2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IQ200の人間が考える近未来の事業

1 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:07:27 ID:LNz9+9OL
頭良いと良い事業できるかな?

2 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:37:21 ID:iC2M+pYv
2ゲッターロボ ポイン


3 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:41:07 ID:iC2M+pYv
人工衛星そのものをナノ化して小さくして、放射光設備の中を
タキオンの速さで走らせます。
マイスナー効果で遊園地の遊具を全て浮かせてありえない動きを
させるビジネス。

4 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:50:08 ID:iC2M+pYv
透明な鉄が開発されて、シースルーのビルを建てるのがはやる。

5 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:51:41 ID:iC2M+pYv
プラズマを加工して、駄菓子をつくります。(プラズマで加工するのではなく、
プラズマ自身を食べれるようにする。

6 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 09:53:02 ID:iC2M+pYv
インドとか中国とかポルノがあまり解禁されて無い国に出向いて
首脳とはなしあってポルノを解禁するようにする仕事

7 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 10:08:33 ID:iC2M+pYv
雪の祭典で彫刻作ったりするのが、一面全部ドライアイスで
ドライアイスで作ったドラ焼き食べるドラえもんの像などが
全部ドライアイスでできてる。(液体窒素でできたのこぎりで
削ってゆく。)宇宙服着ながら作業

8 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 10:11:11 ID:iC2M+pYv
ワームホールを利用して、高層ビル同士をくっつけてさらに
巨大化させる事業。マンション同士家同士もどんどん壁を
とりはらって(GTOのように)すべての住居が横につながるように
する事業。

9 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 10:15:58 ID:iC2M+pYv
塩の結晶ができる過程がピラミッドのできる過程に似てる
ことに注目して、現象を数式化して、自動建築ロボットに
くみこんで、世界初完全自動機械化でピラミッド建築

10 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 10:22:21 ID:LNz9+9OL
液体を無限増殖できる薬品を開発して、日本を世界有数の産油国にする事業

11 :オーバーテクナナシー:2006/04/14(金) 13:30:11 ID:vVoZEV41
ごはん粒に般若心経を書くロボットを大量生産し、
すべての米粒にお経入りで5,000円/10kgで販売する。
一昔前には考えられなかった画期的事業。

12 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 14:15:05 ID:utGZrsXW
ごはん粒に般若心経を書く達人を訓練教育し、
すべての米粒にお経入りで5,000円/10kgで仕事する。
一昔前には考えられなかった画期的事業。

13 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 15:21:04 ID:a3DNLV3d
ごはん粒に萌えフィギアを彫るロボットを生産し
すべての米粒が萌えフィギアで5,000円/10kgで販売する。
一昔前には考えられなかった画期的事業。


14 :aniotasan ◆RtFjHNfLK6 :2006/04/17(月) 17:24:45 ID:hQyuR7SI
>>1
160しか無かった、今もっと落ちてる私をばかにしてやがるんだな!?テラウザス

15 :オーバーテクナナシー:2006/04/17(月) 18:30:19 ID:utGZrsXW
ごはん粒に萌えフィギアを彫る達人を訓練し
すべての米粒が萌えフィギアを5,000円/10kgで仕事する。
一昔前には考えられなかった画期的事業。

16 :オーバーテクナナシー:2006/04/18(火) 03:21:17 ID:/pgInajR
IQ200の>>15さんにぜひ
「すべての米粒が萌えフィギア」を5,000円/10kgで仕事をしてもらいたい。




17 :オーバーテクナナシー:2006/04/18(火) 21:44:45 ID:tVx+W6wi
東大卒って頭いいの?
すばらしい事した人いる?

18 :オーバーテクナナシー:2006/04/22(土) 12:56:52 ID:kABErzwA
東大卒の奴がIQ高いかどうかは知らないが、
俺らより努力することを知っている人種だろう。

19 :オーバーテクナナシー:2006/04/24(月) 07:41:44 ID:74ALkU90
IQが高いほどオナニーの回数が多い。

理由はIQが高いほど女は男に魅力を感じない。

男は理屈ではない。行動だ。!

もてない香具師は必死すぎw

20 :オーバーテクナナシー:2006/04/25(火) 13:20:49 ID:3uqH2wDm
前頭葉をカードリッジ化して、自由に他の身体へ。
女の身体に移って、あれこれ試したい。

21 :オーバーテクナナシー:2006/04/25(火) 13:27:09 ID:FG/MJoPh
http://www.doubleh.fr/audio/?pic2d/src/viploader2d33795.zip.html


22 :オーバーテクナナシー:2006/05/01(月) 00:43:33 ID:w4e/K0v7
山崎剛明は狂った二次元コンプレックス

23 :オーバーテクナナシー:2006/11/28(火) 17:04:17 ID:wVXBL0tu
最初は数人の優秀な人だけの国
極めて優れた者だけが、この国に移住できる
世界各国から天才を寄せ集める。人類の未来のために天才を集めよう
産まれる前からも教育が実施され、幼児から天才作りが完璧
優秀な国民たちにネットワークが張りめぐらされ、情報が飛び交い、蓄積される
コンピューターは補助知能。いかなる知りたい事も、直ちに表示される
国全体が一大研究所。国民ほとんどノーベル賞候補者
ノーベル賞はこの国の人が独占
研究設備は世界最先端のものが完備
 天才が工夫して、最先端のそのまた先の機器が並ぶ
10才でほとんどが大学院卒業。それ以後、ノーベル賞受賞級の研究に没頭
IQ180以下は知的障害者とされ、外国へ移住する
 外国では、IQ180の人は極めて優秀だから喜んで受け入れる
能力の劣る夫婦は断種手術され、天才児を優先的に養子にできる
工場ゼロ、農漁業ゼロ。全て輸入。輸出するものは知恵だけ
 工場無く、農業も無いから、地上は動植物の楽園

IQ500の超天才が遺伝子操作により出現
百科辞典、特許公報は全て丸暗記
超天才が画期的発明を次々と成し、特許料で最新研究所が次々と建てられる
遺伝子操作で、IQ500の天才クローンが大量生産される
世界は超天才たちが全てを取り仕切る
超天才達は次のような発明をした
 超コンピューター  人間頭脳を越える究極のコンピューター
 超ロボット     人間の代わりに働く頭の良いロボット
 超効率的太陽光発電 太陽光発電の完全実用化
 ナノロボット 細胞よりも小さいロボットで、壊れたDNAや細胞を修復
 体の取り替え    体のスペアを作り、今までの古い体と取り替え不老長寿
 食物大量生産装置  食物を自動的に大量生産され、地上は動植物の楽園になる
 神の心になる薬   いかなる悪人も飲むと善の心で満たされ悟りを開く
 恒久平和システム  世界を永久に平和にさせるための方法

24 :スーパ-グレートヒッキー ◆LMll/5hoIQ :2006/11/28(火) 20:27:01 ID:C0Wg4ztL
IQ、999999999999999999999999999の俺に質問あるかね?

25 :オーバーテクナナシー:2006/11/29(水) 08:18:08 ID:C45JI0RG
私のIQは53万です。

26 :オーバーテクナナシー:2006/11/30(木) 21:52:30 ID:QZQnvF9p
質問など無い。俺はすべてを知っている。

27 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 12:16:53 ID:9gRL2oa4
>>24-25-26
多分IQ低いです。

28 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 21:36:03 ID:29hDjkhj
横浜のヤクザ林一家林組は、経営しているカラオケ屋バンガーローハウス中華街店で、
カラオケをしている時に機械を使い脳に電波ではいり、人をもて遊んでいる
だれにもばれないとおもってやりたい放題。そして気づかれないように思考盗聴、自殺、突然死、、マインドコントロール、誰かをずっと好きにさせるなど。
痛みやいやがらせや声を聞かせることもできる。

29 :オーバーテクナナシー:2006/12/01(金) 22:17:57 ID:arF6U8D7
>>27
普段、難しいことばかりやっていると、旧皮質がストレスを起こす。
ふざけて書いたのは旧皮質の氾濫を防ぐため。

30 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 02:36:12 ID:4R6fcMW+
IQ200ってあるのか、いや、統計学的にはあるのかもしれんが,

俺はたかがIQ125、ただの凡人、帝院出たあげく、使い回されて
どうしようかと。
>>29
ゴチャゴチャ言う前に、簡単名な問題を解決しろ、カス。

31 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 15:26:47 ID:O/uW2UuC
トリイ・ヘイデンの「シーラという子」に、
IQ180以上の子供の実話があるが、実際普通の人間とどう違うのか
わからん。
まあ、シーラは、ひどい虐待を受けていた特殊な例かもしれんが。

32 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 16:29:01 ID:DNFhrqRV
テレポートは無理でも、
他人の記憶と自分の記憶を完全に交換して
海外とかに行った気分になる。
意味はない。

33 :Kひげ:2006/12/02(土) 17:22:02 ID:fdrJ0Ea3
虐待を受け、存在の危険にさらされると、知能が上がるのかもしれない
IQ240の子供も、成績が悪いと殺されると言う、幻想で、必死に
勉強したと言っていた。
死ぬほどの恐怖は、知能を飛躍的に上げる、のか〜〜も。

34 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 17:34:35 ID:dBKfvzvM
>>33
そりゃ殺すといわれりゃぁだれでもするわ

35 :オーバーテクナナシー:2006/12/02(土) 18:31:36 ID:QElGeX/a
俺はIQ147。
IQ200の人ってどんな感じなんだろう。パッと見は普通の人なのかな…

36 :Kひげ:2006/12/02(土) 19:56:58 ID:fdrJ0Ea3
生意気なことを、でかい面でのたまうやつは、たいていIQが高いから
ますます頭にくる、きみの周りの生意気なやつを捜してごらん、そいついだよ。

37 :Kひげ:2006/12/02(土) 20:00:18 ID:fdrJ0Ea3
注意、全てではない、生意気な馬鹿もいるので。

38 :オーバーテクナナシー:2006/12/04(月) 13:24:22 ID:SgK8maVR
IQが高ければ頭よく見えるとは限らない

39 :オーバーテクナナシー:2006/12/04(月) 15:18:49 ID:kvT+AY4w
>>35
日本で3番目(だったかな?)にIQの高い人間は、今高校中退ニートになってるって話を聞いたことある。
周りから異星人みたいな扱いされてコミュニケーション不全になったとか。

40 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 01:54:18 ID:iT2TYr2s
そもそもIQなんてのは年齢によって変わるわけだ
3歳時で16歳くらいの頭脳があれば
200を超えるぐらいなので
IQの高さがいい事業を行えるとは限らない

そういう意味で、サイバイマン(ドラゴそボール)
あたりはIQ300万はゆうに超えてるけどね

そいつあたりに頼めばいいんじゃにあい??ww


41 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 04:38:37 ID:S8P1/IO5
人工ブラックホールを用いた新技術の開拓

来年ラージハドロンコライダーで人工ブラックホールを作る実験をやるけど、
そのデータをかき集めて、
人工マイクロブラックホール百万個ぐらいを材料にして、
何か凄い構造を持ったものを作ってしまう人が現れたりしたら、
誰もが天才だと認めるんじゃないかな。

人工ブラックホール百万個で作られた○○○なんてものは、
世界には存在しないと誰もが思っているから、
やる人が現れればびっくり仰天だね。

小さなブラックホールはすぐにエネルギーが抜けて蒸発して無くなるから、
まず、エネルギーを与えて消えないようにする必要があるのかなぁ。

42 :ジョブ:2006/12/07(木) 05:21:45 ID:5jQPQo0C
IQ高かったら、株とか強そう。
株で儲かったら、真面目に働く気なくしそうだな。

頭いいなら、社会に役立つものを作ってほしいな。
あるいは、統一理論を完成させてほしい。

43 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 05:22:26 ID:S8P1/IO5
宗教と科学を矛盾なく統一する新しい世界観を創造する。

これって生命構造主義を唱える構造生物学者や
群論を駆使して神というシンボルの正体が何かを語れる文化人類学者なら
普通に出来ることだから、あんまりIQは必要ないのかな。

一応、神の正体は、仮想上の象徴的な人格のイメージを用いた人類特有の抽象的な思考様式で、
遺伝子情報系が数十億年かけて蓄積してきた生得的真理が、
元型(ユングが指摘した集合的無意識のこと)として存在することを内観を通して悟り、
擬人化して意識上でイメージして情報を処理するシステムに他ならないことを明らかにして、
宗教と科学を矛盾なく統一する世界観を構築できることや、
この世界観を一般に広めるアプローチ方法を公開してあるのに、
誰も宗教と科学を統一する人類史に残る大事業に取り掛かろうとはしないね。

この事業の結果、科学技術文明と矛盾しない新しい潤いのある精神文化の創造が可能になり、
人類はもっと生き甲斐を感じられる、優れたライフスタイルを手に出来るだろう。

自殺者急増の不毛な物質文明なんか、ゴミ箱に捨てるべきだが、
そのことを人々に教え広める精神的指導者が現れないのが残念だね。
思想家というと危険な存在と思われがちな今日、
本当に優れた精神文化を作れる人物が台頭しにくくなっているのかもしれない。

44 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 05:23:31 ID:S8P1/IO5
宗教と科学を矛盾なく統一できることに気が付いて、独自の理論を組み立てたが、
こういう研究にはIQはさほど必要ない。
むしろ、従来の常識的な発想を捨てて奇想天外な方向から物事を解釈する、
たとえば、アインシュタインやエジソンのような頭脳が必要となる。

学校でのアインシュタインの成績はものすごく悪いものだった。
頭が悪い不真面目な学生のレッテルを貼られていたらしく、
大学を卒業しても、研究者としての就職の口は一つもなく、路頭に迷いそうな状況だった。
そんなアインシュタインは、はっきり言ってIQはかなり低いと思う。
常識的な発想をしない柔軟な頭脳を持っていたから、あそこまで評価を受けた。

