2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漢方薬が効いた!体験談

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 09:38:40 ID:Lrj/aKg6
漢方薬治療で症状が改善した!効いた!体験をした方、
体験談をよろしくお願いします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 12:49:59 ID:4fzfuAkz
私にはそういう経験はありません


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 00:24:43 ID:0i6HDmqb
漢方は効きません。

4 :あひる:2006/06/14(水) 00:37:53 ID:z9MbKgks
大人のニキビにカネボウ十味敗毒湯を処方されているんだけど
なんか微妙やなぁ
ニキビが大きくならなくなった感じもするが
新しくできてもいるし・・・

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 12:30:46 ID:gWI2sRA1
病院変えたほうがいいですよと。
漫然と同じ薬つかってるのはよくないぽ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 23:13:51 ID:xmAuO9A6
友人にもらった芍薬甘草湯で筋肉痛が治りました。

7 :真っ赤の舌きりスズメ:2006/06/15(木) 21:36:41 ID:2iN7H/vc
>6
気のせいです。農薬で神経が麻痺したのでしょう。治ったなんかいってはだめですよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 12:57:34 ID:9Ok4kNQq
どこに出てるニキビか解りませんが
顔なら肩こりが原因ですけど

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:04:12 ID:1/8MPhTU
〇ムラの漢方とかが、効いた!と感じた事はないんだよね。
自分でドクダミや決明子、人参などを煎じて飲むと良く効く。

漢方薬局でブレンドしてもらうのは高くて続かない。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 21:26:51 ID:P60SW3at
婦人病にはよく効きますね!七年婦人科に通って治らなかった生理不順が半年で治りました。

11 :あひる:2006/06/17(土) 02:59:58 ID:JAtOFY2G
顔のニキビです
いわゆる白い膿を持ったニキビです
とりあえず、今度皮膚科に行くときに
相談してみます
量やら
ほかのを足してみたり。。。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 12:01:44 ID:yxx0wakK
紫雲膏を顔に塗ったらニキビが治まったって奴がいたけど・・・塗りたくないな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 16:13:23 ID:+FN8vQXr
紫雲膏は目に入れば、目が潰れる。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 16:58:08 ID:yCNBZqN4
肩こり治す方が先ですよ
交感神経が緊張して皮脂の分泌が増えてますから
其れ治さないと無理です。
当院にはニキビの患者が皮膚科から紹介で来てますので

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 23:06:25 ID:+iv9PFtz
紫雲膏自作しました。
胡麻油の代わりに食用椿油、豚脂の代わりに馬油で。
(ネットで検索したら、そのレシピで作っていた薬剤師の集まりがあって
普通のレシピのと比較したりしてたので、それを見て作った)
そのせいかあの独特な匂いは穏やかなので、顔に塗っても
あんまり気になりません。顔の切り傷すぐ治ったし。
保育園の調理師の母にあげたら、やけどがすぐ治ると好評だそうな。
でもニキビにはあんまり塗りたくないかもorz

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 23:49:44 ID:ax7WleDh
調剤漢方を二年飲んでいます。漢方は内臓が着色すると聞いたけどホントですか??

17 :舌きりスズメ:2006/06/22(木) 00:51:02 ID:zVQvrNdI
漢方に入ってる農薬で、着色します。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 02:34:33 ID:Zem810Q+
ナゼ!漢方は高いのかタダノ薬草だろ?
本場、中国でも高いのか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 16:35:30 ID:u31+S0Gu
中国では安いです。日本の5分の1程度。
日本では数万円する薬草も中国では、700円ぐらいのものも。

20 :吉益どうぞ:2006/06/24(土) 21:42:44 ID:ADsx++Gc
中国の漢方は農薬入りです。消風散で湿疹がでるのは、農薬のせいで、麺減ではありません。

21 :花売り娘:2006/06/25(日) 12:00:30 ID:+55aKRYP
俺は、はっきりと漢方薬を否定するね!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 00:55:36 ID:bS0HEF0M
アレルギーに小青龍湯を飲んだら結構効いた。
ただ薬局で買ったものだから高くて常用は出来ないなぁ。
風邪をひいたとき葛根湯は効かなかったが参蘇飲は効いた気がする。
証が合えば効くもんは効くんだろう。

>>15
それってどこのサイトですか?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 02:32:35 ID:/aPloJpT
煎じ薬で慢性腎炎治りました。一時はプラス3とか蛋白出てたし
潜血もあったけど食事療法なしで治った。
体質改善も出来たみたい。
お金は相当かかったかな。

24 :15:2006/06/26(月) 03:38:36 ID:X/OR6krl
>>22

ttp://www.akebonopharmacy.com/
の中のコーナー「薬と食養のあれこれ」の第5回に
「紫雲膏」というコーナーがあります。
完成品の外観を(胡麻油製・椿油製)写真で比較しています。
ただ、豚脂→馬油のアレンジは自己流です。
馬油が私の実家の地方で火傷の特効薬として使われていたので
豚脂よりは良いのではと考えただけなのですが…。
作るときは量を考えないと、大量に出来てしまう羽目になって
しまうので、もし御製作なさる際はくれぐれもお気をつけ下さい。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 14:33:53 ID:bS0HEF0M
>>24
ありがとうございました。
椿油、胡麻油よりも浸透性に優れてるんですね。
自分は胡麻油で太乙膏を自作しましたけど、唇に試しに塗ったら
そこらのリップクリームよりもずっとすべすべになりました。
ただあまり使うものではないので100g程度でも量としては結構多いですね。
次は紫雲膏の製作を……と考えているんですけど市販の20gでもまだ残っているので
量を考えないと駄目ですね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 19:30:19 ID:c1qp33k8
>>25
太乙膏も自作できるんですか?
日頃、使ってるんですけど何かの成分が合わないのか・・
痒くなることがあるんです
自分、ベビームヒだけ塗ることが出来るのですが
大量に使用するため、費用が掛かって仕方ないのです
教えてくださると幸いです

27 :よします南海:2006/06/26(月) 22:06:44 ID:sHBX9IPo
太乙膏は、頭に塗ると毛が生えてきます。でも、臭いです。とっても臭いです。いまどき太乙膏なんて、池沼!

28 :よします南海:2006/06/26(月) 22:11:50 ID:sHBX9IPo
農薬を入れると、効果が上がりすぎるので、絶対禁止。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 00:16:06 ID:IwDjNuFs
>>26
ここです。
ttp://manato.gozaru.jp/taitukou.htm
ttp://www.gld.mmtr.or.jp/~sumiyosi/kouno(taitu).htm

自分は胡麻油200g、生薬各10g、ミツロウ50gで作ったら
ミツロウが少ないためかずいぶんと緩い軟膏になってしまいました。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 22:45:21 ID:baIsbEdO
いまどき、太乙膏にミツロウを入れるのですか?遅れてますね!馬鹿!

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:19:32 ID:bZPRQazx
>>29
ありがとうございます

自作するにはかなり体力が必要なようですね
安全な生薬を探したりと・・・なると難しい
ここに出てきた病院に行くことも検討します
が、しかしオリーブ油も昔、合わなかったんだな・・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 14:13:13 ID:RA/BKPnC
オイルに生薬を浸けて浸出油にしてそのまま使えばよくね?
こぼす人はそれにミツロウ混ぜて固める。簡単。
生薬が西洋のエッセンシャルオイルのような使いやすさになればなあ

>>31
俺は椿が合いません。手に入りやすいし安定しててよいんだが

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 19:06:32 ID:lGiBa2II
W杯で下肢の痙攣で走れない選手がいたが、
水分補給と芍薬甘草湯あればもう少し戦えたかな。


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/09(日) 21:49:27 ID:P8Xcar/4
>>32
そうできれば簡単で良いんだけど
抽出しやすくするにはある程度温度というのが必須なんじゃないか?
正直作ったときは温度計とにらめっこしながらだった。

椿油は良いものだろうけど胡麻油の3倍〜10倍はするだろうから
手が届かないよ。

35 :15:2006/07/11(火) 00:37:02 ID:wXNAOjvX
自分はゴマ油+生薬の独特の匂いを軽減したかったのが
椿油を使った第一の動機。勿論使い心地も考えましたが。

確かに化粧品用なら椿油も高価ですが、てんぷらなどに使う
食用の椿油なら、500mlあたり1000円前後で手に入ったので
然程不自由はしませんでした。余ったら食用に使えるしw
個人的には、使う人の肌に合う油で作れば一番かと思います。
胡麻油が良いという方は、色が付いてない太白胡麻油で作れば
ある程度独特の匂いが抑えられるかなと思われます。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/11(火) 10:34:23 ID:bndCbLs0
VigRXペニス増大カプセルを使った方いますか?
今購入を検討しているのですが、効果はいかがな物でしょうか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 00:01:19 ID:/WYBxZRN
>>34
一般的には、油で成分が抽出できるものなら常温でもいけるはず
ただ日光に当てつつ1ヶ月とかかかるんで、どちらが手間かというとなんとも。
>>35
白いごま油はほとんど臭いせんね。スーパーに売ってるしよさそうだ

38 :◆ppMq9fbkvs :2006/07/14(金) 21:02:02 ID:vvTZWLlp
よく頭痛になるんですが…よく効く漢方があれば教えてください><;

普通の頭痛薬では眠くなるので

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 19:04:19 ID:333iW1Zz
サンキュー社長散っていうのはどうでしょう?
たしかそんな名前だったような・・・。

40 :◆ppMq9fbkvs :2006/07/16(日) 02:03:26 ID:bPVSyCmN
>>39
ありがとうございますm(_ _)m

サンドラックの漢方コーナーで探してみます

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 23:28:33 ID:gzUESsrG
げ、冗談を本気でとられたw

よく似た名前だけど、ちがうから気をつけてね。

42 :◆ppMq9fbkvs :2006/07/17(月) 01:59:02 ID:RbBRleEw
>>41
アイヤー(ノ∀`;)

まあ定員さんに訊いてみます

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 00:34:28 ID:7Jhap7O0
センキュウチャチョウサンかw

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 06:11:02 ID:UIpWHFVd
当ったりー

お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 03:37:41 ID:zrkJGdqj
ハト麦茶でイボが治りました

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/25(火) 03:50:21 ID:zrkJGdqj
>>23さん

その薬の名前教えてもらえますか?

>>35さん
その価格で手に入る椿油はほぼ中国産ですが、もし国産の椿油をお求めなら
産地の小さな団体(主婦グループや農家団体など)がネット直販しているのが
一番安く買える方法かと思います。ただ、そういうのは精製していないことが多いので
粘度が高く、臭いもややキツイですが・・・

47 :名医紹介↓:2006/07/28(金) 17:54:40 ID:e/NW3eKx
http://ime.st/onchikai.com/monthly/2005/050107.jpg
h.yakazu
道明の孫

48 :15=35:2006/07/28(金) 20:16:43 ID:X67ThKyQ
>>46さん

あー確かに中国産ですね、サトウ椿。
一応「産地に自生または無農薬栽培のものを使用」とは書いてあるんだけど、
彼の国だけに何とも。
「つばき油 国産 無農薬 食用」でぐぐったら辛うじて一件それらしき
団体が。しかも実家のある県でした(家からはかなり遠いけど)。
500mlで作ってえらい目にあったので、今度は国産の100〜200mlで
トライしてみようかと思います。
他に食用の国産無農薬モノがないかなあ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 21:43:18 ID:4DlWXMdB
漢方薬局で毎月1万2000円で通ってます。
みなさん、どのぐらいの値段ですか?

ニキビです。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 22:14:59 ID:ZFGC+Hkr
ニキビはよくわかりませんが、むくみは漢方の頓服が効きました。
五苓散です。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 23:55:28 ID:fqALu0J8
>>49
漢方でニキビ(毛包炎)を治療するのは正直、とても長い道のりかと思います。
一度、皮膚科でご相談されて塗り薬や飲み薬を処方してもらってはいかがでしょうか。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:02:46 ID:e6VzowoB
>>45
良かったですね。はと麦(医薬品名:ヨクイニン)。
古来イボ取りの妙薬といわれ、現在病院でも使われています。
普通イボ取りには、普通1日15〜30gを煎じて2回に分けて服用
(粉末は1回3〜10g程度をそのまま服用します。又、粉をイボに
直接つけても効果あり)水イボならば10日〜1ヶ月位で効果が現れ
ます。
民間療法ではさらに応用範囲が広く、ポリープ、癌の治療や予防
にも用いられています。含有成分であるゲルマニュウムやコイクノライド
は癌細胞の発育阻止物質として注目され、米や麦に比べ蛋白質は2倍、
炭水化物も50%以上含む栄養食品です。
常用すると、食欲が出て便通を整え、癌の苦痛を癒し症状も好転する。
特に白血病など血液性の癌に良いと言われています。
また消炎、排膿、鎮痛、緩下、利尿、解毒、解熱作用があり、胃潰瘍、
歯槽膿漏、催乳、浮腫、帯下、筋肉痛、神経痛、リウマチ、肝臓・腎臓病、
風邪の予防などに使われています。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:03:52 ID:e6VzowoB
注意点:胃腸の弱い人は胃にもたれたり便が緩むことがあります。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:11:49 ID:AfEvFop5
MRSAに効く
漢方薬て有るのですか?

