 :あるケミストさん:2006/05/24(水) 21:45:22
>>255
イリノイならデンマークかな?


260 :ぴこぴこ:2006/05/24(水) 22:20:55
>>256,257
 特許庁の人の意見を鵜呑みにできるところはシローットっぽいな
技術がわからん特許庁に、特許の意味がわからん大学教授という
組み合わせは、どちらもカタワで不憫だ。
>>258
 「わざと」を気取っている人が多いが、実は自分では完璧だと
信じている。われわれから見れば、穴だらけ。

261 :キング ◆Zrc/ZXflwo :2006/05/26(金) 20:46:41
糞飛ばす夏を待て

262 :あるケミストさん:2006/07/31(月) 19:52:49
長岡研は??

263 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 01:05:04
>>262
確かに長岡半太郎はすごいな。

264 :あるケミストさん:2006/08/01(火) 03:01:05
日本にスリじゃないガラス器具を使い捨てに出来る研究室ありますか?

265 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 01:03:06
うちの研究室は、スリがなければ使い捨て。
当たり前かと思ってた。
東大○学部。

266 :あるケミストさん:2006/08/03(木) 01:23:03
普通に使い捨て。パスツールとかスクリューとかはね。

267 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 03:02:00
日本で有機化学が強い大学はどこだ? 名大?東大?それとも京大か?
研究費は東大が多そうだけど

268 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 09:00:47
合成屋と反応屋の違いを2CHの主役である中高生の自演や中高年の引きこもりにも
分かるようにいってくれると助かるんやが、個人的には構造屋の方が理論的で学者
としてはかっこいい感じがするが

269 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 19:01:17
>中高生の自演
逆では?
2ちゃんを使い慣れた人はキャラをわきまえて書いてると思う。
中高生の自演ならすぐに見破られるし。

270 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 23:20:47
>>267
研究室レベルで議論しろよ。
合成屋なんて沢山あるぞ

271 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 23:25:05
合成屋→作る人
反応屋→作り方を探す人

じゃダメか

272 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 23:28:14
>>267

京大工>>名大理≧京大理、東工大工>東大理、東工大理>東大工>>名大工

273 :あるケミストさん:2006/08/04(金) 23:33:33
延々とループするな、この手のスレは

274 :あるケミストさん:2006/08/05(土) 01:47:33
有機合成関係、有名どころの国際賞。

A.C.Cope award:ノーベル賞受賞者8人
http://www.chemistry.org/portal/a/c/s/1/acsdisplay.html?DOC=awards\copeaward.html
1997:野依(京大卒、名大理)、1990:中西(コロンビア、名大卒)

Roger Adams award:ノーベル賞受賞者10人
http://www.chemistry.org/portal/a/c/s/1/acsdisplay.html?DOC=awards\adams.html
2001:野依(京大卒、名大理)

Tetrahedron Prize:ノーベル賞受賞者4人
http://www.elsevier.com/wps/find/P04_116.cws_home/tetprize
2006:山本(京大卒、名大工、シカゴ)、2004:中西(コロンビア、名大卒)
2001:岸(ハーバード、名大卒)、1998:向山(東大卒、東工大、東大)
1993:野依(京大卒、名大理)、

A.C.Cope scholar award
http://www.chemistry.org/portal/a/c/s/1/acsdisplay.html?DOC=awards\copescholar.html
2006:小林修(東大薬)、2002:柴崎(東大薬)、1996:野依(京大卒、名大理)、
1994:尾島(国内不明)、1993:福山(名大卒、東大薬)、1988:岸(ハーバード、名大卒)

275 :化学の先生方も力をくれ!:2006/08/05(土) 21:08:55
【前頭前野の異常】インターネットをやり過ぎると以下のことが起こります。
・キレやすい性格になる。
・協調性の低下。
・人をいじめたり、日常会話で暴力的な発言をする。
・羞恥心の欠如
・時間感覚の欠如
(深夜までずっと2ch)
・人の意見にすぐ理屈をこねる
・集中力の低下,ぼーとしてる時が多い。
・常に2chのことを考えたり、ネットがやめられない。
・学校や会社をサボり易くなる。
・世の中に対して悲観的になる。

↑どれに当てはまりますか?ネットはやめましょう。

276 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 02:44:20
>>265
フラスコ・ビーカーも使い捨てですか?

>>266
パスツールくらいは普通、使い捨て。

277 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 04:09:40
そもそも>>264
質問の意図とか真意がわからない。
スリじゃないガラス器具なんていくらでもあるし。


278 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 07:51:04
東大薬学部の某研ならメスシリンダーあたりも平気で使い捨てるんだろうよ

279 :Nanashi_et_al:2006/08/06(日) 09:55:55
京大薬学部って有機合成弱いですか?
それとも普通なんすか?
有機合成で生きていこうと思ったら京大薬はやめた方がいいんでしょうか?


280 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 13:49:31
>>279
普通の基準がわからん

俺(旧帝薬)がいま選ぶなら、有機合成を目的にする研究室よりも、有機合成はあくまで手段で、目的はもっと大きいところにするな
その時点で薬学部は選択肢に入らない

281 :あるケミストさん:2006/08/06(日) 19:05:01
いろんな器具を使い捨てするとか使いまわすとか、
研究室のリッチ度は、大学とは基本的に別。
宮廷でも、裕福な研究室を貧乏な研究室が隣り合ってたりはフツー。

その差が2ケタになることも。

将来考えれば、どこの大学やどこの学部だってことよりも、どこの研究室かが重要じゃないかね。

282 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 04:14:01
>>271
それでいくとN依御大を合成屋と呼んだらハリ倒されるんじゃ

283 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 11:56:09
東大・・小林、福山、柴崎研
京大・・林、丸岡、杉野目、吉田、村上、大嶋、檜山研
が有名どころか?