生後脳細胞がアポトーシスを起こして大量死する時期に、
脳細胞が適当まで減少せずに多く残ってしまう、特殊な遺伝子を抱えていると、
普通の人より脳細胞の数が多い状態を、生後長期間キープすることになるらしい。
じつはこれは、脳が情報処理を行うときには、メリットよりデメリットとして働くことのほうが多い。
人より脳細胞が多いと、情報の整理が出来ないから、頭の回転を観察すると、凄く鈍く見える。
なかなか情報の整理が付かないから、物覚えも凄く悪い人のように見えてしまう。

頭の回転が悪く物覚えも悪いわけだが、人とは脳の電気配線が構造的に違うため、
とんでもない物事をとんでもないものとくっつけて考えるのは得意で、
奇想天外な発想で、あっと驚く研究や発明をすることが出来るのがメリットだ。
エジソンなどは、小学校1年生で学校から追い出されてしまうほど、
周囲から見ると凄く頭が悪い変な子だったらしい。
こういう、馬や鹿と天才は紙一重と言われるタイプの人々は、
通常のIQを測定する方法では、凄く頭が悪い人と判定されてしまうため、網にかからない。

宗教と科学を矛盾なく統一する理論なんてものは、
このタイプの脳を持ってないと作れなかったわけだけど、その普及には普通にIQが良い人物が必要だ。

45 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 05:29:23 ID:S8P1/IO5
つまり、変な発想や言動をする、
馬や鹿と天才は紙一重と思われているタイプの人は、
精神文化を普及する活動には向いていない。

万人から頭が良いと信頼されるIQが高い人でないとものの役に立たない。

46 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 11:18:42 ID:eCgLXa5U
>>43-44
とりあえず、女神転生をやれ

47 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 12:59:48 ID:P3gFAlpp
IQ200↑の人物をテレビ等でみたけど勉強するには便利だね
一度読んだ本の内容忘れないし、理解できるらしい
だから6カ国後とか覚えれたりするし、8歳で東大↑のレベルの大学教科書を理解できる
でもね、いきなり難しい分野を理解できるわけではなく簡単な部分から
勉強していかないと流石に理解はできないらしい
数学とかも基本が解らないと次に進めなかったりするじゃない、あの辺りは
一般人と同じみたいよ

48 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 13:04:15 ID:bmnRNlYM
劣等民族の駆除

49 :俺のIQは90:2006/12/07(木) 15:57:54 ID:XVzRQc56
地方の二流大を卒業してそのまま就職、何をしてもうまくいったためしがないorz

50 :オーバーテクナナシー:2006/12/07(木) 17:18:02 ID:1fXfSzKa
>>44
アインシュタインのIQは173で決して低知能ではありません。
アインシュタインはアスペルガーなので頭脳の発達に偏りがあり、
劣っている部分を見ればどうしょうもない人間なのでしょう。
軽いアスペルガーの人には他にビル・ゲイツなどがあり、やり方さえ良ければ非常な才能を発揮する。
コンピューター技術者の25%はアスペルガーだそうです。

51 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 02:46:31 ID:M6yGqeWB
アスパラガス?

52 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 10:50:23 ID:m82+0B3j
IQ200っていう数値がそもそもほとんど不可能と思われ。
160位にしとけ。

53 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 14:25:08 ID:sm4ZkbFs
アインシュタインはアスペルガー症候群(高機能自閉症)ではないと思いますよ。

コミュニケーションに障害があって、他人のジョークなどが理解出来ない人が多いようですが、
アインシュタインは機知に飛んでいて、ジョーク好きで有名な人でした。

アインシュタインが初めて教壇に立った頃、
ひとりの学生が彼を侮って、わざと机をガタガタいわせて騒音を立てていたら、
「そのうるさい音を出しているのは君なのか机なのか答えなさい」といった返答に困る質問をして、
たった一言で相手を黙らせてしまったそうです。

アスペルガー症候群の人は、このようなケースでは、
何で騒音を立てるのか相手の意図が分からずに、
注意しようかどうしようか、じっと黙って考えこんでしまうことが多いので、
この種の問題をなかなか解決することが出来ないものです。

54 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 14:57:29 ID:sm4ZkbFs
それから、IQでは、正確に人の知的能力を測定することは出来ません。
IQテストは定型的な質問に対し、時間内に如何に多く答えられるかの
反応速度を計っているだけだからです。

はいはいから立ち上がるまでの期間が短い子と長い子がいた場合、
どちらがスポーツ選手として将来活躍出来る可能性が高いかと質問されれば、
私は、一般的に長い子のほうが可能性はあると答えます。

早く学習を終えることが出来る子は、先に進むのが早いと思いますが、
それだけ試行錯誤の経験を積まないで済ませてしまうため、応用が利かないことが多いのです。
学習が遅い子のほうが、大器晩成で、
最終的に到達できるスキルレベルは、遥かに上になることが多いのです。

早く学習出来る子は、脳の中身がシンプルで単純で単細胞ってとになり、
学習が遅い子は、それだけ脳の中身が複雑でややこしくて、学習が難しいのです。

どちらがIQが高いと評価されるかといえば、
脳の中身がシンプルで知能が低く、
定型的な質問に対して素早く答えを見つけられる人のほうです。
本当に知能が高い、脳の中身が複雑で、一筋縄ではいかないタイプの人は、
分かりきった質問に対しても、あれやこれやとさまざまな可能性を考えて、
夢想に耽ってしまうので、回答時間が異様に長くなり、IQがきわめて低いと判定されます。

ただの発達障害と、脳の中身が複雑でややこしいため、学習が非常に遅れてしまうケースは、
まったく別のものなのに、混同されることが多いようですね。

天才的頭脳を持った子を探していますが、
IQテストで極端に成績が悪く、他の幾つかのテスト方法で凄く成績が良い子に目星を付けては、
積極的に面接するようにしています。

55 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 14:58:34 ID:sm4ZkbFs
IQで選ばれた困ったさんが、全世界を動かそうとすると
とんでもないことになってしまう典型的なケースは
下のリンク先の記事で明らかなのではないでしょうか。

ttp://www.geo-yokoi.co.jp/Seiron_Kokusai/Rice.htm

56 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 14:59:14 ID:sm4ZkbFs
IQが200もある人は、会話をしてみると、明らかに普通の人と違っています。
非常に単純明快で、あまりにも読みの底が浅すぎて、
箸にも棒にもかからない簡単な日常会話しか出来ないことが多いものです。
知的障害の一種ではないかと思えてくることすらあります。

57 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 15:00:47 ID:sm4ZkbFs
ビルゲイツさんがアスペルガーかどうかは知りませんが、
本当に天才的頭脳を持っている方なら、もっと数学が出来たと思うし、
数理的な処理がちゃんと出来る、性能の良いパソコンを作ったと思います。

はっきり言って、Windowsは基本設計があまりにも悪すぎます。

また、数式すらまともに表記できない情報処理システムなんて、
私が育った環境ではとても考えられないことだし、
中学生レベルの基礎教養と、普通人の知的能力しかない、
コンピューターの素人が作った、
稚拙でまるで実用にならない情報処理システムとしか見えません。

58 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 18:54:37 ID:v24+2Ofc
>>55
アメリカはIQ91のブッシュが動かしているので、高知能のライスが問題なのではなく、
すべての決定権のあるブッシュなのではないでしょうか。
ライス大統領であった場合はもっと違った結果が出ていたように思います。
>>56
高知能者はわれわれと違ってあらゆることを考慮に入れている。
高知能者が考えることは一般の人の考えることとはまるで違った世界であるので、
一般の人は理解できないので、高知能者がバカのように感ずるのでしょうか。
>>57
ウィンドウズはマイクロソフトの研究員が考えたものでビルゲイツのみが考えたものではありません。

59 :Kひげ:2006/12/08(金) 19:45:20 ID:LOJbj2ik
<ウィンドウズはマイクロソフトの研究員>
アップルのマックをまねたもの、マックは
スチーブジョブスがベル研究所から
カッパラッタもの。

60 :オーバーテクナナシー:2006/12/08(金) 20:43:38 ID:m82+0B3j
>>57
情報科学やコンピュータの歴史等、もう一度勉強しなおすことを強くお勧めする。

61 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 02:42:01 ID:HYKeoRmm
>>58 リンク先の記事ぐらい読んでからコメントしましょう。
どうやらライスさんは、典型的なIQ200の人が持つ欠点を抱えているみたいですよ。

彼女のコメントは、テレビで見てても余りにも単純で、危なっかしくて見ていられませんね。
よく出てくるキーワードに、「邪悪な」という言葉があります。
映画の世界ではない、現実の国際政治の舞台に、正義と悪の対立などあろうはずがないのに、
それを躊躇なく口にするところに、彼女が持っている世界観の単純さが、よく現れていると思います。

イラクに大量破壊兵器があるというのは、とんでもない間違った憶測に過ぎないし、
フセイン大統領を倒して、アメリカ型の民主主義を押し売りすれば、
アメリカ人はイラク人から歓迎されるなんて、現実離れしたありえない夢想にすぎないし、
アメリカにいる亡命者を帰国させて暫定政権を作れば、親米政権が出来て治安が安定するなんて、
あまりにも中東情勢を知らず、読みの底が浅すぎます。

もちろん、全部読み間違えていて、答えはオール0点。
巻き込まれた多くの人々が、不幸になって迷惑しているみたいですね。

これは、ブッシュさんの読み違いではなく、軍師役のライスさんの責任だと思います。
中東の民族の歴史・伝統・文化について、理解能力が決定的に欠落している印象を受けます。
善と悪の単純な対立の構図しか頭の中に描けず、現実の世界情勢を読みきれない底の浅さに、
IQ200の人が持つ欠点が、如実に現れていると感じます。

62 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 02:42:35 ID:HYKeoRmm
私はIQが高いとされる方と何人も面接して、採用するかどうか判断を迫られましたが、
答えを出すまでの時間が短すぎ、思考の過程があまりにも単純明快すぎて、浅はかな印象で、
現実の課題を解決する知的能力が著しく低いことを理由に、採用しないことがほとんどでした。

IQが知能を計る尺度として適当でないことは、専門家の間ではよく知られていて、
どの大学はIQで合否を決定していないし、
ほとんどの企業はIQテストで採用するかどうかを判断していないのが現実です。

IQ神話がとっくの昔に崩壊して終わっていることを知らないで、
IQが高い人は高知能者だなどと、著しく勘違いしたコメント付けてしまうのは、
この分野の実情をまったく知らない素人さんだけです。

63 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 02:43:54 ID:HYKeoRmm
どうやら、OSの基本設計とは何かについて、
初歩的なことすらよく知らない素人さんのコメントが付いているようですね。
Windowsは基本設計があまりにも悪すぎると書きましたが、
その多くは、MS-DOS時代から引きずっている、悪しき伝統的慣習によるものです。

オペレーティングシステムを、
MS-DOS時代から引きずっている、ファイル管理うんたらたといった、
低レベルのOSの概念でしか語れないようでは、以降の私の話についてくることは不可能ですよ。

Windowsは、マンマシンインターフェイス環境を最適化する理論の初歩を知らない
まったくの素人さんが作ったOSとしか思えません。
そのため、今でも80年代のコンピュータのような印象を受けて、
21世紀の最新の情報処理システムから見ると、あまりにもかけ離れた時代錯誤を感じます。

世界中にはいろんな文化や学問があることを、基礎教養として知っている人なら、
こんなパソコンの仕様にはせずに、トロンOSのような、もっと多くの文字が使える、
ファイル管理やセキュリティーももっときちんとした、
自由度もはるかに高いものを構想したことでしょう。

64 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 02:45:01 ID:HYKeoRmm
どうして、関数の式をテキストとして書いて、その式に数値を放り込んで、
計算させることが出来る機能が、標準でサポートされていないのでしょう。
学術的な研究用に使おうという視点からは、まったく設計されていませんね。

プログラミングと通常の操作の境界を無くした操作環境を提供することだって出来るはずです。

そういった創造的な発想が欠けたまま、何十年も悪しき伝統的慣習から抜け出せないでいるのは、
知能が低い人に率いられた集団だからではないかと感じてしまうのです。

もしも、トップが発明家タイプの奇想天外な発想をする頭の良い方だったならば、
もっといろんなバリエーションの操作環境が実現出来るように
自由度の高い設定をしていることでしょう。
現に、身障者用のパソコンのOSには、そういうものが何種類もあります。

IQは低くてもかまわないから、知能が高い方に市販のパソコンのOSを設計してもらいたいですね。

65 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 09:19:42 ID:khLZ0lb5
>>64
質問です。IQとあなたの言う【知能】、普通レベルというのを除いて単純に考えると、4種類の人が存在すると思います。
IQ高かつ【知能】高
IQ高かつ【知能】低
IQ低かつ【知能】高
IQ低かつ【知能】低

IQと【知能】の相関は、ほとんど無いとお考えでしょうか?
それとも有る程度は有りそうですか?