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 14:48:07 ID:e6VzowoB
(思春期のニキビ等)肺の鬱熱によるのもが多く、体内の毒が上部、特に顔面に、熱と共に集まり瘡を為した青年のニキビ
に繁用される。顔面赤く、のぼせによる頭痛やめまい、ニキビ以外の
皮膚病、酒焼け、中耳炎、副鼻腔炎、結膜炎などにも応用する。
配合されている黄連が上部の熱を冷ます働きがあります。

[肝熱によるニキビ]散在性の紅色のにきび・化膿傾向・女性では、
生理前に多発する・イライラ・怒りっぽい・ヒステリックな反応・
のぼせ・ほてり等の症状があります。加味逍遥散、荊芥連翹湯。

[寒湿によるもの]散在性の勢いのない淡紅色のにきび・むくみ・冷えなどの症状
があります。五積散、十味敗毒湯等。

[気血不足によるもの]
圧しても潰破しない・疼痛や熱感は軽いが、長年治癒傾向がみられない・
元気がない・食欲不振・顔色につやがないなどの症状があります。
(中気下陥)補中益気湯等
>>50
水分代謝の調整に使われる代表的な処方です。
生理学で云う膠質浸透圧の調節をします。
何らかの原因で体の水分代謝が狂えば消化管や下半身に水が蓄積し、
上部の水分が少なくなるという事がおきます。尿量は減少し水は
消化管に留まったまま、組織へと移行する事が妨げられ、そのため
口渇が起り、水を飲んでも飲んでも口渇は止まらない。
摂取した水はどんどん消化管や下半身に蓄り続けて、少し体を揺する
と胃に水の溜まった音が聞こえてきます。溢れる水で腹痛や下痢、
嘔吐もみられるようになり、又水分が上昇しない為、頭痛、発熱
めまいなどの症状が見られる時もあります。ムクミ(浮腫)もでて
きます。胃・小腸等に水分があっても、吸収され血液の中へ入らないと、いつまで
経っても咽の渇きは収まりません。この様な症状の時、五苓散を服用
すると改善されます。




56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:14:01 ID:e6VzowoB
勉強不足ですが、MASAに効果のある漢方薬はないのではないでしょうか。
ご存知の通り、院内感染によるものが大多数を占めています。
抗生物質に非常に強い耐性を示しており、死亡するに至ることも
あります。
ただ、同じ病棟に入院していても罹る人と罹らない人がいることから
基本的な体力をあげておくのが最善の方法かと思います。
補中益気湯や、六味又は八味地黄丸を服用するのも予防の一つかと
思います。若い人には補中益気湯が、年配の方には六味・八味地黄丸が
良いと思います。六味・八味地黄丸はお酒(ビールはアルコール度数が低い為、
効果が薄いと思います)に浸して服用することをお勧めします。
水で服用するのと格段に効果が違います。
ここに書きました漢方薬は全て湯剤、又は丸剤(漢方薬局で調合)
のもので、顆粒剤(売薬)は効果と云う点で遥かに落ちます。
漢方は長く飲めば効くと云いますが、『証』(触診による東洋医学
独特の診断法による)が合えば、即時に効果が現れることも少なく
ありません。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:28:27 ID:e6VzowoB
思春期のニキビには、黄蓮解毒湯等の清熱剤が効果的です。
全身の実熱によって起る炎症や充血をともなう症状に使う清熱剤の代表
です。炎症や熱が胃や心を犯すと、顔面が赤く、のぼせ、不安や不眠、
心悸亢進などが生じ、その熱を苦寒の生薬で冷まします。
口内炎、歯肉炎、諸種の出血、皮膚の発赤、掻痒、胃炎、高血圧など
に応用され、他の薬方と合方して用いられる事も多いです。
ただし、虚寒証(←当帰芍薬散を使う)には用いない方が良いと思います。
不眠症に用いる時は、頭が冴えて眠れない、気分が落ち着かず些細な事が
気になって眠れない、イライラや逆上せる(のぼせる)ことを目標に
使用します。高血圧、炎症、充血に効果が期待できます。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/23(水) 15:55:50 ID:e6VzowoB
>>56に付け加えすると、お酒に浸しておく時間は、5〜10分で
良いです。
>>57に付け加えると、半夏瀉心湯(寒と熱が胃の周辺で交錯し、胃の
つかえ、痛み、悪心、嘔吐、胸焼け、食欲不振、軽度の下痢のある
ものに用いる。寒には辛温の乾姜で、熱には苦寒の黄連で対処します。
この相反する作用の生薬で脾胃の調和を計る。胃炎や胃・十二指腸
潰瘍、消化不良、口内炎、下痢、熱が上昇する事で起る軽度の不眠
や不安にも応用出来ます。)も使います。
黄蓮解毒湯や、三黄瀉心湯は瀉下作用があり、下痢し易い方は控えた
方が良いかもしれません。
三黄瀉心湯は効果としては黄蓮解毒湯と変わりませんが、効き方は
断然、三黄瀉心湯の方が早く強く効きます。
怪我で指を切って血が止まらぬ時、鼻血が止まらぬときなどに服んだ
ことがあります。また歯科で抜歯の前などに服んでおくと出血も痛み
も少なく、抗生物質なしでも後で腫れることがありません。
生薬を湯呑みに入れ沸騰したお湯を注ぎ、5〜10分放置していると、
だんだん明るい黄色になります。ここで滓を茶漉しで取り去り、別の
器に薬液を移します。そして大切な事で、これに氷をいれ冷たくします
。冷やすと更に絵の具をといたように鮮明な黄色になり、これを服用
します。苦寒の生薬にもかかわらず苦味はそれほど感じません。
温かいものを服んでは効果がありません。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 05:50:57 ID:9+UxNASM
あまり長く書くと、嫌がらせが入るんで、
間違いのないことだけを短く書いたほうがいいよ。

それから意味のまとまりで改行したほうが読むほうはラク

60 :マグダラのマリア:2006/08/24(木) 12:44:40 ID:+5Pc62Ei
新薬の副作用により漢方に変更し、服用5年がたちます。5年間の間に内容も
色々変わり現在に落ち着いています。徐々に回復するとういう自覚があり反面
時間も掛かります。保険適用があるので月に五千円くらいで収まってますが、
副作用による憂鬱な日々と引き換えなら安いものです。ちなみに私はアレル
ギー体質改善用にオリジナル調合による漢方です。うれしい副作用は肌の若
返りと、免疫力がついたことには驚いています。白髪が黒くなったこと。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/24(木) 13:44:06 ID:kI9rBQz0
>>60
良かったですね。そう云って貰えると処方した方も嬉しいでしょう。
患者さん、が治っていくのは何より嬉しいですから。
腎経に作用する生薬も入ってると思います。
完全に同じ病態と云うのはありませんので、オリジナルが一番良い
のですが。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 00:03:35 ID:pr+6qXLR
パニック障害で漢方出してもらったよ。
1週間で効果を感じてます。

63 : ◆A4jsQTgi.Q :2006/08/30(水) 17:56:37 ID:k5NGaXQL
保守しがてら

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 22:05:44 ID:50a7g/1f
3ヶ月前から陰部が痒くなり、婦人科・皮膚科ともに異常なしだったため
漢方を飲んでみようかと思い検索をしていたら
竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)という漢方を見つけました。
漢方薬局でちゃんと処方してもらうつもりですが
こちらでどなたか知ってる方がいましたらお話聞かせて下さい。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 07:33:32 ID:SODjEdZY
>>62
その漢方薬の名前教えてください。
パニック障害が治らず困ってます。。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 07:54:13 ID:IFA8+lW8
大黄甘草湯という方剤がよく効きます。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 18:15:13 ID:GZQMRU7v
竜胆瀉肝湯は主に肝経の湿熱(膀胱炎・陰部湿疹・高血圧)に
も使われます。ほとんどの場合、尿が出難い(尿不利)等の症状
を伴います。必ず実証に用います。肝硬変にも用いることもあります。
温清飲(黄蓮解毒湯と四物湯の合方)が基本になっています。
肝経の湿熱とは、西洋医学で云えば『肝臓の解毒機能低下による障害』
を指します。
両方(左右)の腹直筋の外側に沿って(肝経に沿って)筋肉の緊張
(突っ張った感じ)があり皮膚が浅黒い筋肉質の人が多いです。
手足の裏が湿潤している人も多いです。
他に湿熱に使う漢方は、小柴胡湯加竜胆黄蓮(小柴胡湯に竜胆・黄蓮を加えた
もの)、九味柴胡湯等もあります。

68 :67:2006/08/31(木) 18:16:33 ID:GZQMRU7v
大黄は瀉下作用がありますから、下痢し易い人は注意して下さい。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 01:04:36 ID:tuc9aCrE
知り合いに “せつげん” という漢方薬がいいと聞いたんだけど
どういう漢字かわかる方教えて頂きたい

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 14:20:17 ID:JjchXwDe
生理痛がひどかったけど、婦宝トウキコウを飲んで1ヶ月で楽になった
おいしいし、肌にもいい気がするし、これからもお世話になります

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 14:59:18 ID:0WoKuAoD
中国の中成薬は何入っているかわからないから気をつけろ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 20:42:33 ID:TkeVvpzj
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価宇会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 層化学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価字会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価字会! 創価学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!
創価学会! 創価学会! 草加学会! 創価学会! 創価学会! 創価学会!

答えが欲しけりゃ葬火に入信汁!!
こんなところで下らん論議する前にな!


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 23:12:40 ID:Wi/bk+Rd
>大黄は瀉下作用がありますから


便秘しているから瀉剤を使うんだと思うが。>大黄甘草湯


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 23:13:22 ID:ibQjVaC5
コタローの香具師をよく使う
まあまあ効くから
本格的に治すときは生薬を加減して使う

鼻の中を切ったり、骨を削らないと治らないはずだった
きびきが治った>麦門冬湯
耳鼻科は薮だな


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 00:44:52 ID:ozRHZ7e3
不妊だったけど、漢方始めてから3ヶ月で妊娠したよ。
漢方薬局でちゃんと調薬してもらうやつだったから高かったけど。
1ヶ月約3万×3ヶ月。
でも体外受精のことを考えると、そんなに高くはなかったなと。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 07:04:11 ID:2Hp/H2U3
現在ニキビ、ニキビの跡(色素沈着)で悩んでいる19の男なんですが、
先日メールで漢方の専門店に相談したらハンシヤンと、血府逐於丸という
漢方を紹介していただいたのですがこれはどういう漢方でしょうか?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 21:19:51 ID:0T1Cr7RF
>76 専門店の回答をそのままここに全文引用してみろ

78 :76:2006/09/04(月) 17:49:06 ID:cS4qxupP
体内に抱えた古血を取り除き、滞った熱のバランスを整え、ニキビを改善
します。
   同時に血液の流れを良くし、皮膚細胞の一つ一つに栄養や酸素を届きやす
くする
                              『血府逐於丸

 

漢方では、血行障害や鬱血を“於血”(おけつ)と呼んで重視します。女性
の月経トラブルや肌トラブルには、この“於血”を改善する漢方薬がよく使われ
ます。

血府逐於丸は中国清代末期に創方された「於血〜古い血液の停滞」に対する代表
処方です。血管と血液は表裏一体の関係にあり、血液中の脂肪分(コレステロー
ル)の過多や体内の過剰な熱などが原因で、血液鬱血状態になると『婦人疾患、
熱性皮膚症状、のぼせ、頭痛、肩こり・・・』などの「血の滞り」による諸症状
があらわれます。
血行を改善して熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、子宮など

炎症を鎮めます。その結果、肌の状態を改善していくのです。

活血化於の牡丹皮・紅花・桃仁の効能により「於血〜古い血液の停滞」を改善し

同時に、柴胡により「肝気鬱血」を取り除き自律神経系の安定に作用します。
血府逐於丸は、婦人疾患(月経異常・月経前後の熱性皮膚症状)などに多く使用
され、

即ち、月経不順、月経前後のニキビ、月経痛、月経異常、更年期障害、血の道な

の婦人疾患と、高血圧・のぼせ、頭痛、頭重、肩こり、動悸に本方が適用されま
す。


79 :76:2006/09/04(月) 18:27:55 ID:cS4qxupP
それに、鼻の下、鼻の頭、目の下にもニキビが延びていますので、
ハンシヤンといって脾胃湿熱(胃腸に溜まった湿熱)を取り除く漢方に
したらよいです。半夏瀉心湯に似た処方です。



こんなかんじです。よろしくお願いします。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:30:42 ID:vLjDCGZA
1

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:39:53 ID:vLjDCGZA
にきびならケイガイレンギョウトウも良いね。
でも漢方治療は証が命。その症状に効くといわれている漢方でも
その人の証に合ってないと効果がでない。。と父が言っていたなぁ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 19:54:25 ID:rjKvF0IJ
効能書きより、自分の症状を書いたほうがいいんじゃないか。にきび程度ならわかる人はわかるからな。

83 :76:2006/09/04(月) 20:37:46 ID:cS4qxupP
自分はニキビ、ニキビ跡(色素沈着)で悩んでいるのですが、
白いニキビが頬、鼻の下、鼻の脇、顎にでき、
赤いニキビの跡である色素が鼻の横、コメカミ、アゴ、鼻の下、鼻の頭、頬にあります。
生活習慣は完璧といってもいいくらい気をつけており、食生活もインターネットでいろいろ
調べて肌に良い食材ばかり食べているのですがいっこうに治りません。
特に色素が気になるのですがどんな漢方がよいでしょうか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 21:08:54 ID:+GYBszsb
>>83

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLJ,GGLJ:2006-29,GGLJ:ja&q=%e3%81%ab%e3%81%8d%e3%81%b3%e5%a4%a7%e5%ad%a6

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/04(月) 22:44:15 ID:j7hlP4MV
>どんな漢方がよいでしょうか?

たぶん別のを使うだろうな。複数の薬局で聞いてみれば
およその回答が出るでしょ

86 :清上防風湯、黄蓮解毒湯:2006/09/05(火) 01:19:02 ID:02nCrDfP
>>76
体内の毒が上部、特に顔面に、熱と共に集まり瘡を為した青年のニキビ
に繁用されます。
顔面赤く、のぼせによる頭痛やめまい、ニキビ以外の皮膚病、酒焼け、
中耳炎、副鼻腔炎、結膜炎などにも応用できます。
配合されている黄連が上部の熱を冷ます働きがある時、用いるのが
処方の要なので、年齢が若く顔が火照るなどの症状があるなら使ってみれば如何
でしょう?

87 :76:2006/09/05(火) 05:44:26 ID:i0fWoY8q
みなさんいろいろと教えてくださってありがとうございます。
しかし、調べれば調べるほどどれがよいのかわからなくなってくる・・・
みなさんだったらハンシヤンと、血府逐於丸は使わないでしょうか?

88 :76:2006/09/05(火) 05:54:40 ID:i0fWoY8q
あと、すいません
「この漢方店なら信用できる」というお店や
評判のよいお店はありますでしょうか?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:03:51 ID:DKDkh7xP
当然の事ながら、2chなんぞに晒せるかよ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 12:24:23 ID:2xBCy/7Y
漢方治療は鍼灸治療同様、問診の他、舌診、脈診、腹診などの診断方法を
おりまぜて診断の確度をあげるといわれている。
書き込みだけの問診では限界があるよな

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 15:37:41 ID:RF5EghVu
年齢、性別、便通、嗜好物(甘、苦、酸味、塩辛い)、汗を掻き易いか
、あまり掻かないのか、ノボセや火照りの有無、眠れるのか、不眠なのか。
を聞かせて下さい。

92 :76:2006/09/05(火) 17:36:36 ID:i0fWoY8q
>>89
そうですか。
>>91
年齢19、性別:男、便通:便秘気味です。
嗜好物:好きなものは甘いものですがもう2年ちかく
口にせずずっと野菜中心の生活をしています。
汗をかきやすいか:普段の生活ではかかないので半身浴を毎晩して汗をかくようにしています。
のぼせ:火照り:はっきりとはいえませんが少しあるかもしれません。
眠れるのか:毎晩ちょくちょく目が覚めてしまいます。

よろしくお願いいたします。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 18:04:40 ID:t8/TWUGd
>>76さん。
実際、臨床の現場では於血以外の諸々の要因が絡み容易には行きません。
その病態に占める於血の影響力が大きいほど於血薬はよく反応する事
になります。
日本で現在繁用されている幾つかの於血薬を挙げてみます。

当帰・丹参・牡丹皮・赤芍薬・大黄・センキュウ・延胡索・莪朮・
田三七・欝金・桃仁・紅花、益母草、、、動物薬では水蛭(ひる)
虻虫(あぶ)などがあります。
それぞれ持ち味があって諸々の於血の病態に単独または配合剤として
応用されます。
しかし、病態によって使えるのも、使ってはいけないもの、動物薬などは
総じて冷やす効果が強く服用には注意が必要です。
また、組み合わせて良いもの悪いものもあります。
麻黄(エフェドリン)や香附子(プロスタグランディン生合成抑制作用)
は使い方を間違えると非常に危険です。
そこの処を良くお考え下さい。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 20:20:26 ID:cDW1Uc6o
にきび大学を紹介されているのに>>88で更に評判の良い店を教えろとか、
自分で調べようという姿勢すらまったく感じられない。
この手のわかりやすい教えてクンは久しぶりに見るなぁ。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 20:52:00 ID:kV1xwfzG
まあべつにいいんじゃないの
近所の医者に顆粒出してもらえ。>>76
お試し用に、各1週間分くらい。
あんまり難しいこと言ってもしゃあないんで、
とりあえずここで出てきた、
清上防風湯、
荊芥連翹湯、
黄連解毒湯、
は、的中はしないかもしれないが、間違いではないんで。

ハンゲシャなんとかは、間違い。

96 :76:2006/09/05(火) 21:10:38 ID:i0fWoY8q
>>93
詳しく説明していただきありがとうございます。
正直よくわからない部分がおおかったのですが素人判断で服用するのは危険そうですね・・・
>>95
清上防風湯、
荊芥連翹湯、
黄連解毒湯
を試しに使ってみることにしたいと思います。
ハンゲシャとはハンヤシンのことでしょうか?

