2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【巨神兵】ナウシカの世界を考えてみよう【王蟲】

1 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 02:33:01 ID:Es5gf8nf
漫画を読んだ人ならわかると思うが、
ナウシカに出てくる腐海は旧人類が作った浄化装置だった。
そして蟲はそれの防衛のために作られた人造生物だったよな。
さらに自然の浄化を監視する墓所の存在。そして箱庭。
つまりあの火の7日間もから全てが旧人類の地球環境浄化計画だった。

何が言いたいかっていうと、この文明もこのまま環境を改善しないといつかナウシカの世界のような選択を
取らざるをえないのか?
他に人類が取れる選択肢はないのか?
もしナウシカの世界のように一度文明を滅ぼして世界を変えるなら、どのような方法でいくか?
というような事やナウシカの世界の技術(飛行機、武器...etc)や生活水準について語ってほしい。
わかりにくかったらスマソ。

2 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 02:41:41 ID:DBrV0Nhi
また厨スレが立った、なんなんだこの最近のレベル低下ぶりは
ここは漫画板なくて、学問系の板なんだぞ

3 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 03:40:38 ID:5tIa4c0b
いや、ここは学問とはかけ離れた、ただの妄想板

4 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 09:59:04 ID:G3Xqyt+Q
どこかのサイトにナウシカの二次小説みたいなのがあって、めちゃくちゃ細かい設定(機械、生物、兵器、国家etc)とか数百年分の年表(火の七日間前から)があった気がする
よくあんなの考えたもんだ



5 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 12:54:19 ID:W3118tKN
何を今更…元から妄想板だろう。
不老スレなんて「俺は不老者になって宇宙の終わりを観測したい」ってな奴がたくさん居るぞw

不老技術もそうだが、自分の欲望のために「人間や世界を変えよう」とする動きはあるだろう。ナウシカ(の世界観)を「たかが漫画」と蔑視するのは如何だろうか?

6 :オーバーテクナナシー:2006/02/27(月) 15:16:12 ID:1Kw+6zxr
映画や漫画の設定の話をするなとは言わないが、
映画や漫画の設定が正しいことが前提で話を進める奴がいるから困るんだよ。

7 :aniotasan ◆RtFjHNfLK6 :2006/02/27(月) 23:18:57 ID:LmoGunnc
こんなスレもあるよん
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/otaku/1137786390/l50

8 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 07:06:42 ID:nfwhyWyq
漫画が正しいと言うつもりは無い。しかし、全くの妄想と言うのもな…。

ロボット、空飛ぶ車、宇宙旅行…みんなSF小説から出た「空想の産物」だったじゃないか。中には実現したのもある。
可能性の一つとして話すのに問題はない。

9 :もけけけけ:2006/02/28(火) 17:15:16 ID:G74N9NXF
む、確かに「ナウシカ」は奥が深い...腐海とか王蟲とかその他ぐmgとか
現実味を帯びていてむしろコワイ(((´Д`;;)))ハアハア
だが、人間が考えたことなのだから人間が実行することが不可能という証拠
はないのでは?・・・現に環境メチャうmgでアメOカが京都議定書捨てたし

10 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 17:52:11 ID:aFD73yQe
空想の産物と、物理法則無視は別。
空想の産物でも物理法則が正しければ
いつか実現できる可能性もある。
ナウシカは、宇宙の法則守って無いから無理。

11 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 18:53:13 ID:nfwhyWyq
少しは板らしい発言もしろよ。

「巨大なガンシップが、あんな小さなエンジンで飛ぶ訳ない」ならそれでいいんだよ。漫画を否定するだけ?

あと、ナウシカは未来の「環境破壊」について問題を投げかけてる。
現実の世界も環境破壊は深刻。ナウシカでは粘菌を使って汚染を浄化しようとした。戦争を起こさない新しい人類も産み出そうとした。
「現在の技術ならこうするな」とか、「いや、人類は滅びるよ」とか意見ぐらいあるだろうが。

12 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 19:21:12 ID:P7SFPvof
つ[機動戦士ガンダム]

13 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 19:29:08 ID:aFD73yQe
>>11
虫や腐海や巨神兵を作る遺伝子技術がありながら
人間改造をほとんどして無いところに無理がある。
人類救済を考えるなら、まず遺伝子で人体改造が筋。



14 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 20:13:24 ID:P7SFPvof
松本零士「宇宙海賊キャプテンハーロック」冒頭より

地球の海が死滅した時
人々はいった
『人類の終りの時が来た』と……
頭上に広がる無限の海に なぜか目をつぶって
人類の行く末をひたすら嘆いた
新しい人類の輝かしい未来を信じて
新しい無限の海『宇宙』へ
歯を食いしばって乗り出して行った
わずかばかりの男たちの事を
この人々は 指さしあざ笑った
『はかない夢を追う無法者』と……
これはそういう時代の物語である。

手塚治は「火の鳥」で藤子・F・不二夫(藤本弘)は「ドラえもん」で
それぞれ文明哲学を書いている。
「火の鳥」では人類は自らの手で絶滅してしまう。
ドラえもんのポケットの中には無限の夢と未来が詰まっている。
ナウシカに何が欠けているかな?

15 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 20:15:38 ID:152tjKFs
世界観は面白いが、メッセージがわけわからん。
自分も使えるテクノロジ使ってるくせに何が気にイランのか墓所破壊しちゃうし。

16 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 20:16:32 ID:nfwhyWyq
>>13
なるほど。汚染云々より、まず「適応出来る人間」を…って事か。

作中にも改造って発想はあったな。
確か皇帝はヒュドラという「不老生命体」に脳を移植したっぽい。
遺伝子改造なら、穏やかで賢い「新しい人類の卵」がそうだろう。

して、現存の人類を改造するのは可能か?遺伝子注入で人間が作り変えられるのか?

17 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 20:45:50 ID:aFD73yQe
ナウシカ達の旧人類は、切り捨てられる運命の
ゴミ人間が生き残ったって設定だっけ?
自分達が切り捨てられた生命体だと知ったのでナウシカは墓所を破壊?



18 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 20:59:08 ID:P7SFPvof
>>16
そういう問題ではない。テクノロジーを人類を滅ぼす為には使っても
人類を繁栄させる為には使っていない、という事だ。

19 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 21:00:43 ID:P7SFPvof
「天空の城ラピュタ」でもラピュタの技術は破壊しか生まない。
少なくともそういう風に描かれている。

20 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 22:05:08 ID:C8BYB1JT
「もののけ姫」でも、タタラ場は自然破壊の元凶だし・・・
でも、よく考えてみれば、タタラ場というのは、昔の製鉄所のことだから、
エボシ御前は、「鉄」という、人々の生活に役立つものを作り出しているんだね。

なんか、ハヤオは、テクノロジーについて偏った考えの持ち主のようだ。

21 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 22:22:37 ID:nfwhyWyq
技術による繁栄はあった。

人々は巨大な都市に住み、交通手段は世界中を網羅。宇宙船を打ち上げる技術力もあった。
しかし、その過程で工業の発展や戦争が、地球上をどうにもならない程に汚染したのだろう。
現実でいう放射能みたいなモノか?

人類の切り捨てってより、生半可な改善では「同じ歴史の繰り返し」になると考えたのかな。だから、世界を浄化した後は、新しい人類で“完璧な世界”を作ろうとした。

チト読み足りない所もあるので、間違えてたら勘弁。

22 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 22:42:42 ID:pylrE/ec
産業革命は西暦1700年代中頃~1800年代後半の出来事であり、巨大産業社会の
形成はそれから数百年後の我々が住む西暦2000年代である事が読み取れる。
産業文明の絶頂と「火の7日間」による崩壊は、産業革命の千年後であり
西暦2800年頃と想像される。地球に良く似た環境の惑星である火星を地球化
(テラフォーミング)し、地球を脱出した特権階級の子孫が繁栄している可能性
は有る。それと『機動戦士ガンダム』世界の如く、宇宙コロニー群が形成されて
いるかも知れない。なお、「火の7日間」から千年経過したナウシカ世界の年代
設定は西暦3800年当たりと思われる。


23 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 22:49:14 ID:nfwhyWyq
>>20
『もののけ姫』には、豊かな生活と自然破壊の「葛藤」が描かれてただろう。

現在の生活に欠かせない電力。発電の大部分は、化石燃料の消費で成り立っている。その生活に疑問すら湧かないとは言わないだろう?
「テクノロジーに偏見」なんて切り捨てるのは、完全クリーンエネルギーを開発してからだな。

24 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 22:57:25 ID:pylrE/ec
>>23
>「テクノロジーに偏見」なんて切り捨てるのは、完全クリーンエネルギーを開発してからだな。

太陽光発電や太陽熱発電、風力発電や地熱発電、果ては波力発電なんてのもありますが?

25 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 23:04:55 ID:P7SFPvof
第二次世界大戦後、特に原水爆の恐怖はテクノロジーに対する
片寄った考えを少なくない人に与えたようだ。
1960〜70年代にもエコロジーブームが起こったが産業が何らかの
アクションを起こす事はなかった。豊かさを追求するあまり自らの
未来を消し去ろうとする姿は今もある。
人間は常に何かに翻弄される生き物だと考える人も多かろう。

松本零士はいつもこの問題に真正面から挑んでいる。「銀河鉄道999」では
永遠の命という誘惑が人間を人間でなくしてしまおうとする。機械伯爵は
機械に負けた人間の姿だ。
人々が機械に負けた星、習慣に負けた星、巡り合せに負けた星などに999は
停車する。しかし、人々が活気に溢れる星、物をこつこつと作り続ける星、
絶望的な困難に果敢に挑戦する星にも停車する。
999の次の停車駅がどんな所か分からないように人類がこの先経験する事は
分からないがどの停車駅でも人類の未来を決めるのは人類だけだ。

藤本弘の答えはもっと極端だ。人類はどんな困難にも負けない。どんな事でも
可能にするに決まっていると言う。

26 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 23:05:29 ID:nfwhyWyq
>>24
その太陽、風力etc.によるエネルギーが、現在の巨大文明の全てを支えられたらな。

そうすれば、エコだの何だのと騒ぐ連中も、取り敢えず黙るって。

27 :オーバーテクナナシー:2006/02/28(火) 23:13:05 ID:P7SFPvof
>>14は藤子・F・不二雄だった。夫→雄

28 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 01:12:34 ID:sPFQ1rTl
で、結局ナウシカ世界になることはありえるの?
実際は人類なんかさっさと地球諦めて他所に移りそう。

29 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 01:38:13 ID:7BzYuYt0
人類改造して適応云々って話が出てるけど、ナウシカ達がまさにその改造された人類だろ。
ただ、汚染された環境に適応した代わりに、腐海により浄化された後の世界では生きていけなくなってしまった。

>>28
人類そっくり取り替えて、腐海使って何千年もかけて地球を浄化して、また取り替えるなんて
息の長い面倒な事を実際にするとは思えないよなー。
どうせ火の7日間の頃には地球外への移住も始まってるんだろうし、地球なんて見捨てちゃいそう。

30 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 03:00:14 ID:pGo+bs0Q
>>29
だな。
ナウシカら人類は、汚染された地上でも生きられる様に改造された種でしたな。

しかし、地球改造にこれだけ時間がかかるのに、他惑星のテラフォーミングまで終えてるだろうか?

宇宙船は飛ばせても、永住コロニーまでは怪しいし。

31 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 05:04:48 ID:D3ZYrUrS
実現されては堪らん。
ドルクとトルメキアに兵器技術は大差ないのにバイオ技術には専門家と小学生
くらいの差がある。ケッチやコルベットなど足元にも及ばないガンシップを持ちながら
耕作機械が事実上無い。銀英伝なみに戦争御都合設定だ。

汚染浄化にも時間が掛かりすぎ。汚染物質はシアン化合物、六価クロム、ダイオキシン
などだろうが人体を改造するほどのバイオ技術ならそんなに浄化に時間が掛かるはずない。
遺伝子組み替え作物でさえ危険すぎるのに目的の化学変化や化学合成をさせる細菌を
作るのはそれほど難しくはない。腐海は細菌ではなく真菌がベースだが同じ事だ。

ナウシカのようなみじめな未来像を見せられても人間は強くはならない。人間には未来を
輝ける物にする力があるのだと教えられなければ、それを引き出すことはできない。
人間の未来は人間が作り出す物だが、弱く愚かでみじめな未来を望むのか?賢く強く
気力に溢れた未来を望むのか?それはどんな未来を望むかによって決まる。

32 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 11:06:37 ID:pGo+bs0Q
「血を吐きながら朝を越えていく」…だったかな?ナウシカは生命を讃えている。

技術の発展した現代でも、心は病に侵され、残酷な事件も多い。戦争だってなくならない。技術の進歩がそのまま人類の幸福って訳でもない。
ナウシカはそんな暗い面さえも「人間の一部」と言う。越えるのは人間の力。

技術で人間や世界を変えて“完璧な世界”を…と説く墓所の主。そんな技術頼みな未来に警告を発してるのかも。

33 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 12:36:17 ID:0ilACjMR
トルメキアとかって旧人類の遺産を掘り出して使ってるんだろ

34 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 13:48:51 ID:D3ZYrUrS
>>33
エンジンが作れないだけ。
そうでなければ爆発寸前のコルベットからエンジンを回収する意味はない。

35 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 14:29:54 ID:X4QeyBdp
宮崎がナウシカ連載してた時代=冷戦、公害で人類絶滅。宇宙進出、テラフォーミングなんて、トンでも科学だった時代。
現代=宇宙進出、テラフォーミングを本気で実現できると考える時代。
この差は大きい。

36 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 14:50:36 ID:sPFQ1rTl
>>34
エンジンを作る技術も失われてるのは結構大変だな。
いずれ全てのエンジンを掘りつくして消費したら、ほとんどの乗り物がダメになる。
あの世界の環境だと、自力では産業革命くらいの技術レベルだろ。

それと墓所は地球の浄化して、新しい人類を箱庭から出す時、昔の技術も伝えるだろうか。
それとも、もう技術なんか伝えずにエデン園状態の地球で原始的な生活をさせるんだろうか。。。

37 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 15:03:23 ID:D3ZYrUrS
技術とは人間の能力、力の一つだ。未来技術は人類の夢・希望・可能性の事だ。
大戦前は飛行機、自動車、無線・有線情報機器、嵐でも沈まない船、今まで
不可能だった事を今より多少速度は劣るが次々と実現していった時代だった。
経験上、第2次大戦を生き抜いた世代の人は技術はすばらしいが、恐ろしい
殺戮兵器も生み出す。使う人間次第だと考えているのが見て取れる。
人間が技術を制御しても技術が人間を縛ってはならない。

NHKスペシャル「地球大進化」では全海洋蒸発、全球凍結、スーパープルーム
どれも常識を超えた試練が過去に幾度も全生命に降りかかった証拠を紹介して
いる。しかし、生命という物はどんなに恐ろしい苦難の中でも常に生き延び
繁栄しようとする。ドルクの高僧は
「屈辱の中でも子を産み育てよ。」
と言う。しかし口だけだ。ナウシカにはロケット兵器は登場するが気象観測気球は
登場しない。機関銃は登場するが製糸機械は登場しない。
ボロボロの腐海の遺跡や墓所に入り込んで失われた知識を回収しようとする者も
いなければ医者も出てこない。兵器以外の技術開発の様子も無い。

生命も人類もおそらく自分自身もちょっとした巡り合わせの悪さで破滅してしまい
抗う事すら考えない愚かな存在だと考えているのではないのか?

38 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 15:03:49 ID:X4QeyBdp
地球浄化後まで墓所のエネルギー持つのか?
エデンの園状態の地球作ったって、
そのうち氷河期、巨大隕石衝突でまたまた人類壊滅。
宮崎は、そこまで考えて無いからバカにされる。

39 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 17:21:43 ID:dLirpuc7
そんなことに突っ込みを入れる奴は自分の知識を言いたいだけだろ。
物語にそんな細かい考察や説明を入れてたら感動もできやしない。

40 :もけけけけ:2006/03/01(水) 17:35:30 ID:BfMGMsV/
原作マンガと現実を交えた俺の仮説を聞いてcray!

火の7日間直前、極限まで追い詰められた人類は、もはや自分たちの技術では
自然の復元は不可能と考え、究極の半自然浄化装置、腐海を残し、
一部の人間が提唱した「火星避難」のため、ちゃくちゃくと準備を進め、一方もし「火星」が失敗したとき
のために、シュワの墓所をつくった。
 だが、必然的にシャトルに乗れない人々が現れてくる。
満員のロケットが残った人々の罵倒を後にし飛び立ったあと、人々は半狂乱になってついに
「火の7日間」を起こしてしまう。
 その後、生き残った人々は散り、物語上のあの状態がつくられた

どうです?チョットは筋が通っていると思うんですが。

41 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 17:56:52 ID:pGo+bs0Q
>>36
墓所の主は造られた「神」であり、失われた技術・芸術までも有する。
新しい人類も「穏やかで賢く」造られた。原始生活で放置はないでしょうね。

なんか、「連載時はテラフォーミングがトンデモな時代」とか「氷河期・隕石に対応してない」等の意見があるが、現実で気象コントロール技術はどこまで進んでるのか?
ハリケーン被害も深刻だったが、本当に人間が操れるのか…。

42 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 18:27:15 ID:dLirpuc7
アメリカの研究者が太平洋で台風を消す実験をしようとして、日本政府が止めさせた(台風は貴重な水資源なので)。
という話を聞いたことがある。

43 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 19:33:11 ID:X4QeyBdp
原作だと海が何でも溶かす強酸だけど
どこから海全部を強酸にする物質と量を持って来るんだ!

44 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 19:59:20 ID:FWnu+ppc
あれは湖だよ。

45 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 20:30:57 ID:D3ZYrUrS
>>42
それと安全保障上の問題もあったらしい。気象制御できる国には逆らえなくなる。
>>41
週間天気予報もまるでに当てにならないレベル。
>>43-44
でも海産物は無いとされる。


46 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 21:20:16 ID:D3ZYrUrS
>>41
だが、ハリケーンを制御するより惑星全体の気象を改造をする方が
遥かにラクな筈だ。一時的な天気はちょっとしたはずみで簡単に
変わってしまう。だが、惑星全体の温室効果は簡単には変わらない。

47 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 22:00:19 ID:pGo+bs0Q
>>46
確かにハリケーンを操るのは至難の技。して、地球環境を変える方が容易いとな?

今は二酸化炭素の増大、オゾン層破壊等の問題がある。これを解決するのは、ある意味「テラフォーミング」や「気象コントロール」に繋がると言える。
しかし、人工的な修復が為されてるのだろうか?「排出を最小限にしましょう」が現状ではないのか。

48 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 22:03:04 ID:pGo+bs0Q
…嗚呼、スマソ。
まだまだ「人間には気象制御は難しい」と言っているのか。

49 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 22:05:50 ID:pGo+bs0Q
>>43
酸性雨のパワーUPバージョンかな?
周囲の地質を溶かしたら、中和しそうなモノだが。

50 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 22:27:15 ID:wAYohGTY
伝説によると。失われし大地との絆を結ぶんだよ。

モマイラが破壊しているのは大地との絆。
大地を敬う信仰をなくした者への気持ちだ。

51 :オーバーテクナナシー:2006/03/01(水) 22:32:56 ID:D3ZYrUrS
>>47
ラクというのは技術的困難が少ないという意味でハリケーンを消すより
平均気温を1度下げる方が物量では比較にならない資源が必要になる。
技術があればハリケーンを消す為に中型飛行機を何機か飛ばすくらいだろう。
最悪、成長しきったハリケーンを消す場合でも、それのエネルギーは250メガトンの
核兵器に相当だから100機程度の軍用機で消せるはず。

例えば金星の平均気温を一度下げるとなると異星人が金星までバスを開通
してくれたとしても(移動コストを考えない場合でも)今、持てる資源をフルに
使っても何十年も掛かるだろう。
用は大気の成分を変えれば良いのだから方法は考えられるが実際には大量の
物質を投入しなければならない。

現在考えられている温室効果対策で効果的と思われる物でユニークなのは
イギリスの電力会社が枯渇した油田に炭酸ガスをドライアイス化して格納して
しまおうというのがある。これは50億円程度で出来る。発電所建設費用と
比較するとちょっと苦しいか。
スウェーデンでは成長が早く炭酸ガスの吸収の多い木で林を作りある程度成長したら
燃料として発電に用い跡地には新たに苗木を植える。木を燃料以外にも利用すれば
炭酸ガスは減るし資材も手に入る。
どこの国かは忘れてしまったがドライアイスにして海底深く沈めてしまおうという物がある。
ドライアイスは徐々に大気に戻るが数百年の時間を稼げる。その間にもっと本格的な
対策をしようという物だ。
金と人間のやる気次第でどうにでもなりそうなのだが、政治が良い国でないとなぁ。

52 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/02(木) 00:25:17 ID:rt+TN1iV
北斗神拳は伝承されているでしょうかね。ユパが実は南斗聖拳の地味な一派の門弟でしかなかった、
というオチもあると楽しいのですが。宇宙に避難した西暦3800年の人類に対抗できるのは、いや誰にも無理か。
アーレフ、じゃなくて王蟲テイマーが出現したら脈有りですね。あとは虚心塀。
ナウシカはテイマーの素質ありそうですよね。贋テイマーが流星槌の武術で戦いだすとかの描写も
欲しいですね。

53 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 17:25:04 ID:SdFbP6K7
しかし、ナウシカに宇宙まで行ったという星の船(だったっけ)
があったから、宇宙へ避難しようとした連中はいたんだろうな。
ナウシカたちは逃げれないために汚染に対応できるよう改造された人達の子孫だろう。

54 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 17:36:13 ID:JWRuYfJ+
で、出たな聖女!
このスレは腐海に埋もれるさだめじゃ!

55 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 19:38:30 ID:t4W+j4xI
>>53
宇宙へ住みかを求めた人間もいたかもね。

しかし、大地に足を付けない人類は、徐々に衰退していったのだろうな。
火星を丸ごと「地球そっくり」に変えての移住ならともかく、月辺りに居住を構えて細々と暮らしだったら…種としての繁栄は厳しい。

56 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 19:56:36 ID:z2XvYect
「穏やかで賢い」という人類もニュータイプなんだろうがガンダムのニュータイプとは
ちーと違うのう。

57 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/02(木) 20:49:52 ID:/rFxjcpR
腐海は深いのと不快なのとで腐海と呼ばれているのでしょうかね。
恒星間シップで避難したヤツらのその後も気になりますね。
原作でもノータッチでしたでしょうか。

58 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 21:57:14 ID:t4W+j4xI
>>56
「闘争本能が先天的に欠落している」という点が決定的に違いますな。

59 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 22:12:31 ID:z2XvYect
「ニュータイプとはな戦争なんぞせんで済む人類の事だ。超能力者の事ではない。」
「人類は認識力が拡大してより分かり合えると?」

宇宙飛行士の中には遠く離れた所から地球を眺め、とても小さくて脆い存在に見えた
という人が多くいる。人間は自分の世界が広がれば認識力も広がる。つまりは心が広くなる。
地上に残ろうとする人々をシャアは
「重力に心を奪われた人々」
と皮肉る。

60 :オーバーテクナナシー:2006/03/02(木) 23:24:03 ID:SdFbP6K7
闘争本能が全くないのも問題だ。
もし外部から敵が現れたらなす術もなく滅んでいってしまう。
俺が一番不思議なのは巨神兵かな。
文明を滅亡させるんだったら核ミサイルでも撃てば十分だし、
あんなもん取っておくから墓所も潰されちまったし。

61 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:09:46 ID:mizMiHw6
ラピュタでも「土から離れたら生きられない」と言う。果たして本当にそうかな?

生物は海で生まれた。しかし、我々の祖先は4億1千万年前に海を捨てた。
新天地川は浸透圧が異常に低く体液を保つのが大変だ。比重も軽い真水で
泳ぐのに余計体力が要る。だから、骨と血液という小さな海を持ち出して
新天地、川へ移った。
川へ移った我々の祖先は4億年前に陸に上がった。肺が無いと呼吸できない
川へ移った時よりもずっと移動が困難な陸へと移った。

人類の祖先が海を後にする為に体内に小さな海を持った。宇宙へ乗り出して
いくには今の所宇宙船や宇宙服という小さな地球を持ち出さなくてはならない。
しかし、小さな地球で充分だ。

62 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/03(金) 00:18:25 ID:IluuLohG
あの薙ぎ払い焼き払いは、本来はミサイル防衛のシステムなのかも。
精密な管制の下に大気圏外や上空をスナイプするようなレーザーで
戦車砲の間合いを薙ぎ払うとか、無理な用法をしたから崩壊も確実なものになった、
という見方も出来ますよね。冷却システムも無しに何秒も浅い角度で特に静止もさせないで
照射を続けさせるという使い方をしたから、溶けたとも考えられますよね。

63 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/03(金) 00:21:52 ID:IluuLohG
>>61
特に異変の無い惑星内と宇宙空間じゃ、どう考えても地上で生きるのが確実。
恒星間シップが乗員を含めて正常に運行することを前提とする宇宙空間と、
腰蓑やトランクス、石斧やホームセンターの鉈でも連綿と子孫が続く南方と、
比べてもどちらが堅実かは明白。

64 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:22:20 ID:mizMiHw6
巨神兵は王蟲と同じで絵的な要求だろう。

65 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:28:36 ID:mizMiHw6
>>63
それでも可能になれば数多くの人が宇宙へ乗り出していくだろう。
新天地を目指すばかりが人生ではないが、何もせず堅実な人生を
歩むようには人間はできていない。

66 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/03(金) 00:34:09 ID:IluuLohG
ラピュタでもナウシカでも、宇宙に旅立った人々の話は無いんでしょうかね。

67 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:38:14 ID:PV75T9IH
しかし水平面までしか攻撃できない巨神兵では、砲弾はともかく現代の弾道飛行するロケットなりミサイルよりも
射程に劣る兵器なのだからアウトレンジ攻撃されないとも限らないな。

68 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:49:48 ID:7llpWyRd
巨神兵と兵器の大きな違いは「考える」こと。

兵器は所有者や権力者の意思で使用されるが、巨神兵は自ら考え「審判」を下す。人々は終わりなき争いの決着を任せたのですね。

結果は「文明の終焉」でしたが。

69 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:51:59 ID:dAquqnpd
聖女氏は一度漫画を読む事を強く薦める

70 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:54:43 ID:mizMiHw6
>>66
無い。演出にかけては天才であるし海千山千の少年達を導く指導力を持つ
無駄に歳を取らなかった年寄りなど素晴らしい人間像を描く。
しかし新しい世界に果敢に挑んでいく気力という物が描けなかったようだ。

71 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 00:56:44 ID:mizMiHw6
>海千山千の〜
少年達を導く指導力を持つ海千山千の無駄に歳を取らなかった年寄り

72 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 03:35:18 ID:I9wONQMW
腐海や蟲を使って地球を浄化するシステムをテラフォーミング技術と呼ばなくてなにをテラフォーミング技術と呼ぶ?

73 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 04:29:18 ID:mizMiHw6
硫酸・亜硫酸・塩化水素・硫化水素・ヒ素など毒劇物の除去、
炭酸ガス・メタン・アンモニア・水素・炭化水素・その他有機物の固定、
水・窒素・酸素・オゾン・硝酸・二酸化珪素の散布
鉄・マグネシウム・銅・亜鉛・カルシウムなどの金属の散布
対流・海・水脈の形成、温室効果の制御、自転速度の調整、
天体全体の監視、個々の作業バランスの調整、天体ごとに
性質が違うからそれを良く把握しての作業計画の作成、
調整用生物の創造・育成かな。
普通は六価クロムやダイオキシン、プルトニウムなどで汚染された天体は
ないだろ。

74 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 13:37:56 ID:mizMiHw6
>>72
テラフォーミングを舐めるな。
腐海では5分で肺が腐ると言うが金星では人間は即死だ。火星でも
1分と意識を保てない。すぐ体液が沸騰する。
それらの惑星じゃ腐海も蟲も生きてはいけない。地球は異常な星
特別な星、奇跡の星なんだ。

75 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/03(金) 13:46:47 ID:xWIL2F1n
じゃあテラフォーミングの技術なんかあった日には、腐海も王蟲も一発解決ですね。
星を行き来した船関係の技術が出てきたら、様相は一転!?

76 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 13:56:53 ID:mizMiHw6
技術だけでなく大変な物量も要る。宇宙船があれば小惑星を削ったり
して得られるかもしれない。一発解決の可能性もある。(今の技術では
小惑星を捕まえて利用するのも難しいが。)
でも、もしプルトニウムによる汚染だったら手が付けられない。

77 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 14:00:08 ID:mizMiHw6
一発解決といっても1000年もかかる腐海と比べての話だけど。

78 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 14:51:09 ID:WaQsdTf4
>>聖女
空気嫁

79 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 15:10:25 ID:qDVyFipR
チェルノブイリの土壌は実際に植物が浄化してる

80 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 15:14:47 ID:PV75T9IH
汚染成分吸収して回収してるだけだから浄化と言うより除染。

81 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 15:17:00 ID:7llpWyRd
ナウシカの世界の汚染物質は、海や地中深くまで浸透している。
土地の浄化目的に粘菌を利用したのは、自己増殖して生命力も強さがあるから。管理の必要のない「浄化システム」は凄いだろう。

大気中に二酸化炭素やメタン放出すればいいだけの「惑星改造」よりも困難だろう。

82 :もけけけけ:2006/03/03(金) 17:02:28 ID:IveXAQUa
やはり、人間がどうこうするより、いわゆる「自然」に任せたほうがいい、ということか。
実際、ナムリス曰く「いじましくてみみっちい人間の営みとやらをキレイにumg...」とか言っちゃってるし。
また「人間はとうにこの星では要らなくなった生物なのさ」と。
 ま、マンガのストーリーでは「腐海、蟲を怒らせないようおびえる」って感じになってるけど、
それはすなわち「これ以上環境を汚染しないようにしている」のウラ返しじゃないのか?
結局、考えられることとしてはやっぱり人間は「宇宙に逃げる」しか選択肢はなかったんじゃないか?