66 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 16:50:06 ID:HYKeoRmm
>>65
人間の知的能力にはさまざまなものがあるため、一つの尺度で測ることは不可能です。
また、一つの尺度との相関だけを考えるのも適切ではないと思います。

一人の人間の頭の中では、さまざまな思考が自律生成されて飛び交っていますが、
その全てを意識上にピックアップして、意識的な行動へと結び付けることが出来るわけではありません。
普段の生活の中では、意識上に表出せず、無意識の世界に置き去りにされている思考が、
あるとき突然意識上に浮上して来ることもあります。

このように、人間の知的能力は、非常に不安定な危ういものです。

特殊な精神状態に移行させて、水面下の思考をピックアップしやすくすると
非常に高い知能を示すが、普段はそんなに頭が良いように見えない人もいます。
意識の水面下では天才的なのに、普段の日常生活では表面上は愚かにしか見えない人の場合、
いちがいに知能が高いとも低いとも判定することができません。

しかも、一般の現代人は、人間の知的能力を科学的視点からの理性を用いた論理的思考力として、
認識しようとしますが、
じつは、このような知的能力は好ましくない結果を招くものだということが分かってきています。

科学的な考察によって生まれる思考のほかに、
生得的真理から自己組織化されて想起される思考があり、
生得的真理から生成される思考のほうが、実生活上は重要な意味を持っているのです。

このテーマについては、下のスレッドを参照してください。

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1030358577/210-231

西洋型の形式論理的思考様式を用いた、知的生命維持活動に対する、
私達の評価は非常に低いものになっています。

67 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 16:50:53 ID:HYKeoRmm
モグラの穴のような構造の迷路を脱出する知的能力は、人間よりもネズミのほうが上です。
これは、ネズミの脳の機能は、この課題を解決することが出来るように最適化されていますが、
人間は複雑な構造の穴の奥深くで生活するように、脳が作られていないからです。

そして、男性は屋外で活動するのに適した、地形認識能力などが発達しているのに対して、
女性は、家の中の物を整理整頓するのに適した脳の機能が発達しているなど、
明らかに分業生活のための脳の機能の性差も認められます。

このように、与えられた課題によっても、知的能力は違ってくるため、
一般向けの、普遍的尺度の設定や、知能の計測方法の設定は、かなり難しいと思います。

ただし、人工知能のようなものは、性能を判断する幾つかの指標が設けられていて、
賢くなったかどうか、確認するテストで使われています。

思考を自己組織化する生成機能を測定する指標と書いても、一般の方は理解出来ないと思うので、
これ以上の説明は御容赦ください。

68 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 16:53:35 ID:HYKeoRmm
>>66で触れた、無意識の世界に抑圧された思考を、意識上に顕現するには、
夜見た夢を分析する方法があることを、フロイトやユングが発見しています。

http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1030358577/210-231で私が解説した、
生得的真理は、精神の中に擬人化された元型(集合的無意識の世界の存在)、
すなわち仮想上のマナ人格である、アニマといったものとして自律的に想起されます。

こういった内的存在が、人間の思考を紡ぎだしているものの正体なのですが、
生成される思考を明確に意識上にピックアップするためには、
元型から生成された象徴的なマナ人格そのものと、自分自身が一体化するのが一番です。

生得的真理を擬人化したシンボルであるマナ人格と自分自身を重ね合わせて一体化する
特殊な心理技法と思考モードと言っても、一般の素人の方はピンとこないと思いますが、
じつはこの技術の大衆教育の普及率は非常に高くなっています。

たとえば、子供向けの漫画やアニメで、仮想のヒーローへと主人公が変身しますよね。
愛の化身だとか正義の化身だとか、そういった仮想の象徴的なキャラクターと、
自分自身を一体化させて、難題を解決することがテーマとなった御伽噺が沢山存在します。

それらの変身という魔法は、無意味で無価値なただの作り話などではありません。

生得的真理を擬人化して表現した仮想の人格と、自分の心を合体させて一つにすることで、
普段は意識上にピックアップ出来ない思考を、意識上に生成表出させることが出来る、
特殊な思考モードへと移行する、心理的な技法を描いたものなのです。

69 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 16:58:51 ID:HYKeoRmm
アニマのような元型から生成想起される象徴的なマナ人格と、自分の心を一つにする現象を、
昔の迷信深い人々は、憑依(ポゼッション)現象として知っていました。

ポゼッションの心理技法がなぜ存在するのかを、正しく科学的な視点から解明して、
実用的な心理操作の技法へと発展させることが出来たのは、
人工知能開発の過程を通して、
人間の脳の知的情報処理システムのメカニズム群の動作を、詳細に観察した結果です。

人間は、マナ人格が憑依した状態になったとき、
普段とは次元が違う、別人のような知的能力を発揮して、課題を解決します。
それは、子供向けの漫画やアニメで、仮想のヒーローへと主人公が変身して、
難題を解決するさまにも似ています。

生命構造主義畑の研究者達は、
生得的真理の化身と自らを一体化させた、知能が高い特殊な思考モードのことを
超人脳モードと呼んでいます。

無意識の世界に抑圧された思考を、意識上に効率よくピックアップして活用する、
超思考モードでの、人の知能を測定しないと、本当のその人の知的能力は分からないともいえます。

シンボリッカー・フォーミューラー・オペレーション・テクノロジーの中でも、
ポゼッションという心の科学の魔法の技術は、非常に重要なものであり、
21世紀の新しい心の潤いが得られる精神文化の、メインディッシュの一つと考えられています。

70 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 17:00:10 ID:HYKeoRmm
昔の迷信深い宗教家達は、ポゼッション現象を体験しても、
それが何を意味するのか科学的な視点から考察することが出来なかったので、
人があたかも神や仏になれるかのように説いたりしたことがあったようですが、
実際には、生得的真理の化身と一体化した思考モードに移行できるだけにすぎません。

それでも、普段より賢くなれるのは確かなようです。

ただ、邪悪な悪魔にとり憑かれるホラー系の御伽噺が存在することからも分かるように、
生得的真理の世界に存在するものの中には、使い方を誤ると非常に危険なものも潜んでいます。
そのため、知能を飛躍的にアップすることが可能なこの心理技法は、
慎重に管理する必要があり、私達の手で厳重に秘匿・管理されているのです。

法整備が整わない限り、ポゼッションの技法を一般公開することは不可能ですが、
一般の人々は、すでにアバターといった形で、仮想のキャラクターを運用することを知っていますね。
つまり、次世代の精神文化を創造するプロジェクトの一環として、
水面下で少しずつ、普及教育を進めている最中なのです。

71 :遊び人の玲さん:2006/12/09(土) 17:20:12 ID:HYKeoRmm
超人脳モードに移行した人間が、どのような知的能力を発揮するかは、
シンボリッカー・フォーミューラー・オペレーション・テクノロジーの
これまで解説した成果を見れば、誰の目にも明らかだと思います。

従来の科学知識と宗教の世界を融和させた、
21世紀の新しい豊かで潤いのある精神文化の創造を構想する大事業は、
たったIQ200程度の人の知力では考えることが不可能なものです。

皆で超人になろうよって呼びかけは、そのうちやるつもりなので、楽しみに待っていてください。

というより、ある日気が付いたら、象徴的人格が宿った魔法のカードを自在に使いこなして、
必要な生得的真理とリンクした超人脳モードに移行する技術を自然に身に付けていた、
という結果になるように、今後も着実に大衆教育を進めていこうと考えています。

生得的真理は生まれたときにすでに誰もが持っているものなので、
その正しい使い方に気付くだけでいい、というのが唯一普遍の真理です。

すでに持っているものを活用するだけなので、
科学知識のように、努力して勉強して賢くなる必要などまったくない知識の体系に属しています。

うちに入門して勉強して努力して修行すれば、超人脳モードに移行できるようになる、
なんて主張する怪しげな金儲け主義のペテン師が、今後現れる可能性もありますが、
真理に照らしてあり得ないことなので、あまり真に受けないほうがいいと思います。

もちろん、心理的なテクニックを身に付けて磨いていく必要はありますが、
無茶な修行や特訓をして、どうにかなるようなものではありませんからね。

72 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 18:17:50 ID:kCq7zB/y
↑荒らすな!!

73 :65:2006/12/09(土) 20:35:44 ID:khLZ0lb5
>>71
なかなか面白そうなことをやっていますね。
正直かなり羨ましい。
私も本格的な人工知能を開発するには、心理学等人間の情報処理の解明が必要と思います。

まあそれはおいておいて、ポゼッション状態になったとき、
日常と比べて、どれ位変わるものでしょうか。
それとも、質の変化であって、量的に表すことはできないものでしょうか。
それと4千年の歴史が有り、今50億も人間がいるにも関わらず、それを意図的に行う技術が自然に開発・蓄積されなかったのは何でなんでしょうね。

74 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 23:44:53 ID:3R75jEDj
IQ200超の天才兄妹を生んだ韓国式英才教育
全米を騒がせた天才兄妹

 IQは200を超えるため測定不可能。4歳で作曲、9歳で米国最年少の大学入学、
首席で卒業、12歳でシカゴ大医学部入学、新しいタンパク質を発見し特許取得…。
これが「天才少年の誕生」というニュースで全米を騒がせた15歳の少年、ショー・ヤノ君の
華麗なる経歴だ。そしてまたショー君の妹のサユリ・ヤノさん(10)も兄に劣らぬ天才なのだ。
サユリさんは今年9月、シカゴのトルーマン大に入学した。

 日本人の父と韓国人の母の間に生まれ、アメリカで育ったこの兄妹が、世界も驚く天才に
なったのは、母のチン・キョンヘさん(45)の「韓国式教育」によるものだ。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000020.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/26/20061126000021.html

矢野 祥 君 (MR. SHO YANO)
世界最年少の医学大学院生
http://www.odekake.us/index/brilliant_people11.htm

僕、9歳の大学生 父・母・本人、「常識」との戦い
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=30898186&introd_id=5m922ko99mGi36o4im16imXA62GX356i&pg_from=u
私はリトル・アインシュタインをこう育てた (単行本)
陳 慶恵 (著, 原著), 小川 昌代 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4331509567

75 :オーバーテクナナシー:2006/12/09(土) 23:45:30 ID:3R75jEDj
彼はピアノにおいてもショパンの再来と呼ばれる程の能力でいて

両親が祥君の才能に気付いたのは、ロサンゼルス郊外の幼稚園に通っていた4歳の時。
担任の先生が「この子にはフォトグラフィックメモリーがある」と知らせてきた。当時のIQは
200以上あったという。
祥君は英才児だけを集めた学校として知られる「マーマン・スクール」で3年間学んだ後、
昨年秋、父親の転勤でシカゴ郊外に引っ越した。この時に大学入試のための共通試験
「SAT」を受験し、1600点満点で1500点という驚異的な成績をあげた。
http://saki.2ch.net/kouri/kako/996/996246959.html


矢野祥&さゆり ピアノリサイタル
費用:無料 (軽食を用意してあります)
http://www.odekake.us/topic2005/pianorecital_yanosho.htm 

76 :オーバーテクナナシー:2006/12/12(火) 16:07:54 ID:AZWlpALd
228:サヴァント世界最高のIQ(女性、著述業に従事)
200〜220:シャロンストーン(200)、大前研一(216)
180〜200:村井秀夫(元オウム真理教幹部)(180)、クリントン(182)、ゲーテ(185)
160〜180;レジー・ジャクソン(大リーガー)(160)、シュワルツコフ司令官(170)、アインシュタイン(173)
140〜160:マドンナ(140)、ヒトラー(150)、岩崎ひろみ(154)
120〜140:平均的東大生(120)、ガリレオ(125)
100〜120:平均的白人(104)、平均的極東アジア人(110)、平均的ユダヤ人(115)、平均的日本人(115)、J・F・ケネディ(119)
〜100:山下清(68)、酒鬼薔薇聖斗(70)、ブッシュ父子(97,91)

アインシュタイン 173、ガリレオ 125
マドンナ 140、ゲーテ 185、大前研一 216
J・F・ケネディ(アメリカ元大統領) 119、東大生の平均 120
レジー・ジャクソン(アメリカ大リーガー)160
シャロン・ストーン(アメリカ女優) 200
シュワルツコフ司令官 170 湾岸戦争
ライス国務長官200

ブッシュ大統領のIQは91でブッシュ父の97と並んでアメリカ史上最も知能指数の低い大統領です
クリントン前大統領のIQは182でブッシュ大統領の丁度2倍でした

77 :オーバーテクナナシー:2006/12/12(火) 22:28:21 ID:SKmKDF/e
暗殺

78 :オーバーテクナナシー:2006/12/13(水) 13:28:43 ID:H6ziEqlB
知能についてちょいと知ったかぶった人工知能開発者なんぞがここにはいるようだが、
知能の定義すら知らんようだから教えてやる。

なにが超思考モードだ、笑わせるな。

知能は遺伝子座間の覇権争いの結果生まれたものだ。

つまり、知能はもともと生存競争の闘争をするためのものなのだよ。
他人を殺し自然を破壊し、自らの生存を危うくする人間の猿知恵は
覇権争いを繰り返している、
お前さんの言う真理を生み出す遺伝子様の産物に他ならんわけだ。
真理の中に、危ないものが潜んでいるから、技術を公表できないと自ら認めているが、
その背後に隠れている闇の正体がこれだ。

科学知識と宗教を統合する大事業?
んなもん統合できるわけないだろうが、ボケるんじゃねぇ。

せいぜい殺しあって、滅亡の道を歩むのがオチ。
ハナから運命が決まってるのに、希望を持たせることを書くのは罪なことだぜ。
定性進化の行き過ぎた種が滅びの道を歩むのは、自然の摂理だ。
人類の知能は発達しすぎた。

自然に帰るなど、60億の人類には不可能だよ。
滅びの道しかもはや残されていない。

IQ200超えてようが、この運命は変わらないぞ。
もしも、人類を救える知恵を出せる奴がいて、事業化出来ると言うなら、
超人脳モード、認めてやってもいいが、
豊かな潤いのある精神文化だの、甘ったるい平和ボケした言葉なんぞ並べてるヒヨコには
絶対に不可能だよな?