また、近くに漢方専門店がないのですがこの場合は総合病院と皮膚科
のどちらの方がよいのでしょうか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 21:17:42 ID:kV1xwfzG
うんそう
皮膚科でなくても可。なじみの医師に聞くのが一番簡単。
○○医院とかそういう普通の。顆粒あるでしょといえばいい。

それから薬は、その3つ以外にもありますから、他の薬局の掲示板とかで
きいてみ。

ハンやシンを選ぶようでは、あきれましたわ

98 :76:2006/09/05(火) 21:18:13 ID:i0fWoY8q
ちなみにこの漢方を紹介してくださったのは相○堂というところです。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 21:25:36 ID:kV1xwfzG
まあどこでもいいわさ。
専門店でも間違えるのが普通だろうし。

100 :76:2006/09/05(火) 21:25:44 ID:i0fWoY8q
>>97
皮膚科でなくてもよいのですか。
滅多に医者にみてもらうことはないので馴染みの医師がいませんが
明日早速すぐ近くにある総合病院の皮膚科?に診察してもらおうと思います。
みなさんどうもお世話になりました。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/05(火) 21:30:11 ID:kV1xwfzG
がんばってください。
ニキビ跡なら、1日2回くらいでよさげだな。
ニキビ大学もよくでけてるよ


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 21:48:07 ID:mF22JbuE
加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散、まだまだ基本的な方剤はあるわな。

漢方薬だって薬には違いないんだぞ。特に漢方薬は処方を誤ると、
症状をかえって悪化させることになりかねない危険性もあるというのに、
自分でロクに調べもせず、言われるがままに訳も分からない薬を口にする
つもりか?
悪いことは言わないから、対面で話をして、ちゃんと納得のいく説明ができる
薬局で買うことが重要だ。
薬日本堂だって、問診に最低一時間はかける。(それでも間違うけど。)
本気で直したいと思うなら、少しぐらい遠くても漢方外来のある病院を探すべき。
>>97には悪いけど、普通の病院・医院で処方できるエキス剤だと、レセプトのチェックが
厳しくなった昨今、なんでも処方できるというわけではない。

ところで、にきび大学は初めて見たけど、ここでもメール相談やってんじゃん。
餅は餅屋って言葉もあるしな。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:27:41 ID:W0mx8zpk
医者が出すっていう話だ

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:38:15 ID:7O1+t92k
漢方知らなくても医者になれる
漢方の見立が上手い人はなかなかいない
だから、ある程度は自分で勉強しないといけない

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/06(水) 22:51:25 ID:7HZ5kk/5
レセプトに記載できるのは西洋医学の病名に沿った処方だけ。
痔や火傷に紫雲膏を処方すると保険適応になるが、アトピーに処方すると全額自己負担。
医者は処方はできるが、保険適応にはならないっていう話だ。>>103


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 01:05:32 ID:pUM4TdO5


。゜漢方薬総合スレッド゜。゜PART.九味檳榔湯
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1150852884/




107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 04:41:38 ID:elzaoVbC
保険適用薬を適用外で出す医者はいない。
どうやって適用にするかは医者ならみんな知ってる。
ツムラを適用外で出す医者はいない。当たり前の話でね。
>>105のような、知ったかぶりはやめたほうがいいだろう。



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 04:47:42 ID:elzaoVbC
それから、できるだけよく読んでからコメントしたほうがいい。

>>100を読むとわかると思うが、

>明日早速すぐ近くにある総合病院の皮膚科?に診察してもらおうと思います。

と書いてあるとおりだよ。2chの書き込みをそのまま信じる人はいない


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 04:52:52 ID:elzaoVbC
>>102 今回のケースでは、以下の3つは該当なし。

>加味逍遥散、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散

おわり

110 :76:2006/09/07(木) 07:45:45 ID:nDuujfhX
すいません、僕のせいで荒れてしまったようで・・・
昨日総合病院へいったのですが外来時間がすぎているとの事で
診ていただくことができませんでした。
薬日本堂というのもググって知ってはいたのですがホームページの
作り方と値段などが表記されていないなどの雰囲気からものすごい高級志向なイメージを
抱いたのでスルーしていたのですが
先ほど改めてホームページを見直したところ僕の住んでいる地域にも
薬日本堂さんがあることがわかったのでそこへ自転車で1時間かけて行ってみます。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 08:36:06 ID:e1ChZk4/
えーっとね、、、ID:elzaoVbCさんよ。

>保険適用薬を適用外で出す医者はいない。
物の例えを知らないかな。俺は小学校で教えてもらったよ?

>どうやって適用にするかは医者ならみんな知ってる。
>ツムラを適用外で出す医者はいない。当たり前の話でね。

あなたの中では当たり前の話かもしれないけど、世間ではそれを知らない
医者がたくさんいるので、全国の病院を廻って教えてあげたら良いと思うよ。
あなたの常識が世間の常識とは限らない。

>>明日早速すぐ近くにある総合病院の皮膚科?に診察してもらおうと思います。

>と書いてあるとおりだよ。

>>76が人の意見にコロコロ左右されるからアドバイスしてあげてるの。
んで、どこの病院でもエキス剤を処方してくれるというものでもないの。
むしろそれを嫌がる医者も時にいるわけ。だから、漢方外来を探すなり、
しっかり問診してくれる薬局が良いっていってるの。あなたは、
「できるだけよく読んでからコメントしたほうがいい。」と思う。

>今回のケースでは、以下の3つは該当なし。
方剤はまだまだいっぱいあって、ほかにも検討の余地があると言ってるだけで、
この方剤に限った話ではないの。物の例え、っていうのを知らないかな?


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 11:00:39 ID:T8U5rxTo
それ以前に・・・ここは体験談についてのスレなので、
質問するんだったら>>106のスレッドとかニキビのスレもあるし・・・

それにしても見事なまでにスルーされているにきび大学カワイソス(´・ω・`)


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 16:26:08 ID:bSAI/FQp
むこうのスレじゃ、ニキビ大学推奨なんだけどなー

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 19:30:50 ID:dei6Peli
>>95の薬はおおむね理解できるが、>>102の3つの薬は、方向性が全く異なる。特に当帰芍薬と桂枝茯苓は全然合わないか、むしろ不調の原因になりそうだが。わかってないから例示するんだろうけどいくらなんでも聞き手は混乱するんじゃないかな。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 20:19:12 ID:Hhy/bgeC
肩こり首凝り更年期で柴胡桂枝湯を飲んでますが、貧血もあり胃も弱いので
加味帰脾湯を併用しても大丈夫でしょうか。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 20:26:25 ID:HO4OlBik
↑医者・薬剤師の実際の意見を詳細に書くとコメントがしやすいと思われる

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/07(木) 22:11:57 ID:tVysGG4X
>111 ツムラを保険適用しない医者は見たことがない。現実にいない。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 00:24:12 ID:MIJYYaeK
>>115さん。
それなら加味逍遥散を使えば如何でしょうか!

119 :76:2006/09/08(金) 16:18:06 ID:fjuA6ADu
漢方店行ってきました・・・・・
なんというか、適当な感じで清上防風等と、加味しょうさんと、ケイシブリョクガンを
だしてもらったのですがイマイチ信用できなかったのでケイシブリョウガンだけ買って帰りました。

あと、誤解されている方がいらっしゃいますけれども僕はこのスレに来る前に
当然ながらググってできるかぎりの範囲内で調べました。
もちろんニキビ大学もまっさきに見ました。
メールをうけつけているところへは片っ端からメールを送ったのですが
どこのお店も違う漢方を薦めるのでどれがいいかわからなくなり
このスレにきた次第です。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 16:39:59 ID:jyL44d3s
ようやく粘着合戦が終わったかと思うところへ燃料投下かよ!!

とどのつまり、最大の釣り師は>>76だった、という落ちですかw


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/08(金) 23:20:45 ID:+ElDNiMC
>>115
>>106>>112を嫁。

>>117
井の中の蛙大海を知らず。引き際を弁えることも大切です。

>>119
>>112>>114のレスは無視か。開き直りと取られても文句は言えない。

122 :76:2006/09/09(土) 00:00:15 ID:76sNNaQo
                    亠ァ厂|        `':,;..:..:.';.     ;'..:..:.,:'
                       ‐个 兀          `:;:.::.':.,   ,':.::.:,:'
`.:`.:''''..:.‐ :.:-:.:...,,,, __   、‐-、        __   ,.‐z_,-、   '':;;:::':, ,...;'::..:,;'  ,,.:':
..:..:...:..:..:...:...:...:.:..:...:...:..:.`_,,ノ └¬、'''.:.:‐:..,,ヾ、__)∠,ィク /,、   ';:''..:.:..:..:.:..:.'':;'':.:.,;.
.:..:...:..:..:...:...:...:.:..:...:...:..:.ヾ、_   <^'".:..:..:.:..: <`ヾ´~_  _~´ 〉'''':.::.;':.::...:.:..:..:..:...:.:.';' ,,
..:..:...:..:..:...:...: ,,;,;,;,,;:..:..:.:.:..: / /\ `ヽ、..:..:.:..:..:_ブ∧ ‐ ‐ /.:.:..:,;,::';..:..:..:.:..:..:..:...:.:.:''´:.:
:..:.:..:..,.:-〜' , 、m_)°.:.:.'ー-'..:..:..:`ー--',,;,;::.:.:ヽ、_i (_,/しヘヘ_) ´  '::;.:.::.:..:..:..:..:.:..,;'` ''
,;,,;,;/  <て_;:、。.:° ‐ '''' " ´ ´               ,;:''.:.:,:'' :;,._.:,;.,、:.'':.,,_
  / r'7ァッーヘ、_) ゚                      ,,:''.:.:,:'' , -〜''ヽ‐-‐、.:.:.''
-く  レ'/〈 °   。     ,ヘVフヽ、          ,,:''.:.:.:,:''  (_,ヘ、     ⌒
  V巛〈 ヽ  , 〜''ヽ    / e ヽノ\ヘ.      ,,:.''..::.:,:'' 。     と_刀Tゥー
_/ ヾ ヽ、 Y ァ个〜'。゚  ,少ー- 代ヽ、 ヾゝ   ,,.: '':.:/ヽ、' 。 ゚ (⌒⌒ー-く ノノ,!j
 {.   \ Y巛〈       ) lfgレ゙く  \''.:.::.:.:.:/ / 入 ゚ 。 `〜<ヾヾ、,`⌒ 〜
_, ヘ、  ヾ{ ヾト、      'ヾゝャgメl`   ヾヨ /〃/ _,,>    〉〉ノ `厂丁`
   \  \  ヽ、    `ゞへmfi_  ゞdf‐ '' ´      ////  ノ
─〜 ⌒ヽ、  \   ヽ、    ´`'‐ニ世三r<k´       _,,ノ,〆   /
    __,, へ、 \   ` ー- 、__      _,, --‐‐ ''´     _ - ´  /
 ̄ ̄      \  ` ー- 、 _     ̄ ̄ ̄       _, -〜< -一 ブ
          ヽ、、       ̄` ー─----── ´ ̄    _ -一 ´


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 02:39:42 ID:Wbd5+ixU
ツムラの顆粒を保険適用させないで、処方する医者はいない。これは当たり前の事実。

ツムラを保険適用させないで処方する病院が存在するというなら、
具体的にどこの病院か、指摘しておいたほうが皆の参考になると
思うが

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 03:35:10 ID:XeshVq1f
>>115
肝血が不足すると食欲はいくらかあるが、疲れやすい、凝り、頭痛、動悸、目まい、不眠、
不安などの症状、女性であれば月経異常や更年期症候群と言われる症状がみられ、
ホルモンの失調で熱くなったり寒くなったりする事もあります。
この様な症状には『加味逍遥散(当帰・芍薬・朮・茯苓・柴胡・甘草・牡丹皮・
山梔子・薄荷・生姜)』が良いと思います。
柴胡桂枝湯も適応範囲の広い漢方薬ですが、加味逍遥散も適応範囲が広く
更年期障害と言えばこの漢方薬と言われる位です。
貧血、胃腸障害があるとのことですが、それなら、地黄、阿膠を加えて
服用すれば良いと思います。加味逍遥散加地黄・阿膠です。
一度試して下さい。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 11:00:57 ID:Ye9RVxj+
まじめなかいとおだな

126 :淳ちゃん大好き ◆A4jsQTgi.Q :2006/09/09(土) 12:57:55 ID:SXJu9CAW
>>123


い く ら な ん で も し つ こ い と 思 う。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 15:01:32 ID:QODjcYLw
誤解がないように、ということじゃないか。>>123の指摘は正確だと思うよ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 16:18:06 ID:mYTzZsy6
でもさ、引き際は重要じゃマイカ?これではいつまで経っても他の人が
書き込めない
喧嘩やるなら他でやってほしい>粘着合戦

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 16:50:24 ID:BiSmMiCT
つりでも別にかまわないが、76の質問者は
このような子供に使われる重要な方剤が、
3つほど出てきていないことには気がついていないだろうな。
>その他にも
と書いた人はおそらくそれが何かわかってると思うけど、
結局答える気がしなくなるのはわかる気がする。
荒らしもいいが無料で答えてる人には
それなりにコメントしたほうがいいですよ
もうこの質問に関してはおわりにしましょう。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 19:39:20 ID:XeshVq1f
>>115さん。
柴胡桂枝湯と加味帰脾湯の併用は問題ありません。
保険も効きますので安心して構いません。