83 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 17:13:45 ID:7llpWyRd
>>82
しかし、地球脱出して生活するにも「地球と似た環境」が必要。

汚染から逃れる為の脱出…まず「重力」の壁に当たるだろう。地球上で進化してきた人間は、無重力では循環すらうまく行かない。
仮に人類を「宇宙適応型」に改造したら、今度は惑星に戻れない身体に…。

84 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 17:22:00 ID:3G0LbXKw
>>83
冷凍保存してカプセルの中で冬眠してるとか。


85 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 18:09:40 ID:TG0M/Mhe
火の七日間で暴れた巨神兵の数はどれだけいたんだ?
巨神兵たくさんあれば、地球改造土木工事も簡単だ。
巨神兵にマントルまで掘らせて、土の入れ替えぐらいしろ。
汚染物質は、海溝の底に埋めて地球の中へ、数万年後に
きれいになって戻ってくる。




86 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 18:57:54 ID:PV75T9IH
そこで巨神兵が土壌埋め戻し剤フェロシルトを撒く。

87 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 19:05:36 ID:I9wONQMW
>>74
いやいや。ていうか金星テラフォなんてそもそも無理だろ。言い出したのも大昔だし。
漏れは他星系の地球型を微調整する程度の話だと思ってるんで。
金星を住めるようにできると考える方がナメてる気がする。


88 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 19:40:43 ID:TG0M/Mhe
金星を地球と同じ軌道まで移動すればいいんじゃね。

89 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 19:55:04 ID:WaQsdTf4
巨神兵を使うんだな

90 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 20:34:19 ID:7llpWyRd
巨神兵は「空間を歪めての飛行」は出来るが、それに惑星を移動させる力があるか…。

91 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 22:11:57 ID:mizMiHw6
>>87
じゃあ地球が生まれてから人間が住めるようになるまでどのくらい
時間が掛かってる?

92 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 22:29:49 ID:tLtOIuLd
>>91
その質問はおかしいな。
人間が住めるようになるまで地球が変わったんじゃなくて、
人間が当時の地球に合わせて進化してきたんだよ。
多少環境が変わっても、生物は上手く進化して環境に適応できる。

93 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 22:47:10 ID:7llpWyRd
うろ覚えテラフォーミング。

まず、二酸化炭素やメタンなどの「温暖化ガス」を大気中に大量放出。地表や地下の氷を溶かして水(海)を作る。
その後、水中に藻類、陸地に苔類などの生命力の強い植物を植える。少しずつ酸素を生産させる。苔などが育つ事で、土地も他の植物が育つ環境になる…だったかな?

人間が住めるのは、更にその後ですな。植物が育たない様な環境で、人間が生きて行ける訳がない。

94 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:00:47 ID:mizMiHw6
別に移動する必要はない。
金星の平均気温は470度で水星をも遥かに上回る。それを引き起こして
いるのはとんでもない温室効果と厚い大気。それを適度なレベルに下げてやる。
まずは炭酸ガスと亜硫酸ガスを除去または固定する。除去に植物を使用できる
ようになるまで地表に巨大なプラントを建設する。高温のためたんぱく質のような
機能を持つ分子は維持できない。
プラントの場合腐食の強い大気と高温で困難を極めるし寿命も短いかもしれない。
地球では極地方が住み難いが地球の約二倍の日照のある金星ではその辺りが
住みやすいだろう。
問題もある。自転が非常に遅い事。無理に加速すれば全体で地殻変動が起こる。
金星をテラフォーミングするのは緊急避難措置ではなく余力がある時になるだろう。

>>87
しかし、他の惑星系に惑星改造機器を設置するのがいかに難しいかもしらないようだな。

95 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:02:46 ID:mizMiHw6
>>92
地球が生まれてから40億年は酸素濃度が低すぎて単細胞生物しか
住めなかった。海綿動物さえいない。

96 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:22:39 ID:tLtOIuLd
>>96
何もそんな生命の出たばっかりの頃の極論を持ち出さんでもいいだろう。
生物が進化していくには複雑な環境などの要因がある。
例えば中生代に恐竜が栄えずに哺乳類が栄えたら、本来より何億年も早く
人類は出現したかもしれない。
特定の生物が出現するのは偶然に偶然が重なり合ってできる。
>地球が生まれてから人間が住めるようになるまでどのくらい 時間が掛かってる?
たまたまこの世界では数百万年前に人類が誕生したが、
要因さえ揃えばジュラ紀にだって人類が誕生し、住んでいたかもしれない。
確かに気候や重力などの環境は多少違うが、大気の成分が著しく違うわけだもないし、
細菌なその原始的な生物もほとんど現在と変わらない。
この程度の環境の差なら、少なくとも他の惑星などより遙かに人類が生存出来る環境である。
地球が生まれてから人類が住めるようになるまでどのくらいの時間がかかるかなんて、
計れるわけがないからおかしいということだ。




97 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:23:39 ID:tLtOIuLd
アンカ間違いだ。
>>96>>95

98 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:31:26 ID:mizMiHw6
>>96
質問を間違えて解釈している。地球が生まれてから人類が生まれるまで
ではない。地球が生まれてから今の人類が生活できる環境になるまでだ。
要は生物が利用できるエネルギーが人間や魚など大きな生物を養える
程に原始地球から変わるのにとてつもない時間が必要だった。
そして原始地球は今の地球とは似ても似つかない。それがやがて生命を
多く抱える惑星にまでなった、というのが要点だ。

99 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:41:52 ID:ZdaCILV5
>>4
のサイトおしえてよ

100 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:43:51 ID:mizMiHw6
>>98 補足。
地球とよく似た星、と言えば宇宙レベルでは火星よりもむしろ金星だと言える。
そして両方の惑星をテラフォーミングできたとすれば断然金星の方が住み易い。
火星は地球に比べかなり小さいので完全に地球化するのは難しい。重力が小さい
ので濃い大気を維持できない。日照が少ないのでエネルギーが不足する。
金星は地球の2倍近いエネルギーを太陽から受けるが、極地方に住めば多少
暑くても住めるはずだ。

101 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:48:54 ID:mizMiHw6
疲れているので話がまとまらなかった。

102 :オーバーテクナナシー:2006/03/03(金) 23:58:33 ID:mizMiHw6
考えを整理して再投稿
地球も6億年ほど前は酸素≒生物の利用できるエネルギー量が少なく
人間がそのまま住める環境ではなかった。腐海や蟲さえも。
それは今の金星も同じ事。6億年前の地球より今の金星を住めるように
する方が難しいかもしれないが、他の惑星系にセラミックで出来た宇宙船で
行けるのなら不可能ではない。
セラミックは熱にも腐食にも強く炭酸ガスや亜硫酸ガスを回収・固定するための
ヒートポンプも作れる。巨神兵のような兵器が作れるなら金星も変える事ができる。

103 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:00:56 ID:X0mj13yP
「他星系」を「(太陽系の?)他の惑星系」と読む時点でお里が知れる。

104 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:05:43 ID:W2sTx407
>>103
語るに落ちるとはこの事。惑星系を何だと思ってる?

105 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:07:43 ID:iKRmF3vg
おれもセラミック船の「星まで行っていた」の星は他の恒星系だとおもってたよ。何と無く。

106 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:09:53 ID:W2sTx407
だから、惑星系というのは太陽系のように主系列星などの周りにいくつかの
惑星が公転している系の事。

107 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:21:27 ID:W2sTx407
信用してないようだから置いとく。ちなみに恒星系とは銀河系のように
恒星がいくつも公転している系。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%91%E6%98%9F%E7%B3%BB

108 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:40:12 ID:qbCbjpju
>>98
なるほど、確かに俺の解釈がズレてたようだったな。スマン。

ただ金星が火星よりテラフォに適しているのはちょっと反対だな。
金星は最低でも気温が200度ほど、上がると400度ほどになっている。
厚い大気に覆われているため、熱が非常にこもるんだな。
星自体も安定していないし、科学者によっては金星はなにか特殊な事情で
他の惑星より遙かに遅く誕生したのではないかとの意見もある。
いわば、生命には程遠い原始的な星だ。
だから金星よりも生命が一度誕生したこともある(可能性が高い)火星のほうが有利だ。
火星なら金星と違ってとりあえず基地を建てれれば住めるくらいの環境だしな。

109 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 00:48:08 ID:qbCbjpju
捕捉だがこれは現在の状態から見れば、だ。
もっと金星が安定してくれば(かなりの年月が必要)、話は変わるかも試練。
火星は重力が小さいし、大気も薄いものしかできないという>>98のあるいう
問題もあるしな。

110 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 01:09:15 ID:W2sTx407
>>108
テラフォ自体は金星のが難しいだろう。やってみないと分からないけど
俺もそう思ってる。もし両方とも出来上がったら金星が住み易そうなだけ。

>星自体も安定していないし
知らなかった。でもどっかで聞いたような・・・これは問題だ。想像できる範囲で
人間が改造できるのは表面だけだから。

スレの趣旨に対して何が言いたかったかというと
「こんなにも力があったじゃないか。もっとアクティブに生きろ」
って事で、フロンティアを築ける強い人間はいつの時代にだって居て人類に
新しい世界や知識を与えてくれる。星まで行った宇宙船は手ぶらで帰っちゃ
来なかった筈だ。
宮崎と俺の考えの相違と言われればそれまでだけど。

111 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 03:17:28 ID:FaBqTkA5
深海の高温高圧の熱水鉱床に棲むチューブワームのような奴なら
金星でも生きていけるんじゃないか?

112 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 08:32:45 ID:N7ckSzW/
水が全くなくて強風が吹き荒れ表面温度500度では。。。

113 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 13:21:28 ID:+SMaO5B8
つーかさ、ナウシカの世界って、汚れすぎ。
ある意味、これだけ汚すのはテラフォーミング以上の技術力が必要。
世界観で戦争破壊には技術を使うが、農耕、環境のためには技術は
使わないってスタンスなんだな。
それが全体でおかしな世界を作ってる。
まるで、ゴミを捨てないニートの部屋をそのまま世界に広げたよう。
宮崎って若い頃は、ニートだったのか?

114 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 13:31:10 ID:W2sTx407
オマケに硫酸の雨、水どころか酸素もない。
もっとも、いきなりチューブワームだけ、ではないだろう。

>>108
>星自体も安定してない
これはちょっとショッキングな情報なので詳しい事が知りたいので
書籍でも何でもソースがあると有難いです。自分でも調べますが。

金星は不思議な惑星で自転方向が金星だけが公転方向と逆に
なっている。自転周期が太陽の強力な重力を受けている水星よりも遅い。
何故か地球に同じ面を向け続けている。
公転軌道が最も真円に近い事、内部構造が地球と酷似している事から
太陽系で生まれたとしか思えない惑星なのだが?
何か特別な事が起こったんじゃなかろうか
スレ違いスマン

115 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 13:46:18 ID:W2sTx407
いちいちレスしてるようで悪いとも.思うけど
>>113
意図して汚したとしか思えないくらい汚れてる。産廃だって公害だって
これほどまでに汚す事はできないよね。

116 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 14:51:17 ID:Un6zymbq
現実問題あんなでかい虫がいたら自分の体重でつぶれて死にますw

117 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:03:28 ID:q5SeurZD
実はあの世界の人間がチイサイノデツ

118 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:17:14 ID:qoo+MuAG
それよりナウシカがメーヴェに乗ってる時、
どうして足をピンと伸ばしていられるのかが気になるー。
あれだとかなり疲れるような・・・。空力だけで足が浮いてるとは考えにくいし。
因みにハンググライダーは寝袋みたいなのに足を突っ込んどくんだったような。

119 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:23:00 ID:N0z4L0UZ
ナウシカの足が尾翼&高揚力発生装置。

120 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:30:19 ID:qqnwEIyN
>>116
>現実問題あんなでかい虫がいたら自分の体重でつぶれて死にますw

まぁ、遺伝子工学で人工的に作られたバイオ蟲だからw


121 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:34:29 ID:+SMaO5B8
空飛ぶ蟲が多いから、大きくても、体の中はほとんど空洞。

122 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 15:42:53 ID:N0z4L0UZ
>>121
だから王蟲の慣性重量が小さくて星の船に体当たりしたけど無事だったのか。

123 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 18:36:34 ID:Un6zymbq
>>118
とってのところにひもがついてて足を乗っけてなかったっけ?

124 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 19:32:22 ID:PZI81We5
王蟲の殻は、武器やガンシップの風防にも使われる程に強固。
チキン質(?)なんかと同等に扱うなよ…。

125 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 19:36:28 ID:PZI81We5
>>113
しかし、現実世界でも「廃棄物・汚染物質」と「処理能力+自浄作用」がバランス取れてるとか思えないが…。
ここ最近じゃね?エコなんて言葉を聞くようになったのは。

126 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 19:41:17 ID:+SMaO5B8
バランスの問題じゃなくて、汚染物質の毒性の問題。
ナウシカの世界ほど強力な汚染物質なんか存在しない。
土は放射能汚染だとしても放射線じゃ強酸の池なんか作れない。

127 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 19:56:56 ID:W2sTx407
>>124
なんか強固だけど、やたら軽い。
でも王蟲自体は水に潜れるほどの重さ持ってたな・・・

128 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 19:57:59 ID:W2sTx407
潜水艦みたいに水を吸い込んでるのかもしれない。

129 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 20:00:12 ID:W2sTx407
>>126
気体では青酸ソーダとかは?強酸は思い浮かばないが。

130 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 20:02:02 ID:W2sTx407
青酸ソーダは気体じゃなかった。

131 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 20:07:17 ID:qqnwEIyN
>>126
>土は放射能汚染だとしても放射線じゃ強酸の池なんか作れない。

大気汚染で硫酸の湖なら作れると思うがw


132 :オーバーテクナナシー:2006/03/04(土) 23:45:04 ID:lVkPjwGx
酸の海は(旧文明)の金属が沈んで解けた結果じゃなかったか。

133 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 04:48:06 ID:NsOtVMlB
あの世界には「塩の海」と「酸の湖」とがあり、海も完全な死の世界。

134 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 15:13:14 ID:W7LxrIlh
>>128
スポンジ状だったりしてな。やわらか王蟲か。

135 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/05(日) 18:44:47 ID:XRMv+ji+
中身の大半は水分でしょう。
水分が筋肉も何もかも支えている。
体の硬さですが、凄い甲羅、程度でしょう。
金属加工の技術が衰退してるから、殻が硬い部類の物になっているのでしょう。
谷に来てたヤツらの鎧や戦車でも、南北戦争の時代のアーマーとかティンハット、
旧日本軍の軟鉄素材の戦車に毛が生えたような材質の装甲、というオチかも知れないですよ。
剣の柄に近い部分で受けたらナウシカの木製の作業用品と思しき小型バトルハンマーもどきで
折れてましたし。

136 :聖女 ◆9RaBw0NoLw :2006/03/05(日) 18:53:00 ID:XRMv+ji+
セラミック、というのが何のことを差しているのかは疑問が残る仮説ですが。
中央製の軽量で頑丈なだけのライトソードのことではないのでしょうね。
気密性も普通のガラス窓ぐらいでしょうかね。窓は窓のフチじゃなかったら、
気密性はかなりのものかと存じますが。

137 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 21:03:32 ID:y7aoD+E8
もういいやなんでも

138 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 21:06:36 ID:y7aoD+E8
もういいやなんでも

139 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 21:15:26 ID:y7aoD+E8
もういいやなんでも

140 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 22:18:24 ID:oO7V3PqV
>>85-86
安全第一と、メットをかついで穴を掘っている巨神兵想像して吹いた。

>>101
ですね。地球と双子星といわれるくらいですね。
問題は大気の圧力が90atmくらいと高く、硫酸の雲で覆われているのが問題ですね。
また、太陽に近いのと二酸化炭素が多いので温室効果が暴走して470度くらいになっていますね。

硫酸は回収して石膏ボードとして将来の基地建設の建材にします。
H2SO4+Ca→CaSO4+H2
この際に発生する水素と二酸化炭素を反応させて水と炭素を得ます。
2H2+CO2→2H2O+C
また、二酸化炭素の一部は
CO2→C+O2
とします。

熱に関しては炭酸ガスをなんとかすれば徐々にさがるはずですが、短期に下げるには軌道エレベーターも真っ青の塔が(っていうか軌道エレベーターって塔じゃないし)厚い二酸化炭素の大気を貫き、静止軌道上の巨大な放熱板と接続されるのでしょうね。
もちろん、この塔の中には液体が循環してこの温度差で発電をして基地の電力となります。
秒速100mで一定方向に吹く風は風力発電には絶好ですね。
土木工事にはここでも巨神兵が大活躍。
真菌類が生息できるようになったら、腐海をつくって硫化物や酸を浄化させましょう(ぉぃ

>>118
あれは無理。ちなみに、スカイハイ展で展示されたオープンスカイでは足をひざを曲げた状態で機体についていた。空力的にも悪そう。
そこまでするなら、普通にモーターグライダーのほうがいい。

141 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 22:33:05 ID:WjDPOhEo
蟲を殺すと蟲が報復してくる。
では蟲は何を食べて生きているのだろう?
肉食らしきものもいたが。

142 :オーバーテクナナシー:2006/03/05(日) 22:38:14 ID:NsOtVMlB
大抵は腐海の植物を喰ってるのだろうね。
何でもイケそう(てか検討つかん)だが、造られた目的を考えると、人間が好物とかも有り得ないしね。

143 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 00:27:50 ID:In5w9fGv
>>141
蟲が蟲を食べるのは一つの大きなシステムとして許可されているのかもしれない。
蟲以外の者が蟲を破壊するとイレギュラーとして排除してくるとか。

144 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 01:11:03 ID:vkFfC4wS
たしかに。
基本的に蟲は腐海の免疫システムとして機能している感じがしますね。王蟲だけはその統率のために知能が与えられていますが。
とすると、蟲が腐海自身を食べてしまってはいけない?

蟲の餌専用の植物(胞子を出すので、正確には菌類)があるんだとおもいます。
「ムシゴヤシ」というのもありますしね。

でも、映画の冒頭では、ユパ様が狐リスの子供を人間の子供がさらわれているのとカン違いして蟲に銃撃してしまったというシーンがあります。
人間もさらって食べることもあったのかもしれない。

145 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 01:18:33 ID:vkFfC4wS
連投すみませぬ。

原作のほうでは猛毒の粘菌が出来てしまった時、蟲が集まって食べ尽くそうとしていましたね。
つまり蟲は消化器官的に腐海の菌類を食べることができるわけですね。
菌類の増殖速度を上回って食べ尽くすことはないけれども、少しづつは食べているんじゃないかな。

>>141さんのおっしゃる肉食のものは、死んだ蟲とかもそのままでは分解しにくいから、食べて、菌類が利用しやすいように細かくしてふんとして排出する役割があるんじゃないでしょうか。
って、だいかいしょう(変換できませぬ)の時とか、腐海からあふれた王蟲を苗床に腐海が成長したというので、細かくするのは必須ではないかもしれませんが・・・。

146 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 02:27:53 ID:OEx+jZ+q
昆虫類は哺乳類などと比べると確かに食事の量は少ない。
もともと蟲は人造生物だし、なにかうまい工夫でもあるのかもしれんが、
それにしてもあれだけの数の王蟲の餌はどうなってたのか気になるところだ。

147 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 11:17:33 ID:zXLZLhpz
ムシゴヤシと同じで腐海では何かの作用で巨大化するんじゃないか

148 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 15:50:16 ID:n8v0CFI+
ナウシカの先祖の住む国は腐海が溢れた為に滅亡した。
その時王蟲の骸を苗床に急速に腐海が発達している。蟲は腐海だけの
力で完全に消化され切ると思われるが。

あれだけの大型生物にも関わらず生態は昆虫並に単純だがあの大きさを
維持する為には肺が必要になる。俺の記憶が確かなら昆虫に肺は無かった。
もっともギャオスみたいな物で人工生物だから肺を付け足すなど造作もない
だろうけど。

>>113>>125>>131-132
あれだけの毒性のある物質は存在するし産廃の中には化学反応でそういう
物質を生み出す物もあるが、毒性があれだけ強力という事は化学的的に
不安定で寿命が短い。強酸で湖を作っても湖底の物質と反応してすぐ酸性が
薄れる。

149 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 17:17:31 ID:OEx+jZ+q
>>148
でも確か王蟲の巣って水中にあったよな。
呼吸しに毎回水から顔出してるのかもしれんが肺呼吸じゃないかもな

150 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 17:27:17 ID:n8v0CFI+
ビーバーのような空気だまり、鯨のように長く息を止められる、
金色の触手がシュノーケルを兼ねる、肺とエラのハイブリッド呼吸、
エラ・肺に次ぐ第3の呼吸法など考えられるが宮崎に聞かんと
らちあかないかな。

151 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 18:25:15 ID:KnA/ikYg
そもそも王蟲が呼吸してるのかも定かじゃないな。(映画しか見てないけど。)


152 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 18:57:00 ID:mP99UmHg
ああ、漿液だっけ?
息が出来る液体があったな。

153 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 21:30:27 ID:qXfB3KkN
ナウシカとアスベルが空を飛ぶ巨大なトンボ(名前は知らない)に
襲われるシーン。あのトンボは優雅に空を舞っていたが、巨大で異様な
長さの身体の割りに羽が小さ過ぎる。それに羽の動きも非常に少ない。
あれでは飛べないし、グライダーのように宙に舞うのも無理だと思う。
身体が非常に軽い素材で出来ているのかと思ったが、ナウシカの凧が
トンボの尾で跳ね飛ばされているのを見ると非常に硬い素材で出来ている
と思われる。じつに興味深い生き物だ。

154 :オーバーテクナナシー:2006/03/06(月) 21:34:57 ID:h8UbZxmo
>>153
気圧が高い(大気の密度が大きい)なら
可能では?

155 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 00:33:39 ID:ePDgUJ0e
うん、人類がテラフォする前に環境に細工加えたのかもな。
もっと前のほうのレスで、虫があんなに巨大化できるはずないとかいわれてたが
酸素濃度が高ければ巨大化も可能だ。
過去に何度か高い頃もあったし、これから年月がたてばまたそうなるらしい。
だから旧人類が少し環境をいじったのかもしれん(そんな事するよりは蟲を改造したほうが楽だが)

156 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 00:34:03 ID:+Bkea7BD
>>153
だから異常に強固で軽いんだって。

157 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 01:04:20 ID:9Vas6jc8
そもそもあれらは見かけこそ虫だが人工生物だし、人工の甲殻に人工の燃焼機関、一見生体だが中身は超ハイテクな存在だと思うんだが。

158 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 01:37:24 ID:Hw4FsnV3
どこのスレだったか、結論が、じつはナウシカ世界では人が1/20スケールぐらいなんだというのがあった気がする。

159 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 01:56:30 ID:CC80t4OR
>>155
だから本当は蟲達は巨大じゃないんだよ。
人間が小さいの。

160 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 02:38:32 ID:Va+cCqbg
だから輸送機やガンシップがえろー遅く見えるのか。納得。

161 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 04:32:10 ID:+Bkea7BD
草木や砂粒まで小さいのか?

162 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 04:42:32 ID:J6AEZAvN
人間にとっての砂粒が、ナウシカ達にとっての小石くらいと考えればいい。
草木も作中で「水が適度に汚染されていないと育たない」と言われており
ナウシカ達と同様に現在のそれとは別物と思われる。

…まあ、俺も小人だとは思っていないがw
サイズが違っていては旧文明の発掘品も使えないだろうしね。

163 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 18:57:13 ID:CC80t4OR
>>164
まあ、確かにリアル人間の100分の1とか極端なサイズだと
内燃機関が働いてることに矛盾が出てくるしな。

164 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 19:03:29 ID:+Bkea7BD
速度も20分の1だから速くても時速50qくらいで飛んでる。

165 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 20:43:34 ID:ku3Vcqds
風の谷の人達が敵に追われ酸の海の遺跡?に立て篭もっていたが
ナウシカの足を焼くほどの酸が充満する海からは
かなりの量の塩素ガスなり亜硫酸ガスが発生しているはずである。
本来なら風の谷の人達はガス中毒で死亡している。

166 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 20:46:32 ID:ku3Vcqds

更に酸の海の中州らしき所に不時着したナウシカやオーム
ペジテの二人の男も中毒で死亡すると思われる。

167 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 21:07:58 ID:8mdmttFG
人間その他のpH値が違うとか?
実は湖はそれほど酸がきつくない

168 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 21:29:28 ID:6f9yV3C/
実は食用のお酢位?

169 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 22:06:00 ID:8mdmttFG
さらにナウシカ時代の掘り出しているエンジンは人類改造後の物とか
なにしろ膚海が生まれてより1000年
幾度も人は腐海を焼き払おうとした

170 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 22:42:39 ID:iqKZVYrK
ナウシカの1000年前の崩壊した文明てどのくらい発達していたのかね?現代+200年ぐらいかね。そこが非常に気になる

171 :オーバーテクナナシー:2006/03/07(火) 23:47:43 ID:CC80t4OR
>>169
火の七日間より前の技術を継承してる街とかもあったらしいしな。
まあ大海嘯で腐海に沈んだが。

>>170
ていうか、+200年もしたら全く想像つかない世界になるだろ。
言っとくが200年前は江戸時代だぜ?

172 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 01:49:36 ID:jso3oZUd
現代文明より少なくとも800年以上たった文明だからものすごいだろ。
墓所とか巨神兵や蟲たちにその技術をかいま見ることができるが。
ドラえもんが現代の電卓扱いなくらいとみた。

173 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 04:29:28 ID:Mstay6w3
ハーロック世界の地球人のように太陽系に固執してたとしか思えん。

174 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 06:28:56 ID:Mstay6w3
>>472
ドラえもんの道具は22世紀のテクノロジーのごく一部だ。
それでもいとも簡単にしかも小惑星をテラフォーミングしそこに人工生命を繁栄させる事が
できる。
着せ替えカメラ・グルメテーブルかけなどの高速分子合成装置、様々なフルオート工場、
気象を自在に操る技術、スペースイーター・壁掛けハウス・どこでもドアのような時空を
紙細工のように自在に操る技術、インスタントロボット・漫画を描く機械など個人の思考
パターンを容易くコピーする技術などを持っている。
そこまでの技術があれば人類は宇宙中に散らばり、必要とあれば難なく居住惑星を作り
それらをワームホールのような物でネットワークできる。そして地球が住めなくなっても
ホンの一時住人を非難させ僅かな時間で汚染を取り除き避難民を帰宅させるだろう。

175 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 13:03:34 ID:fnGeoD/0
またえらい未来レスだな

176 :もけけけけ:2006/03/08(水) 14:19:36 ID:qyJXwCUl
皆さむ、どうしてもテラフォをしたいようだが、宇宙ステーションに住む、というテもあることも忘れずに。
食料、建材を気にするならそれこそ火星、小惑星から持ってくればいい。
ラボなら腐るほどできそうだし、物質合成でなんとか栄養カプセルはできるだろ。
 王蟲も、外殻だけじゃなく、中に細い鳥のみたいな骨が張ってあると考えればそんなに苦労するもんじゃない。
 ただ分からないのは、王蟲の目の色が、あんなにハッキリきれいに変わること。血管の拡張などに伴う
イカとかタコみたいな色素変化だと、あんなに澄み切った光を発することはできない。
 あ、でもホタルみたいにすることはできるかも。

177 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 17:27:36 ID:tgrzbbUI
生体マシンだからだろ。
人工物なのだから、仕組みはわからなくても、不自然ではない。

178 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 20:07:51 ID:iMkhDzI6
>>177
待て、それは思考停止への道だ。

179 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 21:11:58 ID:0JvrubuL
王蟲の触手も、黄金色に輝いてるな。

180 :オーバーテクナナシー:2006/03/08(水) 21:14:47 ID:Mstay6w3
そうは言ってもフィクションだから限界はあるよ。

14の目玉のような半球体(構造からして目とも思えないが)がコミュニケーションに
役立っているのかもしれない。色素を開放したり格納したりして色を変える生物は
沢山いるし。って>>177の説に色をつけただけか。

181 :オーバーテクナナシー:2006/03/09(木) 18:30:27 ID:ugZeRhxq
>>179
実は中身があの触手で満たされているところを想像してキモくなった…_orz

182 :もけけけけ:2006/03/10(金) 17:05:31 ID:Yru7g75p
完全に地球化しなくても、基地をつくってその中で縮こまってる、というのは?
所詮てらふぉなんて無理w 重力なんてどうしようもないし気温ならなおさらどうしようもない。
食料、燃料その他umgは化学合成でつくればいい。栄養カプセルくらいつくれるだろ。
 でもその中じゃ発狂する人続出だろうなぁ・・・合掌・・・


183 :オーバーテクナナシー:2006/03/10(金) 18:28:34 ID:RPPCPS1/
ナウシカたちが住んでる星が、過去にテラフォされた地球ではない星。
だとするとどうだろう?