79 :遊び人の玲さん:2006/12/14(木) 20:16:56 ID:erXdT0e2
>>78
あっはっは。愉快愉快。なかなか骨のある人物の書き込みみたいだね。

でもねぇ、あなたは一つだけ大事なことを見落としているんじゃないかな?
私は論理的思考をしないことで有名な、凄く変な人物なんだが、
君は私が論理的にしか物を考えることが出来ない、普通の人と思い込んでいるのではないかな?
その部分で見誤っていると思うよ。

遺伝子座間の闘争、つまりは生存競争の結果をもとにして、
遺伝子情報系は生物が進化する方向性を決めてきた。
敗れた個体は死に、消え去るしかない。この点は御指摘のとおりだ。

失敗は死をもって償う掟で、生得的真理が作られてきた以上、
真理の世界のダークサイドには、昔の人々が悪魔と恐れた、負の存在がうようよしている。
だいたい、人間の潜在意識の世界は、抑圧されたそういう未発達な存在の、集積物みたいなものさ。

しかし、人の心には、そういった多くの可能性を秘めている、まだ磨かれていない原石に
光を当てて、実用的な知恵へと昇華させる機能が備わっている。
そのために存在するのが、魔法の技術なのだし、
現代に復活した心の科学の魔法、シンボリッカー・フォーミュラー・オペレーション・テクノロジーだ。

君はその答えを知っててあえて書き込んだのだと思うが、不安を覚える理由も良くわかる。
でもね、私は多くの真理に直接触れるスキルを持った者として明言できるよ。
人類が光を求める希望の心を持ち続ける限り、闇に飲まれて滅びの道を歩むことはないと。

80 :遊び人の玲さん:2006/12/14(木) 20:17:31 ID:erXdT0e2
ただし、人類滅亡のシナリオは、間違いなく現実のものとなっていくだろう。

現代の生命の体は、高分子の化学物質で出来ているが、
多くの化学物質が作られて海へと捨てられた結果、このサイクルはすでに破綻している。

近い未来、有機化合物で構成された生物は、その形を維持できなくなり、
地球上から全て姿を消す運命を辿るしかないだろう。

人類は有機物の体を捨て去り、次の段階に移行しない限り、知的文明を存続させることは不可能だ。

その最後の切り札こそ、人工散逸構造体システムの創造に他ならない。
人類は、地球の大気や宇宙を満たしているプラズマを、自己組織化させたシステムの中に、
自らを移植して、その情報系の中で存続を図るしかないだろう。

宇宙のほとんど全てのものは、プラズマで出来ているから、
最終的には、宇宙全体を知的情報処理を行う散逸構造体システムへと作り変えて、
宇宙そのものを制御する究極のテクノロジーになるだろうね。

人類が最後に手にするだろう究極の未来技術は、
宇宙全体を知的情報処理システムへと改変し制御する技術だ。
そして、それを具体的に構想出来る人物こそ、全人類最高の知能を有した天才ということになる。

もちろんIQ200程度の凡人では到底不可能なことだね。

興味がある人は、自己組織化する宇宙って本を読んでみるといいよ。
このテーマの糸口はつかめる筈だし、
運がよければ、人工散逸構造体システムの創製を構想している私達のところまで辿り着けると思う。

81 :遊び人の玲さん:2006/12/15(金) 04:34:42 ID:q5nH5mlT
>>73
「ポゼッション状態になったとき、 日常と比べて、どれ位変わるものでしょうか」

それは人によります。
潜在意識の中に埋もれてしまいがちな思考を、意識上に引っ張りあげるだけですから、
あまり変化しない人もいますね。

これは、筋肉の潜在能力を発揮する、火事場の馬 鹿力と似ています。

筋肉を壊さないようにリミッターが設定されて、通常は保護されているが、
緊急時にはリミッターが外れて、
日常出せないスーパーパワーが発揮される現象を、火事場の馬 鹿力と呼んでいます。
いきなり大きな力を出すので、そのあと、筋肉を傷めてひどい筋肉痛になったりしますね。

ところが、普段から筋肉を鍛えて、限界付近まで筋力を出し慣れている人は、
火事場でリミッターが外れても、超人に変身したように強くなるわけではなく、
ほとんど変化が見られなかったりします。
人間の筋肉が出せる限界のパワーは、だいたい決まってますからね。

ポゼッションによる超脳モードも、
トレーニングしていない普通の人の、普段の生活の状態から見ての超人脳であって、
脳を鍛えあげた人が、さらに超人に変身するように賢くなったりはしません。

そういう不自然な話をする、自己開発うんたらたを名乗る人達の話などは
信じないほうがいいと思います。
人間は超能力者や神様になれるわけではないのに、
変な錯覚を与えたがる人が稀に現れるのは困りますね。

82 :遊び人の玲さん:2006/12/15(金) 04:37:36 ID:q5nH5mlT
>>73
「意図的に行う技術が自然に開発・蓄積されなかった」とお書きですが、
日本の出雲系の神道などの神事として、ポゼッションの技術が伝えられていますよ。

年に一度出雲に集うとされる日本の八百万の神様達は、普段は天上に住んでいて、
ときどき空から全国各地の甘南備山(神名火山)に落雷となって降って来るそうです。
落雷の多い甘南備山の花崗岩は、繰り返し落雷の大電流が流れたせいで磁気を帯びていて、
神主や巫女さん達が、神様が宿っている状態になっています。

落雷の跡を見つけて、神様が宿っているとされる磁化した岩を持ち帰り、
お祀りして神事を行うわけですが、
巫女さんが磁化した石の前でリズミカルに神楽を舞うと、
岩が作り出す磁場の中で、一定の周期とパターンで頭が動くので、
特殊なパターンの脳に磁気刺激を受けることになります。

そうした磁気刺激の結果、トランス(変容意識状態)に移行して、
神懸りの状態になって、神様からのお告げを伝えるのですが、
これは、前時代の精神文化に伝わるポゼッション技術そのものに他なりません。

日本の神道は本来太陽信仰ですから、日の出とともに神事を行うべきですが、
ポゼッションの技法に関しては、磁気の刺激に対して人の脳が反応しやすい、
夜間行われることが多いですね。

人の脳に磁気刺激を与えることに関する研究は、
経頭蓋磁気刺激(TMS, transcranial magnetic stimulation)として有名で、
神事の磁気刺激パターンを再現して、ポゼッション技法を発展させることにも成功しています。

ただし、あんまりトランスが行き過ぎると、意味不明の言葉を口走って用を成さないので、
ポゼッションもほどほどにしたほうがいいようです。

83 :遊び人の玲さん:2006/12/15(金) 04:38:13 ID:q5nH5mlT
磁気を帯びた石を前に巫女さんが神託を得る脳活性化技術は、日本の神道だけではないですね。

ギリシア最古の神託所として有名だった、ボイポス・アポロンの神殿では、
神がかりになったデルポイの巫女によって、謎めいた詩の形で託宣が告げられていたそうです。

そこには、世界のヘソ(クレーター)の中心から発見された聖なる石が置かれていたそうですが、
巫女さんが神懸り状態に移行する、隕石クレーターの中心で発見させた特殊な石となると、
強磁気を帯びた、隕石由来の鉄(隕鉄)以外なさそうに思います。

この種の隕石に関する記述は、世界最古のギルガメシュの叙事詩にも、
点から降って来た魔法の力を帯びた石を用いて作った斧が、
恋人と共にいるときのように心が安らぐヒーリング効果を持っているといった記述で登場しますね。

日本の古事記にも、隕鉄を鍛えて神刀を得る技法が、神々の名前として書かれていますね。

また、チベット密教のお坊さん達も隕鉄製のアイテムを、
特殊なパワーが宿ったものとして大切にして大切に扱っていますね。

というわけで、世界各地の宗教の中に伝承されていることが認められる、
脳を磁気刺激して超脳モードに移行するポゼッション技法について、
例外的に知らなかったのは、西洋科学を信じている20世紀の科学者達だけだったと思います。

非科学的迷信として、伝統的な脳活性化技術を否定してかかったようですが、
無知だったのは科学者達のほうだったことが、明らかですからね。

21世紀になった今日では、経頭蓋磁気刺激なんて普通の研究室で使われる珍しくもない技術だし、
ポゼッションについても、経頭蓋磁気刺激で使うよりずっと弱い周期的な磁気刺激で
再現可能になってきているので、迷信と思う科学者はほとんどいなくなったと思います。

これは、20世紀の頃、漢方薬が非科学的迷信だと信じられていたのと似ていますね。

科学が未発達だと、伝統的な技術が理解出来ないため、迷信扱いされてしまうことが多いようです。

84 :遊び人の玲さん:2006/12/15(金) 04:38:52 ID:q5nH5mlT
そうそう、仏教の中には、記憶力を超人的なレベルに引き上げる技術が伝承されていて、
弘法大師は、そのスーパー記憶術を駆使して、中国で密教の後継者と認められて、
日本に帰ってきたんですよね。

その学習能力(IQ)が常人離れしたものだったことは、当時の状況を調べると分かります。

何千人もの中国人の弟子達を差し置いて、密教の後継者として認められ、
たった数ヶ月で密教の体系全てを習得して日本に帰って伝えるなど、
普通の人では不可能なことですからね。

こういった超脳モードの伝承を、無知な状態のまま、迷信呼ばわりして排斥していたのは、
20世紀の科学者達だけでしょう。

宗教の全てが迷信だなんて発想は、伝統文化を見直す作業が始まった21世紀の科学者達の間では、
通用しないと思います。

85 :オーバーテクナナシー:2006/12/17(日) 15:07:44 ID:Lop7lZYi
くだらない、宗教の話なんて聞いてませんw


86 :オーバーテクナナシー:2006/12/17(日) 16:00:12 ID:Lop7lZYi
くだらない、宗教の話なんて聞いてませんw


87 :オーバーテクナナシー:2006/12/17(日) 19:22:32 ID:lX0EIKRc
IQだけ高くても、その事業分野に精通してなけりゃ使い物にならん。
ソフトがないPCと同じだ。

88 :オーバーテクナナシー:2006/12/18(月) 03:06:30 ID:KefY0Hxv
>>84
空海の記憶術は、「虚空菩薩求問持聡明法」ね。
赤ちゃんは、誰でも絶対音感があり、フォト・グラフィック・メモリーだって、
持ってるケースが多いらしい。
それが、成長するにつれて失われるらしい。
となると、それを復帰する方法もあるのかもしれない。

89 :オーバーテクナナシー:2006/12/19(火) 17:21:02 ID:3YW+eMYQ
2100年 人工知能が普通の人間の知能を越す。
    以後、人工知能は電子の速さで頭が良くなる。
2101年 人工知能のIQが10000となる。いかなる人間も人工知能にかなわない。
2102年 人工知能が極限に達す。すべてを知り尽くす。

90 :遊び人の玲さん:2006/12/20(水) 21:07:23 ID:Db16vLUl
>>89
人類が最後に手にする究極の未来技術は
人工知能が極限に達して全てを知り尽くすことではないと思います。
全てを知り尽くすことは、近似的解決しか出来ない科学的手法を用いている限りは不可能なので。

生得的真理について書きましたが、人類にとって見かけ上普遍的真理ではあっても、
絶対に変化しない完全な真理ではないので、全てを知り尽くすことはやはり不可能と思われます。

>>80に書いたように、
99%がプラズマで構成されている宇宙全体を自己組織化して制御する技術こそが、
究極の未来技術ということになるでしょう。
それを可能にする技術を確立した人物こそが、
人類史上最高の頭脳を持つ天才ということになりますね。

私達が創っている最新鋭の人工知能は、
放電管内に散布したダストプラズマが、静電複写機のような原理で集積されて、
逐次書き換え可能な立体的電路を自律的に描画するタイプのものです。
原子や分子のレベルで、リアルタイムに電磁的に制御出来る点が最大のメリットです。

この、プラズマ中に立体電路を自律生成する技術を、
地球の電離層に存在するプラズマ上で展開出来るようになれば、
地球の大気環境そのものを考える機械に造り変えることも夢ではなくなります。
そのための基礎研究として、強力なマイクロ波やレーザー光を電離層に向けて照射し、
目的とする単純なエネルギーサイクルを持つ構造を生成する研究なども行われています。
将来は、放電管内同様、プラズマで出来た演算素子を電離層上で生成したり、
電離層上に、プラズマで直接発電の回路装置群を構成して、
地上にマイクロウエーブで電力を供給することも構想されています。

91 :遊び人の玲さん:2006/12/20(水) 21:08:21 ID:Db16vLUl
今年の9月に太陽観測衛星ひので (SOLAR-B)が打ち上げられて、
太陽を取り巻く百万度Kのコロナのプラズマが作られるメカニズムの研究が本格化しましたが、
コロナの中にこの種の立体的電路を形成出来るようになれば、
遠い未来には、太陽を考える機械に改変することも可能になると考えられています。

プラズマで構成された従来の機械部品パーツを一切持たない探査機を、
太陽風に乗せて宇宙に放つことも構想されています。

最終的には、銀河系や銀河団、そして電磁流体として扱える宇宙の大規模な泡構造などを、
考える機械に改変し、宇宙そのものを制御する技術に到達出来る未来技術と考えられています。

ただし、プラズマ中に立体的電路を自己組織化するのって、そう簡単なことではなく、
現実には、クリアーしなければならない課題が山積しています。
天才の出現が待望されていますが、課題を解決できる素質を備えた子供の発見に至っていません。

92 :オーバーテクナナシー:2006/12/23(土) 00:23:38 ID:gTreGacl
>遺伝子座間の闘争、つまりは生存競争の結果をもとにして、
>遺伝子情報系は生物が進化する方向性を決めてきた。
>敗れた個体は死に、消え去るしかない。この点は御指摘のとおりだ。

このことについて、一言。
進化とは、生存競争の勝利者の歴史ではなく、実は敗北者の歴史なんである。
生存競争の敗北者が、新しい能力を手に入れて、敗者復活戦を挑む・・・というのが、
進化の歴史のすべてにわたって、繰り返し現れてくるパターン。

だいたい人類だって、肉体的能力のみでは、野生の哺乳類に絶対かなわない。
通常の生存競争に敗北した種族だったからこそ、知的能力を手に入れて、
他の生物に対抗する必要があったのだよ。

生存競争の勝利者に、進化は必要ない。
進化が必要なのは、敗北者の側なんである。

93 :Kひげ:2006/12/23(土) 11:16:14 ID:q3jWt8hx
>>91
私の、知っている世界では、立体回路だろうがなんだろうが
電路だけでは、ロジックは出来ないトランジスタやFET
で受けないと。
そのコピー機のドラムのような回路には、どんな素子が
入っているのですか、御高説を伺いたい。

94 :オーバーテクナナシー:2006/12/23(土) 17:26:14 ID:/7OgidGD
>>93
こじつけだはと思うが、そういう系には光子入力の分子回路が
詰まってんだと思うよ。違うかい?