131 :115:2006/09/09(土) 20:00:34 ID:6bbDPLr7
解答ありがとうございます


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 21:07:24 ID:YDmsKBWH
>>118
おれは回答したものではないが、>>118に同意しておこう。
およその体質もわからない以上、このアプローチのほうがまとも

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 01:57:25 ID:3Yt9W9F3
>>92さん。
読ませてもらいました。それなら黄蓮解毒湯が良いのではないでしょうか?
便秘傾向が強く顔やその周辺に吹き出物が出る人は、胃熱の亢進、または
胃熱の上逆があるのではないか、と推察されます。配合されている大黄が
便をゆるくします。また、不眠とは言えませんが、途中覚醒がある人は
躁(躁・鬱)の傾向を持つと思います。
実熱を冷ます(清熱)漢方薬で頻用されます。

134 :↑補足。:2006/09/10(日) 02:05:32 ID:3Yt9W9F3
続き⇒黄蓮解毒湯、三三黄瀉心湯等の清熱剤を湯剤(煮出しタイプ)
として使う時はチョッとしたコツがあります。
まず生薬を湯呑みに入れ沸騰したお湯を注ぎます。5〜10分放置して
いると、だんだん明るい黄色になります。ここで滓を茶漉しで取り去り
、別の器に薬液を移します。そして大切な事で、これに氷をいれ冷たく
します。冷やすと更に絵の具をといたように鮮明な黄色になり、これを
服用します。温かいものを服んでは効果がありません。

丸薬の場合(黄蓮解毒丸、三黄丸:三黄瀉心湯の生薬末を
丸剤にしたもの)は必ず冷水で服用して下さい。


135 :↑訂正。:2006/09/10(日) 02:06:49 ID:3Yt9W9F3
三三黄瀉心湯⇒三黄瀉心湯。



136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 06:17:11 ID:XNuL8OzX
>>130の併用は、通常やらない組み合わせと思うが、なんで問題なしなんだろ?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 13:46:51 ID:3Yt9W9F3
そうですね。あまりこの様な併用はしませんが、飲んで問題があるのか?
と言われれば問題はありません。

柴胡桂枝湯は適応範囲は広い漢方です。
昔、分からなければ柴胡桂枝湯を出しておけ!と云われたものですが、
それ位どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。
ただ、スペシャリストとしては力不足です。

そこで脾胃を補うと云う作用を強める意味で補中益気湯や、その類方である
加味帰脾湯を処方することもあります。

二つの漢方を用いる時、桂皮(桂枝)や、柴胡、香附子、麻黄等が重複するの
は良くありません。
上記の二つの漢方には、柴胡が重複していますが、この場合は重複しても
配合率が少ないこと、目的が違うことから併用しても全く問題ありません。

柴胡桂皮湯は清熱開表の目的が、加味帰脾湯は補気剤(脾の裏に通じ甘温
の作用)の目的が主になっていて、方向性の違いがあります。

余談ですが、加味帰脾湯は白血病/紫根にも効果があります。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 14:52:13 ID:5ygV7cGh
問題は柴胡桂枝湯との併用じゃないか。
この薬は、単独でも合わない場合は激しい症状が出る薬なんだが。
簡単な証の見極めは必要じゃないかと思うぞ。

>それ位どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。





139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 15:02:31 ID:5ygV7cGh
138だけど、自分の意見は、138で完結にします。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 16:27:33 ID:Qj+Ieh3Q
>137の人よ

>配合率が少ないこと

参考までに柴胡の配合比率だしとこう
こういう話は事実が大切だと思うんで。
@2.0g

A5.0g
B3.0g

@は補中益気湯の場合、これは参考。A+Bが、今回の柴胡桂枝湯と加味帰脾湯。
つまり合計で8g。どこが少ないのか?


141 :137:2006/09/10(日) 16:49:19 ID:3Yt9W9F3
いえいえ、指摘して頂いてありがとうございます。
その通りなのです。
病態がどこまで達しているか、というのを東洋医学では
望・聞・問・切で診ます。
その結果を総合して判断するのが大切です。
様々な病因が複雑に絡み合っています。
その中で最も大きな要因はどれかを知らなければなりませんから。
特に漢方では腹証を診ます。

『柴胡桂皮湯』が広く適応され苦情も来ないのは、半表半裏証(横隔膜
に隣接する臓器で、胃、肝、脾、肺、肋膜、心、食道気管支などの病態)
に対して効果のある生薬がバランス良く配合されている処にあります。
殆ど病態には半表半裏が関わっています。

風邪に限らず胃、脇腹などが痛む時、新薬の痛み止めでは、殆ど効果
のない場合、柴胡の配合された処方を服用すると見事に治ることが多く
みられます。
病が胸郭にあるという科学的証拠はありませんが、治癒の結果から、
仮説に正当性が得られる、と理解しています。
風邪などの熱性疾患はじめ肝炎、胃炎、胆嚢炎、腹膜炎、慢性膵炎、
大腸炎、鼻炎、中耳炎、神経痛、ノイローゼ、不眠等に広く使われて
います。


142 :137:2006/09/10(日) 16:59:19 ID:3Yt9W9F3
補足≫
証が合うと、非常に早く効果が現れます。
漢方薬は長く服用しないと効果がない、というのは必ずしも
正解ではないと思います。

病態が改善される過程で今迄服用していた漢方の効果が
薄れることがありますが、これは証が変わった場合も
多いです。

どの時は、掛かりつけの漢方薬局や、医師に聞いてみて下さい。

143 :137:2006/09/10(日) 17:00:33 ID:3Yt9W9F3
訂正≫どの?時⇒その時。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 18:22:32 ID:JysnR6OL
いや柴胡は、合わない人には合わない。正確に言うと、必要ない人には必要ない。
合わない人に、柴胡桂枝湯を処方すれば当然不調を引き起こすケースは出てくる。
市販の本の情報がすべてではないんでね。

145 :137:2006/09/10(日) 18:34:16 ID:3Yt9W9F3
失礼しました。140さんの言う通りです。

柴胡の大量長期使用では、疏泄過多がおこり気津を消耗する恐れがあるのは
本当です。
ただし、芍薬・地黄・当帰・麦門冬・天門冬・玄参などの滋陰補血薬を
必ず配合します。
それにより柴胡の作用が極めて緩和されます。
その結果、力価(その薬が効果を表す為に必要な最低限の血中濃度のこと)
は大して高くなりません。

それと湯剤を調剤している漢方家の間では、エキス製剤の濃度に対する疑問
をもつ人は多く、湯剤の1/5程度の濃度というのは、ほぼ定説となっています。


これをメーカーの誤魔化と取るのではなく、製造工程で揮散する精油成分や
変質する成分、技術上抽出されにくい成分があるからと考えています。
原典に丸・散で服用の指示のある処方は、有効成分に油性成分があり
水性エキスとしては抽出され難いのが現実です。
ただし漢方エキス製剤は手軽、便利、持ち運び可能等の利点もあります。

中医は日本の処方の3〜5倍量を使う、重症や、即効を得たいときは
それくらい使う必要も感じます。
漢方を学び始めた頃は気候風土の違いがある為、と思っていましたが、
そう言い切れない場合も多いこともありました。
これからするとエキス製剤は1/10〜1/20程度でしかありません。

最近煎じると部屋が臭くなるということで湯剤を敬遠する人が増えつつ
あります。煎じる面倒さも理解出来ます。
それでも苦しんでいる方は、湯剤を選択します。
儲けにはなりませんが、湯剤を敬遠するくらいが健康でいいのかも知れません。


146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 21:08:58 ID:/rKl/4Sd
たぶん137の人は、医療職というより読書家、
柴胡桂枝湯を自分でも常用した経験はないのではないかと


147 :137:2006/09/10(日) 21:33:34 ID:3Yt9W9F3
自分で使わない漢方はお勧めしません。誤解です。
様々な人がいますから、考え方も様々です。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/10(日) 21:58:32 ID:21KHECJM
説得力に欠けるという話でしょ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 01:58:47 ID:quXWL7hb
>>137
相手にしない方が良いかと。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 05:25:08 ID:RelYBPpw
いや柴胡は、合わない人には合わない。正確に言うと、必要ない人には必要ない。
合わない人に、柴胡桂枝湯を処方すれば当然不調を引き起こすケースは出てくる。
市販の本の情報がすべてではないんでね。


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 08:18:15 ID:opzt7Jqc
ま た お ま え か

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 16:39:37 ID:LNCRO/z7
いるいる。人の言うことに、とにかく口を挟まなければ気が済まないやつ。
持論に執着するのも程々にね♥


153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 21:39:05 ID:rLNxlwB7
>>146
アンタ邪魔!
誰もアンタに聞いてない!





154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 22:20:52 ID:aHyYRYhf
トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ

トウキシャクヤクサン

水虫が治りました。

冷え性で処方してもらっていたのですが。


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 22:59:20 ID:U5Cg1c+s
これって、異病同治ってやつ?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/11(月) 23:08:36 ID:fRJ1/NeF
「柴胡桂枝湯を処方すれば当然不調を引き起こすケースは出てくる」というが、
具体的にどのような不調を引き起こすのか、指摘しておいたほうが皆の参考になると思う。
特に、市販の本には載っていないような例がいい。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 00:32:05 ID:nmuIvY7M
桂枝湯を投与するなら、証を見極めなければならない。
小柴胡湯を投与する場合も証を見極めなければならない。
小柴胡湯で肺炎が起きる場合もあるからな。
だから、2つを合わせた、柴胡桂枝湯も、当然
証を見極める必要がある、いうことでしょう。
どんな人にも合うわけないじゃん


>>137
>柴胡桂枝湯は・・
どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。

これ↑は、中学生でもヘンだと思うぞ。
専門用語を使いたがるヤツは素人、というのはホントだな。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 01:22:22 ID:nkBTva87
最近素人のスレ増えたからね

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 03:13:34 ID:cnsY9pB6
>>157
邪魔!

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 03:18:41 ID:cnsY9pB6
苦情の話じゃねーんだよ!バカ!
早く本にない例を挙げてみろ!


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 05:26:52 ID:UvRLBhhl
桂枝湯を投与するなら、証を見極めなければならない。
小柴胡湯を投与する場合も証を見極めなければならない。
小柴胡湯で肺炎が起きる場合もあるからな。
だから、2つを合わせた、柴胡桂枝湯も、当然
証を見極める必要がある、いうことでしょう。
どんな人にも合うわけないじゃん


>>137
>柴胡桂枝湯は・・
どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。

これ↑は、中学生でもヘンだと思うぞ。
専門用語を使いたがるヤツは素人、というのはホントだな。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 06:01:15 ID:cnsY9pB6
ま た お ま え か


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 06:15:32 ID:t0uhvVwC

ここも間違い
>上記の二つの漢方には、柴胡が重複していますが、この場合は重複しても
>配合率が少ないこと、目的が違うことから併用しても全く問題ありません。


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 08:04:38 ID:rGYrJXlZ
市販の本に載っていない具体例を早く挙げてください

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 09:15:03 ID:cnsY9pB6
>>163
アンタに残された道は、本に載ってない具体的な例を挙げる以外になし!
早くやれ!

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 14:57:45 ID:cnsY9pB6
>>163
まだ、挙げられないんだ!
よく非難出来たな!
無謀ってかホントのバカじゃん!


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/12(火) 20:31:32 ID:JLQ6XE+J
>柴胡の大量長期使用では、疏泄過多がおこり気津を消耗する恐れがある

これも間違いじゃないか。気は消耗しない >>145

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 00:14:43 ID:dOPyc5Tr
>>161,163,167
早く挙げろ?
揚げ足取って非難したって無駄!
137に嫉妬してるだけじゃん!
オマエ何聞いても答えられないじゃん!
137は答えてたじゃん!
見てりゃ誰でも気付く!

137は答えてたぞ!

何時間掛かってんだよ!

オマエ、答えろ!




169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 00:40:59 ID:e+Gmu2bn
>>161で間違いない。反論できない。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 01:09:32 ID:MSV7ptn5
>柴胡の大量長期使用では、疏泄過多がおこり気津を消耗する恐れがある

>>145の、柴胡の大量長期使用で気を消耗するなら、どんどん衰弱していくことになる。
こんなでたらめは中学生にも通用しないと思います。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 02:24:35 ID:dOPyc5Tr
イイから早く具体的な例を挙げろよ!バカ!
聞かれたこと答えろよ!カス!


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 02:31:27 ID:dOPyc5Tr
>>169、170
市販の本には載っていないような例がいい。
って質問に答えない限り、何言っても説得力なし!


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 05:26:09 ID:cs4EoJeU
桂枝湯を投与するなら、証を見極めなければならない。
小柴胡湯を投与する場合も証を見極めなければならない。
小柴胡湯で肺炎が起きる場合もあるからな。
だから、2つを合わせた、柴胡桂枝湯も、当然
証を見極める必要がある、いうことでしょう。
どんな人にも合うわけないじゃん


>>137
>柴胡桂枝湯は・・
どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。

これ↑は、中学生でもヘンだと思うぞ。
専門用語を使いたがるヤツは素人、というのはホントだな。


174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 05:36:43 ID:dOPyc5Tr
ま た お ま え か


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 05:40:02 ID:flBn/xAa
間質性肺炎に柴胡桂枝湯は効くのですか

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 05:57:05 ID:dOPyc5Tr
>>173
同じ文章の羅列しか出来ないのかよ!
早く答えろ!カス!
質問に質問で答えるな!カス!
バカか、オマエは!