低重力下・高濃度酸素、それなら蟲もあそこまで大きい体を保てるのでは。

184 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 02:01:19 ID:lzUV8tYD
>>183
難しいと思う。重さは重力でどうにかなるが、質量とそれに伴う慣性は
どうしようもないし。

185 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 02:42:15 ID:7ybmPozw
そのもの蒼き衣をまといて金色の野に降り立つべし

186 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 09:21:21 ID:mrAH0oZY
>>162
案外、旧文明の人類はエネルギーの効率的利用のためとかで、
既に遺伝子組み換えで小さくなっていたとか。
それなら旧文明の遺物を使えたとしても不思議は無いのだが。

187 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 21:48:51 ID:WvdNgsTU
今度は巨神兵についてでも話すかね。

冒頭に出てきた巨神兵の化石(残骸)に、操縦桿が付いている件について。
あれは、人工頭脳を搭載しない量産型かな?人類の「神」になるべき存在を「兵器」に利用したとか。

188 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 22:01:45 ID:S1Mvtg2L
設定が後付で変わっていっただけ。
遥か未来を感じさせるただの舞台装置。

189 :オーバーテクナナシー:2006/03/11(土) 23:58:42 ID:r1tIyf7o
原作にもあったぞ。

190 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 00:38:22 ID:GiGRqZ5O
映画にするには詰め込みすぎだな。

191 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 01:24:31 ID:zJe7bek4
せめて「3部作」くらいの長さで…。

192 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 01:24:54 ID:ACxIphQh
OVAでオリジナルストーリーのアニメを発表してほしいね

193 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 01:56:44 ID:GiGRqZ5O
クシャナが城壁に穴を空けて攻城砲群を破壊する所は見所かな。
でも内容結構キツイぞ。
「4騎来い」
って付いてったのは全滅するし・・・砲台の攻撃幅広げる為に自爆する
ヤツもいるし。
アスベルの急襲シーンは劇場版とは比較にならない壮絶さ。

194 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 03:58:59 ID:jJd1gkKs
ガンダムと比べればたいしたこと無い

195 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 05:16:58 ID:cY1zddy0
>>193
劇場版のクシャナは単なる「なぎ払え!」と叫ぶ敵役になっちゃってるからなあ。


196 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 11:33:54 ID:PqCDAcsP
進化(開発)の名残として、実はあの筋肉ドクドクな巨神兵の内部にも操縦席が残ってるのさ。


197 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 21:25:02 ID:QJLLlvgw
いや、あれは蟲が巨大に見えるが、人間が小さくなったのだ。
毒のある環境に耐えられるように人間を改造したというが、実はその時に小型化もした。
巨神兵が巨大に見えるが、あれは現生人類くらいのサイズだ。
ちなみに、王蟲はダンゴムシ。

>>192
庵野監督がクシャナ戦記つくるらしいですよね。

>>196
で、東亞工廠とロゴがはいっている?

198 :オーバーテクナナシー:2006/03/12(日) 23:37:03 ID:ueyC1jfH
巨神兵の歯を作っていたのは「東亞工房」らしい。漫画読んでたら読み取れた。

199 :オーバーテクナナシー:2006/03/13(月) 00:26:42 ID:hdB3qFt9
>>197
あまりに小さすぎると今度は空気抵抗が無視できなくなってくるので、人間らしい形では筋力不足を起こす可能性がある。
なのでダンゴ蟲サイズの王蟲はちょっと言い過ぎかもしれない。


200 :オーバーテクナナシー:2006/03/13(月) 00:41:18 ID:p5MCXs0u
>>199
空気抵抗以上に、質量に対する筋力の効率が良くなるから
別に問題無いのでは?筋力は筋肉の「面積」によって決まるが、
その筋力で動かさなければならない体は筋肉などの「体積」によって決まる。

201 :オーバーテクナナシー:2006/03/13(月) 03:32:14 ID:R73HNiVY
雲の高さなどが説明できなくなるが?
メーヴェに搭載されてたエンジンは人の手にすっぽり納まる
缶ビールよりちょっと大きめだったが、王蟲が団子虫サイズだと
砂粒みたいなエンジンで工学の常識が通用しなくなるサイズ。

202 :オーバーテクナナシー:2006/03/13(月) 20:05:41 ID:p5MCXs0u
雲の高さって……。
100mの高さにある雲があったとして、
身長2mの人→雲まで98m
身長10cmの人→雲まで99.9m

……なにが説明できなくなるって?
まあ地平線は近くなるかな。

203 :オーバーテクナナシー:2006/03/13(月) 23:25:26 ID:BATxo1Np
高さ100mて…
まぁ、映画版を見る限りだと層積雲とかだから多分2000m(2000000mm)級だろう。
で、王蟲の大きさが団子虫(10mm)なら人間は1.8mm程度か?それでも大きいから0.18mmとしよう。コレでも大きいかも。
(そうすると、腐海の人たちが使ってた水滴みたいなシェルターも絵的に都合よくなる)
そうするとガンシップをどんなに大きくみても2m前後。2mm程度じゃ搭載出来る燃料の量も決まってるから推力もタカが知れてる。
10m(10000mm)で飛行し続けるのも難しい。
でもナウシカの元の世界は「ユーラシア大陸の西の果てで産業文明が出来てから1000年」経ってる設定だから西暦2800年代の技術力がある訳だ。
そんなんだったら何でも出来るはず。>>201の「工学の常識も通用する」とか言ってるレベルの技術力だろう。
だから、漫画だし、宮崎だし、西暦2800年代の技術力があるからナウシカの世界もおかしくない。

ただ王蟲のサイズは団子蟲は無いだろ。牛アブが蝿のサイズなら許せるが。


204 :オーバーテクナナシー:2006/03/14(火) 00:18:01 ID:/qSnx1cF
まずはあれだ
昆虫の限界サイズを考える

205 :オーバーテクナナシー:2006/03/14(火) 01:10:05 ID:bgHR/ut4
普通に考えると、外骨格&呼吸器の原理的に1mとかでも
既に不可能な領域だ。

しかしまあ、そこは、強化セラミックをも貫く外骨格の硬度と、
金色の野を作り出す謎器官でカバーだな。

206 :オーバーテクナナシー:2006/03/14(火) 03:25:34 ID:MUJODBpX
ヒント:生殖器

207 :オーバーテクナナシー:2006/03/14(火) 03:27:17 ID:hfJhY9of
素直に循環器系を持てば済む事じゃない?
それか瘴気は毒性が高い→化学的に不安定→化学エネルギーが大きい
→酸素よりも大型生物を育める。
人類は原子生物が酸素に怯えていたように瘴気に怯えると。

208 :もけけけけ:2006/03/15(水) 14:26:54 ID:x9PO9uMz
 「毒性が高い」=「不安定」と考えるのはいかほどか?
 だが、強い毒なのだから分子構造はずいぶん複雑そうだから、それが反応しやすい物質だった場合は
多様な反応とそれに伴うエネルギー放出も期待できる。「蟲」がその反応を使って生命維持活動を行っているとすれば、
あの巨体を維持し、激しく動かせるのも説明できる。かもしれない(´Д`;)
 しかし人間はその「猛毒」をそれとして受け取ることしかできないから、吸った瞬間あぼーん

 By the way,人間たち自体が小さくなった、というのはちょっと説明がつかなくなることが多くなりすぎる。
その状態で現在の人間とほぼ同じ組織の内臓類がちゃんと機能するかどうかも疑問。仮に機能したとしても、そのサイズだと、
相対的に血液の粘度が高すぎて、心臓・腎臓・肝臓・脳・それこそ肺もイモヅル式に結局機能しない。
 ま、小さくなれば何もかも全部同じようになる、と考えるのはおバカ。あ、そりゃ前提か。

209 :オーバーテクナナシー:2006/03/15(水) 22:15:25 ID:g0i7iqOr
>>208
お前がおバカ、西暦2800年代の技術力があれば何でも出来る。

210 :オーバーテクナナシー:2006/03/15(水) 23:30:02 ID:G6cfGpja
そんな技術無くたって、元気があれば何でもできる。

211 :オーバーテクナナシー:2006/03/16(木) 03:33:06 ID:bjJ1xaDx
今から8世紀も後の事だから何でもできる。−じゃ考察にならない。

212 :オーバーテクナナシー:2006/03/16(木) 19:58:43 ID:bjJ1xaDx
どんなに技術があっても「物理法則は変えられません。」
ナウシカ世界には原生種は一つも残ってないのかな。別の惑星や
何億年も前か後の世界みたい。

213 :オーバーテクナナシー:2006/03/17(金) 16:36:33 ID:idQPbMW5
生き物自由に作り変えられる世界なんだからなんでもありだろ

214 :もけけけけ:2006/03/17(金) 17:04:56 ID:BkhkdXtU
 なんでもあり、というのはムリ。
>>212 の言うように、物理法則は変えられない。別の液体を血液の代わりにする、というテもあるが、
そうしてもやっぱりイモヅル式に体の構造が変わっていくし、その結果構造が安定して生物として成り立てるのか、
というのも疑問。
 そもそも、現に生物の体は環境にとことん適応し、ハッキリ言ってその状態、つまり 重力・周囲の物質・自然宇宙線の多少・
自然放射線の多少...がその適応した状態であればギリギリ生命を保ち続けられる、という極限の状態で存在しているのだから、
「何でもできる」と言ってサイズをそんなに縮めたら、絶滅必至だろう。
 仮にナウシカ時代になるまで極限のペースで縮めていっても、マンガ・映画で見られるような現在の人間と変わらないようなナウシカの可憐な姿はおろか、
そのサイズに適応した、それこそウジ虫のような様態になるだろう。


215 :オーバーテクナナシー:2006/03/17(金) 17:12:07 ID:HrHWw6DY
今風のナウイ鹿ですか、私はそれを繁殖させて
鹿さしにして試食したらどうかと思うのですが
、きっと美味間違いないと思いますよ・・・!

216 :オーバーテクナナシー:2006/03/17(金) 19:43:31 ID:LW7X5AHd
進化にお任せ方式で最適化を図ろうとするからそうなる。

コンピュータシミュレーションで事前に適応パターンを把握したら、自然界で何千万年もかかる最適化をほどこすのに匹敵する設計ができるかもしれない


217 :オーバーテクナナシー:2006/03/18(土) 15:06:36 ID:1R5ZYmsG
>>205
そう、それだよ。
あの謎器官、王蟲に吹っ飛ばされて、大群につぶされて、ぐちゃぐちゃになって
原型すらとどめていない死体を生き返らすことができるんですよね。

王蟲の謎器官と、漿が解明できれば医学が飛躍的に進歩するです。

>>216
ですね。
GAを使うとなおよいです。

218 :オーバーテクナナシー:2006/03/18(土) 15:12:14 ID:6CYHpnvK
そういえば、なんで人類は浄化中の世界に新人類を置いたんだ?
蟲と腐海だけの世界でいいのに。

219 :もけけけけ:2006/03/18(土) 19:25:47 ID:CvCJZnLT
 >>216 、「仮にナウシカ時代になるまで極限のペースで縮めていっても」、というのは特に意味はない。
この記述はナウシカ時代に変化がその段階に至っていないとおハナシにならないからだ。変化に必要な時間がどう、
と言っているわけではない。単に俺が言いたいことは、
「そんなに縮めたら、人の技術がいくら高かろうと、この世にいるかぎり不変な物理法則には逆らえないから、
どうやっても『虫』になるよ」ということ。
 だいいち、「最も安定なのはエネルギー最小の場合である」という公理にもあるように、
「自然」すなわち「何もしていない・エネルギーをかけていない」状態におかれている全生態系は、
大げさに言えば「今、この瞬間の環境における完全体」と言い換えられる。
 これより、虫に匹敵するミニサイズにおける安定体は、現在の環境における「虫」の様態なのだ、ということ。
 「ナウシカ時代では環境がまったく違う!」という反論も出そうだが、
この星の表面上の化学的環境が変わっただけではミニサイズでもあの姿が保てるという確証はない。
 物理的観点による環境変化、すなわち重力などの変化ならそのまま縮小することが可能そうだが、
この星でダイレクトに感じるほどの重力の変化が起きるまでにはナウシカ時代よりもっと先になりそう。

220 :オーバーテクナナシー:2006/03/19(日) 20:15:00 ID:os2bEog6
実はナウシカの世界はマトリックスのような世界で
その中では物理法則も任意。
いつか人々が目覚めて世界を救ったり
しないか。

221 :もけけけけ:2006/03/22(水) 10:57:50 ID:clck3zyc
 ・・・論外。マトリックスの中でわざわざ環境をグチャumgにする必要ないだろ

222 :オーバーテクナナシー:2006/03/22(水) 13:53:09 ID:ZmWPrTLc
実際に環境が悪化しつつある世界における教育システムとか。

223 :もけけけけ:2006/03/22(水) 16:21:20 ID:clck3zyc
 ・・・ヒトを絶滅寸前に追いやることが教育?

224 :オーバーテクナナシー:2006/03/22(水) 19:37:52 ID:ERFirTlz
このままだとこういう風に酷い世界になるからゴミのリサイクルをきちんとしましょうとか

225 :オーバーテクナナシー:2006/03/23(木) 01:30:05 ID:NcsVyfTW
金星が暖かいのは温室効果だけでなく火山活動が盛んだからという説

226 :オーバーテクナナシー:2006/03/23(木) 17:46:41 ID:N2eI1Gqp
一般的には>>224のように受け止められたようだな。
しかし、例えば反戦活動をするとしても「戦争怖い」「戦争は悪だ」と叫ぶだけでは
意味が無い。戦争の原因と要素、それを食い止める為の方法、政治・外交問題
などを提示しなきゃ駄目だ。大衆が反対しても国家元首が始めちゃえば戦争は
食い止めようが無い。
環境破壊についても一番環境破壊してるのは誰か?
「電気を作る生活ですか?それとも電気を使う生活ですか?」
というCMがあったが、それを見て
「手前ら、電機メーカーが手段を提供しなきゃやりようがねぇだろ。俺たちが悪い
ような言い方しやがってこの的外れが!」
と怒ったものだ。

227 :もけけけけ:2006/03/24(金) 10:59:24 ID:Le4Mzd/P
 まずア○リカにもう一回京都議定書をつきつける。
 あいつ、世界のリーダー気取ってるくせに最も有効な温暖化防止の議定書を捨てやがった。
理由:「だってぇ、あんなのやったらウチらボロクソになりそうじゃね?ウチら世界のボスよ?
    それくらい許せってのぉ〜っw」
 日本国内ではわりと環境保全のもんが出てるし、需要でも「えこ!!!」をモットーにした商品じゃないと
買ってくれないようになりつつある。それに対してアメ公は何やってるんだ。
 人類がそれこそ絶滅寸前になって、最初に滅びるのはあの国だぞ。たぶん。

228 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 12:41:29 ID:COJXRtP4
>>227
温暖化の対策をとらないのは温暖化のメカニズムが確定しない状態で
無理してまで現在提唱されている対策をとる必要が無いってことじゃないかな?
費用とか馬鹿にならない額だろうし・・・・

まさか温暖化はCO2や温暖化ガスの増加が原因でFAなんて言ってないよね?

229 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 13:20:42 ID:YfolE1E3
氷河期のリズムで言えば今は第5期になっていたはずだった。地質学が明らかにした
過去の経験で言えば今は温度の波の底の状態にいるはずだったのが、間氷期よりも
温暖になっている。
人間以外にこのバランスを崩す要素があるか。

230 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 14:44:02 ID:COJXRtP4
>>229
論点がずれてないですか?
人間が起因とする何が温暖化の原因になってるかがわからないということを言っているのですけど

231 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 14:50:46 ID:YfolE1E3
炭酸ガス排出量と地球の平均気温が同期してますが?

232 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:03:58 ID:COJXRtP4
>>231
それはよく言われてることですね。

でも炭酸ガスの増加量に対し温暖化がリニアに進行していないのも事実
炭酸ガスでは足りないから半導体製造に使われるフロン系、Cl系ガスも付け足して
それでも成り立たない理論なんでそう前面に出して論ずるのはいかがかと?
全く原因にならないと否定するつもりはないが完全に信頼するのは危険ではないかな?

233 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:18:01 ID:YfolE1E3
排ガス規制に反対してるの?

234 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:28:31 ID:COJXRtP4
>>233
また論点がずれましたね。

人体に有害なガスを規制する排ガス規制は必要だと思います。
しかしその質問は今の温暖化と炭酸ガスに対する議論に必要な質問ですか?

235 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:33:04 ID:YfolE1E3
必要です。相手が何を言ってるのか分からないと答えようが無いですから。

236 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:36:27 ID:YfolE1E3
つまり論点がずれているというのは、あなたの主観に過ぎない。

最新の地質学で地球誕生からの歴史が徐々に明らかになってきたが、
大気温の決定的な要素は大気成分にある。今は地表の七割を海が
覆っているが、海は大気温の調節効果がある。
大気だけの組成では表面温度を計算する事はできない。

237 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:37:44 ID:YfolE1E3
>気だけの組成では表面温度を計算する事はできない。
短期的には
の条件付。

238 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:39:05 ID:COJXRtP4
>>235
そうですか。

温暖化について何かしらの要因があり、その要因の中に炭酸ガスという考え方がある。
しかし、それは確定的なものではないので同意しかねる。
そして、なぜそれが確定的とは無いと思っているかを伝えたのですが
気にさわったのならば申し訳ありません。

239 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:41:15 ID:YfolE1E3
地球温暖化に関して炭酸ガス以外の根拠があって言ってるのですか?

240 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:41:36 ID:COJXRtP4
>>236-237
その内容が温暖化にどう関係するのか詳しく教えていただけませんか?

241 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:44:52 ID:COJXRtP4
>>239
逆ですね。

温暖化に炭酸ガスが関係しているのか、ということがなぜ証明できるのかを知りたいです。
炭酸ガスと平均気温のグラフが同期していることは知っています。
しかし時間軸がずれているにもかかわらず、なぜ炭酸ガスが原因だといえるのかについて教えていただけますか?

242 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 15:53:01 ID:YfolE1E3
>>240
ここ数十億年ほどの地球の大気温はメタンと酸素の比率に影響されてきたと
考えられる。根拠はメタン菌と光合成細菌でメタン菌が多いときには温室効果が
大きく、光合成細菌が多くなるとメタンが水と炭酸ガスに分解され温室効果が
低くなる。メタンは炭酸ガスとは比較にならない強力な温室効果ガスだ。

地層の研究から数億年周期で数回、全球凍結と温暖化が交互に起こっている事が
明らかになっている。

>>241
海があるからです。急激に炭酸ガスが増えれば海中に溶け込みます。多少は
海が持ちこたえてくれます。炭酸ガスの濃度が上がれば海に溶ける炭酸も増え
一時的な遅延は炭酸ガス増加が起こる限り常に起こります。

243 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 16:05:57 ID:COJXRtP4
>>242
こういうことを言うのもなんですが・・・

>メタンは炭酸ガスとは比較にならない強力な温室効果ガスだ。

ガスの種類がかわってますよ?
炭酸ガスを持ち出したのはあなただと思うんですが・・・・


そして、海に溶け込んだ後の炭酸ガスが大気にまた放出されることがあれば
温暖化後の炭酸ガス濃度の上昇(濃度上昇の遅延)について理解することは出来ます。
しかし、海中に炭酸ガスが溶け込み飽和した後、海中から炭酸ガスが大気中に拡散するとは思えません。
おそらく大気中のほうがはるかに炭酸ガス濃度が高いからです。
すません、もう少し詳しく後記の炭酸ガスのメカニズムについて説いてくれると助かります。

244 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 16:08:26 ID:COJXRtP4
>>243
誤字、脱字が多くて申し訳ありません

>すません、もう少し詳しく後記の炭酸ガスのメカニズムについて説いてくれると助かります。

すみません、もう少し詳しく後記の炭酸ガスの増加のメカニズムについて説いてくれると助かります。

です。

245 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 16:17:31 ID:YfolE1E3
>>243
>ガスの種類がかわってますよ?
炭酸ガスじゃなくてもメタン、アンモニア、一部のフロン、水蒸気など温室効果をもたらす
ガスは多数ありますが何か?
メタンは酸素と反応して水と炭酸ガスになり、この化学変化で温室効果は低下します。
酸素がこれほど高濃度になったのはここ5億年ほどでそうなるとメタンが大気の主成分に
なることはできません。
>飽和した後
海が飽和炭酸水になる事はありません。海と大気における炭酸ガスの分圧が釣り合うまで
海が炭酸ガスを吸収します。ついでに言えば海は熱も調節機能があります。

炭酸ガスが温室効果の原因ではない説得力のある代案を説いてくれると助かります。

246 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 16:21:07 ID:YfolE1E3
>>225
>金星が暖かいのは温室効果だけでなく火山活動が盛んだからという説
いかに金星が侵食が激しくても、火山活動が活発であれば地形の勾配は
大きくなるはずですが、金星の表面は地球や火星と違い、非常になだらかです。
火山活動の後は見られません。

247 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 16:26:06 ID:COJXRtP4
>>245
把握しました。

論点を拡張して、以後、温室効果をもたらすガスと温暖化について話すということですね。


また、私は炭酸ガスが温室効果の原因ではないということを言っているわけではなく
なぜ炭酸ガスが温室効果の原因といえるかという証明ができるのか?ということを言いたいのです。
反対をしているわけではありません。
誰でも理解できるような、うなずかざるを得ない理論をたたきつけられないと納得が出来ないだけです。

わがままを言うようですが納得をするような強い理論をおねがいします。

248 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 17:00:51 ID:YfolE1E3
物質には特定の輝線・吸収線と言われるスペクトルを持つ。人の目には
電磁波の波長は色として受け止められるが、緑色の葉っぱは赤い光と
青い光を吸収する分子から出来ている為、反射するのは緑色のひかりのみ
となる。目に見えない電磁波も入れて観測すると遠く離れた天体の構成分子も
知ることができる。

酸素や窒素にくらべ炭酸ガスは赤外線の吸収が大きい。メタンは更に大きい。
ここで説明しておくと原始地球ではメタンでやっとバランスがとれていたのは
太陽の活動が今と比べ低く、温室効果の大きなメタンが必要だった。
一度吸収してしまうとなかなか宇宙空間には逃げ出さない。温室効果ガスの
放つ赤外線が他の温室効果ガスの分子に再吸収されてしまうから。

もし、温室効果ガスがなければ可視光線を受けて加熱した地表が放つ赤外線が
簡単に宇宙へ逃げ出してしまい地球は冷える。温室効果のお陰で今の温度を
保っている。
(´-`).。oO(口調が定まらない)

249 :オーバーテクナナシー:2006/03/24(金) 18:06:47 ID:YfolE1E3
温室効果の原因を聞かれたので、結果は付録。

250 :もけけけけ:2006/03/25(土) 14:13:17 ID:66o33s2y
 あの、いつの間にかココのスレ「巨神兵umg...」じゃなくて「温暖化を論ずる」
になってるんですけど。
 別のスレ立ててください。(´∀`;) ハハハハ...

251 :オーバーテクナナシー:2006/03/26(日) 01:48:39 ID:tl8gmyTG
巨神兵が飛行する際に使用してた「空間歪曲」って…技術的にやっぱ無理?

252 :オーバーテクナナシー:2006/03/26(日) 02:26:32 ID:qSIejms3
質量をもつ物の周囲はすべて空間がひずんでますが何か?
とアイーンの人が言ってました。

253 :オーバーテクナナシー:2006/03/26(日) 11:01:59 ID:6Kh9nmRm
そもそも金星と地球じゃ大気の量が違う
全然違う話が違う

254 :もけけけけ:2006/03/27(月) 15:22:02 ID:zfqzGbrp
 巨神兵が「飛ぶ」とき、背中の光輪で空気を部分的に激しく熱して、
その際に起きる空気の流れで飛んでいる、というのは?
 そうすれば、空気の温度差によって空間が歪んで見えるかもしれないし。
 でもそうすると近くにいるナウシカやクシャナ、ゆぱが放射熱であぼーんする可能性大...
 ・・・でも、その熱する方法としては、放射線のたぐいの何かを放射線シャワーが起きない程度に
放出し、空気に直接エネルギーを与える方法を使えば、なんとかなるかも。
 そう仮定すると、「毒の光」も「威力の弱い放射線を含んだ光」と言いかえて説明がつく。

255 :オーバーテクナナシー:2006/03/31(金) 15:18:20 ID:+Gu6peo7
>>246
ttp://www.cgh.ed.jp/TNPJP/nineplanets/venus.html

> マゼランの画像レーダーのデータから、金星の表面の多くが溶岩流によっておおわれている
> ことが分かりました。 シフ山のようにいくつかの(ハワイや オリンポス山と同様の)
> 大きな盾状火山があります(写真3)。最近の発表によれば、金星は今でも火山が
> 活動していますが、それでも数ヵ所のホットスポット(写真4)だけで、
> その他の大部分はここ数億年の間、地質学的に比較的静穏だということが分かりました。

256 :オーバーテクナナシー:2006/03/31(金) 19:51:54 ID:dRV13dPh
火山活動が盛んというのはなりたたん罠。

257 :オーバーテクナナシー:2006/03/32(土) 00:40:30 ID:R5hCCiPv
;;;;∧_∧::;;;;;|゙|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|゙|;;;;;;;;;;; ∧_∧:;:;:;:;:;:;:;:;:| |:;:;;:;:∧_∧:;:;:;:;:;:;:;| |:;:;:;:;:∧_∧
;;< `∀´ >;;;;;;| |;:;:;:;:;:;:;:;:;∧_∧;:;:;:;:;:;:| |;;;;;;;:;:< `∀´ >:;:;:;:;:;:;:;:;| |:;:;:< `∀´ >:;:;:;:;:;:;;| |:;;:;:;< `∀´ >
::::::::::::::::::: .`ヽ| |:;:;:;:;:;:;:;< `∀´ >;:;:;:;:;:;| |:;:;:;:;/:::::::::::::`ヽ;:;:;:;:;:;:| | ./:::::::::::::゙`ヽ、:;:;::| | ./::::::::::::::::::
:::::謝罪::::: :::::|| |:;:;::;:-‐'´::::::::::::`゙ヽ、:;:;| |:;:;:/ :::捏造::::::::ヽ:;:;:;:| |/ ::::::火病::::::::::|:;:;:;| |/ :::::::::F5:::::
::::::::::::::::::  .::::|| | ; /  ::::::賠償::::::::::::l:;:| | |::: ::::::::::::::  ::::| .  | |ヾ:::::::::::::::::::: :::|  | |:::|ヾ゙゙゙゙゙""""
   ...... / .::: || | .|:::  ::::::::::::::::::: :::::|:;::| | |:::|ヽ.゙゙゙゙"""./|:;;|  ..| | ヾ゙゙゙゙゙"""/|:::|  .| |::| |::::::::::::::::
::::::::::::::::::l |::::|.| | |:::/ヽ ゙゙゙゙゙""" /.|::::| .| |.|::| .|:::::::::::::::l |:::|  | |  |:::::::::::::::| |:::|  | |:|  |:::::::::::::::
::::::::::::::::::l .|::::|.| |.|:::| |:::::::::::::::: | .|:::|  .| ||::| l:::::::::::::::l |:::|  | |  |:::::::::::::::| |:;:|  | |  ::::::::::::::::
::::::::::::::::  |::::| | ||:::|  ::::::::::::::::  .|:::| ...| |lソ :::::::::::::::  |::|  | |  ::::::::::::::  |::|  | |  




258 :オーバーテクナナシー:2006/03/32(土) 22:12:35 ID:P5rij+8L
敢えてスレ違いネタを。

『LOTR(指輪物語)』を見て思う。ナウシカも映像化は可能なのだろうと。

腐海の植物&生物、廃虚と化した都、巨神兵、トリウマvs毛長牛の騎馬戦、そして地を覆い尽くす王蟲の群れ…今の映像技術なら再現も可能だな。

スレ違い失敬。

259 :オーバーテクナナシー:2006/03/32(土) 23:13:56 ID:bekQa7fq
>>258

スレ違いだが、実写版ナウシカを見てみたいな。俺も。
どうせやるならハリウッドで。

260 :オーバーテクナナシー:2006/04/02(日) 00:12:23 ID:VSDFFLVC
ハリウッド?押井か紀里谷でいいよ

261 :オーバーテクナナシー:2006/04/02(日) 09:42:30 ID:J0UBJjBN
ハリウッド?
ごついナウシカなんざ見たくねーな

262 :オーバーテクナナシー:2006/04/02(日) 10:49:16 ID:dyi5lYc1
じゃあ、ジャッキー映画で

263 :オーバーテクナナシー:2006/04/02(日) 13:23:48 ID:pMBboncc
ユパ様がワイヤーアクションで跳びまわるのか

264 :オーバーテクナナシー:2006/04/03(月) 03:57:05 ID:2Kbs3cC1
剣士ってイメージじゃないなぁ・・・

265 :オーバーテクナナシー:2006/04/03(月) 23:17:58 ID:jwc0qGh9
女性受けは確実に悪くなりそうだな、実写ナウシカ。
ジブリ史上初の女・子供に嫌われる作品となるか…。
あんまりリアルに再現されると男のオレでも吐いてしまうかもしれん。

266 :オーバーテクナナシー:2006/04/04(火) 01:25:50 ID:lf9S0qmx
いや普通にジブリ嫌いな女多いじゃん

267 :オーバーテクナナシー:2006/04/05(水) 00:49:13 ID:xV7VUp8z
女子供が好きなのは久石譲の音楽だからな
内容なんて気にしないだろう

268 :オーバーテクナナシー:2006/04/05(水) 20:25:22 ID:HJWWvWxI
ジブリ初の実写映画!!!実写版「風の谷のナウシカ」全三部作

269 :もけけけけ:2006/04/06(木) 17:28:55 ID:ne61bkYP
 普通の映画ヅラで爆風でちぎれた腕、足、頭を実写で描くのか?間違いなく映倫にひっかかる。
 その他にもグロい場面あり
cf) 濃い瘴気吸って血がブシャーっ
  ブシャーっの血を少女が口で除くw
  オノで少年兵の頭がカチ割られる。ブシャーっ。

 おまけw
cf) 15〜16の少女のスッポンポンおフロシーン。そんな役やるような勇気ある少女はいるのか?

