2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

質問に対して小学生でもわかる回答をするスレの4

1 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/18(土) 09:10:33
答えてあげてね
 ・質問をする人は小学生でなくてもかまいませんが
 ・回答は「小学生でもわかる説明」でおながいです

※研究者クラスの質問はこちらがベター
◆生物学専門家への質問はここに書き込め◆
http://find.2ch.net/?BBS=2ch&TYPE=TITLE&STR=%C0%B8%CA%AA%B3%D8%C0%EC%CC%E7%B2%C8%A4%D8%A4%CE%BC%C1%CC%E4&COUNT=50

※高校生なお勉強はこっち
◆高校生のための生物質問板◆
http://find.2ch.net/?STR=%B9%E2%B9%BB%C0%B8%A4%CE%A4%BF%A4%E1%A4%CE%C0%B8%CA%AA&COUNT=50&TYPE=TITLE&BBS=2ch

※前スレ(すでに過去倉庫入り)
質問に対して小学生でもわかる回答をするスレの3
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1145937037/
質問に対して小学生でもわかる回答をするスレの2
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/life/1128426829/


2 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/18(土) 23:19:37
age

3 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/23(木) 23:09:51
 ヽ(´ー`)ノ

4 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/24(金) 07:07:39
チョンが劣等民族なのは、生まれながらにして持っている遺伝的欠陥のせいである。
これは科学的に証明された事実だ!

は本当ですか?

5 :名無しゲノムのクローンさん:2006/11/24(金) 08:31:44
>>4
本当ではありません。
劣等か優越かという価値判断は生物学ではおこないません。
続きは社会学板か地理・人類学板あたりでどうぞ。

6 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 02:57:28
DNAはTE(Tris-HClとEDTA)に溶解させるのが一般だそうですが、Tris-HClとEDTAの役割を教えてください

7 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 03:13:24
>>6
小学生でも意味がわかる質問をしてください

8 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 03:15:26
なんで精子ってイカ臭いんですか?

9 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 11:13:07
>>2
精子は臭くないよ、臭いのは精液だよ。
精液の匂い成分は、スペルミンって呼ばれている。
これは、「アミン系物質」といって、
化学物質の中でも生臭い物質の典型なんだ。

なんでそんな臭い物が必要なのかっていうと、
それは上手に射精できるようになったら
教えてあげるね。

10 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 12:04:56
訂正 >>2じゃなくて>>8

11 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/01(金) 12:42:03
練習問題

メスが年をとると子供が作れなくなる動物は人間だけですか?
それはどうしてですか?

12 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/02(土) 00:45:47
>>9
毎日練習してるので
たぶん上手にできるようになったと思います
なんでそんな臭いものが必要なんですか?
あるいはなんで「臭い」と認識するんでしょうか?

13 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/02(土) 10:55:05
一番最初に人間がエイズに感染した理由を教えてください。

2ch内ではサルと交尾したからだの、麻薬だか覚醒剤やってる人間が
発症したからだの言ってるんですが、真実を教えて欲しいです。

他に生物兵器なんてのもあったような。。。

14 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/02(土) 11:06:25
>>13
理由もなにも運が悪かった

15 :るすばんの輪樹:2006/12/02(土) 13:16:29
>>13
真実がまだわからないから科学者も医者も困っているんです。

最近では(先月)、ゴリラに感染するウィルスが、
ヒトエイズウィルスによく似ていることが確認されています。

サルの肉を食べたから、という説や、サルに攻撃された傷から、という説など、
仮説はいろいろあります。

で、エイズに類するウィルスの抗体は昔からサハラ近辺の住人にはあったらしいので、
「生物兵器」のような意図的に新しいようなものではなさそうだ、という話に
なっていたんじゃなかったかな。

16 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/02(土) 19:35:01
>>15 サン(・∀・)クスコ

17 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 11:03:09
机に突っ伏して昼寝をしていると、時々カラダが痙攣したかのようにビクン!と動くことがあります。あれはなんなのですか?