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 06:05:10 ID:xtHUJWYc
しろうとはもういい

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 08:00:13 ID:QKsS83Z5
もういいじゃん。結局、答えられないってことがわかったんだし。
大口叩いてた割には、一番の知ったか君が誰だったかはみんな知っているんだから。

おしまい。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 12:54:05 ID:WnlXwYvR
誤解がないように、ということじゃないか。>>156の指摘は正確だと思うよ。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/13(水) 19:21:21 ID:XL1lzwmk
そもそも 証を選ばずどんな病態の人にも使える漢方薬なんてあるのか

181 :137:2006/09/14(木) 02:42:54 ID:6sbSj+zG
私の書き方も悪かったのかも知れません。
柴胡桂枝湯はどんな病態にも効くわけではありません。
ただ、この漢方を処方して苦情が来たことはないのは本当です。
用途範囲がかなり広い、と言いたかったのです。
済みません。

下記が私の考えです。

西洋医学と東洋医学を分かつもののひとつに熱の病態と位置があります。
とりわけ西洋医学にはない特徴的な働きを備えているものが和解剤で
す。半表半裏証(少陽病)とは発熱性疾患の経過中にみられ、発熱、
往来寒熱、胸脇苦満、胸脇部痛、口苦、悪心、嘔吐、咳嗽、咽乾、
食欲不振、眩暈などの症状が見られ、これらが肝炎の症状に類似する
ため、肝臓病薬と混同して用いられたものと思われます。
病位が胸膈にあるため発汗法も瀉下法も応じないため熱を中和する和解法
を用いますが、その代表処方が小柴胡湯です。
医療用として肝炎に使われ続けましたが、間質性肺炎の副作用発生以来、
自粛気味になりました。「小柴胡湯=肝炎」と短絡視はできず、当然
肝臓病の特効薬でもありません。
小柴胡湯を西洋医学的に運用し一定の成果をあげた報告もあり、それを
無視することはできませんが、拘泥してもいけません。
あらゆる病態を網羅できる漢方薬などありはしません。



182 :137:2006/09/14(木) 03:06:35 ID:6sbSj+zG
この他の生薬、または症状についても、何でも起り得ると思っていたほうがよい、
と思います。
大黄で腹痛、麻黄で不眠、地黄で胃部不快や吐気、人参で血圧上昇、石膏で胃部不快、
稀にではありますが、附子でしびれ、のぼせの副作用発現がありました。
附子とはトリカブトですが、これで殺人事件もありました。
トリカブトの極量が0.5gで致死量が2gといわれます。最初は焙(ほうじ)
附子を恐る恐る0.1gくらいから使い始めましたが、やがて慣れるに従い
2〜3gを使うようになりました。更に採集した強力な烏頭を使うようになりまhした。
これをフライパンで焙じる時は唇や顔がしびれるほどでです。
加熱により附子の成分(アコニチン)は弱毒化されるので、附子の配合された
薬方はより長く煎じなくてなりません。

『附子』、特に注意するべきは妊婦の服用です。
温熱作用、鎮痛作用、強心作用とともに走鼠作用という体中に薬効を巡らす作用
で、流産の危険性もあります。

他に妊婦の禁忌生薬を参考までに

妊婦に禁忌≫
芒硝(硫酸Mg)・センナ・莪 朮・桃 仁・牡丹皮・紅 花
牛 膝・麝 香

妊婦に慎重使用≫
桂 枝・麻 黄・牛 黄・大 黄・木 通・乾 姜・枳 実

東洋医学会の報告では、漢方薬の副作用の78%が投与後3日以内に現れ、
10日以内に全例が出現している事が多い、と云うことも付け加えて記しておきます。



183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 05:46:49 ID:5fPkNhQS
素人はもういい

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 05:51:37 ID:5fPkNhQS
この薬は、単独でも合わない場合は激しい症状が出る薬なんだが。
簡単な証の見極めは必要じゃないかと思うぞ。

>それ位どんな病態の方にも効いて苦情が来たこともありません。


185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 05:53:36 ID:5fPkNhQS
オレが見ている限りで、柴胡桂枝湯は安全だというような、誤解を招くコメントは否定するつもりだ。苦しむのは合わなかった人になるからな。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 08:00:20 ID:VU6BtRJJ
>>185
オレが待ち望んでいるのは、そんな誰でも言えるようなありきたりな回答ではなく、
市販の本には載っていないような例だ。苦しむのは合わなかった人になるからな。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 11:32:00 ID:mPkNaozQ
>>137は真面目にレスを返しているが、ID:5fPkNhQSはただ突っかかってくるだけで、
ろくな回答すらできないチキン野郎ということになるが、良いかな?

>市販の本の情報がすべてではないんでね。
だって。口先カコイイッ!!

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 12:34:08 ID:Y/gO1ICF
>>182
そもそも烏頭は強力な劇物だから、煎じて飲むもんじゃないだろ?
おれは半紙に染み込まして貼り薬にしてるぞ


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:27:32 ID:wJzHver6
この人の内容に指摘が多いんで読み返してみたが、>>58も間違いかと。

>三黄瀉心湯は効果としては黄蓮解毒湯と変わりませんが、効き方は
断然、三黄瀉心湯の方が早く強く効きます。

効果が変わらないなら、2つの別々の薬として存在しないはず。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 19:51:43 ID:PFl6JkKr

ま た お ま え か

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/14(木) 20:01:44 ID:4qp7eBPo
>>137さん >>170でも間違えてるという指摘がありますよ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 03:24:21 ID:cZAFXxzV
>>137
相手にしない方が良いかと!

自分は質問に答えられず、相手の揚げ足しか取ってない。

コイツ、きっと世間じゃ相手にされてない!

わかってるとは思うけど。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 04:41:22 ID:EmL2Zi8L
>>192
そう!書かなくてもわかってると思う。

俺も多汗症で困ってたけど、137の処方で漢方薬を
注文して効いたしね。
効いた結果が全て!
非難だけの能書き野郎が何ホザイテもクソだな!

治せるヤツじゃないと信用しないし、イラナイ!

どっかイケ!目障り野郎!

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 05:41:26 ID:0nUB32C8
>>137さん
柴胡桂枝湯と補中益気湯も併用しないほうがよいでしょう。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/15(金) 09:32:21 ID:chaB0ybw
わかりやすい自演だな

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 02:08:18 ID:nGBxEZuV
漢方に疎い人はだまされやすいので注意。
2chではこういうふうに↓考えるといいですよ。

・専門用語を使いたがるやつは素人。
・丁寧な文章は、それ自体、内容の正しさを証明するものではない。


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 03:02:12 ID:Mg8EId1+
>>196
丁寧じゃない文章を使うヤツは正しいの?
何で専門用語を使うと正しくないの?

何書いても無駄!

質問にも答えられないヤツが何書いても説得力全然なし!
揚げ足とりのクソのくせに!




198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 03:50:50 ID:yTGlUe4h
わかりやすい自作自演だな137よ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 05:44:33 ID:Mg8EId1+
>>198
テメエと一緒にするなよ!
バカ!

わかりやすい自作自演だよな!バカの一つ覚え(爆)

ホントのバカ?
テメエじゃ一生わからんね!

治すことが出来ん口先だけのバカ男にはな!

俺はな、信じたヤツを絶対裏切らん!
多汗症って結構、大変だったんだ!

137は治した!医者に掛かってても治らなかった多汗症を
漢方薬でな!

オマエに出来るのか?
腐れ外道!




200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/16(土) 06:53:08 ID:20IUBStG
>この漢方を処方して

よりは、>>181の場合は
この漢方薦めて
この漢方を差し上げて

のほうがよいかと。
処方するのは医師免許が
必要なんで

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 00:37:50 ID:T3btwPtQ
別に医師免許は必要ないよ。一部の医療薬だけ専門医の資格がいるだけでしょ?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 03:00:33 ID:P0y4N9CI
このスレはひどい素人スレだな


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 13:40:47 ID:GnXVL4n7
総レス数 203

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/17(日) 22:58:18 ID:6In2X2Ah
玄人自称の知ったかクンがついに逆ギレ

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 03:02:04 ID:JRRlfgpV
お前に何も言う資格なぞない!

質問されたことに答えられさえも出来ないお前にはな!

答えられないから、自信がない!

逃げてるだけ!

どうせ何も出来ないんだろう?(爆)

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 08:02:11 ID:QoFTsyEv
>>189
これ恥だよ!
>三黄瀉心湯と黄蓮解毒湯の効果が変わらないなら、2つの別々の薬として
存在しないはず。

臨床経験が全くないのが良くわかる。
屁理屈以外の何者でもない!
実際、使ってみれば直ぐに分かる。

素人が知ったかぶりしないこと!
生兵法は怪我の基

黄連解毒湯が下方の出血に用い、三黄瀉心湯が上方の出血に用いるとされて
るが、配合生薬が似ているので、それほど区別する必要もない。
ただし、切れ味は、断然、三黄瀉心湯。

漢方の臨床家なら知っていて当然!


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 09:21:13 ID:ynDtBEfI
>>139 補中益気湯と柴胡桂枝湯は併用しない

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 11:34:32 ID:Ae27b5uH
併用しない理由は?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 11:57:46 ID:sSd7hpcH
プロだからさ。当たり前じゃん。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 13:57:36 ID:pTUNqccy
これはいわゆるつりってやつかもしれないが、一応解説すると、
黄連解毒湯は三黄瀉心湯とは、別の出典の別の薬です。
日本で保険適用されたのも、15番の黄連が先で、112番の三黄は
当初は保険適用されていなかった。(今は両方適用されている)
黄連解毒湯と効果が変わらないなら、三黄瀉心湯をわざわざ
保険適用薬として、追加する必要はないのではないかな。
専門家なら鑑別するでしょう。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 14:00:08 ID:pTUNqccy
失礼 No113 ↑でした。三黄瀉心湯。

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 22:42:55 ID:QoFTsyEv
>>210
専門家なの?

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 05:24:01 ID:Py+ftId7
漢方薬と話せるビックリ人間です^^
気軽にかけて☆

スカイプID:ninjya27


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 11:27:28 ID:uoW62yw5
六君子湯と香蘇散が手元にあるのですが、
併用したら、香砂六君子湯と同じ効果が得られますか?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 22:00:02 ID:vTfbmR36
漢方薬局で漢方かうと高すぎ。。学生には辛い。
だから漢方専門の内科とか皮膚科で処方してもらうのが一番だと思う。
近所に煎じ薬も保険内でだしてくれるとこがあったから明日いってくる

216 :212:2006/09/20(水) 04:46:53 ID:6e6tYftW
>>213
薬剤師の免許は持ってるよね?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 12:32:35 ID:v5tVaTTm
ストレスで高眼圧症と重度アトピー性皮膚炎になりましたが、高眼圧症のため
ステロイドの内服ができず、七転八倒してたが加味逍遥散+四物湯で驚くほど
良くなった。
ありがたい。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 12:55:49 ID:zoEAaPRo
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1142641693/
ここはひどいな。
適当なレスが言い放題。。。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 16:57:01 ID:YU8wefA2
胃弱でも加味逍遥散は飲めますか?
当帰シャクヤクサンは胃にくるので飲めません。

220 :212:2006/09/20(水) 19:04:50 ID:6e6tYftW
嘘?薬剤師の免許持ってないの?


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 09:58:56 ID:yAcCkv3J
漢方って一時的に良くなったり、悪くなったりして次第に回復していく場合もあるって本当ですか?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 20:53:14 ID:jLz5eH3Y
自分でしらべろ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 22:26:45 ID:HYrDL3ZS
>221
それもあるみたいだよ。
医者にそういわれた

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/24(日) 23:42:56 ID:y5Gs07d1
>221
漢方じゃなくてもそう言うこと有るよ

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 11:12:11 ID:cN63tPFv
皮膚系の病気なんかは酷くなる→回復に向かう、がよくあるらしい。
体の毒を排除するためにぼつぼつがでる。
薬を飲んで皮膚からも下からも全部だしてしまうのが治療らしい。
だから外見上悪化することもあるらすぃ。
怖かったらしっかり相談せい。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 00:36:59 ID:zlTjOg6X
皮膚症状の場合には確かにあるわな。
他はないと考えていいかも

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 06:44:08 ID:r3dGs5zy
好転反応ってやつですね

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 19:52:59 ID:tTpJM8Vs
好転反応といえばそれはまあそうなんだが、
いわゆる瞑眩(=好転反応)のように、
薬の飲み始めで起きる不調ではないんだ。
薬をしばらく飲み続けて、起きるようなケースなんだな。
治ったあとだと、治癒に至る前の段階だとわかるんだが、
悪化してるときはびっくりしてしまうのが普通だわな。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 10:20:10 ID:ckp1mKTl
治打撲一方なんかだと、下痢になって、打ち身なんかの痛みがなくなる。
でもこれもちゃんと服用前に説明しないと、飲むのやめちゃう人とかいるだろうなぁ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 20:27:13 ID:co0LOiWI
わたくしめは漢方を飲み始めの頃、2日くらいは水下痢でした。
今は慣れたのか何を飲んでもないみたいだけど。

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 19:14:07 ID:ntOX3IG9
肩こり首凝り、めまいふらつき胃腸の弱さで真武湯と桂枝湯を処方されました。
とりあえず半分ずつから混ぜて飲んだのですが、
一時的に胃や背中が痛くなり、だるくなってしまいました。
このまま飲んでも大丈夫か不安です…

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/05(木) 23:21:01 ID:OQfAj6Bl
気分を落ち着かせる為に沈香・玉露煎じて飲むと良いと言われましたが本当でしょうか?

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 05:12:15 ID:NX1z22NJ
詳しく

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 07:20:56 ID:fYAlWvHK
232
ですが、子どもの疳の虫および、軽い鬱状態の時に聞くと言われましたが、
沈香・玉露の配合割合は、凡そ茶匙3杯の玉露に茶匙1杯の沈香と聞きました。
沈香の代わりに、白檀でも良いと言われました。
漢方ではなく、宗教的呪いの類なのでしょうか?



235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/06(金) 09:17:20 ID:NZKrjy0r
あまり難しい事を考えても無駄だよ。
まず騙されたと思って「六君子湯」を飲んでみれー。
ここら辺りが一番間違いない。

236 :231:2006/10/06(金) 21:01:32 ID:pZ1ZG8o9
その後寝るときにも、体が熱くなって手がしびれなかなか寝付けませんでした。
やはり合わないということでしょうかね…

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/07(土) 10:18:34 ID:xbOTtYMi
購入店はどこですか

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 13:21:32 ID:SWzhJ2d0
最初飲み始めた二週間くらいはみるみる回復したのに
また悪化し始めた
一体あれは何だったんだろ…

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 06:12:24 ID:Nv1Tql9C
病名 症状で薬を選ぶと良くあること。証が合ってないんだよ。
だから見当はずれの様な六君子湯などが好いって言ってるんだよ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 20:29:48 ID:gQKfgqCc
見当はずれとはいえないと思うぞ

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 11:47:09 ID:k8kD1n4j
胃がなんだかふくれて、硬くなって気持悪いんですが、
こういうときも六君子湯は効きますか?