270 :オーバーテクナナシー:2006/04/07(金) 17:28:36 ID:ZP3ugy1h
『プライベートライアン』冒頭の上陸シーンでは、砲撃の爆発で人間が千切れる様をリアルに再現。
それぐらいしなきゃ戦争は描けない。

『スワロウテイル』では伊藤歩が脱いでたかな?(何歳かは忘れた)

271 :オーバーテクナナシー:2006/04/08(土) 10:53:21 ID:BJVo41em
>>258
可能だが、かなりのグロ映画になるだろうな……w

ナウシカの世界の未来技術といえば、
遺伝子工学とかよりもガンシップやコルベットのエンジンだろ。
燃料じゃなくて推進剤の補給だけで半永久的に飛べるんだぞ。
水をイオン化させて高速で吹き出すんだっけ?

272 :オーバーテクナナシー:2006/04/09(日) 00:46:18 ID:c/Mgc/aD
   ::|     ,、
     ::|    / .ヽ
     ::|   /    o ヽ.
     ::|. /::    o  ヽ
     ::| i::   __ .。 _l
     ::| |::  t´  `i|.|i´  i|   巨神兵がこのスレに
     ::|.|::   `--イ |ゝ-イ:|   興味を持ったようです
     ::|.ヾ、.    ヽ'   /,-、
     ::|  i`ー┬┬介┬´ l |      ,、
     ::|  __〉ヾ.|:: |::| |: l´ | l     / 〉
     ::| ̄._`ーVVVV `ソ |、   ノ /
     ::|::::     、 ,     ̄ `'⌒ゞ、/
     ::|::::-‐  ‐-、__,-‐  ‐-、 :.   `゙;
     ::|:::::::.   .´ `      |::::::  ゙、
     ::|::::::::.    i::.      |、::::   ヽ.



273 :オーバーテクナナシー:2006/04/09(日) 17:09:35 ID:ZixWwOCV
「海がきこえる」の最後に流れた映像が「ナウシカ後の世界」じゃなかったっけ?


274 :オーバーテクナナシー:2006/04/10(月) 19:56:31 ID:SjC2iq45
>>271
あれはH2Oじゃないだろ

275 :オーバーテクナナシー:2006/04/11(火) 19:33:19 ID:HK6Lo4kQ
劇場版のナウシカでは
コルベット1
バカガラス4
でトルメキアの船団は全滅なのかな?

276 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 00:01:31 ID:VrnoXxgV
>>275
風の谷制圧部隊はあれだけですね。
トルメキア本国にはうなるほどコルベットがあるようです。
エンディングでクシャナとクロトワが帰るシーンでちらっと、
大船団が見れます。

277 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 13:47:50 ID:tHbJ+i5/
あの大船団を見ると原作でもドルクに出撃したのは全軍の半分にも満たないようにも
思える。やはり兵站の関係で使える兵力が限られるのだろう。

どうでも良い事だけど、どうやって迎えを呼んだのか…
唯一生き残った船と言えばペジテのブリックであれを貸してくれるとは思えないし
メーヴェや浮砲台では何ヶ月掛かる事やら。

278 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 14:07:51 ID:afJFWswN
おいおい、時速40kmで地球半周20000kmしたって500時間しかかからんのだぞ。
メーヴェ全速だと結構早いだろ。
浮砲台は駆け足程度のスピード?

279 :もけけけけ:2006/04/12(水) 16:47:35 ID:F93zHFtU
 ついにMY原作マンガ届きましたw(*´ー`)
 えーそれによりますと、ガンシップが地表でエンジン臨界にフカした場合、
300リーグ、つまりおよそ時速540キロまで出る。
 軽飛行機のデータをざっと見ると、失速速度がだいたい100キロだから、
あのズングリムックリガンシップは110〜120キロが低速の限界だと思う。
 ところで、メーヴェ全速の話。あまり速度をageすぎると呼吸困難になるので、
訓練してもせいぜい時速70〜100キロが限界だろ。
 そして浮砲台の件。マンガを見ると、突然変異体に食われながら飛行している砲台を
あのヘビケラたちが「追っかけながら」食ってた。だからまあ、それなりに速いのでは?

280 :もけけけけ:2006/04/12(水) 16:54:06 ID:F93zHFtU
 あ、AAつくってみました。暇なひとは見て


  / ̄\ パウッ :: `` ;;;;
\ \_/\_________________  `` ::: ` :: _  
    ) __ -p---    ¶    ¶   ¶   ¶  [⊂ `` '' ,,,     ;; `'' ````B_⊃
   / / ) (()/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `` `` :: `` ...    ` .. ````
\/ ̄ / / ̄ :::: `` ..::; ... ` `シュワッ
Щ/ '' ::: `` 

281 :もけけけけ:2006/04/12(水) 16:55:11 ID:F93zHFtU
 あああバグったぁー ||| _| ̄|○ |||

282 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 17:49:39 ID:f7CPaEBu
>>277
 通信に関してのテクノロジーってどうなってたっけ。
無線はあったっけな?短距離なら行けた気がするが……
浮砲台も5,60kmは出せると思う。

 そもそも酸の海の向こうだったよな、トルメキア。
そうすると浮砲台はともかくメーヴェで何十時間とか、
さすがの姫様でも無理。

283 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 20:01:01 ID:nS5Y+deX
>>282

>無線はあったっけな?短距離なら行けた気がするが……

漫画版では、航空機は旗を掲げて通信していた。
また、クシャナの指揮する騎馬隊が、ドルクの攻城砲を攻撃したとき、ドルクは狼煙を上げて、敵襲を知らせていた。

通信に関しては、この程度の技術しかない世界。

284 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 20:30:31 ID:tHbJ+i5/
ガンシップを修理すれば幕僚の一人も乗せてトルメキアに帰れるだろうけど、
ペジテとも風邪の谷とも戦争状態、ナウシカとクシャナが個人的に友人でも
そこらの船を借りるのは困難ではなかろうか。
しかし、原作では割と近くに市場があるみたいでそこで交渉すれば船を買えそうな
感じだった。すぐには無理でも余分を持ってる人にお金を渡して乗ってきてもらう。

待ってれば迎えが様子を見にくるとも思ったけど
「あの化け物を本国の馬鹿どものオモチャにしろというのか?」
という台詞からかなり望み薄い。

285 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 20:33:04 ID:tHbJ+i5/
>風邪の谷
風の谷...orz

286 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 22:20:47 ID:ezlccm0z
トルメキア本国は偵察ぐらい送るでしょ、通信手段がないならなおさら

287 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 22:44:02 ID:tHbJ+i5/
原作の設定がどこまで生きるか分からんし劇場版でどうなってるか分からんが
漫画版ではクシャナは政敵が多い。遠征して行方不明となれば喜ぶ人も多い。
でも大部隊が行方不明だから来るかもしれないな。

288 :オーバーテクナナシー:2006/04/12(水) 23:44:43 ID:f7CPaEBu
>>283
大海嘯前の混乱期にトルメキア軍同士で通信してなかったかな。
艦内は伝声管だったな。

289 :オーバーテクナナシー:2006/04/13(木) 00:33:48 ID:sK4DnSnh
巨神兵
前文明の科学技術の象徴的存在であり、「火の7日間」で世界を焼き払った巨大な人工生命体。
この世界ではその全てが化石となり腐海にその骸をさらしていると考えられている。
漫画版の巨神兵は東亜工廠製である。核エネルギーを動力源とする。人工の知能を持ち、
目覚めてから初めて見る者を自らの親と見なして従うようにプログラムされている。

漫画版ではペジテで骨格が発見され、謎の黒い箱にある秘石を動かした事で成長が始まる。
当初はトルメキアが奪取に乗り出すが、秘石を発見できなかったために断念。後に土鬼に奪取され
聖都シュワにて蘇生される。その後、トルメキアに侵攻するためにナムリスの元にサナギ(人工子宮)の状態で運ばれるが、
巨神兵破壊の為に撃ったガンシップの砲撃で、逆に孵化が始まり目覚めさせてしまった。

秘石を体内に取り込んだ直後に片言の言葉を話すようになり、ナウシカにオーマという名前を与えられ
急激に知性を発達させる。その正体は前文明があらゆる紛争に対処すべく生み出した調停者にして裁定者であった。
反重力エンジンを内蔵し、時空間を歪めワープ航法で移動することも出来る。
最大の武器は、頭部の口蓋より発射される、核爆発を引き起こすプロトンビーム。
凄まじい破壊力を有するが体が腐食し物語上でも徐々に威力が堕ちていった。

(wikipedia)

290 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 00:11:24 ID:R0dbly/A
ペジ手で掘り出された虚心塀は、最終判断を下せない技術者が作った偽りの神
たまたま秘石を持っていた人にその判断をゆだねる危険な物

291 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 01:36:23 ID:AIself7W
偽りの神も何も、人工狂信者以外の何者でもない。人格的にもその行動力から
不似合いなほど未熟だ。

「風の谷のナウシカ」の最後の台詞「生きなければ」を呼んだときは呆れ果てて
全身の力が抜けたね。

292 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 01:38:10 ID:AIself7W
つまり、ナウシカ世界の人間はそれだけ馬鹿だから瘴気に怯え蟲に怯え
絶滅の危機に瀕して過去のオモチャに振り回される。

293 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 06:35:14 ID:4Ml95Et1
そらまぁ、一千年も製造されてから放置されてれば頭のねじの一本や二本ゆるむってw

294 :もけけけけ:2006/04/14(金) 16:55:40 ID:9Su+grYF
>>291 最後のセリフは「生きねば」です

295 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 20:22:40 ID:AIself7W
>>294
そうだったか。スマン。

296 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 23:33:48 ID:R0dbly/A
生きねばがなければそもそもアミノ酸も頑張らなかった…

生きるって何よ…



生き物が自分で考えろってさ…


297 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 02:19:06 ID:y6HBVuZS
ソレが嫌だったから、皆過去の遺物にすがり付く真似をしたのだろう。>瘴気に怯え蟲に怯え

かつての「偉大なる力(科学)」なら世界を掌握・意のままに出来るハズってね。
人類自らが「生きようとする力(希望)」が、いつの間にか抜けてたんだよ。

298 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 04:26:56 ID:lIjqj2Q3
>>297
まさにその通りでヒトに限らずあらゆる生物、バクテリアやウィルス、バイロイドなど本当にこれ生物か?
というような生物までもが放っておいても何としても生き残ろうとする。「火の七日間」のような戦争で
人間を見つけ次第殺して殺して殺して町を焼き払い農場を破壊しエネルギー源を絶っても、人間は
ゴキブリのようにしぶとく生き残り自らの英知を取り戻して繁栄する。

生き物というのはそういう性質を持っている。

299 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 07:38:29 ID:T7SkDSM6
どうでもいいが、あの世界って強化セラミックの再加工技術はあるのに、製鉄技術とか無いのかね。
浮き砲台を木材で作る理由が思い当たらん。
斧やら鍬やらをセラミックで作るなんてオーバースペックな事はしないだろうし…

300 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 07:55:07 ID:4Vaf15C7
>>299
再加工技術といっても固いもの同士をぶつける石器加工の延長のような気がする。

301 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 09:21:23 ID:T7SkDSM6
>>300
えー、でも剣とか甲冑とかあるやん。
飛行機だって、エンジン以外の部分は作れるみたいだし

302 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 11:43:50 ID:p8UgVJjJ
製鉄技術が遅れてるのは、燃料が木炭しかないからだろ。
せっかく強酸の海があっても化学を知らんから利用できない。


303 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 12:20:45 ID:rdr7+Hah
そういや、人類の活動範囲が狭いうえに、有望な所はほとんど掘り尽くしてそうだからから
碌な鉱山が存在しないという可能性も有るな

304 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 13:34:49 ID:FWBP7Zm9
巨神兵はじつは普通の人間サイズ。(180cm位?)
ナウシカ達が小さい(2〜3cm?)だけ。
こう考えると蟲や菌類が異常にデカく見えるのも、
メーヴェその他が紙飛行機のように軽々と飛行するのも
納得でつ。


305 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 13:57:11 ID:y6HBVuZS
むしろ、木炭を作る樹木が少なそう。

石炭を採掘して燃料にしてるのだろう。

306 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 14:23:54 ID:Bm8uaJUe
>>304
物のスケールが小さくなると空気の粘性が大きくなって、さらに
メーヴェが飛べなくなる予感。

307 :もけけけけ:2006/04/15(土) 19:13:59 ID:dbKWVrGo
 同感。 >>197 からのカキコでも読んどけ

308 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 20:57:34 ID:h8FSlRhT
>>304
目から鱗

309 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 21:24:06 ID:S1gHQa0R
>>301
 セラミックの再加工っていっても、精々切って貼るのが限界だろ。
出来合いのセラミック板から飛行機の外板に加工するとか、
素材特性上不可能だと思うが。
崩壊前の文明ならそういう物質を作って、加工してたかもしれないが、
少なくとも崩壊後文明には不可能だと思う。
飛行機でがっちりセラミック装甲ぽいのはガンシップだけじゃない?
外板に適当なセラミック板を選りすぐって作るんじゃないかな。
それ以外はコルベットでも軽金属リベット止めの感じがする。
劇場版だとガンシップの40cmぐらいの榴弾でコルベット木っ端微塵だし。

製鉄技術はあるはず、風の谷にも鍛冶屋があったような希ガス。

310 :オーバーテクナナシー:2006/04/15(土) 21:31:09 ID:lIjqj2Q3
王蟲の皮から削り出したナイフでセラミックを加工する事はできよう。

311 :オーバーテクナナシー:2006/04/16(日) 14:26:57 ID:4rtpaNXV
強酸の海の水で核融合炉を作って、宇宙の始まりの時とビッククランチが
収束する時の時間を3600度×3600度パラレルワールド化して
エネルギー化して、核融合炉でさらにエネルギーを取り出す。

312 :オーバーテクナナシー:2006/04/16(日) 14:33:08 ID:4rtpaNXV
ナウシカ7巻の最後にでてくる、墓の主である字だらけの肉塊が
実は2ちゃんねる。

313 :オーバーテクナナシー:2006/04/16(日) 16:48:12 ID:HRC5YBy/
……生体コンピューターが民生用で販売されるまで生き残ったうえに
意志が芽生えて自分で自分への書き込みをあぼーんできるようになってたりするわけだな。

314 :sage:2006/04/16(日) 23:36:55 ID:lDfPZD/V
映画のほうでナウシカとアスベルがペジテに到着した際に
アスベルが「○○ドームが食い破られるなんて・・・」
って台詞のとこはなんて言ってるんですか?
せっかくドーム? 石灰ドーム?  

315 :sage:2006/04/16(日) 23:38:17 ID:lDfPZD/V
しまったスレ違いでした。すみません。


316 :sage:2006/04/16(日) 23:39:42 ID:lDfPZD/V
しかも名前にsageいれっちゃってageちゃってるし・・・
ここんところお疲れ気味なので許してください><

317 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 01:52:44 ID:Szrozdgp
>>314
センタードーム

318 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 02:24:05 ID:Ig0cQtjd
>>315
その程度で騒ぐ事はない。

センタードーム程度の大型建築物やバカガラスみたいな大型船を作る
技術はあるわけだ。ペジテみたいな工業都市とはいえ都市国家でも
ブリックみたいな大型船を作れる。

319 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 13:28:48 ID:6SJjFsvh
映画版のほうだけど、巨神兵が完全で王蟲をすべて焼き払って、戦慄してるクロトワの顔も見てみたかった…と思ってるのは私だけじゃなかろう。


320 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 22:06:16 ID:ZrKOops4
>>310
ちょっと疑問なんだが、王蟲の皮から削り出したナイフはどのような道具で作ったの?

321 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 22:08:34 ID:fU4u0HMJ
王蟲の皮

322 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 23:31:26 ID:UGoGKdFR
>>320
熱には弱そうだから、今でいうところの酸素溶断機みたいなもんで
適当に切って磨いていくんじゃなかろうか。

323 :オーバーテクナナシー:2006/04/18(火) 01:21:21 ID:E+M6deWf
ユパ様の剣とナウシカの剣では値段どのくらい違うんだろう…?

324 :オーバーテクナナシー:2006/04/18(火) 20:11:09 ID:kE2YsK8d
クシャナの剣の100分の1ぐらい。

325 :オーバーテクナナシー:2006/04/18(火) 22:59:54 ID:qeKdzfqO
世界があんななのに貨幣制度が成り立ってるって変

326 :オーバーテクナナシー:2006/04/19(水) 02:08:20 ID:y0/vY7OA
>>325
そんなに変か?

327 :もけけけけ:2006/04/19(水) 17:49:00 ID:KQKYBuvx
>>325
 そこまでは落ちぶれてないだろ。
 でも現にトルメキアのグレイン、ルミイ、土鬼の皇帝貨とか...
たくさんありそうだから、やっぱりいろんな貨幣が混乱しているんじゃないか?


328 :もけけけけ:2006/04/19(水) 18:26:17 ID:KQKYBuvx
ギコナビで見てるひとへ。AA再挑戦。

/ ̄\ パウッ :: `` ;;;;
\ \_/\_________________  `` ::: ` :: _  
) __ -p---    ¶    ¶   ¶   ¶  [⊂ `` '' ,,,     ;; `'' ````B_⊃
 / / ) (()/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `` `` :: `` ...    ` .. ````
\/ ̄ / / ̄ :::: `` ..::; ... ` `シュワッ
Щ/ '' ::: ``     

329 :もけけけけ:2006/04/19(水) 18:28:30 ID:KQKYBuvx
またバグりました...||||| _| ̄|○ ||||||| ダメポ もうあきらめます...

330 :オーバーテクナナシー:2006/04/19(水) 18:38:23 ID:jDMCHP90
ここで話しようよ
http://www.i-cafe.ne.jp/chat/cgi/


331 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 00:15:28 ID:W0zi6Bts
ナウシカって、結構巨乳だよね。
一緒に暮らしたい。

332 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 02:42:38 ID:Bj5K9hGR
>>304
(・∀・)!!!
これか!!と一瞬思ったが
そーすると、リスみたいな奴とか3mmくらいの大きさになるな(´・ω・`)

333 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 13:38:48 ID:uZxsBOl0
王蟲って図体がでかくて体重も結構ありそうだけど実は体の中身はスッカラカンの
空洞みたいだったりして

334 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 18:04:01 ID:38Y7KJb3
メーヴェって腰痛になりそうだなぁ。

335 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 20:29:16 ID:CBq5+1dE
おれも見たかった。王蟲を殲滅する巨神兵!!(不謹慎!?)
劇場版の光線発射シーン、かっこいいっすなぁ。さすが庵野。

でも、巨神兵の動力エネルギーは何なんだろう。エネルギー補充の概念は無いのかな。
裁定者としての役割を終えたら滅びるように運命付けられていたんだろうか。


336 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 21:04:22 ID:gna2Ftpf
あの設定では運命付けられてたというよりはプログラムされていたという事だな。
命をオモチャにしやがって。

337 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 21:06:29 ID:gna2Ftpf
>>335
>>289 核だって。

338 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 21:45:49 ID:CBq5+1dE
>>336
原作では気高い人格持ってたね。腐っていくのが痛々しかった。


339 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 21:49:50 ID:CBq5+1dE
>>337
すいやせん(^_^;

核…そりゃ世界も滅びるよね。納得。




340 :オーバーテクナナシー:2006/04/20(木) 23:56:10 ID:Bj5K9hGR
本当はとりインフル

341 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 00:51:31 ID:NhmQ5GZr
ギガント、巨神兵、ラピュタ。旧世界の超兵器って、なぜかこころ惹かれる


342 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 02:05:57 ID:oWSRujiN
そりゃー
昔の人がトキメキながら神話とかお話作って
その中でもトキメキまくりんぐな話だけが伝説として残ってるわけで。

つまらん話はどんどん風化して忘れられるよ。
第2次大戦中ののトンデモ兵器とかね。

343 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 02:27:06 ID:mZXA/Iyv
火の7日間というか現代の核兵器は30分足らずで地球上の全ての大地を焼き尽くすことができるのだが

悪いがこれが現実ってもんだ。

344 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 08:38:24 ID:Q9/aLdoP
>>343
大国間の戦争という形で核は使用されなかった模様。
おそらくだが、旧世界では核兵器をも裁く者として巨神兵が作られたのかもしれん。
そうなると、巨神兵が世界を渡り歩きながら裁きの光でドーンとやっていくことになる。
7日で終わるかねw

345 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 14:31:23 ID:HM1gg6nJ
>343
すべての核が即座にうてるわけじゃないだろ
弾頭装備して燃料注入してなんてやってたら何週間もかかるよ

346 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 21:12:57 ID:mZXA/Iyv
>>345
君の言う方が正しいと思われるが、
即時反撃できない場合抑止力としての価値は半減すると思われ。
少なくとも冷戦時には即時全面報復可能な臨戦態勢がとられていたはず。

現在も好戦的な朝や中の国もあるいは・・・

347 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 21:13:46 ID:yZArbVtb
7日間くらい萌え続けたってことじゃねーの

348 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 21:14:50 ID:XnehYqYM
あちちちち

349 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 23:03:55 ID:HM1gg6nJ
>346
そりゃそうだ、サイロにある弾道ミサイルが全部空とはいってないが
冷戦時でも世界を焼き尽くすほど大量の核が臨戦態勢とも思えない
ロシアだと弾頭つけとくと盗まれることもあるからな
中国は今でも公式に数百発が日本に照準を合わせてるよ

350 :オーバーテクナナシー:2006/04/21(金) 23:32:34 ID:Hfuy400H
すいません核ミサイルなんて実はほとんど使い物になりません、子供の喧嘩みたいな事をしてました。…核保有国より

351 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 00:49:05 ID:fPC/1ORc
まぁ、中国のミサイルって、ロケット打ち上げに流用されると成功率90%いかないものなぁ…
500発日本に向けて撃って、50発くらい自分の頭の上に落ちてくるんじゃないか?

352 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 03:18:11 ID:tkU0yWIY
本当数百発も照準を合わせてるかは疑問だ。それだけの能力があり、そう発表するだけで事足りる。
日本にもその能力があるから、下手な事を言えば極東は一気に緊張するだろうな。

353 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 05:33:42 ID:eNdH67Vt
ナウ・シカ

354 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 11:05:42 ID:lTYFWWgb
ウマ・シカ

355 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 15:45:41 ID:srXqdd6a
中国の核ミサイルの生産、配備は今でも続いているから
今年には1000基ほどになるといわれている
米国国防省が標的であると確認した都市は東京、横浜、仙台、
名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、沖縄だそうだ
照準合わせてるからといって弾頭が装備されてるとは限らないけど
1000基あれば常時それくらいが実戦稼動している可能性はあるな

356 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 17:00:28 ID:bGTAnt7z
核が幾ら在っても、使えない。核のこぶしは振り上げることまでしか
できんからな 振り下ろしたら世界中から批難される

357 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 18:17:26 ID:G/tHA+ed
完全体の巨神兵なら核を食らっても無傷で済みそう

358 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 21:17:41 ID:RDAOpRWw
巨神兵のあれは
国家間の戦争っていうか、一部の指導者による独断的な粛清じゃないんかね。
浄化のことまで考えてやってるんだし。

359 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 21:24:54 ID:tkU0yWIY
宮崎がロボット+ビームが好きなのは確かだ。

360 :オーバーテクナナシー:2006/04/23(日) 22:16:38 ID:XaeydMYc
wiki巨神兵で、反重力エンジンを装備し空間を歪ませワープ航法で移動…云々

空間を歪ませる→ワープと短絡連想してるようだが
作中では単に反重力の原理として空間を歪ませるだけでワープまではしてない気ガス。


361 :オーバーテクナナシー:2006/04/23(日) 22:22:36 ID:kNgB4q4M
多分重力をカットしてるんだろう虚心塀


362 :オーバーテクナナシー:2006/04/23(日) 23:51:40 ID:9VTboSj8
プロトン(陽子)粒子砲、発射ァーーーーーーー!!


363 :オーバーテクナナシー:2006/04/23(日) 23:52:20 ID:kNgB4q4M
>>312
遅ればせながら…
そりゃあ解読に時間もかかるよ…


やっと解読したと思ったら山崎だったり…
煽りだったり釣りだったり電波だったり厨房だったり…

なんかありかなって納得しかけた…

364 :オーバーテクナナシー:2006/04/24(月) 01:57:49 ID:N5HXpj8w
>>363
暗号化されてる上に
当時の情勢を知らないと理解できない
ネタ、デマ、妄想の集大成だからなぁ

嘘と真実が併記された古文書とか
解読もへったくれも無いypね。

365 :オーバーテクナナシー:2006/04/25(火) 12:51:18 ID://0B2Wad
>>363
肉塊=生体コンピュータのなれの果て
解読に恐ろしく時間がかかるので出力は冬至と夏至の年二回に、
一行しかできない。

366 :オーバーテクナナシー:2006/04/25(火) 12:52:11 ID:ZgYC0y9A
巨神兵が完全体だったらオーム大軍は全滅していだたろうな。
あのビームが最大出力だったらどのくらいの威力があったんだろうかと想像してしまう。

367 :363:2006/04/25(火) 21:12:48 ID:cgHdrZaO
おまけに1年がかりで解読した結果が
”ぬるぽ”と”ガッ”

368 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 09:58:58 ID:0ApV0tSU
エヴァと巨神兵のバトル見たい



369 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 13:05:34 ID:0ApV0tSU
でもビームはATフィールドで防御されちゃうし、プログナイフで斬っちゃえばいいから、エヴァの楽勝か…



370 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 14:10:50 ID:1KIh8a2x
帰ってくるとエバが放射線障害を起こしていてドロー。

371 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 14:41:27 ID:7diGnbDn
>>369
十分な出力があればATフィールドは貫通できる。
巨神兵完全バージョンなら撃破できるんでは?



372 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 14:45:03 ID:1KIh8a2x
劇場版のナウシカのOPで巨神兵が棒持ってたがあれは武器?

373 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 14:47:47 ID:K5CP2onP
巨神兵とエヴァの違いは、ゴーストが宿っているか、いないかだけだ。


374 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 16:42:41 ID:j6atQEXf
二酸化炭素が増えると植物や虫は巨大化するらしい。研究結果が
でてる。

375 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 17:44:14 ID:a345vwFK
>>372
あれはロンギヌスの槍

376 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 21:27:10 ID:XyLK3l+3
>>375

ひょっとしたら、ナウシカの世界というのは、エヴァの世界から一万年くらい後の世界で・・・

377 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 21:33:55 ID:rQJ5Loof
エヴァの生き残り…!?

378 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 22:13:19 ID:dTGDRhO5
それで操縦席らしき物が化石にあるのか

379 :オーバーテクナナシー:2006/04/26(水) 23:08:18 ID:7diGnbDn
ガイナ史観ではエヴァの世界には、
19世紀末に世界各地にUFOが現れた記録があるそうな。
いやいや宮崎史観と一緒にしちゃいかんぞえw

380 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 00:10:51 ID:UTdu8lzZ
ナウシカとエヴァの世界をむりやり繋げるスレはここですか?

381 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 01:27:41 ID:OgtVnCJR
完全体巨神兵のプロトンビームがATフィールドを貫けるかどうかは議論の余地がありそうですな。
接近戦に持ち込めばEVAが強そうだが
日本中の電力を収束したポジトロンライフルとプロトンビームはどっちが強いんだろう、なんて疑問もあったり…


382 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 06:00:33 ID:bMqgNanG
ポジトロンビームやプロトンビームなら防御可能、レーザービームなら防ぐことはできない。

383 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 09:15:12 ID:ZPOMsFTJ
>>381
ビームによる核融合点火はちょっと分からんのだが、
レーザー核融合と同じようなもんと考えて良いのかな?
それならプロトンビームの方が出力がデカイ気がするが……
ちなみにエヴァのポジトロンライフルの出力は1.8億KW
日本の総需要も今のところ1.8億KW
レーザー核融合に使われるレーザー出力は1PWクラス
ただし、1秒も発振しない。


384 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 23:02:33 ID:OgtVnCJR
>>383
レーザーで核融合を引き起こすのって、実際可能なのかな?


385 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 23:10:44 ID:bu4/ujFF
とりあえず戻します…

ナウシカ世界で火薬はどう精製しているのでしょう?

386 :オーバーテクナナシー:2006/04/27(木) 23:21:53 ID:uJxIdDTL
>>384
実際可能なのかなも何も、実際に起こしてるだろw
エネルギー収支でプラスにするのが大変という話だったはず。

387 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 00:59:41 ID:uhsYqVNI
>>386
瘴気って放射能だと思う?


388 :HOGEHOGE:2006/04/28(金) 05:21:16 ID:A0ydtYAy
>>384 >>386
阪大がやってるよ。たしか、激光とかいう名前の装置で。

ITERっていう核融合炉の設備を国際協調で作ろうとしてたんだけど、日本は誘致合戦に負けちゃった。
でも、実は負けて良かったのかもしれないという話もあるらしい。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/050704_iter1/
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/050704_iter2/index.html

毀誉褒貶の著しい立花氏の記事だからどこまで信用して良いのか良くわからないところもあるけれど、本当はレーザー融合の方が実用化で先んじるかもしれないというお話。

389 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 06:20:51 ID:Svn5N/ZK
>>387
原作嫁

390 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 06:48:26 ID:i/9zM9kc
マスクだけで防げるか馬鹿。

放射線・放射性物質・放射能の区別がつかない人間は
自分が如何に間抜けな発言してるか早く気付いた方が
いいと思うお。


391 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 08:48:02 ID:Vyf6GHsf
>>385
火薬なら簡単に作れる。
ニトロぐらいなら出来るだろうけど、
オクトーゲン(いわゆるプラスチック爆弾の原料)
やTNTになると難しそうだ。
機関銃はあるけどサブマシンガンがないとこをみると、
砲火器は第1次大戦中レベルじゃないかな。
戦車はもうちょい進んでるし、航空機は旧世代のエンジンがあるおかげで、
もの凄くすすんでるけど。

392 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 13:08:09 ID:5Xfa5tFO
>>391
ちょっと待て!
火薬が黒色火薬だったとして雷管は?薬莢は?
弾作る製造資源もプレス機も無いぞ。
薬莢作る絞り技術だのプライマー作る技術があっても
それを応用した技術が無いなんておかしいぞ。

旧文明の残り資産を兵器以外に転用しないなんて
なんて好戦的なヤツラなんだ!