284 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 12:19:32
アメリカのライス大学のTorr教授は天才だ。
2006年のOrg. Lett.のナノカーの論文を見て確信した。
オランダのFeringaも出し抜かれたと思ったのではないだろうか?
Feringaの分子モーターをあそこまで上手く使うとは・・・・・・・・

285 :あるケミストさん:2006/08/07(月) 22:29:32
>>283
藻前は東大といえば薬学部しか知らんのか
その割には京大の薬学部が入っていないがな

286 :あるケミストさん:2006/08/09(水) 23:43:21
>283
大嶋→大嶌

287 :あるケミストさん:2006/08/11(金) 21:06:38
ランキングとは関係ないが。

「Suzuki coupling」は日本が生み出した、もっとも有名な人名反応。
有機合成の世界に与えた影響は、学問的にみても工業的にみても、
Grubbsのメタセシスなどよりはるかに大きい。
その鈴木章がなぜノーベル賞を取れないか実に不思議だ。

日本化学会はもう少し、その偉業を世界にアピールすべきではないかな。

288 :三流ケミストさん :2006/08/11(金) 21:57:54
>>287
すばらしい意見!全く同意!
そーいや、白川先生がノーベル賞とったら、
日本化学会があせってたらい。。。
田中さんも日本化学からは何もいただいていない!
こんなん日本化学会だから日本の化学は本来の実力よりも
低く見られる!!!

289 :あるケミストさん:2006/08/12(土) 00:20:19
>>288

学会員ではないからだよ。
何を勘違いしているの?

290 :あるケミストさん:2006/08/12(土) 00:47:17
>>287

> その鈴木章がなぜノーベル賞を取れないか実に不思議だ。

宮浦憲夫がいるから

いや逆だった、宮浦憲夫がもらえないのは鈴木章がいるから

291 :あるケミストさん:2006/08/15(火) 02:42:13
GrignardはBarbierがいたけどノーベル賞もらった。

292 :あるケミストさん :2006/08/15(火) 20:06:03
WoodwardはCoreyがいたけどもらえた?
CoreyはWoodwardが死んだからもらえた?

293 :あるケミストさん:2006/08/15(火) 23:34:06
287だけど。

いやね、誰がいたからとかそういうことを言いたいのではなくて…。

鈴木カップリングは日本生まれの素晴らしい反応。
そのインパクトはBINAP以上だと思う。
だから日本化学会(界、でもいいが)が積極的にその成果を
世界にアピールしたらどうなのかなって。

実際、ノーベル賞級の研究成果だと思うし。

鈴木センセが死んだ後、BuchwaldやらHartwigやらが、Pdカップリングで
受賞したら、日本人としてちょっと悔しいじゃない。w
(BuchwaldがArylaminationの第一報で引用していた右田センセは
 まだ生きてるのかな? よく知らないけど。)

ちゃんと研究成果を挙げた人だから、ちゃんと報われて欲しい。
そう思ったわけ。

北大って有機合成では結構、頑張ってるよね。w
ちなみに自分は名古屋。


294 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 00:27:31
293は290の意味を分かっていない


295 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 06:30:02
>>294
292もわかってないね

296 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 08:55:25
>292
>WoodwardはCoreyがいたけどもらえた?

Woodwardは天然物合成で受賞したのでCoreyがいなくてももらえた。

>CoreyはWoodwardが死んだからもらえた?

Coreyはretro-synthesisで受賞したのでWoodwardが生きててももらえた。


297 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 15:12:43
いやね、誰がいたからとかそういうことを言いたいのではなくて…。

…もういいや。
日本語の通じない人はウンザリだから。

298 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 15:19:10
> 鈴木センセが死んだ後、BuchwaldやらHartwigやらが、Pdカップリングで
> 受賞したら、日本人としてちょっと悔しいじゃない。w

> ちゃんと研究成果を挙げた人だから、ちゃんと報われて欲しい。
> そう思ったわけ。

この2点、そして「鈴木」カップリングといってしまうあたり、「鈴木ー宮浦」カップリングのことをわかっていない



299 :あるケミストさん:2006/08/16(水) 15:23:25
> だから日本化学会(界、でもいいが)が積極的にその成果を
> 世界にアピールしたらどうなのかなって。

もう充分知れ渡ってるがな

300 :あるケミストさん:2006/10/03(火) 01:06:10
有機合成はもういいんじゃない。
勝手にやってくれるよ。
もっと面白いこと探しな。

301 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 00:19:20
野崎先生のとこがscienceに載ってたので(´∀`∩)↑age↑

302 :あるケミストさん:2006/10/28(土) 18:04:52
野崎京子先生、IBM科学賞受賞おめでとうございます!
いよいよ、もう次はノーベル賞だけですね!
IBM科学賞
http://www-06.ibm.com/jp/press/20061025001.html
高分子学会Wiley賞
http://www.spsj.or.jp/c15/wiley/wilran.htm


初めてお目にかかったときは、中国人留学生だとばかり思ってました。

303 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 02:17:10
やあ  みんなくだらないことでもりあがってるねえ、化学なんてそんなブレークスルーな
成果は今後期待できないだろう。まあせいぜいランクつけてくれや。

304 :あるケミストさん:2006/10/29(日) 02:20:05
退屈しのぎにすらならんな このスレ

86 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)