問題は、分子単位の制御が人類科学の制御下にはないってことさ。
より巨視系では、入力と結果が役に立ってるわけ。

95 :オーバーテクナナシー:2006/12/23(土) 21:55:31 ID:Qr/jCghZ
期待age

96 :Kひげ:2006/12/24(日) 00:17:40 ID:S9yuWdJN
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1030358577/
頭が痛くなってきた。

97 :kenzi:2006/12/24(日) 03:01:51 ID:zCUbRzhg
近未来の事業だろう?やはり建設業だろう、未来の空中庭園みたいな
ビルとビルの間を全部空中でつなぐ時代がくる、Kひげさん、頭痛なお
ったかい?

98 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 04:33:53 ID:1bNKj/zs
>>93
おまえは"プラズマ・マシン"を知らんのか、この雑種めwwwwwww

しょうがないので雑種にでも分かるように解説してやるかwwwww

太陽上に発生した2つのプラズマの渦を衝突させることを考えるwwwww

そのとき高気圧を論理の"1"低気圧を論理"0"と仮定しようwwwwwww

衝突コースその他の条件によって結果は様々に異なってくるが、これを論理演算に対応させるwwww

このくらいグーグル無しで考えろ雑種め!wwwwwwww

99 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 05:51:22 ID:PJRYdmWe
>>92
「敗れたものは死に、消え去って、無に帰する」ことは選択的淘汰の真理で、
アポトーシスなどの形できちんと研究されているものなので、
勝手な思い込みで、「進化は勝利者の歴史ではない」などと、
西洋型の形式論理を用いて造った思考を、
不自然な形でくっつける作文をしても意味がないと思いますよ。

生物の構造や生存の様式の発現と、進化はまた別の問題なので、
この二つを混同しないほうがいいと思います。

また、西洋型の形式論理を用いても、生得的真理を正しく把握することは不可能で、
捩れた知識が自然破壊や伝統的文化の破壊など、破綻した状況へと人類を導くことは、
人工知能スレッドで明らかにしているので、参考にしてください。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1030358577/210-252

ここで一つ重要な、見落としてはいけないポイントは、
しばしば、選択的淘汰の場面で登場する、
「無に帰する」という文語的表現に含まれている真理です。
無に「消える」で終わらずに、「帰する」と表現されていることには意味があります。

「無」の哲学的概念が発達しているのは仏教ですが、これは何もない状態を指すのではなく、
あらゆる生存の様式の母体となる、あらゆる可能性を秘めた原初的存在を差しています。
受精卵からつくられる胚性幹細胞(ES細胞)は、全ての種類の細胞に分化する事ができる
全能性を持っていますが、無とは思考の次元でのそのような原初的な存在なのです。

遺伝子座間の闘争に敗れた生存の様式(遺伝情報)は、
「無の状態に帰する」のであって、遺伝子のデータベース上から簡単に消え去りはしません。

したがって、私の記述は、御指摘の敗者復活を否定しているわけではないし、
いきなり不自然な形で話を絡められると、読み手を不必要に混乱させることになります。

100 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 05:52:17 ID:PJRYdmWe
人間社会のルールを決めるための、情報処理を行うステージを観察してみると、
「無に帰する」現象を、より明確に把握することが可能になります。

2大政党制を採る議会制民主主義の社会システムなどにも顕現している生得的真理なのです。

野党と与党の立場が一定の揺らぎの中で入れ替わり、
ある政党のもとでは否定されていた、社会を動かす生存の様式(法律案)が、
別の政党によって敗者復活することが、普通に認められます。

議会制民主主義のシステムと、遺伝子情報系では、次元がまったく異なるため、
異なる法則が働いていて、全てを混同するわけにはいきませんが、
遺伝子情報系が扱う生存の様式も、
同様の処理によってオペレーションされていることが判明していて、
数学の群論の手法を用いて観察すると、同じ関係が成立していることが見て取れます。

逆の発想で、遺伝子情報系が持っている、生存の様式を情報処理するシステムを、
人類の統治システムの次元に投影・顕現させて、
議会制民主主義を超える、生命原理に基づいた自然調和した豊かな潤いのある社会システムを、
新たに創出することも可能になります。

21世紀の人類のための、民主主義に代わる新たな統治システムを創る事業は、
世界連邦政府を作ろうと考えている人々によって構想が練られています。

遺伝子の次元の情報処理の様式を手本にして、
人間の社会システムの次元の情報処理をどう組み立てるべきかが考えられる、
優れた頭脳を持った天才の登場が、この分野でも必要と考えられています。

101 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 06:14:00 ID:1bNKj/zs
おまえら哀れな雑種は優れた頭脳を持った天才、つまり俺様に支配されたほうが幸せなのだよwwww

102 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 06:17:40 ID:PJRYdmWe
>>93
確かに、プラズマ中に形成される立体的電路だけだと、雷で終わりですよね。(笑)
テスラコイルで空中放電しているだけでは、何かに役立つ回路になど、なりはしません。

このさい、静電複写機のドラム形状は考えないでください。

本当は、プラズマを操る技術で、
原子や分子の単位で電荷を帯びた粒子(ダストプラズマ)を動かしてくっつけ、
目的とする散逸構造を生成していく話をする必要などがあるのですが、
その余裕がないので、コピー機にたとえて、簡略に済ませただけです。

電荷を帯びた粒子を大気内に散布すると、ドラム形状ではなく、
地磁気の影響で渦を巻いて、空飛ぶ円盤のようになります。
この点は>>98さんの発言内容で、ズバリ正解です。(笑)

UFOの目撃談の中には、私達が実験のために大気中に散布したダストプラズマが、
円盤状に渦を巻いて夜間発光しているのを目撃された例も数件あります。

スーパー●ッドな私が人工UFOを発生させるトンデモ技術を発明したという
悪口がネット上に書かれていると思っている人もいるようですが、
発生する原理もすでに解明されているので、似非科学ではなくなっています。

103 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 06:19:27 ID:PJRYdmWe
電磁的に作られる簡単な構造物は、オーロラなどを見ると良くわかります。

私達が造っている人工散逸構造体システムも、
自己組織化が進んで複雑な構造が形成される前の、稼動の初期段階では、
オーロラのように発光するもやが、放電管内に漂っているように見えます。

84年頃に私が試作した、両手に収まるほどのサイズのプラズマ放電管は、
新しいタイプのレインボープラズマボール(玩具の照明器具)と勘違いされて、
玩具を作って遊んでいると告げ口されて、スポンサーサイドの怒りを買ってしまい、
お目付け役で私に張り付いていた、セキュリティー部門に所属する海兵隊あがりの外人さんに、
スポンサーの目の前で、乱暴に叩き壊されたことすらありました。

逆に私が激怒した剣幕に気圧されたのか、
その場で大きな体を小さくして首をすくめてショボくれていましたが、
今思い出しても、あの外人には腹が立ってきます。

変な讒言に操られて、数千万もかけて作られた、自分が守るべきものを壊すとは、
いったい何事だったんでしょうね。

104 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 06:20:26 ID:PJRYdmWe
プラズマ宇宙論でネット検索して、
宇宙空間で大電力を遠い場所へと運んでいく
プラズマで出来た巨大なフィラメント状の構造などを観察してみてください。
フィラメントはどんどん自己組織化して、結晶のような構造を作ることもあれば、
さらに上位の散逸構造へと発展していくこともあります。

太陽観測衛星ひのでが捕らえた、プラズマで出来た太陽表面の泡や、
磁気のループ構造の繋ぎかえなどの現象を見れば、
プラズマの中に、どのようなエネルギーサイクルを伴った構造が自己組織化されているか、
おおよそのイメージは掴めると思います。

あと、地球ダイナモ理論のシミュレーションなども、
電磁流体が生み出す動的なシステムを理解する上である程度参考になりますよ。

実際には、プラズマを構成するプラズマダストの分子の操作も考える必要があるし、
プラズマ中に生成される泡構造についても、知っておく必要があるし、
エネルギーサイクルの自律生成を理解するには、
一般の電磁気学だけでなく、散逸構造生物学などの予備知識も必要になってきます。

宇宙を観察しているだけでは、
散逸構造を形成するエネルギーのサイクル中に演算素子群を自己組織化させる原理は
理解できないと思いますが、ある程度までは参考になると思います。

105 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 06:20:56 ID:1bNKj/zs
えっへんwwwwww

106 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 06:32:48 ID:PJRYdmWe
>>94
おお、いいセン行ってると思います。

御指摘の通り、機械部品を用いない光素子デバイスの製作を
真剣に考えている研究者もいます。

最終的には、宇宙全体を人間の手で制御する技術になると考えられていますから、
事業が完成するのに何百年、あるいは何十億年かかるか分からないとしても、
たぶん、人類最大の大事業になると思います。

その骨子を組み上げる最も重要な段階にあるので、真剣な人は凄く熱心です。

受け止め方は人それぞれで、
奇想天外すぎて、スーパー●ッドな誇大妄想と笑う人もいれば、
凄すぎて想像が出来ないという人もいるし、
自己組織化する宇宙という発想のもとになった散逸構造は、
イリヤ・プリゴジンがノーベル賞を受賞している理論なので、
このプロジェクトはすでに折り紙つきと、真面目に受け取る人もいます。

もちろん、科学知識が豊富な人ほど、宇宙全体を人間の手で再構成して、
制御できる形に作り変えることは、理論的に可能だと判断するようです。

107 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 06:34:19 ID:1bNKj/zs
プラズマを操作することなど、俺様にとってたやすいことなのだよwwwwww

108 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 06:36:17 ID:PJRYdmWe
>>98
面白いっ。

地球の電離層にレーザー光線や高周波を照射して、
泡構造などが出来る研究なんかもやっていて、
当然圧力変動なども起きているわけで、
さまざまなアイディアが検討されています。

太陽の表面を観測衛星ひのでで観察すると泡だらけ。
この泡構造は、高気圧と低気圧(太陽表面では黒点の活動って言うべきだと思うけど)
の関係よりもっと複雑で、面白い演算が可能ではないかと考えている人もいます。

太陽表面は電磁流体力学が支配的な世界なので、
この点を押さえると、もっと面白い話になっていきますよ。

まだまだ確立されていない、未開拓の項目が多い未来技術の分野なので、
言ってみれば、素人も専門家もあまり関係ないというか、
学問領域として定まってないから、専門家がいなかったりもするわけで、
奇想天外な新鮮なアイディアの登場が期待されています。

プラズマ・マシンの探査機を宇宙に飛ばす構想は、私達が言い出す以前に、
外国の方が唱えてしまったので、日本スーパーマッ●サイエンティスト協会(仮称)の面々は、
遅れを取った形になったことを、ずいぶん皆悔しがっています。

負けるな日本。(笑)

109 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 06:39:37 ID:1bNKj/zs
実は俺様は宇宙を支配することも考えているのだよwwwwww

110 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 06:48:27 ID:1bNKj/zs
実はプラズマ・マシンはエネルギーと重力が大量に必要なのだよwwwwww

少なくとも恒星サイズでないと安定しないのだよwwwwwww

実は太陽は何を隠そう俺様の作ったプラズマ・マシンで、俺様をモデルにしたAIを搭載してるのだよwwww

111 :遊び人の玲さん:2006/12/24(日) 07:42:53 ID:PJRYdmWe
>>110
太陽プラズマ・マシン化計画のことを、
私は以前から、太陽天照(アマテラス)化構想なんて呼んでいるけど、
まだまだ遠い未来技術なんだよね。

それよりも、難易度が低いのは、
電離層をプラズマ・マシン化して、
核融合と同じように電離層のプラズマから直接発電で電力を得るシステムの開発かな。

これは凄い電力を得られる大事業だと思うけど、やっぱり天才が率いないと無理。

受電方法もいろいろな案が出ていて、
マイクロウェーブをパラボラアンテナで受信する方法から、
地上からレーザーを上空に向けて照射して、電離した大気の中を電流を通す方法、
電離層まで飛ばした気球に特殊な分子の糸を繋いでおいて受電する方法まで、
さまざまなアイディアが出て来ている。

太陽天照大神化計画は、電離層発電システムが完成した先に待っている未来技術で、
まずは、地球上でちゃんと結果を出さないと、
太陽に散逸構造体システムの種を打ち込むロケットの建造予算は獲得出来ないと思う。

もしも私が、世界一の大電力会社の社長にでもなれたら、可能はあるかもしれないけど、
そうでなければ、太陽天照大神化計画を実行する資金は、得られないだろうね。

112 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 08:34:55 ID:1bNKj/zs
俺様はずっと考えていたんじゃがwwwwww

なぜ宇宙には有機生命体が見つからなんだかwwwww

ひょっとして彼奴らは自らをプラズマ・マシン化したんじゃなかろうかとwwww

寿命は数十億年以上じゃな、動作クロック周期はたぶん数ヶ月位じゃろうwwwww

ところで俺様がバーナードと呼んでいる星から強いVLF信号が出てるんじゃがwwww

とりあえず今度からあの星のことをEI-01と呼ぶことにしようてwwwwww

113 :遊び人の玲さんw:2006/12/24(日) 08:46:22 ID:1bNKj/zs
ほら見てごらん、有機生命体がまるでゴミのようだwwwwwwwww

114 :オーバーテクナナシー:2006/12/24(日) 14:20:17 ID:17PdcDMu
人間の脳は天才と言われる人でも
数パーセントしか使っていないと言われる。

で、それはなぜかというと
自分が思ったのは
赤ん坊が狼に育てられると狼の知能になってしまうように
人に育てられたから、人並みの知能になってしまったいう説。

宇宙の、人よりもずっと高度な生物に人間の赤ん坊が育てられれば
その彼らに適応した高度な人の子供が成長するのではないかと思いました。

未来リモコンスレ よろしく
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/future/1166936785/

115 :オーバーテクナナシー:2006/12/24(日) 14:42:50 ID:u5OjldwV
>>114
遺伝が80%だってさ。
育ての親のIQじゃなくって、産みの親のIQに似るらしい。
狼に育てられたら、確かに残りの20%でもとんでもない影響を受けそうだけどね。

116 :Kひげ:2006/12/24(日) 20:43:40 ID:S9yuWdJN
遊び人さん、今の技術と、あなたの飛んでる技術、の間の
橋渡しを、してください、理論的に(感覚ではなく)。

1 プラズマシン(電離層がプラズマなの??)
2 電離層から巨大な電力を取るようなことを言ってるが、たいしたこた〜〜ないと思いますよ
  (雷がたいした電力でないように)


117 :オーバーテクナナシー:2006/12/25(月) 01:26:42 ID:4I2Y2I4y
>>116
おかーさんに、子供の頃「シッ。見ちゃいけません」ってよく怒られただろう?。
いけませんよ、そういう真似をしては。メっ。

118 :オーバーテクナナシー:2006/12/25(月) 03:40:38 ID:GYcwb3FY
>>116
大人げ無いですよw
学生諸君は冬休みに入ったみたいだし、
あまりいじめたら、かわいそうですよ。
しかし、やったあとの煙草ってゥマ-
(-.-)y-~~~

119 :遊び人の玲さん:2006/12/25(月) 15:30:45 ID:u/IqaZdU
>>115
生後、脳の発育に必要な刺激(経験)が予め定まっていて、
これは、ほとんど100%影響を受けるものもありますよ。

たとえば、言語のヒアリング能力の習得には、母親などが話す言葉を聞く、音声刺激が必須、
周囲の人が誰も人の言葉を話さない環境に置かれたりしたら、一生人の言葉を正確に聞き取れない、
脳になってしまう可能性もあります。

日本語を聞き取る脳に育つと、外国語のヒアリングに苦労する理由なども解明されていています。

狼に育てられたら、狼並みのヒアリング能力しかなくて、
狼語(目配せやゼスチャーなどを含む)しか話せなくなる可能性がありますね。

120 :オーバーテクナナシー:2006/12/25(月) 15:32:21 ID:u/IqaZdU
>>116

1番めは、
プラズマの定義を知っていて、
電離層がどうして電離層と呼ばれるか知っていれば、
まず出ないような質問をしていると思うけど、
高校ぐらいで習いませんでしたか?