393 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 13:16:45 ID:pK0LxOBy
それが宮崎クオリティ。ラピュタにも兵器以外は王族の娯楽施設すらついてない。

394 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 15:27:17 ID:Vyf6GHsf
>>393
ラピュタの娯楽施設は中庭。
もしくは人がゴミのようだショーw

およそ文化ってもんが少ないよな、ナウシカの世界は。

395 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 16:40:59 ID:pK0LxOBy
エバと巨神兵を比べられた時はカチンときたな。

宮崎はテクノロジーがどんな物かどんな物か分かっていない。技術とは人類の夢を
実現する為に技術者が人生を捧げて作る夢の結晶だ。決して巨神兵や核ミサイルの
ような破壊しか能が無い危険物を生み出す為の物ではない。
特に「未来少年コナン」では酷い。テクノロジーが文明を破壊し独裁者の力となり人々を
縛り付けるかのような表現だ。最期に科学者達がインダストリアに残って全滅し、技術を
素晴らしい未来の為に使おうという考えは宮崎の頭からは出てこない。

しかし、エバはもっと酷い。論点はずれるが訳の分からん物に人間の英知も通用せず
終いには虐殺を始める。そのBGMにベートーベン第九交響曲第四楽章、別名「喜びの歌」を
使用する。虐殺を人生の喜びとしていると捉えられても仕方あるまい。
宮崎より遥かに人間を卑下している。

396 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 20:00:49 ID:9tj+EXvS
当時の環境意識という時流に乗った人なんだから
今の価値観で古くさいといってもしょうがない
宮崎も手塚と一緒ですでに過去の人だ

397 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 20:43:13 ID:pK0LxOBy
エバの方が新作なのに馬鹿だ、と言ってるだけだ。

398 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 21:30:37 ID:vigoSER2
細菌兵器の方がお手軽な世界だと思う

399 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 22:24:58 ID:IFKJYtm8
セラミックの加工についてだけど
ウォータージェット加工の可能性は無いだろうか?
さすがにマッハの水流を作るのは無理だと思うが
内燃焼機関や圧縮空気は存在するみたいなので
可能性はあるんじゃないだろうか?。
研磨剤にダイヤモンドパウダーでも添加して
時間をかければかなり高度な加工が出来そう。



400 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 23:00:40 ID:1MAVLZdT
コナンを出しちゃ駄目でしょ…
あれは旧世界の哀れな人類が現実を受け入れつつ悟りを開いたって話じゃん
テクノロジー云々の前に語るべき事があるって言いたいがためにわざわざ技術都市”インダストリアル”なんて事を設定してるんだよ

てかナウシカの話しようぜ

401 :オーバーテクナナシー:2006/04/28(金) 23:12:12 ID:Vyf6GHsf
>>399
ウォータージェットはあり得るね。
ただ発掘品のみで世界中に数台しかなさそうだがw

402 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 14:16:09 ID:GF2wJZZ2
急にスレのレベルが下がったのは気のせい?

403 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 14:23:36 ID:ygjVlb1e
スレタイ嫁、レベルってなんだよw

404 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 14:34:36 ID:t28OeXlz
>>390 漫画版を知らないだろ?ナウシカの世界の人間は旧世界の人類が遺伝子を組み替え作り出したもの。だからあの簡易マスクのみで平気だそう。

405 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 14:49:47 ID:KborGMpD
ナウシカはただの娯楽のためのアニメだぞ。
環境云々てw ひっかかりすぎw
まあ子供が見るにはちょうどいいんじゃね。


406 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 15:00:16 ID:o0aeCMCR
設定ミスかしらんが、どうやっても耐放射線生物は生み出せないと思うぞ。

407 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 15:01:43 ID:KborGMpD
ナウシカ観ると正直ムカツクよ。
開発のための森林伐採や産業廃棄物の若干の流しなんて、
今も昔もどこの企業もやってる。別に自然破壊とは思わない。
生きるためだ。
それとも大勢の人間、従業員、家族もろとも飢えて死ねとでも?経済を混乱させろとでも?
フw バカも休み休み言えw
みんな幸せなんだからそれでいいw現実が正しいんだw

408 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 15:08:30 ID:PJHBTvGZ
原作でもアニメでも星まで行った船の残骸が出てる来るが、地球が腐海に飲まれても
他の惑星や宇宙ステーションに逃れた人間もいるのだろうか?

409 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 16:13:06 ID:o0aeCMCR
>>408
>>14

410 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 17:52:58 ID:qjJNWaJn
キョシン兵ってでかい怪物出てくるけど 聖書に出てくる巨人とかアイヌの先祖が巨人とか、昔は巨人が居たって事かな? 恐竜もでかいし、なぜでかい者は滅ぶしかなかったのかな?

411 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 20:11:28 ID:KborGMpD
>>410
巨人、つまりジャイアントと呼ばれる人類は大昔アフリカにも生息していた。
滅びたのは、今の環境に適さなくなってきたため。
今と言っても何万年も前だがな。
体が巨大化すると体に蓄積される熱量が大きくなり、皮膚の冷却作用だけでは冷やしきれない。
彼らは、海沿いや大量に水のあるとこでしか生きられなかった。
当時は農業などないから、エサがなくなっても移動できずに、徐々に滅んでいった。
人間に限らず、今生きてる多くの生物の先祖は大昔巨大だった傾向がある。
体長3メートルのワニやペンギンもいた。

412 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 20:18:16 ID:KborGMpD
>>410
逆に異常に体が小さい、体長60cmぐらいのホビットと呼ばれる人類も生息していたが
滅びた。
現在のニューギニア近辺で化石化した骨や遺跡のようなものが見つかっている。

413 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 20:24:12 ID:o0aeCMCR
適度な大きさが必要なんだろうな。仮に巨神兵なんか、対抗手段が出来れば
デカイ体が仇になって簡単に撃破できる。
相当な装甲かあるいは重力制御による防御手段でもあるのかもしれないが。
ホワイトホールのような物が作れればどんな誘導装置でも命中できなくなる。

414 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 21:56:33 ID:KborGMpD
疑問に思うのは、あの蟲たちや巨神兵は何を食って生きているかだ。
当然あの巨体だ、野生の象などとは比べ物にならないほどの量が必要だぞ。
巨体の生物は動きが鈍い傾向があるが、蟲たちはそれに反して早い。
かなりのエネルギーの消費量だ。
あげくのはてに巨神兵は口から光線みたいなのまで出す始末だ。
食料がガソリンや濃縮ウランだったなどというオチはまさかないよな。
それじゃガンダムになっちまう。

415 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 22:08:13 ID:o0aeCMCR
>>414
設定で巨神兵は核動力。蟲は瘴気を有効利用することで酸素より効率が良いのでは
ないかという推測が出てる。

416 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 22:16:08 ID:KborGMpD
なるほど、苦しいが科学を超えたアニメらしい発想だな。
そうでなけれは説明がつかないからな。

417 :オーバーテクナナシー:2006/04/29(土) 22:25:05 ID:1osj8oxt

  [゚д゚] デフラグガカンリョウシマシタ
 /[_]ヽ
  | |
、。。いいいうえかかががけししそただつでどなななななは
ほららるれをアニメ学想明発科苦説超

418 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 00:15:30 ID:dmoHT/+n
蟲は腐海の草食ってるんじゃねーの?

外骨格の生物があそこまで巨大化するのはメルヘンだが。

419 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:02:22 ID:NIOnf7YB
ムシゴヤシが餌
小さなシダ植物様だが腐海では巨大化するという設定

巨神兵は胎盤より栄養摂取して成長し、誕生後は
エネルギー消費しながら崩壊するんじゃねーのかな

420 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:25:21 ID:M/TJ+Y9y
なるほど。
しかしよくこんな事思いつくもんだな。20年も前なのに。
最近はこんな奇想天外なアニメお目にかかれないな。

421 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:33:15 ID:M/TJ+Y9y
ナウシカ好きだったら
面白いと感じるオススメのアニメ誰か教えて下さい。
ちなみに俺はもう29歳。ニートじゃないぞw
ナウシカは小学生の時、学校の先生と映画館で観た。衝撃的だった。タイトルはつまんなそうだったのに。
ジブリなんて言葉しらないからな。


422 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:44:38 ID:WEb10qAq
同じく20年位前のアニメ

北斗の拳

作画技術はもの足りないだろうが、今思えばあの頃は黄金期だったな

423 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:46:26 ID:3gpSYqSC
>>421
まず苺ましまろだな。これは外せない。

424 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 01:58:15 ID:WEb10qAq
あと、10年位前のロボットアニメ

ジャイアント・ロボ

最初に見たときは衝撃的だった

425 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 02:13:21 ID:WEb10qAq
↑こいつはナウシカを知っている者には別の意味で楽しめる。
哲学的にも掘り下げてあるので、知らなければ一度は観てほしい。

426 :421:2006/04/30(日) 13:55:26 ID:M/TJ+Y9y
北斗は見ました。
苺ましまろとジャイアント・ロボは観たことない。ぜひ観て見ます。
サンクス。

427 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 16:37:44 ID:aVsx8Trz
ちょww

428 :オーバーテクナナシー:2006/04/30(日) 20:19:08 ID:dmoHT/+n
ぶっちゃけ
宮崎作品を語る上で苺ましまろは必見

429 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 08:38:50 ID:8MFbDGRf
>>391-392
一応どこかで騎士さんが片手に銃を持って発砲していたから、SMGはあるんじゃないかな。
ちゃんと廃莢もされてたし…

やっぱりあの世界の人たちはすごく好戦的なようだ

430 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 12:57:37 ID:hlJcNqhQ
トルメキアの船にはみんな機関銃がついてるぞ。

431 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 17:24:24 ID:Lbh4Eh/v
アニメの冒頭に出てきたペジテのガンシップに搭載されてたのはバルカン砲かな、大型艦が撃破されてるしな。

432 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 17:26:29 ID:Lbh4Eh/v
なんちゅうもろい船だ!

433 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 17:52:44 ID:xLnkT6aS
あの世界に風俗や水商売はないのか?

434 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 17:57:57 ID:Lbh4Eh/v
あいつら人間というか、人間の形をした人造生物だしな。
微妙に生活習慣が異なるのはしょうがないかも。

まあホムンクルスだよな。

435 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 20:32:52 ID:sCQ80RTt
宮崎もエバもパクリまくって、超越したのがバスタードなわけだが

436 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 20:45:17 ID:hlJcNqhQ
機関銃ができれば騎兵突撃が無意味な事ぐらい宮崎なら知ってるはずなんだが。

437 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 20:55:19 ID:xLnkT6aS
>>436
確かに。
しかし、細かいとこ疑ったらキリないんだろ、きっと。
その他にも、あんなでかい飛行機やガンシップは製造できるのに、ヘリが出てこない。
戦車はあるが、4WDの車はない。潜水艦がない。
まさにアニメらしいメルヘンの世界だ。




438 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 21:08:20 ID:0sZZ3qFR
きっとそうゆう技術に疎いくなるように操作されているんだろう
結果歪な技術発展

439 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 23:19:35 ID:zG1jGZXI
>>436
弾丸が金属で、鎧がセラミックスだから耐弾性が高いとか…
いや、無理だな、とりうまに当たったら終わりだorz

440 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 23:29:40 ID:hlJcNqhQ
原作ではペジテのガンシップの襲撃で装甲兵がクシャナをかばって何人も戦死しているんだ。

441 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 00:49:20 ID:3U1Id+7x
土鬼側の地上部隊には機関銃はあんまりなさげだ。
トルメキアも船には標準装備だが、
どうも地上展開部隊には機関銃が付けられていない。
やはり機関銃自体は発掘品で弾だけ作ってるのか?

>>437
あの世界には軸馬力の強い物があまりない。
ホントにトルメキアの戦車ぐらいだな。
あれのエンジンもどこでどうやって調達してるのか分からないが。
そもそも、ヘリなんぞいらんのよね。
かなりの荒れ地、ましてや腐海で不時着しても離陸可能の航空機あるしw
酸の海では海戦ができません、大型船がないのもそのためか?
なので、潜水艦も要りません。
移動もエンジンを生産して地上をはいつくばるより、
旧世代ジェットエンジンとかで浮き砲台や高速艇の方が簡単につくれる。
まぁ、こんなとこかな。

442 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 01:43:33 ID:ofiu5jVc
つーかメーヴェのエンジン強力すぎ、燃料は一体何を使ってるんだ?
目立つような燃料タンクがないのに、大型ジェットエンジン並みの出力ですか?

まさか、レーザー核融合エンジンとかw

443 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 08:42:04 ID:3U1Id+7x
>>442
あのエンジンには燃料だか推進剤だか必要なのが水。
低温核融合起こすような触媒でも入ってるんじゃないか?
という推測はあった、ここじゃないとこで。

444 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 10:34:33 ID:4hNXblEF
ナウシカ外伝作ってほしいな。
旧世界舞台で巨神兵誕生から火の七日間で文明が滅びるまでを描いてほしい。

445 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 11:44:29 ID:ofiu5jVc
なんとかの世界エルハザードってのが近いかも
やはり巨神兵も萌え少女の方が・・・・・・・・プッ

446 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 16:06:31 ID:Y5uq0peL
巨神兵部隊は大迫力だろうな。

447 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 17:29:31 ID:papv0wjm
>>444

>ナウシカ外伝作ってほしいな。
>旧世界舞台で巨神兵誕生から火の七日間で文明が滅びるまでを描いてほしい。

エヴァがそうじゃない?



448 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 18:53:33 ID:3DNk1QwU
そうだな
巨神兵かいて認められたのが庵野だからな

449 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 19:23:46 ID:gEF4EgOi
>>474
エヴァには内蔵火器がないからプロトンビームは打てないな

450 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 20:03:18 ID:+G7FyppG
内容と世界がメルヘンすぎて問題と向き合う気がしない。
ただの娯楽アニメだろ?

451 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 20:35:24 ID:ofiu5jVc
>>450
ここがそういうスレだってことはスレタイみれば分かるし、
気に食わないのなら放置しといてくれないか?
このスレの存在が許せなければ削除依頼を出せばいい。

ここに書き込む必要なんて全然ないじゃないか?

452 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 20:59:27 ID:C1FENKSz
あれ?
ここのスレは原作ベースで進んでると思ったけど?

453 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 21:12:42 ID:JQcYhHRL
圧倒的火力は知っての通りだが、やはり「世界を焼き尽くす」のは凄まじいな…。

454 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 21:19:00 ID:JQcYhHRL
>>450
「自然と人間」がテーマでしょう。あれを観て、ただの娯楽作にしか思えなかった?

455 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 22:11:26 ID:OsW809bt
黄金厨だろ。スルーで。

456 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 22:20:10 ID:3U1Id+7x
>>453
全開出力で連射ができるなら世界も燃やせるだろうな。
しかし腐海ってのはどこから始まったんだろう。
小さい頃は巨神兵が腐って腐海が始まったんだと思ってた。

457 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 23:03:53 ID:C1FENKSz
ユーラシア大陸の西のはずれあたり

458 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 23:04:23 ID:4wj7dw1d
研究室

459 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 23:51:21 ID:gEF4EgOi
そうか、スペインの研究室だな

460 :オーバーテクナナシー:2006/05/02(火) 23:59:45 ID:C1FENKSz
原作コミックより

>ユーラシア大陸の西のはずれに発生
>した産業文明は
>数百年のうちに全世界に広まり
>巨大産業社会を形成するに至った
>大地の富をうばいとり大気をけがし
>生命体をも意のままに造り変える巨
>大産業文明は
>1000年後に絶頂期に達し
>やがて急激な衰退をむかえることに
>なった
>「火の七日間」と呼ばれる戦争によ
>って都市群は有毒物質をまき散らし
>て崩壊し
>複雑高度化した技術体系は失われ
>地表のほとんどは不毛の地と化した
>のである
>その後産業文明は再建されることな
>く 永いたそがれの時代を人類は生
>きることになった


461 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 01:09:09 ID:nn+HuEx4
何だ。

まんま「地球の長い午後」じゃねぇか。

462 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 03:40:25 ID:Yw4WWTXo
・腐界および蟲を作った者
・墓所を作った者
・汚染された世界に耐えられるよう人間を造り替えた者

この3者は目的から考えてイコールってことで良いんでしょうか。
すると巨神兵を作った者はまた別ということになりますが。

原作ではトルメキア人は明らかにコーカソイドっぽくて
ドルクの土民は明らかにモンゴロイドっぽい。

ドルクの地に墓所があり、トルメキア領ペジテ市の地下に巨神兵が埋まってた事からも
駿的にはなんとなく前者を作ったのが黄色人種の一族で、後者を作ったのが白人系
っていうイメージを持ってたとも考えられますね。勘ぐりすぎかしら。

いや、単純に「世界で最も邪悪な一族」ってのが何人をイメージしてるのか気になって。
火の7日間が今から約800年後だとすれば現代の人種的分類を残している可能性はある。

463 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 04:53:21 ID:24vK+VGy
まあいいや

464 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 10:27:51 ID:rNuC81CX
800年もたって外惑星に植民できてないというのはあまりに進歩が遅いな…

465 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 11:20:57 ID:Yw4WWTXo
>>464
植民できたかどうかは別として火の7日間以前にセラミックの宇宙船で「星まで行っていた」らしい。

地球を浄化するのに1000年以上かかるなら外惑星移住はもっと難しそうだね。

466 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 13:49:03 ID:at5fLg9Y
他の惑星を「人の住める星」に造り変えるのは、そんな簡単な事ではないだろうし。

宇宙コロニーに住むって手もあるが、人間が「地に足を付けない生活」をすればどうなるか…ラピュタでさえも滅んだし。

んッ?!作品が混ざってるなw

467 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 14:42:12 ID:nn+HuEx4
クシャナ様に怒らりたので一発。

ttp://61.197.151.26/20060503365473/omote/img200604/2006042317_1320311283.jpg


468 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 16:43:50 ID:IG8Mr4KC
土から離れたら生きられない。ナウシカでも「失われし大地」との絆と言う。
作品は違っても趣旨は同じだ。
前にも書いたが、それは思い込みだ。歳を重ねるごとに極寒地でも不毛の砂漠でも
故郷から離れたくなくなるという。
脊椎贓物の祖先、最初の魚は海ではなく川で生まれた。骨と血という小さな海を
体内に持ち込み、淡水の川へと進出した。川から陸上へ、陸上でも乾燥地帯へ
更には重力に逆らい空へも脊椎動物は進出している。人類は宇宙船や宇宙服と
いった小さな地球を持ち出して僅かな期間、大気圏の外へ出る事もできた。

土から離れたら生きられない−これを鵜呑みにしたら生物は海から一歩も外へは
出れなかったはずだ。

469 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 18:19:15 ID:/JBstWIT
>>466
テクノロジーはあっても政治的経済的に
コロニー建設や植民星開拓の方向へ向かなかったんだろうね。
それか、向かってても間に合わないぐらいの速度で破局きたのかもしれない。
少なくとも墓所の科学者達は地球を再生させることしか考えてないわけで。

470 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 19:26:12 ID:3qHPs4Zs
つまりだ、ああいう世界を作りたくて、話を強引に持ってったってわけ。
腐海とか巨神兵とかありえないから。
だからメッセージも伝わらなく、ただの娯楽アニメ止まりなんだな。


471 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 20:08:49 ID:IG8Mr4KC
化学物質や宇宙線・技術利用のマイクロ波などの電磁波などで人口が激減すれば
(激減と言っても500年掛けても良い)宇宙開拓の必要がなくなり、何かの切欠で
技術がなくなれば哀れな人類に…って事も。

472 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 20:11:50 ID:aYlkDRpm
つまりきみはノンフィクションしか楽しめない訳だ。


473 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 20:24:34 ID:Yw4WWTXo
メッセージは簡単だったでしょ。「生命なめんなよ」  以上。

474 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 20:59:54 ID:Z8dNVTbv
むしろ どうせやるなら上手くやれ だろ

475 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 22:26:46 ID:IG8Mr4KC
大風呂敷広げ過ぎ。ジブリ稼がせるのに忙しかったようだが。

476 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 22:43:29 ID:aYlkDRpm
おまえなりの意見を述べよ

477 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 22:51:05 ID:IG8Mr4KC
>>476
>>468


478 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 22:57:09 ID:aYlkDRpm
大地からはなれるのを恐れたら、人と言う種族は存在なし得ない。
いろいろな環境を内包しつつ、未知なる世界に旅立とうじゃないか。


479 :オーバーテクナナシー:2006/05/03(水) 23:25:43 ID:IG8Mr4KC
>>478
話が分かる人ですね。
星まで行く船があったのなら決して人類は地球には留まっていない。必ず新たな時代を切り開く。
地球を見捨てはしないと思うが…

480 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 00:36:52 ID:OEJ743Wn
星まで行った人たちと腐海を作った人たち、巨神兵を作った人たち。
三つぐらいのイデオロギーが交錯してたとか。
で、星に行った人は地球はもう見捨て移住完了している。

481 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 01:01:55 ID:guLlkWGx
>>480
その理論いいね。
腐海だのの世界は絶望的だからな。
つまりだ、我々は他の星で平和に暮らし、ナウシカだのの人造人間達どもが蟲どもと日々格闘してるってわけ。
そんで地球がキレイになったら、戻ってくる。前の地球のオーナー、つまり我々の子孫だ。
ハッピーエンドだ。

482 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 01:29:24 ID:guLlkWGx
ナウシカなんて考えれば考える程、矛盾だらけの世界だからな。
カワイイ女の子が出てきて、ハッスル&大活躍する大昔からあるパターンの
痛快娯楽活劇として見たほうがいいぞw

483 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 01:45:02 ID:NO8hJ8cm
>>480
それはなかなか妥当な考えかと。

但し星に逃げ延びようとした人類も地上の人類と同じく
火の7日間に準ずる裁きの対象となった可能性は否定できないね。

危険なイデオロギーを持った連中が巨神兵ほどの兵器を造れた(しかも大量に)
となると、他の星へ移住した人類をみすみす放っておく理由はなんだろう。

彼らの目的は裁定者=神を造って人類に裁きを下すことですから。
かなり宗教じみた、ほとんど異常な精神状態ですけどね。集団自殺に等しい。

484 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 01:48:45 ID:NO8hJ8cm
付け加え。

移住に成功していたとすれば墓所の存在意義が一気に
薄れることも考慮したい。

485 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 10:03:23 ID:OEJ743Wn
>>481
俺の考えとしては、もう地球に戻ってくるつもりはなかった集団という位置づけ。
もう地球は諦めて他の惑星で暮らすことを信条としている。
「地球は汚れきった世界である、我々は今こそこの世界を捨て、
 新たな世界を切り開く開拓者なのである」という感じ。

>>483
 渡航手段の欠如か?
しかし、空間を歪ませて飛行するというテクノロジーを
生体に実装できる技術力があるなら、移住組を追跡するような
宇宙機も可能だろうな。

 うーん、墓所はどうも位置づけが難しい施設だな。
新生人類を地球の再生完了まで完全に秘匿する施設だったはずが、
ほころびがあったのだろうか。
それをいうと、あの土鬼首都ちかくの滅びの街もよくわからなくなってくるな。

486 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 13:44:57 ID:wgduWBQs
>>421
いや、ジブリなかったんじゃなかったっけ?
当時はニ馬力とか?

>>433
いいですね。オネアミスの翼でも、世界最古の職業は風俗だといってますし。
あるんじゃないでしょうかねぇ。

>>442
アルコール燃料じゃなかったっけ?

>>473
まさにその通り。

>>483
そそ、巨神兵は裁定者だから、星に逃げようとしたやつも裁いた。
全滅。

487 :オーバーテクナナシー:2006/05/04(木) 13:59:29 ID:NNqxQ25/
惑星間長距離ワープなら必要となるエネルギーも桁違いになるでしょう。
それほどのエネルギーが(巨大とはいえ)巨神兵に内在しているとは思えません。


488 :オーバーテクナナシー:2006/05/05(金) 02:59:11 ID:A1JnWIfH

                    /彡彡 ヽ
             _____ / 彡 彡彡 ヽ
   ___――――彡彡彡彡ヽ彡彡彡●|   ドーン
――彡彡彡彡彡彡彡彡 /彡彡彡ヽ彡彡彡`|     ___ _=____________-= ̄ ̄ 二=_ 
彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡/彡彡彡彡彡/ │―=三二                                   ニ
彡彡彡彡彡彡彡彡彡 /彡彡彡彡/彡彡ヽ        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―=、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―= ‐_ ― ̄
彡彡彡彡彡彡彡彡彡/彡彡彡彡/彡彡/  ∩_∩ ハハハ
彡彡彡彡彡彡彡彡 |彡彡彡彡|_――゛   ( `∀´) 
彡彡彡彡彡彡――|彡彡彡彡|        (    )⊃  薙ぎ払え〜
彡――― ̄ ̄  |彡彡彡彡|.        | | |
           |彡彡彡彡|         (__)_)
  

                    /彡彡 ヽ
             _____ / 彡 U 彡 ヽ
   ___――――彡U 彡彡ヽ彡彡U●|
――彡彡U 彡彡彡U彡 /彡U彡ヽU彡彡`U! 
彡彡U彡彡彡U彡彡彡/彡彡彡U彡 u / ̄U
U彡彡彡彡彡彡U彡 /U彡彡彡/ U彡ヽ、   
彡彡彡彡U彡彡彡彡/彡彡U彡/彡彡 /U      ∩_∩  
彡彡U彡彡U彡彡 |彡彡彡彡|_―― U      (´д`; )  あ ・・・!?
U彡彡U彡彡――|彡U彡彡|   U          (     )
彡U――U ̄ ̄  |彡彡彡U|    U        / /〉 〉 
      U      |U 彡彡 | ボドボト…    (__) (__)

489 :オーバーテクナナシー:2006/05/05(金) 13:45:33 ID:SnWlmRrj
崩れた巨神兵のお肉って、すき焼きにしたら何人分くらいでしょうか?
いえ、このままではすき焼きにしにくいから、型に入れて、ハンバーグでしょうかね。

490 :オーバーテクナナシー:2006/05/05(金) 19:51:30 ID:+gZyOOId
「腐ってやがる」
って言ってたから止めた方がいいと思う。まずそうだし。
原作通りの設定なら放射性廃棄物だよ。

491 :オーバーテクナナシー:2006/05/05(金) 21:58:52 ID:ldTu/duu
最初は核兵器みたいに抑止力として巨神兵作ったが戦争がエスカレートして
ついに使って文明崩壊してしまったみたいな感じかね?


492 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 00:35:27 ID:P6x/1QmM
くだらない「軍拡競争」がイヤになって造ったんだろう。>巨神兵
きっと、地球を1000回壊滅させるくらい「オーバーキル」な核兵器の保有数に至ったんだよ。
もう、自分達では「引っ込みつかない」なんて理由で造られた。

493 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 01:29:31 ID:La802qnP
兵器じゃなくて調停のための神として造られたという風に描かれてます。

>>492 のおっしゃるとおりで。

腐海にしても墓所にしても巨神兵にしても、すべて"合理的"な理由を持って
造られたんだろうね。巨大産業文明絶頂期がどんな様相を呈しているのか
想像もつきませんけど。

駿はそのうちのどれかが「愚か」だなんてことは言ってないし
墓所を破壊したナウシカも含めて全てを生命の営みとしてあくまで客観的に
描いているように思いました。

「たとえどんなきっかけで生まれようと生命は同じです。」(7巻P133)

494 :おうま:2006/05/06(土) 10:11:45 ID:BkMOHh0t
墓所の破壊は新しい世界における「神殺し」だよね。
本来なら腐海の浄化され人類は世代交代して墓所のテクノロジーを核(神)とした新しい種として生き残っていくはず
だった。
ナウシカらが墓所を破壊することによりそのもくろみはうちくだかれた。
たとえ腐海が浄化されてもナウシカら旧人類はそこで生きる術もなく滅びの道を歩むだけ。

それでもそうせざるをえなかった??

自分としては墓所を破壊する事の意味がいまいち理解できない。
災いの種としてあってはならない存在だというのはわかるが墓所との調停の道もあったのでは??
自分らの世界の争いの元になるからといって旧世界の遺産&来るべき新人類を根絶やしにしてしまった
わけだし。


495 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 10:12:58 ID:35PZ6v47
発掘と言ってるけどんな風雨に埋まってるのかな
土器みたいに普通に埋まってるのか、遺跡みたいに建物ごと
埋まってその中にあるの?