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 12:20:51 ID:bcKQNVNR
ああ、もちろんだ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 14:53:21 ID:OGS5FVEl
なあみんな山歩いていたら鹿の角を見つけたんだが。こいつは漢方だよな?売るとしたらいくらくらいするもんなんだろ?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 06:43:58 ID:gcEphxGM
214
さんの薬、鬱病に効きます。飲んでるんですが。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 14:02:50 ID:e+t5Rhh+
>>244
鬱で不安感があるときにも効きますか?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/13(金) 20:25:45 ID:0CUhxzoq
245
さん、毎食前に飲んでいます。なんか食欲のないのが、これを飲むと食欲
がでます。食後は抗鬱剤エチセダンを飲みます。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 14:16:40 ID:xJ6kE0w8
若い鹿の角じゃないとダメらしいよ?>>243

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 20:53:41 ID:vd1UaaVC
フリーメールアドレス出せば当専門店よりご連絡します >243

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 10:41:31 ID:Aee2tOQd
朝目が覚めるとすぐにお腹がグルグルキューと痛くなって下痢します。
午前中は水下痢状態… 足に力は入らず不安な感じです。
今手持ちに六君子湯、人参湯、安中散、ゴシュユトウ、香蘇散、柴胡桂枝乾姜湯、
ハンゲビャクジュツテンマトウとあるのですが、飲むとしたらどれが適切だと思われますか。
参考までに教えてください。
今現在は加味帰脾湯と桂枝湯(更年期?による肩こり不安のため)を飲んでます。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 11:26:16 ID:PF6IxeLp
>>249
イロイロ持ってるねー。
マー、先ずはサイコの入ってる加味帰脾湯を止めた方がいいんでない?
柴胡桂枝乾姜湯も薦められないねー。
人参湯でも試したら。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/16(月) 14:22:42 ID:mqS0hAY0
>>250
早速ありがとうございます。
やっぱり、柴胡の入ったものは今きついですよね。
肩こりはひどいので桂枝湯に人参湯を試してみます。
でも、精神不安の症状もつらいです…

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 20:43:22 ID:PmOHnYWQ
>243みたいな人から時々売り込みの電話あるんだけど
普通の生薬屋はそんな得体の知れない人から買いませんよ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 23:04:30 ID:dxBIfV++
>>30
蜜蝋でなければ木蝋なんかを使うのですか?
それとも>>32の言うように固めず液状で使うということ?
良かったら教えていただけませんか。

質問スレと迷ったのだけどここにレスしてあったので。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 09:42:56 ID:HXN798Vo
トウキシャクヤクサンとケイガイレンギョウトウは
併用しても大丈夫でしょうか?
風邪から耳管狭窄症になってしまって、漢方薬局
に相談したらケイガイレンギョウトウが出ました。
トウキシャクヤクサンは生理痛のため前から服用してるのですが…。
一週間後に会社の健康診断があるので、血液検査に変な数値が
出ると嫌なので、どうしようか迷っています。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 10:18:24 ID:R9Z4F2+u
>>254
荊芥連翹湯はサイコ剤だからあまり感心しないな。
桂枝湯当たりの方がいいよ。


256 :kannpou ◆5uGe0yeQxg :2006/10/21(土) 12:06:48 ID:VC0uF0W9
>>254
トウキシャクヤクサンとケイガイレンギョウトウは
併用しても大丈夫でしょうか?

耳の不調が直るまで、ケイガイ単独で。
直ったら再開で可。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/21(土) 21:58:45 ID:EFQZm+Kp
そんなことより、ちょいと聞いてくれよ、>>1よ。
昨日、あるホテルで高島易断の鑑定会やったんです。鑑定会。
そしたらなんか人がめちゃくちゃ少なくガラガラなんです。
で、よく見たらなんか貧乏臭い客がいて、「運勢鑑定3000円ですよね」、とかほざいてるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、運勢鑑定如きで普段来てない高島易断に来てんじゃねーよ、ボケが。
御祈祷だよ、御祈祷。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で高島易断か。おめでてーな。
よーしパパ運勢鑑定頼んじゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、3000円やるから帰ってくれと。
高島易断ってのはな、もっと金持ちが来るべきなんだよ。
テーブルの向かいに座った奴に因縁話吹っかけてもおかしくない、
乗せるか逃げられるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと別の客が来たと思ったら、そのうちの一人がまた、3000円ですよね、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、3000円の鑑定なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、3000円の、だ。
お前は本当に3000円の鑑定を受けに来たのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、3000円の鑑定って言いたいだけちゃうんかと。
高島易者の俺から言わせてもらえば今、高島易者の間での最新流行はやっぱり、
年間36万円の因縁切りの御祈祷、これだね。
2年分72万円。これが通の頼み方。
御祈祷ってのは金がまとまって入る。そん代わり手間が掛からない。これ。
で、それに1年分100万円の特別祈祷。これ最強。
しかしこれを勧めるとと次からカモ(客)に警戒されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前ら貧乏人は、近所の神社でオミクジでも引いてなさいってこった。

【霊感商法】高島易断【被害者多数】
http://charm.log.thebbs.jp/1142570964.html


258 :254:2006/10/22(日) 09:34:51 ID:CsjWkACy
>255
ありがとうございます。
ケイシトウですか?それは処方されなかったですが
そっちのほうが効くのでしょうか?
>256
ありがとうございます。
トウキシャクヤクサンは止めておきます。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 11:21:49 ID:ChIpWny7
桂枝湯は耳管狭窄症に直接的に効果が有るものでは有りません。
当帰芍薬散との併用で体調を整えて自己治癒力で耳管狭窄症を治そうというものです。
荊芥連翹湯のように直接的に効くと言うものではありませんが、
漢方ではこちらの方が本筋の方法です。
ご参考まで。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:23:26 ID:XSctrruL
荊芥連翹湯は、患者に柴胡の証があれば、耳管狭窄に普通に使う薬。
質問者254さんは、薬局の意見を信じたほうがいいでしょう。




261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 12:55:46 ID:alp6QuPI
>患者に柴胡の証があれば

問題はこれだよね。柴胡剤は乱用気味だからねー。
マー、一週間くらい使って体調が良くなければ止めた方がいいよ。
柴胡剤は副作用が怖いからね。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:09:46 ID:ZJkSH+eN
問題は、桂枝湯の証がないことだよ

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 13:29:38 ID:U273jy+k
柴胡剤はへたすると死ぬよ。そこまで行かなくても身体ガタガタになるよ。
センセが出すからと信じて飲み続けて大変なことになった人多いこと。
桂枝湯なら効かなくてもそんなことは無いよ。


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:27:26 ID:APlagS8K
素人はすぐばれるんで、だまってたほうがよいかと
内容もでたらめが多すぎ >>259>>263

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:44:30 ID:cL8+8pM0
漢方の看板を出している所はほとんどトウシロウだね。
サイコの副作用がどんなものかググッて見ればすぐ分かる。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 16:49:33 ID:nKJzztk+
トウシロウという人の名字はわかりますか

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:12:46 ID:kiaVqo7F
素人

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:28:25 ID:GlKMUVFw
やっと2chらしくなって来たな。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 17:32:21 ID:WuePmts/
これは、効きめあり
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm


270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 19:12:40 ID:eeGMnNtW


292 :病弱名無しさん :2006/09/29(金) 00:30:02 ID:iDFEg1m/
やっぱりテンプレの立て逃げだったか ど素人がでしゃばるとろくなことないな 


293 :病弱名無しさん :2006/09/29(金) 08:28:22 ID:aDoBKENK
そして回答もできない>>292も、口先だけのチキン野郎だったということ

>>264
ま た お ま え か

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 23:41:43 ID:E/rhxxUX
>>259さん
>>254の質問者に、桂枝湯の証はないんだが、
証を見ないやり方で、処方を挙げることが、なぜ
>本筋の方法
になるんだろ

>漢方ではこちらの方が本筋の方法です。
>ご参考まで。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 13:32:45 ID:Ky4T/RgH
私も首凝り、肩こりで出されるままに桂枝湯飲んでますが、
桂枝湯の証とは、どういうものなんですか?

サイコの話が出たのでついでに質問させてください。
柴胡桂枝乾姜湯を1年くらい飲んでましたが、
これは体を温めるものですか?
それともサイコが入っているので結果的に冷えてしまうのでしょうか?

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 18:25:33 ID:RJjCPEDQ
柴胡剤だからといって身体を冷やすというものではありません。
その辺については、プロの>>264が詳しく説明してくれます。

↓どうぞ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 20:09:45 ID:0svNPYFF
てことは>>263はでたらめってこと?1年くらい飲んでた人がいるならあんしんだ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 21:23:46 ID:PEsd5fM4
当たり前じゃん

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 21:32:18 ID:1JNJzFON
本当に264が来たよw

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/23(月) 21:53:58 ID:dnuVvLt+
>272
グーグルで調べると、「桂枝湯証」 の検索結果 約 148 件、
柴胡桂枝乾姜湯 の検索結果 は、約 19,100 件も出ていますよ

278 :254:2006/10/23(月) 22:14:58 ID:J5KXFgoV
また質問してもよろしいでしょうか?
耳管狭窄で、耳鼻科に通院していまして、初めてサイレイトウという
漢方が出ました。(プレドニンの副作用がきつくて飲めなかったので)
サイレイトウとトウキシャクヤクサンは併用しても良いでしょうか?
左耳が耳管狭窄と耳管開放の混合のような形になっているので、
自己判断でトウキシャクヤクサンも飲んだほうが良さそうな気がしてます。
実際、トウキシャクヤクサンを飲んでいたときは耳の違和感は今ほど酷く
なかった気がします。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 03:40:51 ID:APKHKMuJ
荊芥連翹湯はどうなったのですか

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 06:14:06 ID:OXLn0Y0s
柴胡剤は合ってないようですね。止めた方がいいですよ。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:59:47 ID:CltMo5sa
あの。初心者で申し訳ないんですが、
漢方薬局に行き、オリジナルにブレンドして頂きたいのですが
その場合はその日に持って帰る事はできますか?
ちなみに私は顔だけアトピーの症状がここ一年位で出てきまして。。
体はなんともないんですが。。
また、鼻水の症状があります。
皆さん、漢方は飲まれてどの位で効果が出てきましたか?
無知ですみません

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:03:19 ID:3TV0PG/u
最低三ヶ月

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:09:39 ID:CltMo5sa
え!三ヶ月は効果が出始めるのにですよね?
ブレンドしてもらうのに三ヶ月はかからないですよね?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:16:51 ID:3TV0PG/u
在庫があればその日にくれますよ。 
効果を感じるのには三ヶ月くらいかかると思います。 
が、劇的には効果を期待するのは止めた方がいいですよ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:43:14 ID:CltMo5sa
ああ。なるほど。
ありがとうございます!

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 05:45:37 ID:uEeBUOyA
で284たらめ

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:23:18 ID:jRFxefC+
>286 禿同
一日目は劇的に効いたのに、二日目から逆に悪くなるってのも多い。
1,2週間が目安。
三ヶ月てのは外れ。健康食品では無いからね。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 07:49:20 ID:5ggqQ6jH
わかりやすい自演だなおぃ

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 11:38:45 ID:nVFyE19D
>>263
柴胡剤飲んで大変なことになった人が多いって?
どんなふうに大変になったんですか?


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:27:38 ID:wOP43eDa
自作自演がバレて大変になった


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:37:32 ID:zV6O0nwp
>289
新聞でも報道されたことですよ。
ググッて見たら如何ですか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 13:53:01 ID:GgpYnq7p
http://mbga.jp/AFmbb.N2dw13a4ae/

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 16:00:32 ID:R59ITGmU
これ何ていうウイルス?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 17:38:45 ID:UFCPoLRd
10円20円をちまちま稼ごう病ウィルス

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 11:38:02 ID:HRsyYruM
腎虚を治す漢方には地黄が入っているようですが、
胃もたれするので地黄が飲めません。
地黄が入ってない腎虚の漢方ってどういうものがありますか?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 14:16:25 ID:C/VGCNpm
熟地黄を使うか、乾地黄を使うかによっても効き方や効能にも違いがでてくるし、お腹に当たるなら生姜を抜いて干姜に変えたり、牡丹皮を抜いたりするなど、虚実を考慮して加減方にすればよい。
例を挙げると、右帰丸や左帰丸などがそれ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:09:30 ID:0tR43S7C
地黄は酒と一緒に飲め。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:07:55 ID:oYUfZ4+G
加味逍遥散はにきびに効くやつなのに、ニキビできたひといませんか?
ニキビに効くはずの漢方でかえってニキビできた、とかそういう人いません?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:33:58 ID:S/dKXYXL
柴胡加竜骨牡蛎湯が不眠に効いた

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:29:00 ID:/1EqrFZQ
>>295
胃もたれするときは六君子湯を併用するっていうのがツムラがよく薦める方法だけど
あとは食後に服用するとか
オレは地黄がだめっていう人の中には実際には地黄でなくてブシがだめな人が結構いるような気がするんだが

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 16:36:39 ID:tuaglYGy
アミガサタケいいと思う

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:44:35 ID:aL1bgSKl
ツムラ最悪

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 12:57:33 ID:w2+9T25+
漢方薬って副作用あるんですか?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 18:18:29 ID:46wJwOFF
303 詳しく

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 18:48:06 ID:O64Xu3U2
>>303 
あるよ。 
長い間、飲み続けると肝臓にお副産物を溜め込むぞおおww

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:09:33 ID:XnLEyxns
カミキヒトウとサイレイトウは併用してもいいですか?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:12:10 ID:O64Xu3U2
してみたらいいじゃんw

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 23:56:05 ID:UyI6XnGl
加味帰脾湯と柴苓湯を併用することの意味がわからん。
方向性の異なる方剤だし。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 08:28:05 ID:DI5W07Ui
不眠と妊娠悪阻が主訴なんだよ、きっと。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:09:10 ID:+N9FyQZW
突然で申し訳ありませんが、
救心製薬の「能活精」が、ADD(注意欠陥障害)に効果があるって聞いたのですが、
どなたか飲んだ経験ありますか?
...スレ違いだったらスミマセン。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 14:24:52 ID:lwj8g7ly
声帯肉芽種に効く漢方を教えて下さい><

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:02:35 ID:VEJ4v5mD
>305
肝機能障害に漢方が効くって良く聞くのに
その肝機能に問題起こすってことか?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 20:38:00 ID:SCchWhk5
ここで教えてチャンは嫌われるかもしれませんが…
はるか昔、高校受験のころ杞菊地黄丸を愛用していて、目の疲れが軽減された
感じがありました。
現在仕事で目をPCで酷使するので、眼精疲労と、それ由来かもしれない肩こり・頭痛が
ひどく、もういちど杞菊地黄丸を服用しようかとも思っていますが
全身疲労、特に全身のむくみがひどい状態で、これを服用して問題ないでしょうか。
尿検査などに異常はありません。
色白肥満型、汗かきにくく非常に疲れやすい。生理は順調です。


314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 20:39:38 ID:SCchWhk5
>>299
鬱入っていたときに、これを一服(ツムラ)飲んだら20分後に眠ってしまいました。
恐ろしいほど自分には利き、鬱気味は改善されました(3ヶ月服用)。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:34:22 ID:6dRbPuUI
治ったのなら、何時までも飲み続けずに、止めた方が良いですよ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 22:53:29 ID:Q2KrBe9U
現在、トウキシャクヤクサンと真武湯を冷え性と肩凝り等で処方され飲んでます。
大人のニキビで悩んでるのですが、十味敗毒湯かヨクイニヨンをプラスして大丈夫でしょうか?

24才。疲れやすく冷え性。思春期の頃はニキビはできませんでした。
便秘気味(2日に1回程度、生理中は軟便)
大きく腫れただけのこもりニキビと膿をもった化膿ニキビと色素沈着が鼻以外の顔(特にこめかみ・顎、額、頬)に全般にあります。
その他、慢性鼻炎を持ってます。

アドバイスのほどお願いします。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 22:40:29 ID:zfqYDAeL
肝炎の治療のため漢方を飲み、それがきっかけで肺炎になった。
投薬中止し肺炎も治りかけたが、すでに遅し・・・亡くなってしまった。
それ以来、家族の中で漢方は危険なモノと認識している。
当時、服用すると肺炎を起こす副作用問題で新聞にも出たが・・・
今も、肝炎での服用してるのかな?
これで肺炎になった人います?