18 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 14:26:45
身長が伸びる瞬間だよ

19 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 16:18:36
>>17
http://www.google.co.jp/search?q=%90%87%96%B0%81%40%E1z%9D%B9

20 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 21:05:59
生物やってる院生の人が、ヒアルロン酸なんて肌に塗ったって
絶対吸収しないから無駄だよ、と言われました。
でも理系ではない別の友達からは、ヒアルロン酸塗ると
お肌がぷるっぷるになる〜〜☆という経験談をよく聞きます。

理系ではない方の友達の思い込み、または吸収はされなくても
肌の上で水分を保持する、という可能性を考えましたが、
この板の方の意見を聞かせてください。ちなみに私は思いっきり文系ですので
詳しい話は分かりません。

21 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 21:25:25
皮膚はほとんどの物質の外からの侵入は許しません。もちろんヒアルロン酸もコラーゲンも。
ヒアルロン酸を肌に塗る理由は保水のためです。体内からでてくる水をキャッチして皮膚が
乾燥しないようにしている訳です。
これ以上書くのはめんどいわ。あと誰かお願い。

22 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 21:41:15
ヒアルロン酸を皮下注射すればいいんじゃないの?

23 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 21:43:14
皮膚上で効果を発揮するものらしいということは分かりました。
ありがとうございます!

私は化粧は身体に悪いに違いない(でもしてますがw)と思っているのですが、
生物の専門家の方はどう考えますか?
皮膚に余計なものを塗るのはもとより、マスカラは目に入るしリップは食べるし、
考えるとしたくなくなるけど、社会的要請は強いので仕方ありません。
参考になるかわかりませんが、化粧品に含まれる主な成分一覧です↓
http://www.cosme.or.jp/hyojiseibun.htm

24 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 21:47:10
>>22
しわの除去目的なんかでやることもあるらしいですが、
顔の皮下全体に注射というのは聞いたことがありません。
注射苦手なので想像したら凹みました。本当にありがとうございます。

25 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 22:00:10
>>23
この板の人間に対して、何の参考なんだかwwww


個人的にはね、そこまで体に悪い物を避けて、
何を目指すの?って思うよ。
私は、化粧もパーマもヘアダイもしないで、素のままでいるよりも、
綺麗になってオシャレしてお出かけするほうが楽しい。

体に悪くても社会的需要がるのは、そう言う理由じゃないかな。

熱くなってごめんよぉぉぉぉ!


26 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 22:18:16
>>25
落ち着いてください、参考になるかわかりませんが、と書いています。
それに、私は健康を何よりも優先してはいません。化粧をしているとも書いています。
あと、見目の良さVS健康という対立項で話を進めたい訳でもなく、
身体に悪いのかどうか単に知識として知りたいのです。
お答えいただいたのにすみません、ありがとうございました。

27 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 22:28:03
>>25
おまえはマリリンか

28 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/03(日) 23:41:34
質問させてください。
生物学には全くの素人なんですけど
http://homepage.mac.com/ehara_gen1/jealous_gay/aids_genocide2.html
に書かれていることはどのくらい信憑性があるんでしょうか?

29 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/04(月) 00:12:47
>>28
先方のページに
「ごく一部の異端学説としてあしらわれ無視されているのが現状である」
と書いてありとおりですよ。

30 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/04(月) 00:21:05
>>28
>>13-15

31 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/05(火) 02:02:38
木の組織を顕微鏡で見たいのですが
最適な染色液を教えてください。

32 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/05(火) 14:54:40
人の記憶とか癖とかまでそっくりのコピーを作る為には
どのような技術が必要になりますか?

33 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/05(火) 20:20:32
>>32
どのような技術が必要かわかっていれば、すでに実現していますね。
つまり、どんな技術が必要かさえ、今の人間には把握できてはいないのです。

34 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/06(水) 17:22:45
環境系の大学は生物系の大学の範疇に入りますか入りませんか?