496 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 12:00:06 ID:a1vsOWrn
アニメージュに連載してた当時、連載中断してる間に
ガンダムが人気になったおかげで、宇宙だのコロニーだの
ガンダムの二番煎じになるような話ができなくなった。
後半ネタ切れになったのは、ガンダムのせい。

497 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 12:16:58 ID:BkMOHh0t
後半ネタ切れ?
自分は大風呂敷広げたわりにうまくまとめたもんだと関心しとります。
庵野とはやっぱ格が違うなぁとネ。

498 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 12:49:51 ID:wiq7Kogr
>>496
あれま・・・。
なら、中断しなければよかったじゃん・・・(汗

>>494
浄化された土地では血を吐いて死ぬとかで、生きられないんでしたよね。
でも、ナウシカさんは、貯蔵庫?とやらで肺を改造?されて、きれいな空気の中でも生きられるようにしてもらってますから・・・。
ナウシカさんががんばっていっぱい子供を産めば、その子供達は浄化された土地でも生きられるかもしれませんね。
墓所がつぶれても、貯蔵庫って残ってるんでしたっけ?
あそこで、きれいな空気で生きられるようにみんな改造してもらうこととかはできないでしたっけ。

>>490
ぐはぁ、食べ物は腐りかけが一番美味しいとしても、放射性廃棄物は困ってしまいますね。
王蟲すら避けて通る・・・(汗

あのまま、王蟲の大群が巨神兵の残骸に突っ込んで、肉片と溶解物のしぶきや溶け残ったセラミックの骨が飛び散って、
巨神兵の骨がクシャナさんの目の前に飛んできて地面に突き刺さったり、肉片をかぶってどろどろになった王蟲が突進してきたら、
ビジュアル的にシュールだったかもしれませんね。

499 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 23:12:30 ID:fBlg4MXt
はやをがヤルキ無いのはコミック1巻から書いてあるよ。
無理矢理まとめた感はあるね。
でもそれなりにまとめたのはよくやった。
ていうか、どうまとめればこの板は納得しますか。
無理か。

500 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 23:15:49 ID:DaJnObgf
>>498

>あのまま、王蟲の大群が巨神兵の残骸に突っ込んで、肉片と溶解物のしぶきや溶け残ったセラミックの骨が飛び散って、
>巨神兵の骨がクシャナさんの目の前に飛んできて地面に突き刺さったり、肉片をかぶってどろどろになった王蟲が突進してきたら、
>ビジュアル的にシュールだったかもしれませんね。

本当はそこまで描きたかったんだけど、やらせてくれなかった。
その不満がエヴァを作った。

501 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 23:31:18 ID:La802qnP
>>494
バイオテクノロジーに対して警鐘を鳴らしたかったんだろうね。
そういうのが流行ってた時代ってのもあると思うけど。

生命は人によってコントロールされなくても自らの力で
力強く生きてゆくものですっていうテーマだからナウシカが
墓所と和解しちゃったら物語の主旨が分かりづらくなる。

テクノロジーの是非は今後もずっと議論されていく問題だろうけど
ようはそれ自体が生命の営みとしてこの星に受け入れられるか否か
っていう問題だよね。駿の中の結論としては後者だったんでしょう。
だから技術発展の末、火の7日間で旧人類はほとんど滅びてしまった。
そして汚染された世界でも人類は争いを続ける。
世界が浄化されて墓所にある卵が返ったとしてもまた同じ繰り返しだと。
そういうことが言いたいんじゃないでしょうか。

「とうの昔から俺達はこの星では要らなくなった生物なのさ」6巻P49

502 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 23:49:15 ID:BkMOHh0t
>墓所と和解しちゃったら物語の主旨が分かりづらくなる。
そうだねぇ。俺には主旨がいまいちわからないんだけど、この人、自分でも描ききれないのわかってて
描いてるのかなぁ?とかさ、俺なんかには理解できないでも当然なんかなぁ?とか。
ただ、前半はどっちかっていうと「友愛」みたいなのがテーマなのかな?って感じで進んでると思う
んだけど、途中から変わってきたのかな?
粘菌に慈愛をもてても墓所の生命?に大しては無慈悲というか。
墓所が一方的に悪い存在とも思えないというか、俺、b
>世界が浄化されて墓所にある卵が返ったとしてもまた同じ繰り返しだと墓所擁護派かもw
諸悪の根源あつかいは可愛そうだなぁと。
いや、なんか俺が感じたのは墓所の新人類は墓所を核とした調和のとれた世界を築くために
用意されてたんじゃないかな?と。
まぁそういうコントロールされた生命に対する嫌悪感もあったのかなぁ?とか。
連載期間(休載もね)長かったからだんだん主旨が変わってくのも仕方ないのかなぁ?
とかさ。巨神兵にコクピットがあったりとか。
まぁ、作家なんてのは描きたいものをただ描けばいいと思うのさ。
読者に解りやすいように掘り下げる必要もないし。
ただ、庵野は自分自身すらなっとくさせる結末は描けないんだろうなwとか思っちゃうけど。


503 :オーバーテクナナシー:2006/05/06(土) 23:50:16 ID:fBlg4MXt
ありとあらゆる宗教
ありとあらゆる正義
ありとあらゆる利害
調停のために神まで造ってしまった
とるべき道はいくつもなかったのだよ

時間がなかった私達はすべてを未来にたくすことにした……


これって七巻の199ページ目のヒドラの言葉だけど。
これは墓所を造った人の意見だよね。
問題を先送りにすると困る。
人ごとじゃないなあ

504 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 01:28:20 ID:sSKyNhTx
神さま、僕はもう疲れたよ。どこか遠いとこへ連れてって。


505 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 08:42:57 ID:lJm20v5I
解決する手段がないなら先送りにするというのも破滅を避けるための手段の一つとして認められるべきだろう。

俺としては墓所&腐界を作ったグループと、貯蔵庫を造ったグループと、人類を改造してナウシカ型の人を作ったのは別々のグループだと思うんだよな。
墓所の本来の設計では人類の生き残りに邪魔をされることは考えに入ってないだろうし、毒素に耐久力を持つように人を改造したグループは腐界が広がるなんて考慮に入れてないような…

506 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 13:10:27 ID:/4IM/skW
>>500
なるほど、庵野ならやりそうだ。
エヴァ3号機の返り血でどろどろになった信号機とか描いてたものね。使徒の肉をかみちぎって、血まみれになりながら貪り食う初号機とか。

クシャナ戦記が実現していたら、やったかな。

507 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 16:41:02 ID:L/XkqmDA
あれ?勘違いならごめん。
>人類を改造してナウシカ型の人
ってとこなんだけど、ナウシカ型の人間っって俺たちと同じではないの?
俺たち原生人、ナウシカ型新人類、墓所に用意された次次世代人の三つの人類が描かれてるってこと?

508 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 17:34:36 ID:QcjFylR8
>>505
面白い解釈かもしれないが、墓所と"墓所の貯蔵庫"が一体であることは
よく読めばお解り頂けると思う。
墓所の番人として"貯蔵庫"に居たヒドラは実は墓所そのもの(墓の主)だった。
そのことは最後のナウシカと道化に乗り移ったヒドラ(墓の主)のやりとり
を見れば十分理解できるだろう。

そして世界が完全に浄化され清浄な人間の卵を孵化させるとき、
結局何者かの手を借りる必要があること、
そのために造りかえた人類を残しておく必要があることも語られている。
だから墓所はこれまでドルクの歴代王朝と手を結んできた。
ナウシカに計画を邪魔される結果となったのは完全に誤算でしょうね。

論旨の解釈ばかりで申し訳ない。スレ違いですね。

509 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 17:40:01 ID:QcjFylR8
>>507
大きくは
・清浄な世界でのみ暮らせる旧人類(我々現人類と墓所の卵)と
・汚染された世界に適応できるよう造りかえられた人類(ナウシカら)
の2種類に分けられるんじゃないでしょうか。

510 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 17:58:46 ID:MK7W+eT5
>>508
いやいや、ドルク王朝が成立する以前から墓所はそこに存在して、歴代王朝と関係していたって書かれているだろ?
墓所そのものと貯蔵庫は一体ではないはずだ。
それにそう考えると「ここにある物以外人類は後に残すべき価値がある物を残せなかった」という言葉に矛盾が生じることになる。
貯蔵庫は「人類は滅んで構わない」と考えている人間が作ったんだと思うが?

初代皇帝が貯蔵庫から連れ出したヒドラは、要するに戦闘用というかそんな感じのだが…あれは、墓所に持ち込んで再生産させただけだろ「ヒドラを何匹か連れ出した」って貯蔵庫の人言ってるし。
それに「結局人類の手を借りる必要がある」はナウシカの台詞で、それに対して墓所の意志は肯定する発言をしていない。と、言うか俺が墓所を作る立場だとしたらそんなちゃちな設計にしないし…


511 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 18:15:22 ID:L/XkqmDA
>・清浄な世界でのみ暮らせる旧人類(我々現人類と墓所の卵)と
>・汚染された世界に適応できるよう造りかえられた人類(ナウシカら)

いつ、どういうふうに世代交代したの???
卵で貯蔵されてる以上、現代人と卵人間wが同じとは思えないんですが。


512 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 18:35:52 ID:QcjFylR8
> いやいや、ドルク王朝が成立する以前から墓所はそこに存在して(以下略)
その通りです。何かそれと矛盾する発言がございましたでしょうか。

> それにそう考えると「ここにある物以外人類は後に残すべき価値がある物を残せなかった」という言葉に矛盾が生じることになる。
その矛盾点をもう少し詳しくお聞かせ願いたい。
申し訳ありませんが、いま一つ理解できませんでした。

> それに「結局人類の手を借りる必要がある」はナウシカの台詞で(以下略)
「我々は外部の協力者を必要としている」(7巻P178,191)
「子等よ 力を貸しておくれ この光を消さないために」(7巻P196)
これらはいずれも墓所の意思を顕しているものと考えられませんか。

> いつ、どういうふうに世代交代したの???
> 卵で貯蔵されてる以上、現代人と卵人間wが同じとは思えないんですが。
えーと、信じられないかもしれませんがそういうお話なんです・・・

513 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 18:47:50 ID:L/XkqmDA
何巻から読みかえせば理解できるでしょうか?

514 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 19:40:59 ID:MK7W+eT5
>>512
ん?
墓所の貯蔵庫ってのは、音楽とか、同植物の原種が納められてる神通力使うヒドラがいるところのことを言ってるんだよね?
俺はそう思ってたけど…まぁ、そうだとして返答するけど良いよね?

墓所と墓所の貯蔵庫のヒドラが一体、であると解釈してるよね?
でも、貯蔵庫と墓所が一体であるとする表現はないように思うんだが。どうも「初代皇帝が貯蔵庫から連れ出したヒドラ」が墓所のヒドラと同一の物だと言っているように聞こえたんだが。

それから、次の点。その「外部の協力者が必要」という表現は、予定外に改造人類が蔓延っているため、完全に関係を断ち切るよりは
どこかの国家とくっついていて、神秘性を付与してもらうことによって墓所を安全に保とうという意味においての、
つまり、改造人類から墓所を守る墓守としての「外部の協力者」が必要になった、という解釈じゃないのかな、と。盗掘とかされたら事だし。
本来の墓所の機能、つまり浄化後の世界に新人類を放ち、文明を教育するという点においてはスタンドアローンなのではないかと思うわけだ。
もし、その最も重要な機能に改造した人間の力を借りようと考えていたならば、世界全土が腐界に飲み込まれた後で人類が生き残っているという今ひとつ安心できない前提条件によらなければ人類が再生できない。
少々危険すぎやしないいか?

515 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 21:07:07 ID:LodJyxIb
>>514
随分と自由な解釈だなー

巨神兵でもなけりゃ改造人類はなす術ないだろ。盗掘てw

〉予定外に改造人類が蔓延っているため
人口が著しく減少してるて設定なのだかww

516 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 21:17:03 ID:MK7W+eT5
>>515
そうか?火砲もあるし、実際巨神兵持ち出してきたんだから…w
これが最後の巨神兵とは思えない、でもないが、あんな感じの発掘品が出てこない保証はないだろう。何千年レベルの話なんだし。
風の谷とかの前身の腐界に呑まれた王国とかはエンジンを製造する技術力があったとか言うし

っていうかほら、いる時点で予想外だから

517 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 21:45:19 ID:tgAjGOF+
巨神兵の完全バージョン見たかったな。
鎧とか剣とかの専用装備を纏ったバージョンもあったのではないだろうか?


518 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 21:51:29 ID:xYCOgMd/
結局、貯蔵庫に残された音楽や詩、遺伝子情報は
卵の新人類の為に残された物で良いのかな?

519 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 21:57:38 ID:QcjFylR8
>>514
>墓所と墓所の貯蔵庫のヒドラが一体、であると解釈してるよね?
>でも、貯蔵庫と墓所が一体であるとする表現はないように思うんだが。どうも「初代皇帝が貯蔵庫から連れ出したヒドラ」が墓所のヒドラと同一の物だと言っているように聞こえたんだが。

「墓所の番人として"貯蔵庫"に居たヒドラ」ってのは貯蔵庫の主の事を指しています。
セルムの言葉を借りれば「旧世界の人間が造った不死の番犬」

そしてそのヒドラが墓所と一体であるという意味のことを言ったつもりなのですが、
呼び方を統一できなかったために解りづらくなってしまいました。失礼いたしました。

つまり貯蔵庫の主=墓の主ということになります。

台詞だけでなくコマの様子もよくご覧になっていただきたいのですが
ラストでヴ王にくっついていた道化の顔が例のヒドラに入れ替わってナウシカと
対峙する場面がありますよね。ここでヒドラは墓所の意思をほとんど代弁しています。
当然これだけでは貯蔵庫の主=墓の主と断言するには不十分ですが、対するナウシカの
台詞からもこのヒドラ(貯蔵庫の主)=墓所と認めるような発言が随所にみられます。

>その「外部の協力者が必要」という表現は(以下略)
ここから先は個人的な解釈のようなので、そっとしておきますね。

あくまで原作の論旨を読み取っていくと以上のような通釈になるということです。
もちろん私自身は墓所や腐海や汚染に適した人類がそれぞれ別の場所で違った目的で
で造られたという解釈があっても良いと思います。
ただ原作者としては一応それらは一つの目的を持って計画的に造られたものだという
風に描いているのでそれを尊重したかっただけです。

>>518
当然そういうことになるのではないかと。

520 :オーバーテクナナシー:2006/05/07(日) 22:25:47 ID:MK7W+eT5
>>519
なるほど、あのヒドラと墓所のシステムが同一な物だと。まぁ超常現象使えるから物理的な距離も問題じゃないしね。
顔が似てるかどうかは知らんが、まぁ、別におかしい解釈じゃないね。

いや、どう書いているか考えるのが解釈じゃないのとかつっこみたくもあるけど、とりあえず納得。手間とらせて悪かったね

521 :オーバーテクナナシー:2006/05/08(月) 01:18:46 ID:NpaDKs1x
自分は墓所の主が人間と会話するために
あのヒドラをインターフェイスとして利用したのかと思ってた。


522 :オーバーテクナナシー:2006/05/08(月) 21:36:23 ID:VvS5s3eQ
>>510

>墓所そのものと貯蔵庫は一体ではないはずだ。

どう読んだらそうなるんだ。

523 :オーバーテクナナシー:2006/05/09(火) 09:42:42 ID:zX8PWu3q
墓所は生物 生きるためヒドラ培養のために改造人類を食糧にしていた ナウシカはそこに怒った 旧人類が勝手に作った理想のために改造人類が翻弄される 理想などいらぬ 生きねば

524 :オーバーテクナナシー:2006/05/10(水) 02:10:17 ID:xAENwUAC
>>523
原作読み直す事を薦めする。


525 :オーバーテクナナシー:2006/05/10(水) 06:34:31 ID:3J5AhEDW
技術云々以前に内容理解してない馬鹿が多すぎ。

>>522
510、514は問題外。
まともに相手してるやつも阿呆。

526 :オーバーテクナナシー:2006/05/10(水) 07:37:28 ID:NMy9q4Cg
オタク理論炸裂中

527 :オーバーテクナナシー:2006/05/10(水) 16:04:12 ID:S92heMoI
未来技術板だから。読解力のなさは許せよ。
漫画の話なら漫画板でどうぞ。

528 :オーバーテクナナシー:2006/05/11(木) 21:27:43 ID:6nKfn6f+
再開

ドルクの浮き砲台や飛行ガメの飛行方法について

529 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 00:21:11 ID:DLBOENLY
上から糸でつってる


530 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 03:14:27 ID:p4kADuhX
そういえば、トルメキアのバカガラスって攻撃されて大爆発してたが、どんなエンジンだ?

531 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 03:39:12 ID:BzNBZcCJ
単に補給用の弾薬に引火しただけでしょ

532 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 08:42:59 ID:fXCAF192
>>531
バカガラスは輸送船だからね、装甲もない。
しかも運んでたのは戦車。
予備の戦車用燃料とか弾薬に引火してドカーンってとこだろう。

>>528
反重力エンジン。もちろん旧世代テクノロジーの発掘品。

533 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 11:35:37 ID:oXKfmzQv
>>528
飛行ガメや、連絡艇はともかく、浮き砲台や戦艦は単なるVTORなんじゃないの?ノズルもついてるし

534 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 11:36:31 ID:oXKfmzQv
VTORってなんだVTOLね;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

535 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 17:48:41 ID:jDr6Y0fd
どうやって飛んでるのかわかんないから
UITOLでいいよ。

536 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 20:10:53 ID:5mAJzF4f
漫画の中では燃料水ってなかったか
ほとんど水以外補給してないので水で飛ぶのだろうな

537 :オーバーテクナナシー:2006/05/12(金) 21:11:13 ID:qJMV4FHp
燃料水って言って実はヒドラジン張りにヤバイ液体だったりしてw

538 :オーバーテクナナシー:2006/05/13(土) 21:52:04 ID:pSLnGhq8
動力源も組み込まれた”エンジン”じゃないかな、クロトワさんもエンジンさえ回収すれば…って言ってるし。
水のようなものを入れているのは推進材。


539 :わろす:2006/05/14(日) 10:44:16 ID:gIMyFUqN
はじめましてナウシカ好きのものです。僕も燃料が気になっていました。

540 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 11:08:18 ID:lRTnGpqm
なんか知らんが、あの世界では永久機関がある。

541 :わろす:2006/05/14(日) 12:33:48 ID:gIMyFUqN
燃料は水で、電気分解して水素を燃料としているのでしょう。

542 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 12:38:01 ID:BpxmruLW
コルベットは水で飛んでいる
燃料水タンクがやられても爆発しないので本当に水なんだろう

543 :わろす:2006/05/14(日) 12:40:40 ID:gIMyFUqN
電気はメーヴェが飛んでいる時中にあるプロペラか何かがまわって発電できるのでしょう。

544 :わろす:2006/05/14(日) 12:43:36 ID:gIMyFUqN
う〜んそれはなんででしょうね?
 でも原作の6巻あたりで水がきれて雪を集めるってありましたよ。

545 :わろす:2006/05/14(日) 13:11:49 ID:gIMyFUqN
多分発生した気体は水素だから軽いのですぐ分けられるのでしょう

546 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 13:21:15 ID:BpxmruLW
ナウシカの世界に電気あったっけ
明かりもランプに火をともしてるが

547 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 13:34:22 ID:IFks+5M6
>>546
一応あったと思う。
電灯はないが。

548 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 18:02:24 ID:wzKJsYVq
ナウシカ達が使っている防毒マスク??の原理を教えてくだされ。

549 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 21:15:18 ID:iDLx0ntI
そもそもどういう正気(感じ解らん)がどういう成分かわからんしなぁ。


550 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 21:53:25 ID:BpxmruLW
>548
活性炭様の物理吸着らしい

>543
トルメキアにダイナモがあればモーターもあるはずだが作中には出てこないよ

551 :オーバーテクナナシー:2006/05/14(日) 22:23:46 ID:lRTnGpqm
>>548-549
風邪の谷に自生している植物をマスクのフィルターに使っているらしい。瘴気と書く。
トルメキアやドルクのマスクは違った形をしているな。トルメキアのは簡易マスクで濃い瘴気には耐えれられない。

552 :わろす:2006/05/15(月) 09:32:06 ID:95FgJcIt
トリツユ草の炭だって2巻に書いています。

553 :わろす:2006/05/15(月) 23:16:53 ID:95FgJcIt
あぁいっこもすすんでない

554 :わろす:2006/05/15(月) 23:23:24 ID:95FgJcIt
僕の疑問、メーヴェの素材は何か??

555 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 00:39:58 ID:EVVbAlyX
>>554
セラミックじゃね?

556 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 01:17:29 ID:d4oVzeNW
水を動力にできるんだったら、あんな中世の風車みたいなのは要らないんじゃねえの?


557 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 01:19:01 ID:9/KwGale
セラミック以外には鉄と木しかないようだしな

558 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 08:06:29 ID:eCoiB/cT
>556
あの世界ではエンジンは製作不可能で貴重だからエンジンを買う金が無ければ
風車とかに頼るしかない。

559 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 11:23:48 ID:YNO9/1wO
水は動力源ではなく、ただの推進剤じゃないか?

レーザー加熱でプラズマ化させて噴出、その反作用で進む
星まで行ってた船 = 宇宙ロケットの技術だ

560 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 12:34:51 ID:HNmnPeKv
空気中じゃ推進剤なんかいらんだろうに。

561 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 12:43:33 ID:EVVbAlyX
>>559
水は推進剤って漫画の作中で言ってなかったっけ。
エンジンは推進剤をイオン化して高速で吹き出す仕組みだったかと。

>>560
空気より重いので水を使う意味はある。

562 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 12:52:21 ID:HNmnPeKv
そう言えばロケットが好きな人だったな。機関銃の演出がどう見てもロケット弾なんだが。

563 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 18:41:11 ID:EVVbAlyX
劇場版?
あれは曳航弾。ペジテの浮遊壷はロケット弾も使ってるし。

564 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 19:07:33 ID:HNmnPeKv
紅の豚で飛行艇の機関銃が煙を吐いて飛んでった。ナウシカではちゃんと光の弾が飛び散る機関銃だった。

565 :オーバーテクナナシー:2006/05/16(火) 19:09:03 ID:HNmnPeKv
>煙を吐いて飛んでった。
機関銃の弾が、ね。機関銃は飛んでいかない。

566 :わろす:2006/05/16(火) 22:38:00 ID:zBW8t0qW
わかりました。

567 :オーバーテクナナシー:2006/05/17(水) 00:17:47 ID:dHKa24EC
テスト

568 :わろす:2006/05/17(水) 18:28:24 ID:YqcWxun6
何の??

569 :オーバーテクナナシー:2006/05/18(木) 12:36:54 ID:wIy31ovF
新しいマシンに怪しげなOSやブラウザを入れたときの書き込みテスト。

570 :わろす:2006/05/18(木) 22:49:11 ID:uyEN7yzi
よく分からん

571 :オーバーテクナナシー:2006/05/19(金) 08:31:34 ID:n3AzJPhb
宇宙からの裁きには巨神兵も無に等しい

【地球46億年の物語 Meteorite Collision】
ttp://www.youtube.com/watch?v=3JHdYBet_4Q



572 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 15:58:23 ID:06+ybc16
>>561
>>560が言ってるのは大気を推進剤として利用できる熱核ジェットなら、
わざわざ航続距離に制約が出る推進剤には頼らんだろう、ということかと。

ということは、やはり水は燃料と見るのが正しかろう、と俺は思う。

573 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 20:55:03 ID:W82h1ZbM
水等の重いものを推進材とするペットボトルロケットについて。

574 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 22:16:29 ID:bisEprm6
エンジンを発掘に頼る以上
彼らに選択権は無い

575 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 23:07:23 ID:06+ybc16
>>574
そうではなくて、テクノロジーの到達点としての必然性
未来人とてそんなわざわざ間抜けなエンジン造るかなぁ

576 :オーバーテクナナシー:2006/05/20(土) 23:11:39 ID:sHVlE13N
作中に燃料水とあるので燃料で間違いないよ

577 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 03:52:48 ID:ReBnHZ7J
まあアニメだし、、、
あえてマジレスするなら水に含まれている、僅かな重水素を何らかの方法で核融合するとか?
水は燃料というかエネルギー源という解釈でいいと思うよ。
重水素が含まれていればなんでもいいが、水が一番豊富で入手が容易だという理由でいいジャマイカ!

578 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 14:39:17 ID:tReQ7sGt
あんな水差しみたいな量の水に含まれる重水素でそんなにエネルギーでるのか?

579 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 15:14:09 ID:ReBnHZ7J
余裕だな、たった1mgの重水素で地球を半周できるよ。


たぶん・・・

580 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 15:18:08 ID:ReBnHZ7J
>>579
悪い、1gと間違えた

581 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 15:18:31 ID:TiUAZdvC
あのサイズの炉心で核融合かけたら放射線被爆問題が・・・

582 :オーバーテクナナシー:2006/05/21(日) 15:45:35 ID:ReBnHZ7J
たとえ普通のジェットエンジンだとしても危険の程度あまりかわらないような気がする。
あれに比べればF1レーシングカーなんて安全装置のかたまりみたいなもんだ。
あの世界のテクノロジーには安全にたいする配慮なんてこれっぽっちのありゃしない('A`)

583 :582:2006/05/21(日) 15:47:51 ID:ReBnHZ7J
文章にミスタイプが多少ありますが、ご容赦ねがいます。

584 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 09:06:00 ID:FR9ZUtEW
>>581
軽水核融合かもよ。
しかし、どうやって点火するのか……

585 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 21:00:02 ID:443YY4RX
とりあえずマッチに火をつける。

586 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 23:06:07 ID:dFc6pC89
外出かもしんないけど、巨神兵って核分裂動力(原子力電池?)なのかな。
もしそうだとするとメーヴェのエンジンより出力劣るんじゃ・・・w

587 :オーバーテクナナシー:2006/05/22(月) 23:34:36 ID:GNhG/3qJ
巨大な蒸気機関の方がおもちゃの燃料電池より出力高いよね

588 :オーバーテクナナシー:2006/05/23(火) 14:58:24 ID:mGDrt5Nj
メーヴェのエンジンがレーザー核融合だったら笑えるな。
プロトンビーム並みの出力さ、世界が萌えちまう訳だぜ。

589 :オーバーテクナナシー:2006/05/23(火) 23:14:54 ID:s5AKw9ri
固体内核反応を利用したシステムじゃないかな?
だとしたら水(含まれる水素)が必要なのも
航続距離が長いのも説明がつく。


590 :オーバーテクナナシー:2006/05/24(水) 17:12:24 ID:OUsYylZN
>279
いまさらだがバイクでも300km/hだせるよ.

591 :オーバーテクナナシー:2006/05/24(水) 17:57:14 ID:GoTdDq9n
口元はどうしてる?

592 :オーバーテクナナシー:2006/05/25(木) 23:01:17 ID:NXgjX8w1
それよりペジテの地下になんであんなに物が埋まってるんだろう?
最終処分地か?

593 :オーバーテクナナシー:2006/05/25(木) 23:40:18 ID:+HDl8h4Y
舞台は現代だが平成ガメラと同じようなストーリーで同じ様なテーマだな。

594 :オーバーテクナナシー:2006/05/26(金) 08:50:18 ID:sQ9KfdL+
平成ガメラ「が」

だろ。

595 :オーバーテクナナシー:2006/05/26(金) 17:03:11 ID:uQeERy7Z
ガメラと巨神兵じゃ気高さも精神力も比較にならんでな。

596 :オーバーテクナナシー:2006/05/28(日) 12:41:42 ID:IY5xU46z
>>592
むしろ、生産する工場(?)があったのでは。

597 :オーバーテクナナシー:2006/05/28(日) 16:14:05 ID:M+qx6p6e
発見されたときは骨格のみで、しばらくすると肉が付きだし再生をはじめたとか、、、
害バーのコントロールメタルみたいだな。

598 :もけけけけ:2006/05/30(火) 18:37:20 ID:7cQHRSw8
 正確には、一緒に掘り出した胎盤箱の秘石を移動させたことによって、
しばらくほっといたら肉やら心臓やら血管やらがむちむちむりむりと...おぇぇ

599 :オーバーテクナナシー:2006/05/30(火) 20:51:55 ID:tW5kuNsj
あれさぁ、食えるように改良できないかなぁ....
そもそもあの質量はどっから????

600 :オーバーテクナナシー:2006/05/30(火) 23:38:39 ID:Y68s0EnB
空中元素固定装置で固着させているのかも

601 :オーバーテクナナシー:2006/05/31(水) 11:57:55 ID:qfOik/2V
あのサイズで、飯食ったらウンコがすごいことになる。

602 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 14:19:08 ID:xUGFjXzf
一見無用そうな性器があるんだし排泄もあるでそ
使用済み核燃料を激しく噴射するはず

603 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 19:36:54 ID:J6PvCBnB
んじゃ、巨神兵のウンコが溜まって腐海になったんじゃね。

604 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 20:49:49 ID:BQwqOxI3
使用済み核燃料をばら撒かれたら腐海の真菌類も死滅する。これに耐えられる生物は俺は知らない。

605 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 21:09:08 ID:FynecKn6
原子炉の中で放射能を食って生きる突然変異のカビが発見されたのはかなり昔の話だと思う。
原子炉を停止させると枯れてしまったが。

確か人間の致死量の数万倍の放射線にも耐えたとか。。。

606 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 21:19:27 ID:yHnnc9YG
>>605
すげー
それマジで?
放射能無害な生物っているんだ〜。

607 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 21:20:03 ID:BQwqOxI3
本当に?