小柴胡湯だったかと・・・



318 ::2006/11/15(水) 12:53:36 ID:W023lJId
柴胡を飲み続けると間質性肺炎のほかにどんな副作用が起き易いですか
できれば具体的な例を教えて

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:18:31 ID:ZL2063Xq
【伝統】漢方薬・鍼灸・気功【医術】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1162636249/

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 11:40:09 ID:7p3CaP40

☆☆韓国系プロパガンダの十年の計☆☆

◆第一段階
日本人同士の男女の分離。男性いじめと女性優遇をセットで行い
男女間を仲たがいさせる方向に仕向ける。

 ・慰安婦問題(元活動家はフェミニストとなりDV活動に移行)
 ・DV相談(実質女性専用。夫を常に「加害者」に仕立て上げようとするのがポイント)
 ・女性専用車両(国土交通省管轄、公明党推進)
 ・女性の人権相談(男性向け相談はなし)
 ・2ch「男性論女性論板」などいろいろな板で男女離間工作を進行させる。
 ・マスコミ主導による男性いじめ、女性優遇報道。CMにも仕込まれている。

◆第二段階(少子化に悩む韓国政府、統一教会の目的)
日本人同士の男女を仲違いさせておいて、日韓カップルの推進。
統一教会が特に狙い撃ちにしているのが、内部用語で「ギンカンポ」
銀行員、看護婦、保母さんと若い女性の多い職業である。
 ※ ギン(銀行員)カン(看護婦)ポ(保母さん)

◆第三段階(国内の在日韓国人の目的)
日本の少子化加速、韓国系の人間増加により、日本国内で反日工作員確保と
韓国系の影響力を上げる。
そして、外国人参政権、人権擁護法案など韓国系の人間に有利な法案を通してゆく。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:48:27 ID:qt0BH6Pi
>>316
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1162605390/
ちょっとこっちでコピペして訊いてみたら?2chは回答者次第なんで。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 12:00:30 ID:N/ugGlWP
質問なんですが、漢方薬は局所を治療するのではなく、全体のバランスを考え
ながら根本的な治療を目的とし、尚且つ体質改善を最終的な目的としている所が
西洋薬と違う所と思えます。体質改善というのはその都度である対症療法ではなく
その病気にかかりにくくする事と捉えてよろしいのでしょうか?
平たくいえば根気強く服用すれば、その(色々な病、精神的なモノも含む)病気には
掛かりにくくなると言う事と捉えてよろしいのでしょうか?
勿論、漢方専門薬局の先生に診察を受けた上で一番効果が高い煎じ薬を服用する
上での話です。質問に答えていただきたいと思います。宜しくお願いします。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 12:30:08 ID:RmumWA+m
http://ameblo.jp/s0-what/
うつ病は『心の病』ではなく『脳の病気』だということです。
その病理と療法を記したブログです。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:01:37 ID:CMXCDO8m
>322
マルチポストには誰も答えません。


325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 07:11:15 ID:vSAyKAxt
ていうか答える能力なんてないし

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 11:49:04 ID:bepUjPJa
>>325
おまえ、頭悪いだろ?

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:17:10 ID:uRFSxmZ1
>>316
当帰芍薬散と真武湯は効果出ているのでしょうか?
2つはかなり生薬がだぶるんだけど当帰芍薬散加ブシにしないのはなぜなのかって処方した人に聞かないとわからないだろうけど。
例えば黄連解毒湯を1日1回程度加えてみるとかどうでしょう。




328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:09:14 ID:KLLuQe7s
>>310
飲んだ事はないんだけど、漢方薬局の人がそんな話ししてたよ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 02:10:22 ID:KLLuQe7s
あっ、でもうろ覚えなんで飲むかどうかは自己判断でお願いしまつ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 15:40:30 ID:O5fFAyaV
清上防風湯を1ヶ月間飲んだら、飲む前よりもかなり乾燥しましたが、それが
順調なのかが微妙です。どなたか、わかるかた教えてください

331 :お腹イッパイ ◆w9aAeQQQgA :2006/11/30(木) 15:42:10 ID:O5fFAyaV
(:D)TZ33

332 :お腹イッパイ ◆w9aAeQQQgA :2006/12/02(土) 11:28:52 ID:6GTdufwh
そういえば、清上防風湯を飲んでたら全身の湿り気が無くなって足のニオイが
きえたような・・・・わきのにおいも・・・・気のせいかもしれないけど・・
・・・

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 18:59:11 ID:KCLF+ZCr
3年位前、むくみ・目の腫れ・頻尿・残尿感・とんでもない疲労感と微熱などの症状が現れた。
病院で診察しても原因分からず。わらをもすがる思いで漢方薬局に飛び込み
試行服用の末、八味地黄丸にたどりついた。気孔整体を組み合わせてようやく健康を取り戻した。

しかし今でも疲れが溜まるとわき腹の辺り、ちょうどウエストのくびれの辺りに
コリが溜まる。これが現れるとどうも膀胱の調子がよくない。
それで常用してしまっている。

上のほうでは常用は危ないって話があってちょっと心配。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 16:17:32 ID:OhkLNk73
耳管開放症に効く漢方薬はないでしょうか?
カミキヒトウは全く効果がありませんでした。
病院ではアレルギー性鼻炎を治す薬だけを処方されてます。

335 :通行人A:2006/12/16(土) 09:48:35 ID:jRBR4znN
318さんへ。柴胡はドライの性質も持つため、陰液を消耗して炎症性疾患を
助長する可能性があります。小柴胡湯にはこの他に半夏や黄?のように陰液を
消耗する薬物が配合されていて、陰虚体質の人には使用できません。間質性肺
炎は副作用ではなく、使い方の間違いです。小柴胡湯は本来、半表半裏証を中
和するための基本処方です。決して長期に服用するものではありません。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 13:21:02 ID:OPMjNZAN
>>335
陰液を「消耗する」とは、具体的にどのような生体反応を指すのでございますか?
通行人様、お教えください。


337 :通行人A:2006/12/16(土) 14:07:57 ID:jRBR4znN
ほてり・午後の熱感・口渇・不眠などです。わかりやすく例えると、陰陽の関係は
車のガソリンとラジエターの冷却水のような関係です。ガソリンがあれば車は走り
ますが、そのうちオーバーヒートします。そうならないようにラジエターがあるの
ですが、冷却水が不足するとやはりオーバーヒートしますね。陰液が不足すると、
軽いオーバーヒート状態が起こります。柴胡や半夏などの生薬は、この冷却水を
減らしてしまう作用があるのです。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:25:56 ID:OPMjNZAN
>>337
通行人じゃ行っちゃったかな?

「陰液」って、熱交換用のものではないでしょう?
ほてりや熱感口渇き不眠なんかは、みんな交感神経の機能亢進による症状でしょう。
交感神経の機能亢進を抑制する系が陰液?
サイコやはんげは、どういう機序で冷却水を減らすの?

全然解らないんですけど。

339 :通行人A:2006/12/16(土) 22:52:06 ID:jRBR4znN
中医学を勉強しなさい!!!

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:22:38 ID:OPMjNZAN
この通行人、長居するね。

中医学が使い物にならないから、どうしたらいいかと考えて、ちょうど通りかかった物知り顔に話しかけてんだよ。
暇つぶしよ。
俺の眠気を飛ばすような、まともな解説出来る?期待してないから気にしないで逃亡してね。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 08:47:33 ID:gqhASHWf
ID:OPMjNZANよ、おまいは物の例えという言葉を知らないのか。
揚げ足を取ってまで人の親切心を正面から否定して楽しいのか。
本当に可哀想なことだ。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 11:21:59 ID:FvhOBs7D
14歳から40前まで脱肛でした。その間、何度か脱出部が戻らなくなり
病院で治療。40歳の時、手術で患部切除したものの半年後また同じ
症状が。
知り合いに紹介してもらった病院に行ったら、漢方薬を処方してもらった。
「補中益気湯」。約1年飲み続けたら自然と直ってた。たまに無理したり
したら、ちょっと出そうな時もあるけど、そんな時は臨時的に処方して
もらってる。自分にはこの薬は合ってたみたい。
長文で失礼しました。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:12:11 ID:Dq0vt8ZN
>>340
>中医学が使い物にならないから

詳しく

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 12:28:51 ID:P2DXZgg0
342さん。補中益気湯は下がったもの(内臓下垂など)を引き上げる作用が
あるので、脱肛に効きます。これは柴胡と升麻の働きですね。脱肛以外にも、
胃下垂・子宮下垂などにも効果があります。内臓平滑筋の緊張を高めるのだと
考えられます。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:18:56 ID:jkjox8+T
小六から中一の時期にかけて無理な減量をし、月経がストップ。何度か産婦人科に通いホルモン治療をしましたが、むくみなどの副作用ばかりが出て 一向に月経は再開してくれない…orz
最後の望みだと思い、今度は祖父が提供してくれた“加味逍遙散”と“桂枝茯苓渇”を飲み始めました。すると三ヶ月くらいで月経が回復www
漢方って凄いなと思いますた。漢方は肌にも善いので今も飲み続けています(`・ω・´)

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 14:19:31 ID:eAeuttQv
>どういう機序で

素人だなあ これは別の医学なんだけどね

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 16:51:59 ID:P2DXZgg0
おケツじゃない、オ血が改善した!

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 01:25:38 ID:FhibHXDS
尿量は別に少なくないにもかかわらず、激しく全身がむくみ、非常に疲れやすい。
柴苓湯+黄連解毒湯を処方されています。
約1ヶ月が経過し、完璧ではないですが、少しむくみがとれてきました。
しかし生理になったら、全身がありえないほどむくんで、疲労困憊…。
柴胡を飲み続けるのもちょっと抵抗あるし、変えるとしたらどんな処方がよいのでしょうか?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 05:36:45 ID:82Oiu3dx
335,337,344
まじめに解説した人は残念だね
他のスレもそうだけど、
失礼なカキコや、誹謗中傷の類いは、
結局自分にわからないことを
知ってることがくやしい、というだけの話さ。
だからオレの場合は、間違ったことも書かないが、
必要以上のことは一切書かないことにしてる。
ま人それぞれだけどね。

今回の内容は概ね良じゃないかい

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 08:34:50 ID:fmsClYas
344です。
348さんは、どのような症状で黄連解毒湯が出ているのですか?なにか炎症
症状があるのですか?疲れやすいなどの機能低下があるのに、黄連解毒湯は?
です。尿が出ているのに浮腫むのは、血流が弱いためです。女性の方で冷え症
や貧血があれば、基本的には当帰芍薬散などだと思いますが・・・・。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:24:40 ID:qGlPPkZu
>>350
>>348です。レスいただいていたのですね。ありがとうございます。
炎症かどうかはわかりませんが、背中に20年来のひどい凝り(時には寝込むくらいひどい)が
あります。ストレッチしたり気をつけているのですが、原因はまったく不明です。
処方してくださった方は、この凝りを重視したとおっしゃっていました。
貧血はありません。冷え性も自覚的にはありません。
ちなみに柴苓湯+黄連解毒湯を飲んで初めて生理がきましたが、
先に書いた疲労困憊、むくみに加え、ありえないほどの生理痛があり、寝込みました。
原因が漢方かどうかは不明ですが、これまで生理痛はひどくなかったので、さてどうしようかと…。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 02:26:00 ID:qGlPPkZu
>>351追加
あと、イライラがひどいので、黄連解毒湯が出たのかもしれません。

353 :漢方薬剤師:2006/12/25(月) 08:40:04 ID:+x48d8/o
>>348
イライラや生理の問題を考慮すると加味逍遥散あたりがベストのようですね。
生理痛がひどい場合、子宮内膜症も考えられます。婦人科の受診したほうが
よいのでは?

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 09:46:11 ID:po11mpEN
351の方この話だけだと確かに実症っぽいけど。差し支えなければお答えいただけますか?

のどは渇くのでしょうか。水分はとるほうですか?食欲は?肉類・乳製品とる方ですか?
便秘は?
めまいはありますか?頭痛は?
夜は眠れますか?
夜間尿で起きることは?

それと、甲状腺ホルモン調べていますか?

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 17:46:28 ID:RZe0MMdu
>>353-354
ありがとうございます。
ホルモンの異常はありません。また婦人科も問題ありません。
西洋的な健康診断では、腎臓にのう胞がある程度で、問題はまったくありません。
しかし、異常なくらい疲れ、身体が鉛のように重く、全身がむくみ、動けなくなることが多いです。
肩と背中が常に異常なくらい凝っており、腕がしびれることがあります。
この処方の前に生理痛はまったくなく、生理も順調でした。
のどは渇きます。水分(水、麦茶、無塩トマトジュース)は良くとります。
食欲はあり、なんでも万遍なくたべますが、肉は多め、乳製品は少なめです。
便秘・めまい・頭痛はありません。
いつも疲れているので、放置しておくとどこまでも寝ます。ということで夜もよく寝ます。
夜間、尿で起きることはありません。ただし昼間はよくトイレにたちます。


356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 22:36:00 ID:nAc3pdvg
354さんへ。353ですが、355さんの病態をどのように考えられますか。
ご意見を伺いたいと思います。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 22:57:31 ID:qn1IuYbJ
>>353って薬剤師って書いてあるが、
2chでは専門家のフリするやつって
みんな素人なんだってさ
プロなら他人の意見には頼らないと思うけどね

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 07:59:45 ID:TjDxPWpq
>>355
六君子湯でいいんじゃない。

359 :354:2006/12/27(水) 15:53:50 ID:4cJcUMrS
陰症陽症どちらか何とも言えないところですが。水滞があって、あと気鬱もあるのかどうか、微妙ですが。倦怠感は水滞だけでも来るだろうから。
食欲があって冷えもなく夜間尿もないので今のところ脾虚、腎虚はなさそう。

病因が今ひとつよくわかりませんが、
それとむくみと背中の凝りが関連するものかどうかも不明ですが、

肉のとりすぎで陽性に傾いてバランスをとろうと水分摂取過多になり水滞になっているとか・・・
それだけでなるとも思えないけど

薬のむ前にまず肉類とるのをやめて野菜・穀物をとるようにしてみてはどうでしょうか。
薬としては
全身倦怠から防已黄耆湯を考えるけど
口渇が強くて陽症ならば越婢加朮湯の方がいいでしょうか。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 04:30:58 ID:PywINZTE
大きな空ゲップ毎時約15回 時に水分も出る、異常な疲れやすさ息切老人より体力無、食欲減痩せるより二周り大に。鉄10フェログロ6.7前後が一年間続コリン400

361 :355:2006/12/29(金) 03:37:10 ID:q/ezcqFB
漢方薬局から漢方医に変えてみました。薬も変わりました。
これまでの経緯から、腎臓、心臓が原因のむくみではなく、体質的なものであると考えていただいたようです。
体質的なむくみは、治りにくいそうです。
やはり水毒だということで、防已黄耆湯+当帰芍薬散になりました。
(ちなみに色白、ややぽっちゃりですが、虚証だそうです。気鬱は以前ありましたが、現在はありません)