プラズマは電離した気体を指すことが多いみたいですよ。

未来技術板で質問する内容ではなく、子供達の教科書にも載っている既知科学だと思います。

プラズマと電離層のことがよく分からない段階では、
プラズマの中に生じる散逸構造のことを理解するのはかなり難しいと思います。


2番目は、
磁気嵐が起こったときなどに、電離層にどの程度の電流が流れると試算されているか、
ちょっと調べてみれば分かることなので、
これも、未来技術ではなく、既知の科学知識の範囲内でほぼ分かっていることだと思います。

御指摘のとおり、雷は一瞬なので、電力源にはなりませんね。

どうして電離層を流れる電流と雷を混同するようなことをお書きになるのか、理解に苦しみます。

121 :遊び人の玲さん:2006/12/25(月) 15:43:31 ID:u/IqaZdU
>>116
「感覚」って、
私はここの板には、常識的な思考パターンを用いて、
中学生でもちょっと予備知識を仕入れれば、そこそこ読みこなせるように、
論理的に書いていますよ。

私が非論理的な思考をしているときのメモは、普通の人から見ると飛躍しすぎているらしく、
ちんぷんかんぷんで意味が拾えないって言われます。

仕事をサポートしてくれている人達が、
私が不用意に書き殴って机の上に置いておいたメモを、無理に理解しようとして、
知恵熱を出して入院してしまったことがあるので、
それ以降は、うかつにメモを人に見せないようにしています。

でも、ここに書き込んでいる程度の、普通の人が読める内容の文章が原因で、
発熱して入院する方はまずいないと思います。

感覚的と感じるということは、
これまで私が書いたものをほとんど読みこなせていないのでしょうか。

これ以上易しく書くのは私にはたぶん無理だと思うので、
今後このような質問はスルーさせて頂きます。

122 :遊び人の玲さん:2006/12/25(月) 15:46:43 ID:u/IqaZdU
>>188
大人気ないのではなく、理解できていない方の質問だと思いますよ。

内容が掴めている百人のかたは、読んでもここに質問したりしないで、
本格的な議論が必要と思えば、私にメールを下さいますから、
何が書いてあるか読みこなせなかった、
百のうち一人の例外的な方のコメントが付いているのだと思います。

123 :天ノ川 創:2006/12/25(月) 15:48:44 ID:gutaSsW9
魂の覚醒=愛 これは理屈じゃ無い!繋がる時は直結!!!    空



アマテラス降臨!                       無



124 :オーバーテクナナシー:2006/12/26(火) 15:22:30 ID:6YWo3RRQ
米長官

125 :風の王:2006/12/27(水) 13:06:48 ID:tBXMCfwm
カップラーメン屋さん。全ての種類のカップラーメン、ヤキソバ、うどんがあり値段は200円くらい。店員がお湯を入れてくれてできあがったらお茶と一緒に持っていく。案外お湯入れたりラップはずすのが面倒だから。

126 ::2006/12/27(水) 22:24:38 ID:IzjKxY3k
遊び人の玲さんのレスを読み思うところあり。

>内容が掴めている百人のかたは、読んでもここに質問したりしないで、
>本格的な議論が必要と思えば、私にメールを下さいますから、

興味がある場合何処にメールすればいいんですか?

127 :オーバーテクナナシー:2006/12/27(水) 23:10:37 ID:AGYrjFEU
>>126
禿同

128 :オーバーテクナナシー:2006/12/27(水) 23:22:57 ID:ReVNdZ3q
スピーカー搭載のゴーグルモニターによる
締め付け式「オナホール」

使用者の動きに対して視覚・聴覚・締め付けで反応してくれる
究極のオナマシーン。
間違いなく、そういう時代がやってくる!

129 :オーバーテクナナシー:2006/12/28(木) 05:19:53 ID:qhrWZOfv
>>126
http://www.geocities.jp/beautiful_warrior_aplin/
このページへ行ってからメールしてみ?まだメールアドレスがあるかどうか知らんが
本人かどうかはブログとかみて各自判断するように

130 :オーバーテクナナシー:2006/12/28(木) 05:31:38 ID:qhrWZOfv
彼のやったことはこのあたりを参考にしてみ?
http://www.google.co.jp/search?start=10&hl=ja&lr=&q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E5%8B%87%E8%80%85+%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3&suggest=0&sa=X&oi=cjkrefinements_ja&ct=result&cd=1


131 :オーバーテクナナシー:2006/12/28(木) 05:49:07 ID:qhrWZOfv
彼が語ることは既に5年前には語り尽くされていた
http://www.google.co.jp/search?start=10&hl=ja&lr=&q=%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E5%8B%87%E8%80%85+%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3&suggest=0&sa=X&oi=cjkrefinements_ja&ct=result&cd=1


132 :オーバーテクナナシー:2006/12/28(木) 05:51:27 ID:qhrWZOfv
>>131ごめん間違い、こっちの方だった
http://salad.2ch.net/future/kako/979/979843650.html


133 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 04:24:00 ID:DXJV8kSh
>>129-132
ストーカー行為の共犯者なんて話になりたくない人は、
釣られないほうがいいと思う。

この程度のことで先方から
「扇動した」などと攻撃されたくないから、
一応、予防線だけは張っておく。

134 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 04:28:05 ID:DXJV8kSh
過去ログを調べるとわかると思うけど、
何年にも渡って、私の発言に、罵詈雑言を含んだ
ゴミ発言を粘着させる行為を繰り返している、痛あああああい例外さんが約一名いて、
あちこちのスレッドが引っ掻き回されて、けっこう潰されてたりする。

最近まで、掲示板に書き込めない遠い別荘に行ってたから未来技術板平和だったね
というメールをもらっているが、
それが事実かどうかは確認していない。

最近急に、すれ違いのゴミ発言がずらーっと並んだり、
ありえないほどレベルが低い勘違いした粘着発言が目立つようになったので、
どうやら舞い戻ってきてるみたいだなぁとは感じている。

またしばらくの間、遊び人モードの書き込みを控えようかと思っている。

135 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 04:30:28 ID:DXJV8kSh
>>126
「遊び人の玲さん」で、2ちゃんねるの倉庫を調べれば、
私のメールアドレスなんて、すぐに分かると思うけど、
調べられない人がいるとは知らなかった。

そういう人はこちらが設定している篩から落ちているわけで、
メールしないでくれると助かる。

136 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 04:59:08 ID:DXJV8kSh
この掲示板には、発言者のメールアドレスを書き込む欄がちゃんとあるのだから、
あなたのメールアドレス知りません、なんて誰かに言われることがあるとは、思ってなかったよ。

137 :鳥でも付けとけば?→ ◆y7XUmHaaYQ :2006/12/29(金) 07:31:59 ID:swaRVZZE
何か狂気を感じるレスしてますね。
ただ単に、議論をしたいからメルアド知
りたいだけなのに…。
糖質みたいで、残念です。
まぁ、普通は自分のHNにさん付けない罠

鳥でも付けとけば?

138 :129-132:2006/12/29(金) 07:34:46 ID:y4kzPOD2
公開してあるメールアドレスを教えたからといって、ストーカーだの粘着だのという発言が出てきたのには驚いた。

まあこうした発言もメールアドレスと共に永久に保存されるのである意味ありがたい限りだが。

139 :129-132:2006/12/29(金) 08:21:40 ID:y4kzPOD2
メールアドレスで検索してみたが、そんなメールアドレスなかったな。
ただし、geocitiesドメインで該当するアドレスが少しあったが、
そこの「玲」なる人物と「遊び人の玲さん」が同一人物かどうかは不明。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=ray_crossmi&lr=

140 :129-132:2006/12/29(金) 10:26:38 ID:y4kzPOD2
相互リンクしました

遊び人の玲さんと語ろう
http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/cg/1054560435/

141 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 12:00:16 ID:DXJV8kSh
>>138
執拗な誹謗中傷によって害ランキング日本一位にされる被害にあった、
といった情報が載っている、特定の個人のサイトと、この掲示板をリンクして、
もしも、感化されて集まってくる人間を引きずり回して、
集団バッシング騒動を巻き起こせば、加わった全員がアウトだと思うよ。

どこかのサイトへの不正アクセスやウイルス送付なども、
もしも、バッシング方法を相談する裏の掲示板で示し合わせて、
集団バッシング行為の一環として行なったものとみなされれば、
最悪の場合、関わった全員が共犯者として逮捕される可能性もあるよね。

先日もらったメールに書かれていた、
戻ってきたという別荘が、具体的に何を意味するか、
曖昧な表現だから私にはさっぱり理解出来ないけど。

過去の未来板の人工知能と関連したスレッドが、凄い荒らされかたになっていて、
この板が過疎化していった原因の一つと思っている人が多いから、
状況をよく理解している人ほど、怪しげなことは書き込まないものだよ。

この板の最近の動きを見れば分かるけど、
今危ない火遊びをしている人は、どうやら二人ぐらいしかいないみたいだね。

142 :遊び人の玲さん:2006/12/29(金) 12:00:54 ID:DXJV8kSh
>>139
未来技術板の過去ログ内を検索出来ない人から、メールをもらっても困るよ。
たぶん、パソコンのことすらよく分からないレベルの内容だと思うから。

>>140
そのリンク先は、私を誹謗中傷したグループが昔作った、
この未来技術板とも、私ともまったく関係のない
盗作疑惑捏造目的のスレッドだったんじゃないのかな?

昔の仲間を集めて騒動を起す意思があると受け取っていいのかな。

143 :オーバーテクナナシー:2006/12/29(金) 17:53:16 ID:tDXn49dN
>>140
うんこは放置。触ると汚れるから、メッ。

144 :Kひげ:2006/12/29(金) 20:00:52 ID:Y1b8C3H2
>>120
電離層にそんなにエネルギーがあるならば、
そのエネルギーはどこに行ったの(行くの)
地球の電離層に貯まってるはずですよね〜〜。
宇宙は絶縁層ですよ、電流はどこにも逃げられない、
雷でもないんだから、地上にも落ちようがない
ネ〜〜どこに行くの。
あなたの言う大電流は(電荷と言うべきか)。
おそレスすみません、書いたことを忘れていた
(電離層とプラズマが同じものとは知らなかった)。

145 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 06:46:34 ID:KfOuAe3W
糞尿汚物発言をばら撒いてスレを汚しまくる非行を止められないものかね。

自分で自分の悪口を、糞尿のごとくばら撒く不潔な精神を持った汚い輩は見苦しくて不快だ。
スレ荒らしは消えろ。

146 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 07:14:45 ID:KfOuAe3W
>>144
それだけ質問文が書き込めるほど、勉強熱心なのに、
電離層がプラズマ状態(電離状態)になっていることを知らないなんて、
あまりにも不自然だと思うよ。

故意に無知を装って、スレを引っ掻き回しているんだよね?

常識のある、本当に勉強熱心な人は、リンク先のページぐらいは理解してからここに書き込むと思う。
プラズマ宇宙論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96

上のページの「MHDとプラズマ宇宙論」「フィラメント構造とビルケランド電流」
といった項目を読んでから、
「太陽風のMHDシミュレーション」と題がついた画像に説明を補って来たらどうかな。

「身近な例ではオーロラもビルケランド電流によって生じている」って、
私達がちゃんとそのページで説明していることすら、理解できなかったフリなんか今後も続けていると、
未来技術をまともに議論できる知識がまったく備わっていないと誤解されて、
誰からも相手にされなくなる可能性が高いと思うよ。

147 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 08:28:08 ID:5myP6B4I
>>146
Kひげ氏は、純粋に学術的な興味から電離層をプラズマについて質問しているようにみられる。
それに対して

>故意に無知を装って、スレを引っ掻き回しているんだよね?