608 :オーバーテクナナシー:2006/06/02(金) 21:35:56 ID:Lkim0X+g
作りも単純で数も多い分、進化のしかたもスピードも信じらんないよなぁ…そんな話を聞いてると、生物学も面白そうだな

609 :オーバーテクナナシー:2006/06/03(土) 02:41:56 ID:HqKAeWQ8
まぁ、無害といっても、破壊されたDNAを片っ端から修復しつつ、修復不可能と判断したら他の細胞に害を与える前に即座に自殺するシステムを備えているだけなんだが。

610 :オーバーテクナナシー:2006/06/04(日) 01:44:46 ID:RVdb1RIz
>>609
放射能耐性菌がいるというだけで、
やはり巨神兵は生物としてまったく不可能ではないということか。
生命はすごいな。

611 :オーバーテクナナシー:2006/06/04(日) 11:27:44 ID:wAhlYX6L
>>610
生殖能力がないから、「生体兵器」として不可能ではない、レベルだけどね。
だが、正直機械で作った方が便利そうだ

612 :オーバーテクナナシー:2006/06/04(日) 16:06:50 ID:HizlFDoy
ふと思ったんだけど、宮崎はこのスレ一度は見たことあるのかな。
あれだけのスタッフがいるんだから、関係者で最低でも一人はこのスレ見てるんじゃね?w
意外とネタのアイデア拾えそうな気もするしな。
もし俺が宮崎だったとしたら、このスレ見たら降臨したくてウズウズすると思うw


613 :オーバーテクナナシー:2006/06/04(日) 19:46:21 ID:ldUDo9c0
宮崎が見るわけないだろ
マスコミにも批判の一切ない頂上会談くらいでしかでてこないんだから

614 :オーバーテクナナシー:2006/06/05(月) 00:54:01 ID:GJzP2mIg
>>612
ジブリの中がそんなに暇だと思ってる君に拍手w

615 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 21:17:30 ID:XisK+sCt
>>612
オリジナルがデッドコピーに興味を持たないだろうな

616 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 22:08:23 ID:XisK+sCt
>>580
化学燃料より核燃料は300万倍のエネルギー効率を誇るから
およそ3t分の石油燃料を持つ事になるね

地球半周はガンシップクラスなら可能かな?

617 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 22:46:46 ID:i5u5yIdL
>>616

>化学燃料より核燃料は300万倍のエネルギー効率を誇るから

原子力発電所を見てみれば、
核燃料がそんなに効率のいい燃料であるように
どうしても思えない。
せいぜい、火力発電所とどっこいどっこい。

618 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 22:55:50 ID:TEqvmDNH
燃料放り込んだら何年使い続けるか知らないだけだ馬鹿。

619 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 23:21:39 ID:xtBHs8t6
どっちも湯沸してるだけだからな
原子力はいまだ開発予定の技術が前提だからコストがわからない
今回も原油高にかこつけて原発耐震補修費用を捻出してるだろ

620 :オーバーテクナナシー:2006/06/07(水) 23:29:41 ID:SbtENg1m
代々木公園を潰して都庁の隣に立てるのなら火力発電より遥かに効率が良い。
送電線も電力を消費する。

621 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 01:07:10 ID:JsH1b2fj
>>616-620

効率

の意味合いに齟齬が生じております。

お気を付け下さい。

622 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 01:17:07 ID:jD3vwNdn
コストパフォーマンスの事じゃないのか?

623 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 02:36:58 ID:5NSTiYvr
>>617>>619が言う効率は「熱エネルギーから電力への変換効率」で
>>616>>618が言う効率は「燃料の価格、もしくは燃料の重量辺りのエネルギーの発生量」で
>>620が言う効率は「作った電気の何%を有効に利用できるか」

でおk?

624 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 13:53:50 ID:ZPrgE+x6
一般に熱機関は作動温度が高ければそれだけエネルギー変換効率が高くなる。
核反応で生み出されるエネルギーを燃料の重量で割って換算すればおおよその作動温度がわかるが、
この場合だと大体数十〜数百万度となる。
これを水の沸点近くまで下げて発電するのだから効率がとんでもなく低くて当たり前。

一方原爆ともなれば爆心点付近の温度はかなり高くなるので変換効率はかなり高くなる。
例えば広島型原爆の重量は何tもあるが実際に核反応したウランは1kg位だそうだ。
このときの破壊力はTNT換算で2万トンだから、一グラムあたり20トンとなり、>>616の発言は妥当なものと言えそうだ。

625 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 14:13:31 ID:TBuuyh8i
燃料の話してるのに意味わかんねー話のそらし方するな

重量あたりの発電効率なら核燃料ウラン1gなら石油約1トン、
核融合燃料重水素1gなら石油約8トンになる
但しウランの採掘、精製には莫大な石油が浪費されてるわけだから
投入エネルギーに対する効率は火力の方が良いだろうな

626 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 23:19:49 ID:wgjeobYH
結局湯を沸かして発電するしか無い話はよそでやっとくれ。
エネルギーコストは深刻な話だが…

627 :オーバーテクナナシー:2006/06/08(木) 23:36:49 ID:TBuuyh8i
おいおい、核エネルギーで発電しないんなら、どうやって空気中で推進してるのか
他のアイデアだせよ

話中ではどう見ても常温では液体の燃料「水」がつかわれてるわけだけどな

628 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 00:26:02 ID:4J9MuKZS
つ 水のぷらずまじぇっと

629 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 00:27:37 ID:u9R2m/ir
電荷交換

630 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 01:20:41 ID:yoKv1SZc
ただのDD反応型の熱核ジェットエンジンだろ。どうやって中性子遮断してるのかって?
しらんしらん。ひょっとしたら水から3Heを生成可能なのかもね。

631 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 03:07:53 ID:u9R2m/ir
あんな小型機で核動力じゃどうやっても被曝するじゃん。もっと進んだ核融合炉で中性子を
閉じ込めたり特定の方向に逃がしたりするかもしれんが。

632 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 09:09:43 ID:EqRIW1+Z
自分は1000年後でもあんな小型機に搭載可能な核融合炉の実用化なんて無理だと思う。

633 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 11:07:08 ID:7/MGpw/V
現存の技術で一番近いのはアイソトープ電池を使ったプロペラ機かな?
もっとも燃料は水じゃないしスピードもかなり遅いけど、うまくやれば何年も連続して飛び続けることもできるな。

634 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 13:24:10 ID:KaWr3uD0
1000000年後の話でもいいじゃん、誰も1000年後なって決めてない。

635 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 15:30:34 ID:hLF75fqC
漫画版に書いてあるのよ

636 :オーバーテクナナシー:2006/06/09(金) 18:35:49 ID:f268GBN5
>>633
全然近くないし。
大体地球上じゃアイソトープ電池の発電効率悪すぎ。
NASAの滞空時間最長の飛行機は
ソーラーセル。

637 :オーバーテクナナシー:2006/06/10(土) 11:52:34 ID:kv5PNOaQ
火の7日間からの1000年後のだろ。

638 :オーバーテクナナシー:2006/06/18(日) 02:12:20 ID:i3b8CWeq
>>634
>>22

639 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 11:59:10 ID:QFJR/aTu

>>22が宮崎の公式見解か?


640 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 12:24:46 ID:9TBG5tHg
22の年代に対する解釈がそんなに大きく外れているとも思えないが

ファンタジーとはいえ読者が理解できる程度には現実的な設定がされているはず
その設定を前提しないとナウシカの世界ですらある必要がなくなってしまうだろ

641 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 16:22:49 ID:QFJR/aTu
>>産業文明の絶頂と「火の7日間」による崩壊は、産業革命の千年後であり
西暦2800年頃と想像される・・・・
この点に思いっきり突っ込みたいんだけど。

巨神兵が量産できる文明がどうして産業革命の千年後にできると解釈する?
とりあえず謎のエンジンと巨神兵ができる化学はまだはるかに先だろ。
だったら人類も進化しているであろう1万年後の方がまともな解釈だ。

642 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 16:51:29 ID:2x2I4ica
けどお前1000年前って言ったら中世だぞ。光源氏だぞ、平安京だぞ。

643 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 18:10:40 ID:cTPI2m12
とりあえず漫画嫁

644 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 22:45:27 ID:2UPLiJ+J
ここ千年と言うより、ここ100年あたりが凄く伸びてるからね。
本当はどうか知らんけど。

645 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 22:53:56 ID:FwXOGA+a
過去1万年を考えればこの1000年も早い。

646 :オーバーテクナナシー:2006/06/19(月) 23:39:23 ID:F/awSaek
大体西暦で3000年過ぎたあたりの話じゃなかったっけな

647 :オーバーテクナナシー:2006/06/20(火) 00:59:41 ID:EuQ4D/MN
およそ1000

648 :オーバーテクナナシー:2006/06/20(火) 01:11:48 ID:32rvWL4D
>641
解釈とかそういう問題ではない
公式にそう設定されているし、お前以外みなその設定を受け入れている

649 :オーバーテクナナシー:2006/06/22(木) 02:05:50 ID:S84taBtQ
>>641
第一巻の冒頭に書いてある。
ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は数百年で全世界に広まり、
1000年後に大産業文明は絶頂期を迎え、火の七日間で崩壊した。
とかそんなことが。

1800年- ヨーロッパ産業革命
 :
 : 1000年後
 :
2800年- 大産業文明絶頂期・火の七日間
 :
 : 1000年後
 :
3800年- ナウシカの舞台

650 :オーバーテクナナシー:2006/06/24(土) 20:57:32 ID:CeFIUGBd
でも、今の時代の人が思い浮かべる産業革命のこと、と
はっきり書かれてるわけじゃないのよな?

コミック手元にないからど忘れしてるだけかもしれんが

651 :オーバーテクナナシー:2006/06/27(火) 01:23:12 ID:eL5UeVb4
それ言っちゃうと「西暦」が自分たちの使う「西暦」なのかも怪しくなるじゃないか。

652 :オーバーテクナナシー:2006/06/27(火) 18:08:43 ID:BNd3147Y
実は「正歴」で巨神兵はターン(ry

653 :オーバーテクナナシー:2006/06/27(火) 23:22:42 ID:+Z2WLLMk
語ろう技術に対して

654 :オーバーテクナナシー:2006/06/28(水) 22:27:30 ID:UIhw3Fa3
ターンAは基幹パーツさえ残っていれば自己修復できるからな、
それに引き替え巨神兵の弱いこと。

655 :オーバーテクナナシー:2006/06/29(木) 03:21:30 ID:s/EcXpw7
弱っていく人類、弱っていく巨神兵、先の見えない歴史、ハヤオの心情風景なんだろうよ。

656 :オーバーテクナナシー:2006/06/29(木) 08:44:39 ID:MrIzzTLT
>>655
ハヤオっつーか、ナウシカ連載当時にはやってた終末流行の一つだろうな。
しかし、アニメの巨神兵の機動性では7日間で世界を燃やし尽くすのは難しそうだ。
原作だと飛べるから楽そうだが。
あの劇場オープニングで持ってる光の剣だか槍だかはなんだろな。
スターウォーズのライトセイバーみたいなヤツかな。

657 :オーバーテクナナシー:2006/07/01(土) 02:10:14 ID:amcaxJys
ロンギ(r

658 :オーバーテクナナシー:2006/07/01(土) 12:10:06 ID:X6wJVEme
劇場版は時間の関係でとりあえず巨神兵の見せ場だけ用意したに過ぎないが、原作だと
巨神兵は闘うごとに弱っていくのが生まれつき宿命付けられている。

659 :オーバーテクナナシー:2006/07/04(火) 22:30:16 ID:iNf/j04+
ちっ腐ってやがる、早すぎたんだ。

660 :オーバーテクナナシー:2006/07/05(水) 10:36:42 ID:+OzBfRqz
大艦巨砲主義で生まれた化け物だろうが的に過ぎない。大きな景品は簡単に取れる。

661 :オーバーテクナナシー:2006/07/05(水) 15:20:01 ID:CSzY/UY4
漫画の巨神兵は空間を曲げて飛行したり超学習能力があったけどな。
あんなのがたくさんいたらそりゃ世界も七日で焼き尽くされるわ。
あの世界の核弾道ミサイルみたいな存在なんじゃね?

662 :オーバーテクナナシー:2006/07/05(水) 19:14:54 ID:appWdZN/
>>661
地球のスケールと巨神兵の大きさ考えたら、
漫画みたいにちんたら移動してたら7日じゃ焼き尽くせないぞ。

663 :オーバーテクナナシー:2006/07/05(水) 21:03:51 ID:mY70G736
何匹いたら出来そうかなあ7日間で

664 :オーバーテクナナシー:2006/07/05(水) 23:39:37 ID:pPZ275A5
アニメの冒頭でも、巨神兵は集団で行動していたな。化石化したのも多いし。

「世界を焼き尽くす」といっても、地球の地表全てではないし。一撃でアレだけ薙ぎ払えるなら凄いだろ。

665 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 13:40:19 ID:iPUDPKJa
地球の陸地の総面積が約1億5千万平方Km。
巨神兵1万もいれば十分だろ。

666 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 14:00:14 ID:5yaPxRBT
>>664
この板的には凄い、凄くないはどうでもいいことだ。

劇場版では、不完全体の巨神兵のビームで都市部を完全に焼き払うには何発必要かな。
地表面積は1億4889万平方km。
長崎のファットマンで22キロトンの核を持ってしても焼失面積は6.7平方km。
地球の面積から言ったら極々わずかだよね。

667 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 14:02:47 ID:5yaPxRBT
単純化しよう。
10平方kmを一発で焼き払えると仮定しても、
1億5000万平方km焼き尽くすには、
1500万発ビームを打たなければならない。
巨神兵1万あればできるなw

668 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 14:05:54 ID:5yaPxRBT
それでも巨神兵一人あたり6.72秒で一発撃たなければならんぞ。
これは相当な移動スピードが必要だなw

669 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 14:06:01 ID:g4Tb/Evm
補給なしで1000発発射できる兵器というのもなかなかないがな

670 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 21:07:19 ID:MdyKEfOa
なんでわざわざ不完全体の巨神兵を例にもってくるのかがわからん
火の七日間のときは子供じゃなくみんな完全体だろうに

あと当然人のいない田畑や山、砂漠地帯なんかは焼く必要もないわけで

都市部も完全に平らになるまで焼かなくても住民さえ殺してしまえば
多少建物群が残っても人がいない以上どんどん廃虚と化していく

それに陸地の大半は山岳地帯か砂漠かジャングルで
地球の全地表面に占める都市の面積なんて10%もないんじゃないか

671 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 21:28:54 ID:5yaPxRBT
>>670
完全体の巨神兵なら焼却面積が10000倍は出るかね。
それと巨神兵は7体か6体かで、大量生産された訳ではない。
このことは劇場でもコミックでも語られてたと思うけど。

主要都市をピンポイントで攻撃して行くにしても、
100万都市が世界に100個ぐらいあるだろうからね。
一都市一発では「火の七日間」と伝承されるほどの壊滅は難しいと思う。
「世界が燃えちまう」というのは、なかなか物理的に難しいところ。
核分裂から得られるエネルギーではまず無理なのよさ。
核燃料からいかにしてエネルギーを搾り取ってるかが問題よね。

672 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 21:33:30 ID:5yaPxRBT
>>671
巨神兵の体内に内蔵しているとした場合の核燃料の時ね。
全身がなんらかの核燃料で構成されていると考えた方が、
「戦うと自らも弱っていく」って設定に合うよな。
そうすれば体積的な問題は解決されるかな。

673 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 21:39:22 ID:+tRvkfkF
>>671
完全破壊されていては旧エフタル等の文明は残らないだろう。
完全に破壊された都市の数はそう多くないのでは?
それでも壊滅的な打撃ではあったので、伝承としては「世界が燃えちまう」と伝えられ
人が住める世界が狭くなったナウシカ達の時代ではあの破壊力でも圧倒的だったので
「世界が燃えちまうわけだ」と納得したというところではないか?

まあ、そもそも「火の七日間」が正確に七日間だったのかという疑問もあるわけだが

674 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 22:02:20 ID:5yaPxRBT
>>673
クロトワの心情的にはそうだろうね。

火の七日間は伝承からさらに推測してる状態だからなかなか、
分からんことばっかりだよ。

675 :オーバーテクナナシー:2006/07/06(木) 23:42:03 ID:MdyKEfOa
>>671
俺はあんたの言う「劇場版では、不完全体の巨神兵のビームで」という発言がおかしいと思ったまで
1000年前にいた巨神兵は間違いなく完全体で描かれてたわけだから

要するにあのシーン知ってるならただ普通に「巨神兵」といえばいいのに、わざわざ「不完全体の」と付けるあたりに
巨神兵の能力を疑問視する意地悪さ?(完全だろうが不完全だろうがどうせ結果は一緒だろ、みたいな軽い悪意)を
感じただけで別に他意はないよ



676 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 00:53:36 ID:RCfNx4Op
巨神兵のエネルギー源って核反応なの?
どこかで語られてたっけ? kwsk

677 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 08:28:17 ID:+egMUmCa
>>675
邪推だからw
マジであのレベルの核攻撃なら世界を滅ぼすのに数万発は必要。
7人で数万のビームを世界各地に打ってまわらなきゃいけないんだぞ。
お前さんは完全体の巨神兵の核攻撃はどれぐらいだと思う?
ビームだと超高空からでないと射程の問題も考えなきゃならなくなるから、
結構難しいぞ、思考実験には面白い材料。

678 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 13:02:44 ID:znJ3MQ4D
地上を燃やしたんじゃなくてバンアレン帯を
燃やして地球を火球にしたんだろ。
年寄りなら誰でも知ってるあの映画だよ。

679 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 14:49:03 ID:4AhaW2dt
>>676
>>415

680 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 15:14:34 ID:kaqa8OZ6
>>677
だから巨神兵の攻撃力についての見解なら別に他意はないと言ってるんだけどね

あんたの地表面積に対するビームの1発あたりの攻撃範囲なんかの話はどうでもよくて、
俺が言いたいのは1000年前の話になんでわざわざナウシカの時代の不完全体の巨神兵を例に出してきたのか
その理由が知りたかったから最初の670でわからんと言ったんだよ
けど、あんたはその問いには特に答えずに「完全体なら威力が10000倍あるのか?」と返してきたから、
俺にはあんたの返答が「完全体でも不完全体でもどのみち結果は一緒だから不完全体を例に出した」という風に受け取ったまで

実際、>>671>>677読む限りあんたは7人の巨神兵のビームじゃ全世界を焼くのは厳しいと言ってるから、
俺がそう受け取っても特段おかしくはないと思ったんだが

681 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 16:36:48 ID:jSaeRvVE
巨神兵が7体程度とか言いだしたのだどこのどいつだ?w
最低でも16体以上いるだろ

682 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 19:29:43 ID:0fWghAXB
巨神兵は知能は持っているが、単なる兵器とも言えるしな。数体のみの生産もヘンな話だな。
工場で量産されてたんだろ?

683 :オーバーテクナナシー:2006/07/07(金) 22:34:46 ID:Y27rSovU
逆に考えろ

数は多くない&7日で地上を焼き払える
この条件から逆算すれば完全体の巨神兵の破壊力を出せる

684 :オーバーテクナナシー:2006/07/08(土) 00:46:19 ID:6IYn9gna
おまいら全員、漫画読むのに向いてねぇーーーーーー。













そんなんじゃ、女の子に嫌われたゃうぞ。
浪漫と洒落のセンスねぇーーーーーーぞ。

685 :オーバーテクナナシー:2006/07/08(土) 03:18:14 ID:FEMg47kY
一応は


理系板


ですから。

686 :オーバーテクナナシー:2006/07/08(土) 09:41:22 ID:eoXzsD3p
現代でも世界中の主要都市、社会基盤を完全破壊するのに3日とかからんでしょ。
巨神兵数百体のエネルギー量が現実に配備されているICBMやSLBMの総量と
同程度あるいはそれ以上あればいいだけこと。飛行速度はベラボーに速いしw

687 :オーバーテクナナシー:2006/07/08(土) 13:24:51 ID:JcrKtHKD
漫画版での冒頭解説を読めば「ユーラシア大陸
の西端で発生した産業革命は、数百年のうちに世界中に広まり
巨大産業文明を築き上げた。文明は産業革命から1000年後に
絶頂を迎えたが火の7日間とよばれる戦争により崩壊し、複雑
高度化した技術体系も失われ人々は黄昏の時代を過ごしていた」
とあるが産業革命は18世紀。その千年後の西暦2800年ごろに
火の7日間が勃発したと思われる。そして時からさらに千年
経過しているのでナウシカの時代設定は西暦3800年頃だと計算できる。

688 :676:2006/07/08(土) 15:35:09 ID:cc1MMdoG
>>679
だから、どこでその設定が出てきたのか知りたいんだけど…

689 :オーバーテクナナシー:2006/07/08(土) 19:27:32 ID:/rbhsEnH
>>688
>>289
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E8%B0%B7%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%82%AB#.E5.B7.A8.E7.A5.9E.E5.85.B5

690 :676:2006/07/09(日) 15:37:46 ID:fx4Ue7jg
だからさー、そのWikipediaの記述の根拠がどの場面なのか教えて欲しいんだが…
気になってしょうがない

691 :オーバーテクナナシー:2006/07/10(月) 23:02:08 ID:bz7P5dnC
アスベルが巨神兵が見つかったときの説明をしてるとき
化石なら珍しくもないと言ってた

巨神兵は当時、たくさん居たんじゃね?

692 :オーバーテクナナシー:2006/07/11(火) 00:16:44 ID:9G6bA2E2
漫画だと腐界にごろごろしてるしな。

知能を持った奴と、マニュアル操縦の廉価版があったとか

693 :名無し:2006/07/13(木) 17:47:18 ID:hcu3LHvk
王蟲はむしろ蛍の幼虫のネオテニーに近いような気がする。
1・水中でも生きられる。
2・目が光る。
現在より酸素濃度が高いのはあたってると思う。
1・爆発が激しい。
2・その方が揚力が高い
3・腐海の成長の問題。
昆虫の限界サイズは現在は30センチだそうだ。
ちなみに石炭紀には体長が2メートル近いムカデがいたと聞く。



694 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 19:36:49 ID:81SLimF1
>>693
こんな話も出た。>>207-214


695 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 20:09:06 ID:oQyLZpgs
世界が完全に浄化された後、人類たちは達は貯蔵庫で肺を改造したのだろうか

696 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 20:41:39 ID:81SLimF1
チャップリンのモダンタイムズのような話が極限まで行ったのかね。
しかし、原始時代の地獄に戻りたくはない。

697 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 21:49:55 ID:VpbLemcT
>>695
ナウシカ達は全員そのまま見殺し。
墓所に眠らせてある人類が再生する。

698 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 22:03:09 ID:81SLimF1
「1人斬るのは容易いが1人救うのは容易ではない。」
と時代劇の台詞にあったが、テクノロジーで兵器は物凄い進歩をした。しかしテクノロジーが進歩させたのは
食糧生産、生活能力、医療、流通などの方が大きい。テクノロジーを使用して奪われた命とテクノロジーを
利用して救われた命では後者の方が数桁上だ。テクノロジーはたとえ大量破壊兵器を作っていても
「たくさんの人の命を救っている」モノなのだ。
それが理解できなきゃ無人島でサバイバル生活しろと言いたい。

699 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 22:32:29 ID:jzPTWfzy
無人島でサバイバルこそ、人類が森を出て以来数万年お世話になった原始的だが使いやすいテクノロジーがもっとも駆使される事じゃないか。

食料や寝床の確保、水の浄化に至るまで機械や薬品は使わないがまさにテクノロジーと呼ぶにふさわしい知的な活動だよ

700 :オーバーテクナナシー:2006/07/13(木) 22:54:56 ID:81SLimF1
>>699
その方がテクノロジーの有り難味が分かるかと…と言い訳してみる。

701 :オーバーテクナナシー:2006/07/18(火) 14:18:50 ID:16WPVtDT
おまえら何いってんの? 早く指ね

702 :オーバーテクナナシー:2006/07/20(木) 16:46:38 ID:RxUTgttn
以前、ナウシカなど人間自体が小型化しているってレスがあったが
2cmは極端として人間の平均身長が60cmくらいなら説明つかないか?
雲の粘性もそうだけど
ナウシカの俊敏性(後方バク宙3回転)や高空から墜落時で無傷なんか
小さくないと説明つかないし
ガンシップなどが未来の原付バイクのエンジンで大型船が乗用車のエンジン
これなら未来でもゴロゴロ落ちてるだろうしな


703 :オーバーテクナナシー:2006/07/20(木) 17:47:54 ID:xOSrFGG+
60cmか…問題として、質量にして1/27になった脳でまともな知的活動が維持できるかという…

704 :オーバーテクナナシー:2006/07/20(木) 18:26:53 ID:bbOr+C4f
>>703
だから旧世界のテクノロジーが復活しないんだよ!w

705 :オーバーテクナナシー:2006/07/20(木) 22:36:17 ID:k0i+GKHf
>>703
造られた生態系だからこそ滅びに瀕しているのですよ

706 :オーバーテクナナシー:2006/07/21(金) 03:29:09 ID:mXTdA+jP
環境の変化により、恐竜から哺乳類の時代に…。

テクノロジーで環境を変えるから、その歪みが生じる。
そんな事をせずとも、生命には夜を超える翼があるのに。

707 :オーバーテクナナシー:2006/07/21(金) 03:38:03 ID:lYX8jYnR
そうはいくまいよ。放射能がだだ漏れになってしまったら、高等生物が生き残るのは相当に難しい。
また進化を単細胞からやり直すか?

708 :オーバーテクナナシー:2006/07/21(金) 08:43:40 ID:3/kd2bJT
バク中の滞空時間からナウシカの質量は計算できる。


709 :オーバーテクナナシー:2006/07/30(日) 04:26:48 ID:NlyGXt5a
ユパ様ピンチ!         て
               ,r'二l そ
 ____  _,,-‐}ェェェl、_   ,,-‐''´ ̄ ̄``'‐、
 `'‐、   ` ̄ミミ二=ャェェァ、-ニ‐''´, -‐''_ニフ  ̄  ̄
   `'‐- 、_,,-‐l`ヽミ;;;;;;;ミ_, -ァ'´'‐- ‐'
          }こ,(_ノ``'' /{___
         ,r'´`‐、/F-‐'' ̄   )
        { ヽ ヽ    /   /
        ヽ、〉'´`i、__/ヽ、ノ
           ヽ  l /_/
           ) ̄ (´   {
          ` ̄ ̄``'‐'
    
             人
            (_)
          \(_____)/
           (・∀・)ウンコー!


710 :オーバーテクナナシー:2006/08/26(土) 13:47:27 ID:inhuGKE7
止まってる…

711 :L:2006/08/30(水) 02:34:43 ID:+iHJq6VD
今の技術ではあのサイズのロボットを作ろうとしても下半身がキャタピラのロボットしか作れないな。上半身を支えつつ動くなんて、新しい合金かなんかがないと無理だょ。

712 :オーバーテクナナシー:2006/09/15(金) 00:06:53 ID:afZSIwjt
あれはロボットじゃないですよ、生物兵器です。
実は人間サイズの。

713 :神風:2006/10/01(日) 08:46:16 ID:dIUH7mKa
ちなみに良い事を教えてやる。オーバーテクナナシーさんの言っている
事は正論だ!だがもしナウシカ達、人間が旧世界の人々によって作られた、
存在だったとしたらどうだ!

714 :オーバーテクナナシー:2006/10/01(日) 09:41:55 ID:Wpcg+qda
あの世界で生きてる人間が「創られた存在」なのは、原作に描かれてるよ。

715 :神風:2006/10/01(日) 15:57:17 ID:CO6Hbw4c
やはり、原作を見ていたんですね。




716 :オーバーテクナナシー:2006/10/02(月) 01:40:32 ID:HYmzDHzt
active-taro,1531@ezweb.ne.jp

は死ね。

717 :オーバーテクナナシー:2006/10/02(月) 17:24:58 ID:+lstkOC/
>>711
背中の空間歪曲装置で支えてるとか。

718 :神風:2006/10/02(月) 18:40:09 ID:2jPQjY5K
すいませんm(_ _)m

719 :オーバーテクナナシー:2006/10/02(月) 22:54:00 ID:T6jbAsPT
ぬ、謝るなおまえ。
ここは2ch

強者共や軟弱物が集う掲示板

720 :神風:2006/10/03(火) 18:22:26 ID:XizPpo3r
ありがとう。そういえば、マンガではどうしてオーマはナウシカの事をお母さん
だと思ったんだろ?やっばり似てたからかな?


721 :オーバーテクナナシー:2006/10/03(火) 18:55:09 ID:tQ7Ysa8x
>>720
お前漫画読んでないだろ。

722 :オーバーテクナナシー:2006/10/03(火) 23:42:13 ID:fW5AQiMD
漫画読んで気づかなかったんか?

漫画の前に勉強が必要だな

723 :オーバーテクナナシー:2006/10/10(火) 20:41:56 ID:EDewoh62
人間が知恵を身に付けたところで、戦争するしか出来なかったのか。
だから、兵器に知能をもたせ「神」とした。誰か治める存在がないとダメなんだろうか。

724 :オーバーテクナナシー:2006/10/11(水) 04:55:28 ID:9ApCqxu4
ワシが治めてもいいのだが…


725 :オーバーテクナナシー:2006/10/11(水) 08:31:17 ID:yzXVOdlE
>>723
知恵が無くても争いは起こる
生命がその活動によって環境を変化させるものである以上、それは避けられない根本的な問題
だがそうであればこそ、より有利になるよう進化してきた
その生命の根本的な問題から目を逸らし、「知恵」に全ての罪を負わせようとは度し難い

726 :オーバーテクナナシー:2006/10/11(水) 21:53:28 ID:mNg7Q5ZH
>>725
人間が“個”を持てば、他者とも争いになるだろう。それは仕方ない。国が主張を押し付け合えば、戦争になるのも仕方ない。
ただ、この場合は殴り合いでは済まない。人間の「知恵」は軍拡競争による過剰な殺戮兵器を生みだした。
互いに使用すれば、地球を死の惑星にするほど…。

闘争は本能か。人間の知恵は「争い」を抑えるどころじゃなかったな。

727 :オーバーテクナナシー:2006/10/11(水) 23:18:53 ID:tkVpdp5Y
星にも急所があると思いますか? あるだろうね。断層の交じり合った
場所とか何かの刺激でかなりのダメージを地球に与えられる場所があのではないか?
マー隕石レベルのインパクトが必要だが。

728 :オーバーテクナナシー:2006/10/12(木) 02:13:13 ID:xZC1aMp0
地球の固有振動数に合わせて中国人民がジャンプすれば
その内壊れるんじゃね?