むくみは柴苓湯+黄連解毒湯はすぐとれましたが、防已黄耆湯+当帰芍薬散は1日では効果なし
倦怠感は防已黄耆湯+当帰芍薬散のほうが心なしか良いような…。
背中痛については変化なし。
この処方で年末年始をすごしてみます。
しかし、防已黄耆湯+当帰芍薬散だと、胃がシクシクしますね…。あと、おなかがゆるくなるような。

しばらく飲んでみて、お邪魔でなければ、また書き込んでみます。
色々アドバイスいただき、とても勉強になります。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 14:14:46 ID:6uTkAQx1
おまんこまんこ

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 23:18:06 ID:api0Ghna
生理中にむくむ、ということで当帰勺約三が処方されたと思うが、当帰は合わないと下痢します原因不明の背痛、むくみを考えると、脾は生痰の器でもあり、あなたは脾虚が主であると思います。補気益脾および、利水剤の適用でしょう。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 09:08:30 ID:wAQkIb70
用語にだまされやすいんで、説明しとこう。

>原因不明の背痛、むくみを考えると、脾は生痰の器でもあり、あなたは脾虚が主であると思います。

これを要約すると、

>原因不明の背痛、むくみを考えると、あなたは脾虚が主であると思います。

となるが、残念だが、背痛、むくみの原因は、脾虚が主、とは限らない。
この人は漢方用語が好きだろうから、自分で調べればいいがね。

359もそうだが、処方を挙げたい人は自分が確信を持てるまで質問してみたらどうだろう。
質問した人は、これは一例だが、20歳の激やせなのか、45歳の肥満なのか、なにもわからない、これは一例だが、
やや情報不足じゃないかと思う。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 12:43:59 ID:zzE6Ixtd
ある勉強会で1人の患者を4人の中医が弁証したら、4人とも弁証が違っていた。この人も、柴と黄、防と当でこちらの受けるイメージがぜんぜんちがってくる。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 12:46:58 ID:zzE6Ixtd
背痛は、原因が不明とのことだが、そうなると頚椎症からくる背痛か、自律神経のアンバランスからくるものの、可能性が高い。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:41:15 ID:zzE6Ixtd
>364 腎虚は、足の甲、肺は顔、この人みたいに、当勺飲んで下痢気味になって、全身が浮腫むのは、脾虚しかないだろう、食欲があるのは脾虚胃実証だから。じゃああんたは、この人どう思う。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:39:05 ID:R4vUYCFX
2chでは、漢方の専門用語を使ってる人で、
実際に専門家ってのは確かに一人もいない。
みんなど素人ばかり。
こういうのは読書家漢方とかっていうらしい。
>>367さんは、本当の専門家なら、具体的に何を使うんだろ?


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:21:54 ID:zzE6Ixtd
読書家漢方て、学生てことか。う〜ん学生には無理だよ。367だけど、補気益気プラス利水剤だよ。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 22:53:25 ID:zzE6Ixtd
新年会から帰ってきて酔っ払っているのであれだけど、補気益脾の間違いでした。この人の舌、脈を診ていないので、具体的な方剤はいえない。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 23:18:47 ID:LsCI78DB
369 素人はもういい



372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 00:25:18 ID:mBIX0ykf
368はとやかく言う前にまず自分の知識をひけらかせ
2chでは云々ってあんたも2ch参加してんだろ

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 00:26:18 ID:mBIX0ykf
371 お前そればっかだな

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 00:26:44 ID:pjrm1z8X
>補気益気プラス利水剤


>背中痛に変化なし 
って書いてあるじゃん


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 00:48:11 ID:8ajJMZgM
処方までは素人だと挙げられないよ。おかしな名前を出すと一発でバレるからね。

376 :355:2007/01/07(日) 00:58:30 ID:Pzmws1cp
たくさんコメントいただいていたようで、ありがとうございます。
漢方初心者でよくわからないこともありますが、勉強しています。
スレ違いではないか、気にしています。もし適切なスレがあれば誘導をお願いします。

ちなみに35歳、160センチ 63kgのややポチャです。血圧130-75。
脈はわかりませんが、舌は2人(漢方医、漢方薬局の薬剤師)のみた結果が同じで
「少しむくんでいて少し白いこけがついている」そうです。

防已黄耆湯+当帰芍薬散を飲んだ初日は便が水になり、数日はややゆるい感じでしたがその後
慣れたようで下痢は止まりました。胃は少しシクシクします。が、食欲継続中w

むくみは正直なところ、軽減されていない(柴苓湯+黄連解毒湯のほうがむくみははるかに引いた)のですが、
気分がここ数年無いくらい晴れ晴れとして前向きになっています。
身体の鉛のような辛い重だるさは、かなり好転している感じがします。
(これは柴苓湯+黄連解毒湯では悪化、むしろ身体のだるさが増した感じ)
服用すると、30-60分後ぐらいに、とても眠くなり、抵抗できず寝てしまいます。
身体が重くて疲労で眠りに落ちるというより、スポーツした後の眠さのようで、快適な眠りです。
背中の痛みは、かなり軽くなっていますが、正月休みでPCいじっていなかったためかもしれません。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 08:45:36 ID:x+2YLaQv
367だけど、処方は補中益気湯合五苓散。376の文を読むと、痰鬱もありそうなので、補中益気湯で十分補気できたら、理気剤を使用すれば、背痛もよくなると思う。この人は、1つの処方ですべてが良くなる人ではなく、段階を追って、処方を変えていかないといけない人と思う。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 10:12:25 ID:H9Fj+bRI
そりゃ素人だ。361で、柴苓湯という、[小柴胡湯+五苓散]を既に飲んで、
効果がないと言っているから、[補中益気湯+五苓散]は期待できない。
防已黄耆湯で体調がいい、といってるのに、それを五苓散に替える理由もない。
素人の意見でいい意見が見えにくくなるんで、黙ってたほうがいいと思うぞ。


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 10:57:15 ID:x+2YLaQv
>378 よく文章嫁よ、柴苓湯の方が、むくみには効いたといってるし、この人には肝鬱がない、それなら五苓散単独の方が効果があると考えるのが普通。もちろん、処方を変えろとは言ってない。ここシロウトのあつまりでもうウンザリ。さいなら

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 14:03:51 ID:C48s5dW3
もう来ない、とかいったとたんに、すぐ戻ってくるバカが多い きっと来る よおじんしとけ

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 16:20:33 ID:7QEnbRLB
>>380
例えば、キミとか?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/07(日) 16:21:53 ID:+frMvFBh
>>376さん
私は防已黄耆湯をここで回答した人ではないんだけど、
防已黄耆湯だけを単独で数日試してみるといいですよ。

この二つは必ず併用しなければいけないという薬ではないです。
防已黄耆湯に当帰芍薬散を併用した場合と、どう違うのか
体調の変化を自分で比較してみて、防已黄耆湯だけのほうが
いいと感じたなら、当帰芍薬散があってないことになります。

そのときは、何が効くか、防已黄耆湯を回答した人も回答はできると思うけど、
他にも回答できる人はいるでしょう。いなければ私が答えましょうかね。



383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 01:30:18 ID:6aKnPjDu
背中の痛みに当帰湯が効きました。ただ胃が悪くなり良くなりお腹が空いて食べ過ぎて悪くなり…結局半分の量で飲む事になりました。
同じ質問や回答が多いとあまり参考になりません。
病院で相談して自分でも考えて下さいね。

384 :355:2007/01/08(月) 09:25:33 ID:YBrvMBSw
スレ汚し、本当に申し訳ございませんでした。今後書き込みは控えます。
ありがとうございました。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 09:59:05 ID:UPzg4d+1
漢方スレってこういうパターン多いな

質問が出る

処方を示す能力のあるやつがいない

かなり時間が経ってから、妥当な処方が示される

素人が専門用語でプロのフリをして割り込んで来る

素人だから簡単にばれる。

逆切れ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:28:36 ID:6ftLZCZu
385のバカのために言ってやるが、漢方は、舌診、脈診、腹診をして、方剤を考えるんだ、だから簡単に適応する方剤は出てこない。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 10:49:56 ID:iWZW7Ke3
 私の場合ですが、以前通った中国出身の薬剤師は、
「舌診」というのはあてにならないので参考程度といってましたよ。

 しかも薬剤師は、法律上、体には触れられないから、
「脈診」も「腹診」もできないが、勉強している人なら、
簡単に効く薬を選べるといっていました。

 10年以上も悩まされていた病気だったけど、
薬は煎じ薬で1ヶ月で治りました。漢方すごい。



388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 12:17:58 ID:6ftLZCZu
>387釣られてやってきたぞ。中国出身て中国地方出身か、そうでなくてChineseだったら、それは藪だ。中国には舌診だけの専門書が山ほどあるのに、参考程度のはずがない。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 12:19:44 ID:6ftLZCZu
中国地方の日本人先生なら、舌診は当てにならないと言うけどね。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:01:28 ID:6ftLZCZu
故藤平健先生ですら、自分に漢方を処方するのにさえ色々迷うのに、いくら勉強してもそう簡単に効く方剤が選べれるはずがないやろ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:44:21 ID:2ucyp9UU
>>390
自分に漢方出すときが一番迷いそうな気がする
患者に出すときと違って、色々考えすぎてしまう

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:32:34 ID:xvNFacuq
素人が割り込んですぐバレるのなんとか成らんか。専門用語が入ってるとだいたい駄目だな。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 19:57:49 ID:6ftLZCZu
>392それは、おまえが専門用語がわからんからじゃ。そして素人素人といってれば世話がない。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 20:14:35 ID:IWBvTIp/
抑肝散服用してる方いませんか?
適応障害&鬱で西洋薬のんでいましたが、酒がやめられず
漢方に切り換えられてしまいました。
あまり効果ないような気がするのですが・・・
飲んでいる方、ご意見を・・

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:30:46 ID:/SkkRnet
漢方も処方箋はひつようですが、全く薬にも毒にも、いや毒にはなることは
あるけどそれは酒を飲みすぎたと同じ程度。
漢方は医療界ではメディカル上の、つまり気分の問題でしかないことは常識です。
肉を食べたら野菜を食え、野菜が足りないから飲め程度。
漢方はやがて絶滅しますよ。接骨医みたいな詐欺に近いレベルでは残るでしょうがw

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:38:01 ID:/SkkRnet
体調で悩んでる方に申し上げます。
迷わず漢方なぞ止めなさい。効きません。
医師が漢方を勧めたのであれば、自己治癒が可能だからです。
断言しますが、漢方が有効な治療になることは金輪際ありえません。
気分で食べたいものを食べた方が確実に健康になります。
食せなくても食べたいものがあるでしょう!
それが一番の治療です。生命の力を信じてください。
中国人はどうやら詐欺師だったようです。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 22:42:00 ID:5yybiBL/
中国人は全て詐欺師と思った方がいいw

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:02:17 ID:HeTTgUok
>>397
またお前か!漢方を信じないのなら東洋医学のスレに来るんじゃない!

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:06:36 ID:5yybiBL/
ID:HeTTgUok 
お前には一切の権限はない。 
命令される筋合いもない。
お前は出入り禁止w 
とっとと出て行けよwwww

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:15:27 ID:HeTTgUok
>>399
お前に出て行けと言われる筋合いはない!医者やめろ!

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:25:13 ID:5yybiBL/
ID:HeTTgUok 
お前は日本語が読めないのか?ww
 
ここよりもオツムの病院に行きたまえw

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 23:26:42 ID:5yybiBL/
ID:HeTTgUok
ID:HeTTgUok 
ID:HeTTgUok
ID:HeTTgUok  
ID:HeTTgUok  
 
早くオツムの病院へ行きたまえwwwwwwww
 






403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 19:36:06 ID:TCQ+v+eN
怒りっぽい性格を何とかしようと抑肝散を飲んだらかえって欝になりました。怒ることで発散していたものが、怒らなくなったことで発散出来なくなったためらしいです。
抗欝剤で欝は改善しましたが、元通りの怒りっぽい性格に戻ってしまいましたf^_^;

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 20:07:52 ID:JLI0nD/L
それは意味がなかったって事なのか?

405 :387:2007/01/09(火) 20:53:33 ID:vQKu/Cgy
>>388
私を見てくれた薬剤師の方は、中国語なまりのある人でした。
舌診はあまりあてにはできないと言ってました。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 21:57:07 ID:RK8sfNWD
>>405
それは舌苔の色はコーヒーやお茶を飲んでも変わるし、舌診ですべてが分かるわけ
ではないからです。中医学では四診(望診・聞診・問診・切診)で総合的に判断す
るように教えてます。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:02:06 ID:JLI0nD/L
ブドウの飴を舐めてから舌診してもらったら「このままほっておくと 
大変な事になる」って言われたw 
ワロスwwwwwwwwwwwwwww

408 :388:2007/01/09(火) 23:24:35 ID:chULy5eB
388だけどマジすれするね。中国人の薬剤師だとすると、日本の薬剤師さんと違って、生薬の修治が主な仕事であって、処方決定はしないよ。おそらく貴方を見たのは中医師だと思う。つずく

409 :388:2007/01/09(火) 23:27:42 ID:chULy5eB
そうすると、自分たちの中医学に対して、絶大な信頼と誇りを持っているのに、舌診は当てにならないとは絶対に言うはずがない。おそらく今のあなたの症状にはあまり当てにならないと言う意味だと思うよ。

410 :388:2007/01/09(火) 23:30:09 ID:chULy5eB
舌診を否定することは、自分たちの文化を否定することになるからね。もちろん舌診のみで処方を決定するのではありません。つずく

411 :388:2007/01/09(火) 23:33:08 ID:chULy5eB
また、コーヒーや飴をなめた程度で診断に迷うレベルのものではないよ。

412 :388:2007/01/09(火) 23:37:16 ID:chULy5eB
中国なまりでも、テキサスなまりでも日本で薬剤師として仕事しようとしたら、日本での免許がいるんだけど。この人どうしたんだろう。ただ中医師が隣にいて、日本の薬剤師に指導することはよくあるけどね

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:44:38 ID:RK8sfNWD
ここは議論が活発でいいね!私・・?406です。

414 :388:2007/01/09(火) 23:49:47 ID:chULy5eB
中医学の教科書読んだことないよね、最初にわが国の重要な伝統文化と書いてあるんだ。日本に来る中医師がそれを否定するはずがないよ。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 23:51:36 ID:JLI0nD/L
>>388
PC持ってないのかよーーw

416 :388:2007/01/10(水) 00:30:45 ID:zAVNRuUU
>387さん。  また、お暇があったら釣ってね。釣られにくるから。10年も悩んだどんな病気にどんな処方が出たのか、勉強になるので教えてほしいな。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 04:58:12 ID:enAlUWTk
>>406さん 参考になりました。

418 :406:2007/01/10(水) 14:37:32 ID:MpwhiL0o
>>417
参考になれば幸いです。四診はいずれも例外があるので、総合的に判断してください。

122 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)