というレスはあまりにも失礼にあたる。
Kひげ氏は未来技術板ではそれなりに評価されている方で、少なくとも自分は

>誰からも相手にされなくなる可能性が高いと思うよ。

なんて扱いはしない。
Kひげ氏は遅レスについて謝罪している。
それに比べると君の態度は、まるで「ひねくれたガキ」のようだ。

148 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 08:44:23 ID:5myP6B4I
俺の中では

Kひげ >>>(越えられない壁)>>> 遊び人の玲さん

だな。

149 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 09:36:55 ID:tA6SixS3
誰も卑下するつもりはないが、Kひげさんは丁寧で
筋が通っている気がするが、一方はただ知識?を
並び立てて本当に理解出来ているの?と思わせる

ただそれだけ。

150 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 10:27:20 ID:RGJp6/ql
よく、教科書を一度読んだだけで内容を理解できて暗記できるっていうけどさ

たとえばF=maという式
これって、教科書に書いてることだけ読んでも理解できなくね?

俺は、他の専門書読んだり、この式ができた歴史的背景調べたりして
やっとF=maが何を言いたいのかわかった
つーか、そもそもこの式がわかるという結論が、この式を理解しようとする人間の概念(ry


つー感じなんだが
一度で理解できるってどういうことだよ!
IQ200の香具師教えろ!

151 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 15:22:56 ID:8FB7ROoO
>>150
いや、一番一般的なウェクスラー式で考えると、IQ200ってそもそも日本にいるかってレベル。
760億人に一人いるかどうかって値だから。

152 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 16:42:01 ID:RGJp6/ql
>>151
じゃあ居ねえんじゃねえかよ!

153 :Kひげ:2006/12/31(日) 17:02:22 ID:JicmaAaU
理解できなくてすみません、ところでそのビルケラント電流は
どこに流れているの、宇宙は(真空は)絶縁体ですよ、
壮大な話も結構ですが、地球のどこに流れるの〜〜
電離層から雷が落ちたと言う話はないよね〜〜
どこに行ったの〜〜。

154 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 17:21:51 ID:RGJp6/ql
>>153
宇宙は一様に真空でもなければ、絶縁体でもねーぜ?


それより天才の意見を聞かせろ
本を一度読んだだけで理解できるとは何だ?

155 :Kひげ:2006/12/31(日) 17:40:13 ID:JicmaAaU
地球上で測定も出来ない電気は(地球上ではたいした量ではない)
宇宙のかなたの話ではない、地球上での話。
宇宙のかなたでは電気の取りようがない、地球に流れていれば
電線をつなげば取れる、どこに流れているんですか、その壮大な電流は。

156 :Kひげ:2006/12/31(日) 18:16:02 ID:JicmaAaU
あなた方は、電離層から(プラズマから)電気を取るといったんですよね〜〜
話を曲げないでくださいよ〜〜。
>>102 >>103 >>104

157 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 18:53:28 ID:KfOuAe3W
電離層は地上80km以上の高空で、大気を構成する分子が太陽からの太陽風に含まれる、
陽子、中性子などの粒子との衝突や、高エネルギーの光(紫外線)などによって、
イオン化された層のことである。
原子核(電荷はプラス)と電子(電荷はマイナス)に分離された状態、すなわちプラズマ状態になる。

程度のことは、科学好きの中学生なら普通に知っている。

太陽から噴出すコロナ(太陽風)のプラズマを観測する衛星ひのでが打ち上げられて、
観測データが送られてくるようになったから、いろんなサイトで採り上げられていて、
小学生ですら、太陽からのプラズマが飛んできて、
地球の磁気圏につかまってオーロラになっていると、知ったふうに図に描いて説明してくれる。

そういう意味で、>>120の遊び人の、
>未来技術板で質問する内容ではなく、子供達の教科書にも載っている既知科学
は正解だと感じるが、
>高校ぐらいで習いませんでしたか?
という質問は不適切で、明らかに認識不足。

158 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 18:59:17 ID:KfOuAe3W
未来の技術を熱心に語れる、
それなりにこの板で評価されていると指摘されているKひげ氏が、
電離層が、電離した気体=プラズマ、だと知らないなんて話、
いったい誰がまともに信じるんだい。

>ネ〜〜どこに行くの
という引き伸ばした台詞のニュアンスを、冷やかしと受け取る人間が圧倒的大多数だろう。

IQが200もある天才に託したい、未来の技術を用いた事業の話を構想しているスレッドなんだよ。
そんなスレに、小学生の科学知識レベルまで話の中身を引きずり降ろして話の腰を折りまくる、
スレッドを迷走させる書き込みを繰り返したら、
スレ違いもはなはだしい荒らし行為だと判断されて、真意を疑われても文句は言えないと思う。

極端に場違いで不自然な言動に、同調する書き込みをすればするほど、怪しく見えてしまい、
悪質な荒らし屋グループが集まってきているという確信を、
大半の読み手に与えることになりかねないと思う。

仲間を集めて、集団で荒らし始める可能性について、>>142で先日指摘されたばかりだから、
それが現実になったと受け止める人が、圧倒的大多数だと思うのだが、違ってるかな。

>>118の大人気ない、という指摘でおそらく正解だと思うし、遊び人の>>122は読みが浅いと感じる。

荒らし請負目的で開設されているという、どこかの掲示板に、
遊び人が知識をひけらかして気に食わないから、ひとつ、やっつけてスレを潰して欲しいと、
依頼した人物がいるという未確認情報を得ている。

これが、実際のところ嘘なのか本当なのか、理解できるように誰か説明してくれないか。

159 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 19:34:23 ID:8FB7ROoO
>>152
だから呼びかけても無駄ってことさ。

160 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 19:35:56 ID:5myP6B4I
>>158
>未来の技術を熱心に語れる、
>それなりにこの板で評価されていると指摘されているKひげ氏が、
>電離層が、電離した気体=プラズマ、だと知らないなんて話、
>いったい誰がまともに信じるんだい。

答え:
Kひげ氏をあまり評価していない未来技術板の住人


ここまでKひげ氏の質問に答えようとしないので、俺もその答えを知りたくなってきた。
ここで俺からも質問させてもらう。

質問:
どのようにして電離層から電力を取り出すのですか?

161 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 19:53:58 ID:RGJp6/ql
>>160
漏斗みたいなのでかき集めればおk

162 :オーバーテクナナシー:2006/12/31(日) 19:57:27 ID:KfOuAe3W
やれやれ、マジでこんな小学レベルの話を、ここでやる気かよ。
普通ネット検索ぐらいするもんだぜ。

まず電離層電流って言葉は知ってるかな。
オーロラ電流とも言う。
小学生でも分かるように、しっかりした図が描いてあるのは、こういったページかな。
ttp://www8.ocn.ne.jp/~yohsuke/mag_storm_6.htm

地球の磁気圏(地磁気)に影響が現れるような強さの電流が流れる。

あとは、直接発電でネット検索して、自分で調べろよな。

163 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 00:11:33 ID:wKkgqOCP
電離層を自己組織化させて散逸構造システムを形成させない自然状態でも、
電離層に 数百万アンペアに達する電流が流れ、
地上の送電線やパイプラインに電流を誘導する自然現象が存在している。

現在主流の発電方式は、原子力などであっても、水車や蒸気タービンが使われているが、
直接発電とは、力学的段階を経ずに、熱源から直接電力を得る方式の総称。

なかでも、電離層のプラズマの中に散逸構造を発生させて可能になると考えられるものは、
電磁流体発電(MHD発電)方式以外にないだろう。

磁界の中で電線を動かす代りに、導電性気体(高温プラズマ)の噴出を行なうと、
導電性気体中に電線の場合と全く同じ原理によって電流を生ずるのが基本となる理論上の原理。

実際にこれを電離層上で実現するのは、IQ200の天才が考える未来技術だろ。

力学的段階を必要としない単純な発電方式だから、
レーザー光線やマイクロ波を電離層に向けて照射してエネルギーを与えて、
赤道域プラズマ泡( Plasma Bubble )
ttp://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.027/igy08.html
と似たような、エネルギーサイクルを持った構造物を人為的に発生させることを基点にして、
さまざまな構造を自己組織化させることで、
電離層上に、電磁流体発電機を実現できるという構想なんだろ。

遊び人が、地球ダイナモ理論を読むように書いてるが、このサイトなどを参照してみるといい。
ttp://www.eps.s.u-tokyo.ac.jp/jp/gakubu/geoph/solid/core.html

地球のコアの高温に加熱されて液状になった金属内に電流と磁場が発生する現象を、
シミュレーションしているが、
なにやらエネルギーサイクルを持った構造が自己組織化されて、
地磁気を発生させていると説明されているみたいだぞ。

164 :遊び人の玲さん:2007/01/01(月) 07:56:43 ID:wKkgqOCP
もともと地球は巨大な発電機。
地球はすでにコアの流体金属部分で自家発電をやっていて、
その結果として地磁気を生み出しています。
生み出された地磁気と、太陽風(太陽が噴出すコロナ)のプラズマが出会うことで、
磁場の中を電荷を帯びた粒子が通ることになり、自然に電磁流体発電現象が発生します。

電離層の部分には、
地球を取り囲む西向き電流(ring current)や電離層電流(オーロラ電流)が発生しています。
地上の送電線やパイプラインに電流を誘導するので、その電流の程度を調べれば、
電離層に流れる電流のおおよその強さを推定することが可能です。

現時点でも、この誘導された電流を活用して電力を得ることが一応は可能です。

近い未来、この地球規模の発電システムに積極的に介入して、
より多くの電力を取り出すシステムが作れないかと、
幾つかの方式が、大手の電力会社の首脳陣を中心に検討されているようです。

プラズマが持つ自己組織化現象を制御し、散逸構造形成によって、
自発的秩序形成機能を有する、エネルギーサイクルを持ったシステムを、電離層の中で組み立てるには、
散逸構造体システム方面の専門家達を率いる立場にある私のような人間や、
それ以上に卓越した知的能力を持った、
国際的プロジェクトを牽引できる、天才的人物が必要とされています。

日本スーパー●ッドサイエンティスト協会(仮称)は、伊達と酔狂で発明を楽しむ人の集まりで、
その実体である私達の発明家工房は、さほど大人数の組織でもなく、
シンボリッカー・オペレーションを用いて、生得的真理を扱う技術の開発研究で忙しくて、人手不足です。
電離層上に地球規模の電磁流体発電機を組み上げる国際的なプロジェクトを指揮する余裕はありません。

そこで、我こそはという天才を探し求めたり、某組織傘下の私立の学園で育てようとしています。

165 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 12:39:46 ID:jzDhKb0h
で、ここでそれを公表してどうしたいの?
出来るならさっさと実用化して欲しい。
ちなみに、技術的な問題は何があって、どう対策するつもりなの?
原発よりエコで、停滞してる核融合研究より現実的なら国から
補助金でも申請して国家プロジェクトには出来ないの?


166 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 17:28:08 ID:jOH2hoIq
>>165
スレタイ通りじゃね?

ケチだけつけてるお前の方が邪魔ですよ

167 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 18:28:34 ID:jzDhKb0h
>>166
は?
あんたには、聞いていないし答えなくて良いよ。
興味深いから、聞いているだけ。
そうだろ、利用できる資源が少ない日本にとって
願ったり叶ったり。
何か知らないけど、地雷を踏んだのか?


168 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 18:42:27 ID:jOH2hoIq
>>167
聞きたいだけなら
答えてくれるような質問の仕方しろよ

つーか、自分で調べろよ

169 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 19:04:17 ID:5QOH0CBe
いやだ
おせち料理分けてくれたら何でも調べる

170 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 20:05:08 ID:jzDhKb0h
>>168
だ・か・ら!
お前には聞いていないし、答えなくて良いよ。
答えるか答えないかは、遊び人さんが決めること。
お前はセンズリ詩ながらROMってろ。


171 :天ノ川 創:2007/01/01(月) 20:26:43 ID:ytDnDgWL
タコ

172 :オーバーテクナナシー:2007/01/01(月) 20:44:28 ID:jzDhKb0h
>>171
>>168自演乙
センズリは終わったのか?
早過ぎwだぞ。

173 :遊び人の玲さん:2007/01/02(火) 11:25:36 ID:IlcABvdw
ラージハドロンコライダーって知ってるよね?
(知らないなどと、言い張る前に、ちゃんとネット検索して予習してから書き込んでね)

衝突エネルギーで生成可能とされる極小ブラックホールの検出と、
それによる余剰次元理論の検証が計画されてたりする。

そして、IQ200の天才が、研究成果を踏まえて、
極小ブラックホールを用いた新しいマシンを開発するかもしれない。

じつは、私達も幾つか考えていることはあるんだけど、
実際に実験データを見たあとで、ここに書き込むことになると思う。

人工発生させた、ブラックホールを用いた大事業、ワクワクするよね。

174 :オーバーテクナナシー:2007/01/02(火) 11:39:17 ID:552GI4O0
そおいやあ今年だな
CERNでの実験

タイムマシンなんてついに完成しちゃうのか?



175 :オーバーテクナナシー:2007/01/02(火) 11:57:56 ID:hrJmbbwy
キューリー温度は700度くらいでしたよ、それを超えると極性は
なくなるんでなかった?、ましてどろどろのマグマなんてとっくに
磁性はなくなっていないかな?(磁気は帯びない)。
地球の中心が、700度以下なら話は変わるが。

176 :遊び人の玲さん:2007/01/02(火) 18:57:24 ID:IlcABvdw
人工ブラックホールは、スーパー●ッドサイエンティストのロマンだ
なんてメールが来た。

ロマンを求めて事業をやってると大失敗することになると思うが、
まぁ、夢はあったほうがいいのかもしれない。

177 :Kひげ:2007/01/02(火) 19:01:31 ID:hrJmbbwy
>>173
現実世界に、ブラックホールが現れたら、極小ブラックホール
であっても、周りのものが飲み込まれてしまうんでね〜〜
地球も。

178 :Kひげ:2007/01/02(火) 19:49:25 ID:hrJmbbwy
玲さん、あなたは返事が出来ないんですか??
キューリー温度はどう解決するのですか。
ブラックホールが地球を飲み込む件は。

179 :オーバーテクナナシー:2007/01/02(火) 21:21:17 ID:yiD21hT+
短時間で消滅するマイクロブラックホール、事象の境界もとっても小さい。
んで、何か問題でも?と、関係ない俺が適当に答えてみたり。

180 :オーバーテクナナシー:2007/01/02(火) 21:37:37 ID:552GI4O0
>>177
ホーキング輻射とか知らないの?