729 :オーバーテクナナシー:2006/10/12(木) 15:44:16 ID:Ut50xh5O
地球は基本的に液体だから、プレートの一枚や二枚割れるかもしれんが…

730 :オーバーテクナナシー:2006/10/12(木) 15:51:47 ID:xWWqGSsy
>>727
何そのアンゴルモア?

731 :オーバーテクナナシー:2006/10/13(金) 23:23:54 ID:HqO1ygts
引力を振り切って崩壊するほどのエネルギーをどうやって与えるんだ?

732 :オーバーテクナナシー:2006/10/13(金) 23:45:24 ID:JiBBrRiy
そこでディープインパクトですよ

733 :オーバーテクナナシー:2006/10/14(土) 13:49:54 ID:olJJtg1P
>>729
人力じゃ無理だが魚洗の実験みたいに外部から
発生した波の周波数に合わせて力を入力し続ければいけないかな?

734 :オーバーテクナナシー:2006/10/14(土) 14:49:32 ID:bi0vKl1e
>>733
お前は振動を与えるだけで無重力空間に浮いてる水滴をバラバラに出来ると思ってるのか?

735 :オーバーテクナナシー:2006/10/14(土) 15:26:33 ID:4F/WbR+o
風呂の中で腰振ったら強烈な事になるじゃん?

あれを惑星規模で起こせればあるいわ・・

736 :オーバーテクナナシー:2006/10/14(土) 18:02:36 ID:omzhL+7t
腰振っておきた波しぶきが、地球の重力圏を突破して宇宙のかなたに飛んでいくなら可能かもな

737 :オーバーテクナナシー:2006/10/14(土) 21:04:34 ID:jvZxC84I
>>736
かなりブラブラさせないと無理だな。
おれのは小さいから無理だ・・・>風呂から宇宙

738 :オーバーテクナナシー:2006/10/15(日) 17:20:54 ID:csxZ1hrO
>>734
無重力で浮いている水滴に超音波をあてる実験では
最終的に霧になって壁面に張り付いてた

739 :オーバーテクナナシー:2006/10/15(日) 17:36:26 ID:Or7eyBXK
…いや、その実験だと水滴が凝集してる理由は主に表面張力だろ
地球の場合は自己の重力で寄り集まってるんだが

740 :オーバーテクナナシー:2006/10/15(日) 18:07:03 ID:csxZ1hrO
凝集してる理由が表面張力であろうが重力であろうが
外部から力を与えて振動を増幅できるなら
その惑星の脱出速度を超える振幅スピードまで上げてやれば
いいんでないかって事
まあ元々は>>お前は振動を与えるだけで無重力空間に浮いてる水滴をバラバラに出来ると思ってるのか?
これに対する返答だけどね

741 :オーバーテクナナシー:2006/10/15(日) 18:17:55 ID:Or7eyBXK
地球の全質量を脱出速度まで上げるために必要なエネルギーを全部振動によって供給する必要があるけどな

742 :オーバーテクナナシー:2006/10/15(日) 18:29:24 ID:csxZ1hrO
それは未来技術板なので大丈夫ですw
つーかナウシカと全く関係ないな


743 :オーバーテクナナシー:2006/10/18(水) 17:25:58 ID:P0BxT0c0
生体兵器って高性能なのかな?

巨神兵や墓所などの「素材」は生きている。確かに、自己修復能力とか修理要らずだな。

744 :オーバーテクナナシー:2006/10/18(水) 20:40:22 ID:HYQsjIrz
>>743
生体兵器は強力です。あなたの想像とは全然違う形で。
別名、「貧者の核兵器」。

問題は、あまりに強力なものを作って時期尚早に使うと、敵も
味方も全部死んじゃうことなんだな。実際、自滅武器にしか
なり得ない。

745 :オーバーテクナナシー:2006/10/21(土) 01:40:04 ID:WdsKdo/s
巨神兵の出すビームみたいなのってどんな原理なんだろう?
現存する生物で元になり得る能力ってあるのだろうか?

746 :オーバーテクナナシー:2006/10/21(土) 07:05:21 ID:CxB0FcqM
蛍の発光現象。

747 :オーバーテクナナシー:2006/10/21(土) 15:25:56 ID:Y94zADMB
おれの頭も発光してるんだが

748 :オーバーテクナナシー:2006/10/21(土) 19:56:33 ID:cPgjm47l
それは反射だろ・・・いや、うん、すまない・・・

749 :神風:2006/10/22(日) 06:35:11 ID:WCUR4MCB
マンガ読みました。


750 :オーバーテクナナシー:2006/10/22(日) 06:55:41 ID:CG/CbbxZ
実は巨神兵が出すあれは高圧で発射される
発光性の液体で爆発したのは元々燃焼性がある成分が含まれているのと
化学反応で水素が発生するからってばっちゃんが言ってた

751 :オーバーテクナナシー:2006/10/22(日) 15:28:08 ID:AWqWLkj5
気功波の類だとじっちゃんが言ってた。

752 :GOTO:2006/10/23(月) 11:32:44 ID:9W5sYpbW
虐殺を止めよう


http://aja.mirai1.com/


753 :オーバーテクナナシー:2006/10/25(水) 01:05:47 ID:VPe1hXHL
>>751
仮にも技術板なんだからもうちょっと何とかならんものか

754 :オーバーテクナナシー:2006/10/28(土) 18:54:25 ID:4LkjaKxg
すまん。巨神兵の壁紙を貼り付けたいのだが、大きいのが無くて困ってる。。。
画像かサイトがあれば、教えてほすい。。。

755 :オーバーテクナナシー:2006/10/30(月) 18:38:08 ID:IW9O+gKh
>>754
どうぞ。

つ ttp://dokoaa.com/ghibli/kaze6.html

756 :オーバーテクナナシー:2006/10/31(火) 23:50:13 ID:oDtaKAZ2
あ、ありがとうございました....できれば、いや、スミマセンでした...

757 :オーバーテクナナシー:2006/11/15(水) 06:42:39 ID:ZUr2R8Pp
>>745
オサムシ・ゴミムシ類が化学反応で尻から
100℃以上の毒ガスを噴射する。

化学反応でロケットが飛ばせているのだから、
更に高温・高圧のガス噴射をさせると
ビームっぽく見えないだろうか?


巨神兵は機械を埋め込んで製作しているかもしれないから
プラズマ兵器やレーザー兵器を装備している可能性も?


758 :オーバーテクナナシー:2006/11/17(金) 08:21:21 ID:/YS7UoD4
『空想科学読本』系で見たのですが、ウルトラQの「1/8計画」みたいな
人体縮小には「体温の維持」が問題らしい。

もちろん、ナウシカの居る時代は
「体温を保つのに都合の良い気温が続いている」とか
「人間の皮膚の断熱性が高く改造されていて、保温できる」
「食事が高カロリーで、発熱量を増やしている」
等も考えられますが。
断熱効果が高いと、人肌の温もりを感じられないし
発熱量が多すぎると、暑苦しくて誰も傍に寄らせたくないかも。

腐海の底で睡眠中のナウシカに、アスベルが上着を掛け直しているから
夜間は気温が下がっていて
体温が下がると困る哺乳類のままだろう事が推測されます。


小動物なネズミやウサギは、保温のために毛皮で覆われていて
活動時間のほとんどを食事に費やしている。
体の比率で見ると、人間よりも手足が短く、ずんぐりむっくり。

ドワーフやホビットが大食で短足で太っているのは、科学的に正しいのかも。

自分は、縮小されないで186cmのままで居たいですね。

759 :オーバーテクナナシー:2006/11/17(金) 12:27:50 ID:qKHpHfcH
1メルテはおよそ1メートル
1リーグはおよそ1ノット

人の大きさに極端な変化はなさげ

760 :オーバーテクナナシー:2006/11/18(土) 22:53:38 ID:hVlOI0ZP
「巨神兵のようなパワーと科学技術が有れば、短時間でナウシカ世界の環境汚染は解決できたハズ」と
過去のレスに載ってました。

高度なテクノロジーの副産物で
毒性の強い化学兵器・産業廃棄物が発生したのでしょうから
解毒方法も発見されていたかもしれません。

しかし、簡単な方法で全てを解決してしまうと
愚かなままの人間は、また何度でも同じ過ちを繰り返すでしょう。

「森の人」や「ナウシカたち」を創り出したのは
戦争や環境破壊を起こさない新人類を育てるため。

腐海の浄化作用と共に生き残った人間たちは
旧人類よりはココロが進化した存在に変わっているかもしれない。
そういった計画が進行したのが「ナウシカの世界」だったのかも。


現実世界の人間は、記録に残る文明を持ってからでも
数千年を経過したのに進化していませんね。

761 :オーバーテクナナシー:2006/11/19(日) 07:53:54 ID:E3EcK+cs
進化らしい進化をするには哺乳類じゃ最低でも数十万年は掛かる。

ナウシカの世界はテクノロジーへの信頼がまるで無いが、テクノロジーへの信頼とは
それを使う人間への信頼。自分に出来ない事を自分たちの後継者にやらせる事など
出来るわけがなかろう。

762 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 11:13:48 ID:fya+LPnx
地球が壊れたら他の星に行けばいいじゃん的な考えを実行できる技術力があると思うんだけどな、あの世界

763 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 16:22:12 ID:30EMQyBK
やたら硬くて丈夫なセラミックで出来た宇宙船の残骸があって王蟲の皮に次ぐ頑丈な素材として
切り出されてたな。それがどの程度の性能かは分からんがナウシカたちの使っている奇妙な道具
(永久に使えるライトとか出力の大きく小さなエンジンとか)を見ると恒星間飛行をしていたとしても
おかしくない。

764 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 17:52:53 ID:wS8j+VIu
スペースシャトルも外板はセラミックだったと思うが

765 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 19:16:47 ID:30EMQyBK
セラミックが装甲にもなるくらい進歩してるから硬いだけじゃなく頑丈らしい。

766 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 19:30:32 ID:ZA8kfQGO
>>762
太陽系外に移住した者たちが居た可能性は、否定されていない。
「地球は滅亡したんだよ。」って事で戻って来ないだけかもしれない。

もっとも、地球の一つも救えないような人類が、他の星に行けば
また同じ過ちを起こしてソコも人間の住めない星に変えてしまいそう。


現実世界では二酸化炭素やフロンガスが撒き散らされている。
大洪水や殺人紫外線で
人類も文明も滅亡の危機が来るのに
地球人は争ってばかり。

「地球」や「人類」を考える時代に成ったのに
学校のイジメすら解決できない日本って国は
進んでいるのか? 遅れているのか?
ルドビコ療法をイジメっ子に施すべきか?

宗教みたいなモノを持ち出さなくても
「人間のココロの部分」を進化させるテクノロジーが有るといいのだけど。


767 :オーバーテクナナシー:2006/11/20(月) 22:41:04 ID:YlZPOVsK
宇宙に逃げた連中の顛末については
弐瓶勉が描いてるな。

三山のぼるの「ゴドー」って裏ナウシカだよね。
いや旧人類復活まで留守番してる改造人類、てネタとしては
ゴドーのほうが早いんだろうけどさ。

768 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 16:35:54 ID:UXF5/ln5
>>766
>「人間のココロの部分」を進化させるテクノロジーが有るといいのだけど。
ロボトミーとか脳改造とか薬物投与とか洗脳とか言うシロモノのことか?

769 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 18:27:00 ID:E77CLbTp
>>765
自衛隊の90式戦車ってセラミック系装甲じゃなかったっけ。

>>766
オリジナルのSF同人誌で、資源を使い果たしたら
別の星を次々とテラフォーミングしながら繁栄してる人類が描かれてた。
ナウシカの世界で宇宙に行った人類はそうやって生きてるのかもしれんな。

770 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 19:11:09 ID:2LhySeeL
>>768
「教育」ってのも「洗脳」の一種だと言われているね。
脳改造とか薬物投与で全人類が「平和で平等に」生活できるのなら、それも良さそう。
『キャメル』みたいなのは御免だが。

星新一の短編で
異星人に洗脳マシンを作らされた地球人が
殺人も戦争も出来なくなり、人口も増えすぎないように制御される話が有った。
異星人はそのまま去り、人類は幸せに暮らしました。 めでたしめでたし。

>>769
別の星の資源を食い潰しながら広がる人類を、星新一は
ショートショートで「カビ」に例えていた。

771 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 19:21:21 ID:JvgRu+iH
宇宙へ旅立っていった人類の方が腐海に怯える人類よりも気力に満ちていた筈だ。

772 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 19:22:13 ID:JvgRu+iH
カビで思い出したが腐海はカビだが、カビは光合成できない。どこでエネルギーを生産してるんだろう?

773 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 20:13:02 ID:zV84CHDo
単行本の何巻か忘れたけど、表紙めくってすぐのところに解説があった。
ぶっちゃけ、菌類と言うよりもシダ植物に近い感じ。
葉緑体から光合成でもエネルギー生産できる。
起源が人工生物だから、いいとこ取りで作られたのだろう。

774 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 22:00:41 ID:JvgRu+iH
>>773
ありがとう。
蟲と同じという事か。

775 :オーバーテクナナシー:2006/11/21(火) 23:53:24 ID:88yX0TdM
>766
まったくの不毛の星をテラフォーミングできる技術があれば、少々汚れても地球の汚染くらいきれいさっぱり。
この技術をテラクリーニングと名づけよう。


776 :オーバーテクナナシー:2006/11/22(水) 03:56:15 ID:rbJWWbeE
>>763
>>永久に使えるライトとか
http://72.14.235.104/search?q=cache:kv7-VS-Sd6gJ:fuja.s22.xrea.com/review/glow/+%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0%E7%AE%A1+%E5%AF%BF%E5%91%BD&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
これで10年以上もつそうだから放射性物質と蛍光物質を工夫すれば半永久的な光源が作れそう
放射能が心配だが・・・

>>766
>>「人間のココロの部分」を進化させるテクノロジーが有るといいのだけど。
墓所の主が守っていた卵から孵る人間こそ精神的に進化した人間として
作られたんだろうね

777 :オーバーテクナナシー:2006/11/22(水) 07:45:05 ID:phjXyR/l
新天地を宇宙に求めた者たちにとって辿り付いた星がいかなる環境であろうと住める惑星に変える
決意があったはず。無ければ蟲に怯えながら地上で暮らすしかない。
未知の世界へ果敢に挑む者と現状に流される者では所詮、覚悟が全然違うのさ。

その覚悟を最初から組み込んだ生物など作れる訳が無い。
優れた精神を作り出す技術、人は昔からそれを文化と呼んでいる。

778 :オーバーテクナナシー:2006/11/22(水) 12:38:31 ID:tSALHWZs
>>772
地衣類みたいに藻類と共生してるんだろ。

779 :オーバーテクナナシー:2006/11/22(水) 12:41:39 ID:hTqLkAeo
>>777
文化であり、教育であり、洗脳である。
仮にエクソダスがあったとして腐海の発生前か後かで、
かなり様相が変わってそうだけど。

ちなみに今の医学では、外科的に脳を弄っても「良い方向」には変化しない。
ロボトミーが行われないのもその理由。
電気ショック療法はちゃんとやれば、医学的にも有効だけどね。

780 :オーバーテクナナシー:2006/11/23(木) 10:57:45 ID:x5t0MBa2
ロボトミーを医学的処置と呼ぶのはどうなんだ?
あれはそもそも適当かついい加減に開発さて適当かついい加減に適用され続けて甚大な被害を出してるからな

781 :オーバーテクナナシー:2006/11/23(木) 19:02:42 ID:37c14zjG
>>780
だから現在の医学では否定されてる。
だが、あれが精神医学の一つだった時代もあった。
それだけのこと。

782 :オーバーテクナナシー:2006/11/23(木) 19:14:54 ID:kfVwsQEg
そこで、何らかのブレイクスルーが有れば
破滅に向かわない人類を
「洗脳」「教育」「改造」等で創り出せるのかもね。

まずは殺人が不可能に成る修正が欲しい所だが
自動車の運転や、原子力開発も不可能に成ってしまいそう。

783 :オーバーテクナナシー:2006/11/24(金) 03:16:50 ID:jqbmdwnm
死なない人間を作る
人のヒドラ化

784 :オーバーテクナナシー:2006/11/24(金) 10:31:20 ID:KZLPjAVL
>>782
「教育」に関しては「何らかのブレイクスルー」どころか、そもそもが
社会成員になる前の子どもに常識や慣習を身につけさせて、
大人になって社会成員と成ったときに社会秩序を維持するために
人類が生み出したもの。
「改造」となるとやはり生理化学、脳外科的ブレイクスルーが必要だがな。
墓所に保管してある新生人類はそういう改造を既にされてるんじゃないのかな。
生まれてから教育なんかで身につけるような人間性に頼るのでなく、
遺伝子レベルで既にそういう人間性が備わっているようにしてある。
どうやるのか見当も付かんがな。

785 :オーバーテクナナシー:2006/11/24(金) 11:20:58 ID:pcQg321h
欧米とか、台湾なんかでは教育のブレイクスルーが起き現場で役に立っている。
日本みたいに何か問題が起これば(不登校・学力低下・虐めの変化など)表面上の
システム改革だけで済ますのしか見てないから分からない。
例えば少年法改正で米国は刑務所を満杯にしただけだった。この方法では駄目だから
教育にメスを入れて対応して成果を挙げている。

大脳に蓄えられる情報は遺伝情報の10倍にもなる。人類の行動は遺伝子より学習の方が
重要なのは簡単に分かるだろう。性悪説にしても性善説にしても人間の本質がどうであれ
教育を施す事の重要性を説いている。

786 :オーバーテクナナシー:2006/11/24(金) 12:47:30 ID:KZLPjAVL
>>785
遺伝情報の10倍って根測定法がなにかわからんが、
遺伝子の操作だけでは、秩序維持に有効な行動パターンは
付加できないってことか。
人間の脳ミソを昆虫レベルに落とさないとダメか。
ということは「改造」された人類に、詩と音楽を愛するなんて
知性レベルは全然期待できないなw

787 :オーバーテクナナシー:2006/11/24(金) 12:54:24 ID:8zp9rT+m
サイバネティックス工学じゃないの?

788 :オーバーテクナナシー:2006/11/25(土) 00:18:56 ID:fikzauqm
もっと単純な話じゃね?
生まれつき脳内マリファナ生成し続けるように
遺伝子改造した人間とか
詩と音楽を愛するなんてマリファナきめてる奴そのままだし
人と争う気にもならんわな〜
ただ働く気にもならんのでヒドラの存在が不可欠


789 :オーバーテクナナシー:2006/11/25(土) 22:09:05 ID:w0dm+YXG
ヒドラ型人類が完成すれば
「殺人衝動」「闘争本能」「なわばり意識」などを残したままでも構わないのかな?
公害や毒物汚染を放置しても誰も健康で死なないならイイのかもしれない。

しかし、戦争が起きたら終わりそうに無いねえ。


ヒドラは「酸の海」や「巨神兵ビ〜ム」「ラピュタのイカズチ」「シシガミの暴走」
「SOLやワームホール・ドライバの直撃」
「滅びの山の亀裂に落とされる」等にも耐えられるのだろうか?


790 :オーバーテクナナシー:2006/11/26(日) 00:31:41 ID:Ez0mt91u
んー、頭つぶされたら終わりだし、どれ喰らっても多分おしまいでは?
不死身のヒドラ型人類といっても、再生や生命維持の能力が高いだけ
みたいなので、ナムリスのごとくモツがちょん切れても生きていて、なおかつ
多分傷が塞がるまで死にそうな苦痛に耐えなければならないなら、
わざわざ戦争する気も失せるような気がする。

791 :オーバーテクナナシー:2006/11/26(日) 20:11:03 ID:t1ubN6pQ
>>789
戦争しまくりでも滅ばないんだったらある意味成功

792 :オーバーテクナナシー:2006/11/26(日) 23:52:36 ID:vv1VjHDO
戦争になれば当然ヒドラの身体にも効果のある兵器が
作られるだけでしょ
つーかそうやって兵器は進化して来た


793 :オーバーテクナナシー:2006/11/27(月) 18:40:37 ID:Yj2XbKye
犬や猫がケンカすると、負けた方は「服従のポーズ」を取る。
すると勝った方は、それ以上の攻撃ができなく成るそうだ。
遺伝的な本能で備わった性質かもしれない。


人間の場合は「命乞いをする敵には、必ずトドメを刺せ」
なんていう名台詞(?)も納得してしまう程
裏切りや復讐や下克上が通常業務ですからね。

年金生活のホームレスおばあさんを暴行致死する若者が居るくらい、
人間は「何でも出来てしまう、本能の壊れた生き物」。

>>784
『遺伝子レベルで既に人間性が備るようにしてある新生人類』
が、もしもロボット三原則のように
「絶対に人間に危害を加えない」プログラムをされていたら
かなり不自由な生活を送りそう。
新生人類だけで生きる場合であっても。

適当な加減ってものが、プログラムするのには難しそうだ。

794 :オーバーテクナナシー:2006/11/28(火) 17:24:27 ID:VvHO0iW1
>>789
お前はヒドラをなんだと思ってるんだw

あれは単に呼吸器官や循環器、消化器が体内各所に分散しているから致命傷を負わせることが不可能なだけで他は普通の有機生物だろ。
原形をとどめないまでに破壊されれば組織片が生きていても活動不能になるし、元が人間のヒドラはやはり脳を破壊されればそれでおしまい。

795 :オーバーテクナナシー:2006/11/28(火) 20:29:43 ID:WGUFidZD
一応、核が頭部に有るらしい。ぶち抜かれたら終わりだが装甲付き。
ユパ様がどういう経緯で知ったのかは謎。

796 :オーバーテクナナシー:2006/11/28(火) 21:50:19 ID:VvHO0iW1
核の崩壊で溶ける割にはちぎれた腕が溶けないとか謎が多い生物だけどな、あれ。

797 :オーバーテクナナシー:2006/11/29(水) 18:17:02 ID:vq325oMQ
「ナウシカ」ネタの中で、ワームホール・ドライバまで持ち出したのは、悪ふざけしすぎた。ゴメン。

とりあえず、不死身で不老不死な人間を造ったとしたら
そこで進化が止まってしまうのか?
上限の無い進化が始まってしまうのか?
どちらにしろナウシカ世界とは違う話に成りそうで、別板に行くべきかもしれない。

ナウシカは、生きとし生けるもの全てを慈しむ者だから
戦争や不平等などを解決するのが物語りの方向性なのでしょうね。


798 :オーバーテクナナシー:2006/11/29(水) 18:37:56 ID:MQ5WIFf9
>>797
世代交代無しでどうやって進化するんだ。

799 :オーバーテクナナシー:2006/11/30(木) 20:47:20 ID:FSYBhcOH
「不死身で不老不死な人間」は、繁殖しない仕様で造ると決定するのか。
後々の問題を考えると、それが一番良いのだろうけど。

進化という言葉が嫌いなら「進歩」でもいい。
無限の時間が与えられたら
それ以上、進歩せず何もしないでノラリクラリと暮らすか
日進月歩で進歩を続けるか
思考実験するしか無いが、
ナウシカ世界とは無縁なネタでしょうね。


800 :オーバーテクナナシー:2006/11/30(木) 20:50:59 ID:dcq66A5D
平和な世界にはなるだろうけどな。
無理に今欲望をかなえなくてもいつかはかなうことがほぼ確実なわけだから。

でも好奇心とかが無くならない限り多少ゆっくりになるにせよ技術は進歩し続けるとは思うけどね

801 :オーバーテクナナシー:2006/11/30(木) 22:53:27 ID:EXTXVZoc
>>799
宇宙の終焉の頃に、知的生命体が生き残る術はあるかっていう思考実験で、
似たようなのがあるよ。
収縮に転じた宇宙でも、永久に膨張し続ける宇宙でもなんとかなるかもって話だ。
確かに、ナウシカの世界とは無縁だね、
地球再生のタイムスケールは恒星年齢ほど大きくないみたいだし。

802 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 00:55:43 ID:CNrNEpM0
ナウシカのスケールでは千年万年、地球生物の危機と思われる海の喪失は数億年

803 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 00:58:58 ID:WpRU1qN0
数億年たったら人間は間違いなくまるで違う見た目になってると思うが

804 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 06:52:12 ID:Oh0GMqvD
blackcycのEXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜
↑ナウシカのようなお話しですた。

805 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 15:46:33 ID:CNrNEpM0
ナウシカが蟲愛でる少女のような話なんでしょうが。

806 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 18:56:47 ID:Xt4giJts
トルメキアの蟲使いの蟲に、
秘石を探すために体を探られた時はナウシカも
「汚らわしい蟲」と呼んでいたような?

アレは現在でのゴキブリみたいに不快な虫だったのか、
所持品検査をされた事への怒りを相手に伝えるために「汚らわしい」と言ったのか。

一種類くらい、本当に嫌いな蟲が居ても構わないのだけどね。



807 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 22:43:04 ID:FQCe34go
あの蟲は墓を暴いて死体を這いずり貴金属を探す蟲だからな〜

いくらナウシカでも汚らわしいと思うかもね

808 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 23:10:31 ID:SW4pfju4
いや単純に人の命令により辱めを受けたからだよ。

蟲の意思でよって来るのは汚らわしくない。

809 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 00:10:52 ID:p4ZC1kQp
結局、青き人ってどういう存在なんだ?

810 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 17:28:44 ID:U96BlchU
ぶっちゃけ 「世紀末救世主伝説」

811 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 18:49:00 ID:BAPvW7d0
予言が、
未来に起き得る現象を想定して「旧人類」が残したモノなのか
腐海周辺に生きる者が「希望」を持つために自分達で創作したモノか
本物の超常能力者が「予知」して伝えたのかは
謎のまま?

原作とアニメでは予言の全文が微妙に違っていた。

812 :オーバーテクナナシー:2006/12/06(水) 23:05:38 ID:xWJCvBkw
レス止まってるじゃまいか。

アニメだとナウシカ=青き衣(救世主)
原作=過去にいた人

813 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 20:50:30 ID:q2y3tSc9
ナノテクが進歩すると、毒のようになる。
おそらくフラーレンの数倍も有害な微粒子とか、
強烈な異常プリオンで出来た微生物なんてのが
腐海の生物になるかもな。


814 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 22:56:59 ID:YK9HguLl
そうね。
CNTも、第二の石綿って呼ばれているくらいですものね。

フラーレンが有害ってデータ、ありましたっけ。
抗酸化作用があるとか、酸素ラジカル(活性酸素ね)の発生を抑えるって化粧品に競って配合されてますの。
たしかに今までなかった分子ですから、広い視点で充分な安全評価をしてみるべきですわね。
マウスに長期間摂取させてみるとか、てい毛したマウスに塗布してみるとかも必要ですし。

815 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 23:44:44 ID:f+/5uAQw
>>812
原作でも、ナウシカも青き衣になってる。

816 :オーバーテクナナシー:2006/12/10(日) 04:43:15 ID:kV4dClC4
ちと、思うんだが人間を毒の世界対応に作り替えることできるのなら
別に数千年かけて浄化する意味なくね?
腐海とか作らず、清らかな毒に対応した新人を作ればいいのよ
愚かな旧人は勝手に死ぬし

817 :オーバーテクナナシー:2006/12/12(火) 05:08:06 ID:duWhO7rx
>>816
毒の世界に適応した人間を想像してみたら
『漂流教室』でキノコを喰った連中の姿を思い出してしまった。

毒々しい環境ではニンゲンを哺乳類のままで生活させるのは難しいかもしれない。
昆虫型とかにデザインを変えてしまったら
新「人類」とは呼びにくいでしょう。


818 :オーバーテクナナシー:2006/12/13(水) 04:30:54 ID:az4y/mgd
ナウシカが清浄な空気でも大丈夫なように処置されてたけど
あんなハーブ風呂でOKなのか?

819 :オーバーテクナナシー:2006/12/16(土) 22:00:51 ID:egX3tAet
墓所が王蟲と同じ青い血が流れているなら伝承の青い人とは普通に考えて墓所の事では?

820 :オーバーテクナナシー:2006/12/17(日) 04:17:02 ID:EdsSPyMG
「ナノ物質は通常の物質とまったく異なる働きをすることから、
その原理を理解するために我々はすべてを初めからからやり直しています。」と
Wiederrect氏は述べています。

821 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 03:35:10 ID:yBNgpvB8
だから何_?

822 :オーバーテクナナシー:2007/01/06(土) 20:18:52 ID:zOAhzniX
>>812
原作のように
傷付いた王蟲を助けた人物が出現して、王蟲の血を浴びて服が青くなり
その後、感謝されて金色の触手で持ち上げられる
という状況なら、予測なり予言なり出来そう。

しかし、アニメ版みたいに
傷ついた王蟲の子供を助けに来た集団が
子供も、助けた人間も同時に蹴散らすのは
予想ガイ。

怒りに我を忘れての行動で、全てを破壊するつもりなら
現場に居たトルメキア軍も谷の人々も踏み潰しておくべきだし。
(王蟲に害を加える存在を全て攻撃する、というのは生物の行動としては許せる)

重傷を負ったナウシカを治療する程の力と「知性」が有ったのなら
最初からナウシカだけは傷付けないように行動するのが普通だし。

823 :オーバーテクナナシー:2007/01/09(火) 13:08:04 ID:HOQw6kOM
>>818
風呂に入ったこと自体が処置とは言い切れない


229 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)