181 :Kひげ:2007/01/02(火) 22:25:48 ID:hrJmbbwy
ウィキペディアより
ホーキング輻射と呼ぶ。この輻射によってエネルギーを失うと(エネルギーは質量なので)ブラックホールの質量は減少する。
ホーキング輻射の温度はブラックホールの質量に反比例するため、通常の恒星質量程度のブラックホールではこの効果は
無視できるほど小さい。しかし、陽子質量ぐらいの微小なブラックホールではこの量子効果は無視出来ない。
  <<< NFLはようしをぶつけているよ〜〜 >>>
ホーキング輻射で質量が減るとさらにこの効果が強く働いて輻射の強度が増え、加速度的に質量とエネルギーを失い、
最後には爆発的にエネルギーを放出して消滅する。
これがブラックホールの蒸発である。
   << これ、原爆並み、または太陽系を吹き飛ばすくらいのもの??>>

182 :オーバーテクナナシー:2007/01/02(火) 22:33:34 ID:552GI4O0
>>181
とりあえず線形代数から勉強すればいいんじゃないかな?

183 ::2007/01/02(火) 23:31:25 ID:hrJmbbwy
説明して、

184 :遊び人の玲さん:2007/01/03(水) 01:11:01 ID:hhhqWOPC
>>175>>178
地球ダイナモ理論の説明を読んで、
地球のコア外郭の流体金属部分が
自家発電型電磁石になっていることが分からない人は少ないと思う。

地磁気に関して、キューリー温度を話題にすること自体不自然。
溶けた金属がどうして永久磁石になると考えられるのか、すごく不思議だね。


話が一寸ズレるけど、いい機会だから、似て非なる発想の私の天才的?珍発明を一つ紹介しよう。

一般の映画撮影用の人形ロボットは、
顔の表情などを作るのにエアーチューブを用いて空気圧制御しているが、
弾力性など、人形に触れたときの反力も、細かく制御したいロボットの場合は、
水溶性ジェルの中に磁性体を混入したものを、電磁流体制御する方式が、私によって考案されている。

人の顔の表情、頬を触ったときの弾力性や、
筋肉や骨の上に乗った皮膚がでプニプニと伸び縮みして滑る感じや、
顔の皮膚下の血液に見せかけた液体を、電磁的に動かして、血管が浮くといった細かい動きや、
色の付いた液体を人工皮膚の下に流して、顔の血色の変化なども、自然な印象で再現できるから、
死んだ人の遺骨を型抜きしたものをベースに、磁性体混入ジェルチューブで筋肉などを盛り付けて、
全身デスマスクから形を取った、皮膚のきめまで再現した人工皮膚で覆ったものは、
体の隅々まで、生前の人間とほとんど変わらない動き(慣性系含む)や
ふわふわした弾力性を持った肌触りになって、抱き枕としてもう最高だね。

いつのまにか、こういったリアルロボットが、IQ200なくても作れるハイテク時代になってしまった。
しかし、カツラの植毛技術をマスターして、抱き枕の全身の肌に産毛を植えるのに苦労したよ。
おかげで肩が凝ってしまって、仮眠を取ってたから返事が遅れてごめん。
やっぱり、IQ200の天才がいて、こんなの朝飯前だって、作業を手伝って欲しいなぁ。

185 :遊び人の玲さん:2007/01/03(水) 01:14:02 ID:hhhqWOPC
人工マイクロブラックホールの蒸発は、たいしたことないよ。

マイクロブラックホールが生まれるときに、加速器で与えたエネルギーより、
大きなエネルギーを放出しながら、原爆並みにちゅどーんと蒸発するなんて不可解な発想は、
自然界のエネルギーがどう移り変わっていくのか、まったく分かっていない人のものだね。

入れたエネルギーより取り出せるエネルギーが桁外れに大きかったら、凄いだろうなぁ。

人工マイクロブラックホールが作れたら、やっぱりみんなはゴミ箱に使うんだろうか?

入れたゴミがホーキング輻射になって、エネルギーに変わって出てくるゴミ箱って便利そうだなぁ。

今度スイスに行って、ラージハドロンコライダーで実験をやるとき、
マイクロサイズのゴミ箱を実際に作ってみようかな。

(注意.この発言は半分ジョークモードで書いているので、
 全てを真に受けて、ブラックホールのゴミ箱を地球上で作ると、
 ブラックホールが成長していく可能性もあり、とっても危険かもしれません)

186 :オーバーテクナナシー:2007/01/03(水) 07:25:31 ID:25gwS8rV
スノードームの物体縮小って理論的にはできるの??

187 ::2007/01/03(水) 09:47:13 ID:S8YIFo3o
陽子二つが消滅するんだから、入ったエネルギーより大きくなるん
でね〜〜。
入るエネルギーは、加速だけど、出るエネルギーは質量の消滅。

188 :オーバーテクナナシー:2007/01/03(水) 11:58:44 ID:35XDhTIl
そう言われりゃそうだね

189 ::2007/01/03(水) 12:34:36 ID:uy7Tid2g
恥じかく前によく考えて、間違ったと思ったら迷わず訂正
さもなければ遊び人と同レベル
これは忠告

190 :Kひげ:2007/01/03(水) 20:38:07 ID:S8YIFo3o
僕も正直に書いとこ、原爆とか、太陽系が吹っ飛ぶなんてないと思いますが
つい書いてしまった  << いきよいとは恐ろしい >>
量子レベルのブラックホールは大きな影響はないと思います、すみません。

191 :遊び人の玲さん:2007/01/04(木) 07:06:32 ID:aSRZxPCz
>>187
どういう視点から見るかで、記述は変わってくるけど、

「入るエネルギーは運動エネルギーと質量の総和、出るエネルギーは質量と・・・」

と書くべきところを、
無理に右辺と左辺が等号で結べない状態にしてるんじゃないかなぁ。

不等号の状態でオーケーと考える同意者数名ってことは、
『ブラックホールが持つエネルギー=運動エネルギーと質量の総和』について、
みんな、考えようとしてないってことなのかな。

192 :Kひげ:2007/01/04(木) 10:07:58 ID:rbUv9AVx
運動エネルギーは、ブラックホールが出来た時点で消失している。
ブラックホール誕生から、ホーキング輻射が始まる、方出されるエネルギーは
ホーキング輻射の総和、運動エネルギーは含まれない。

193 ::2007/01/04(木) 12:06:53 ID:ltIC8tfm
やめろマジで、これ以上はフォローできない!

194 :Kひげ:2007/01/04(木) 13:47:25 ID:rbUv9AVx
フォローありがとう、ところで何をやめるの??
運動エネルギーは、ブラックホールが出来た時点で、どのような形で残ってんだい
1 ブラックホールが熱くなる
2 ブラックホールが運動エネルギーで大きくなる(重くなる)


195 :オーバーテクナナシー:2007/01/04(木) 18:01:53 ID:eD7A+IEk
そのブラックホールって加速器で作るのかい?

196 :Kひげ:2007/01/04(木) 18:47:53 ID:rbUv9AVx
なんか僕の言ったこと、を理解してないんでね〜〜
消滅と言うから、血圧が上がるのかな〜〜
ブラックホールに吸収されると言ったらいいのかな。
衝突のエネルギーは出来たばかりのブラックホールに吸収される。
それで、>>194の質問になる。

197 :遊び人の玲さん:2007/01/04(木) 19:35:03 ID:aSRZxPCz
ブラックホールは、作られたときに使われたエネルギーを放出して消えていく。
プラス、作ったときに衝突した陽子の質量もエネルギーに変えて放出して消えていく。

ブラックホールが出来る前と消滅後の、総和は等しくないと駄目だよね。
そうではなく、大きくなって出てきちゃったら変だよ。

意外と、核融合より簡単に質量をエネルギーに変えるシステムが、
マイクロブラックホールをゴミ箱にすることで、実現するかもしれないね。

まぁ、バックトゥザフューチャーでも登場したから、アイディアとしては二番煎じ以下で面白くないけど。

198 :オーバーテクナナシー:2007/01/04(木) 20:58:52 ID:M8WlmEWV
燃料何でもおkな原子炉ってエネルギー問題解決よね。

199 :Kひげ:2007/01/04(木) 22:21:50 ID:rbUv9AVx
マイクロブラックホールが、消えないで成長したら、地球が消えるかも。
地球に影響のないところでやってほしい。

200 :オーバーテクナナシー:2007/01/05(金) 10:16:30 ID:hZ+mkRU2
そんな事より、宇宙はプラズマで満たされている(光
子?フォトン?うろでスマソ)らしいが、利用出来ないの


エロイ人教えれorz

201 :遊び人の玲さん:2007/01/05(金) 12:12:51 ID:TDHPm5fH
>>200
フォトン光子は、量子力学の分野で、光を量子と考えるときの名前。
正体は電磁波だから、電離などはしないよ。
物質を電離させてプラズマを生むエネルギーになるから、プラズマの項目に出てくることはあるね。
下は百科事典の電磁波の説明。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2

202 :遊び人の玲さん:2007/01/05(金) 12:14:50 ID:TDHPm5fH
>>200
地球の周りを流れているプラズマは、
燃えている太陽から勢いよく噴出しているガスで、普通太陽風って呼ばれてる。
太陽の付近では、日食の時にコロナとして観測されるものが太陽風の正体。
下は百科事典のコロナの説明。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A

地球付近にやってきた太陽風(プラズマ)は、地球の磁気圏に捉えられて、
地球の周りで電流の流れを作ったり、オーロラを発生させたりしている。
下は百科事典のオーロラの説明。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9

この、宇宙空間から地球の周囲に向かってやって来るプラズマが生み出す
電流を有効活用しようというのが、
私が中心になって構想している、
電離層上に地球規模の電磁流体発電機を組み上げる国際的なプロジェクト
>>164
この発電機の構想に必要な基礎知識は、この発言のリンク先で仕入れられるよ。
>>163

プラズマを用いた発電の原理は、MHD発電を参照。
http://ja.wikipedia.org/wiki/MHD%E7%99%BA%E9%9B%BB

ただし、プロジェクトの詳細はまだ未定。
2010年からスタートさせたいと、大手電力会社は言ってるけど、
国際プロジェクトを牽引出来る力量を持った人材が見当たらない様子。

203 :遊び人の玲さん:2007/01/05(金) 12:16:00 ID:TDHPm5fH
私は電離層上のプラズマを自己組織化させて、
発電だけでなくプラズマで計算機(コンピューター)を作ることも考えている。
というか、私達の関心はこっちのほうに向いていて、
電磁流体発電機のような、単純な構造のシミュレーションが終わった過去の技術にはまるで興味がない。
自己組織化の百科事典の記事はこれ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8C%96

ダストプラズマの自己組織化現象を用いてコンピュータ(考える機械)を作る構想については、
百科事典では、
散逸構造化されたプラズマで構成された、通常の壊れやすい機械的部品をいっさい持たない探査機
という形で書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E
ただし、上の記事は私達から見ると間違ってる部分もあるみたいだから、全て信じないほうがいいよ。

プラズマ宇宙論を読むと、
惑星、太陽系、銀河系、星間ガス、星雲、銀河団、彗星など、
宇宙にあるすべての物質はプラズマの影響を受けていることが分かる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%AB%96

グレートウォールとボイドによって構成された、
銀河の集団が作る気泡状の宇宙の大規模構造が生成されていくメカニズムにも
プラズマ(電磁流体力学)が大きな影響を与えていることが見えてくる。

204 :遊び人の玲さん:2007/01/05(金) 12:18:03 ID:TDHPm5fH
そして、私が構想しているのは、
プラズマで構成された宇宙探査機などではなく、
プラズマで出来た宇宙空間そのものを自己組織化させて作り変え、制御出来るようにする技術。

これについては、『自己組織化する宇宙』って本などを読まないと、なかなか理解は出来ないみたいだね。

上の本で創造的システム論が分かっても、具体的に宇宙を作り変える構想は理解できないと思う。

そのうち、百科事典にも記事が載るようにしようと思っているけど、
その前に、生得的真理と科学知識を融和させて統合する必要があって、
今はこっち方面で忙しくなっている。

まぁ、ラージハドロンコライダーの実験がうまくいって、
生得的真理のデータベースにアクセスできるようになれば、
プラズマで構成された考える機械を作る構想が、飛躍的に進展すると思う。

本当は、私のように頭の回転が異様に鈍い人間ではなく、
IQが200ぐらいある人がやれば、もっと早いと思うけど、
回転が早い人は、細かく手筋を読む事に関しては苦手らしく、
思考が早いぶんだけ、読みが浅かったりするから、
頭が良いといわれている人ほど、実際には使いものにならないケースが多いのが実情かな。

205 :APLANTES神殿 巫女レイヤ−ipc727:2007/01/08(月) 16:09:05 ID:lpDPg1kM
DQスカウタ-方式「フリ-ザ湯浅0.2萬〜:前添紘造0.3萬〜」負組知能指数
本物ドラゴン一億?銀河社会10万次元=第6平空次元(2001〜IQ偏差=大学生
授業中ノ中150=速読6級:PCアクセス上ノ下=2.4chan地球人口1〜2%『感隙再
発見(世界一ANIME巫女レイヤ-VLOVE*LOVE=M.O.E)メンバ-ズオブエリ-ト「地球ヘ」
「貴方達庭既似VIP取締役への道画約束されていた」。。のほ本DM:自察(競馬)未遂下
:どんな本読ンダラ:被害妄想:永遠の無:理想国家建設:地球村世界希望etc園多..

206 :遊び人の玲さん:2007/01/09(火) 10:58:26 ID:VVWk3OA/
なんか、未来技術板以上に濃密な話をされてしまっている様子。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/kikai/1156518581/45-50

完全に未来技術板のほうが、話題負けしてるようだが、
これでいいのか。

まぁ、地球を散逸構造体システムに改造する大事業は、
IQ200程度では無理みたいだから、このスレッドに書いても意味がないんだけどね。

106 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)