35 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/06(水) 22:28:32
なんだその分類は。「系」を使わずに具体的に述べよ。

36 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/06(水) 23:12:43
竹の寿命について教えてください。

 春、筍から成竹へと生長を遂げる。
 夏から秋、地下茎が生長。
 秋から冬、地下茎から新芽が出てくる。
 春になって、筍が土から顔を出す。

竹は上記のようなサイクルで生き長らえるのはわかったのですが、
このサイクルは何年ほどで寿命を迎えるのでしょうか?

37 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 00:41:22
環境情報学部の環境分野のゼミは生物系に入りますか?

38 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 06:50:33
>>37
環境の内容にもよるがおそらく入らないと思われ
というか、また「系」使ってるじゃないか orz


39 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 06:51:03
>>36
竹の種類によって違います

40 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 07:01:09
「竹の寿命」で検索すればひととおり情報出るじゃん。

41 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 11:12:40
>>39 >>40
ありがとうございます。

webで検索すると寿命が長いもので20年程度という記述が多数見受けられます。
これに対し開花周期が120年ないし60-40年といった記述も多数見受けられます。
また開花・結実後には枯れる(寿命?)ということです。

おそらく前者は土の上に出ているいわゆる竿の寿命で、
後者は地下茎の寿命なのだと推察してます。
# ここまであってますか?

生物学的に「竹の寿命」と表現した場合どちらを採用するのが妥当なのでしょうか。

42 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 12:16:37
「竹の寿命」という表現が生物学的ではないのでいかんとも…。

43 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 12:26:49
竹藪 スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/countrylife/1139743155/l50

44 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 18:17:19
>>38
環境分野・・・自然環境・人工環境にさらに再分類
環境情報分野…リモートセンシングや測量方面
情報分野…一般にいう情報学部と大差なし

のうちの環境分野ってどうでしょう?

45 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/07(木) 20:44:22
>>44
なにをしたいのかわからんが、小学生スレで聞いてどうする
>>1よめ

46 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 12:36:07
どなたか教えてください。
生物はただの元素の集まりなのになぜ意思を持つようになったのですか?

47 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 13:10:04
>>46
「意思」がなんなのかは解明されていない。
よって、なぜかわかりません。

48 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 13:59:33
>>47
そも「意思」を持つ動物は人間以外にいるのか、というような時点で
西欧の人々はもめております。

49 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 14:03:34
>>46
生物はただの元素の集まりではないからです。

50 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 15:09:37
生命は海から誕生したと言いますが。
人工的な海にいろんな元素を入れて何らかの(自然界で起こりえそうな)刺激
を与えればただの元素の集まりに命が宿るんですか?
不思議でなりません。

51 :るすばんの輪樹:2006/12/08(金) 15:29:45
>>50
「生命は海から誕生した」というのは数ある仮説のうちの一つでしかありません。
「命」という概念は、あまり生物学には沿わないかも。(日本的な概念?)

で、「不思議でならない」ことを世界中の科学者が研究しているけれど、
全員が一致して「こうなんだ!」と言えるような説はまだ存在しないのでした。

52 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 15:31:30
しっぽない動物をここ数日ずっと考えているのですが

人間以外(しっぽの名残はあるが)なかなか思いつきません

他にいるのでしょうか?

53 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 15:35:26
>>52
ごりらさん。
かえるさん。

54 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 15:40:07
>>53
え?ゴリラにしっぽないの?!

55 :52:2006/12/08(金) 15:49:10
>>53
なるほど
いわるゆる類人猿ですね

カエルは気付かなかったなー

56 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 16:09:12
>>51
ありがとう。命という概念…なんだか難しいですね。
昔ビデオで原始の海の中で細胞?同士がくっついていくという物を
見たんですが、それがいきなり進化して自らの意思で他の生物を
食べ始めたんです。その間に彼らの中で何が起こったんだろう…
ただの物質だったものが他を襲うなんて。怖すぎる。
なにかの力が加わったとしか思えない。


57 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 16:45:47
>>56
>細胞?同士がくっついていく
>他の生物を食べ始め

それって人間から見ると怖いかもしれないけど
「命」にとってはほとんど同じことなんではないか?
あくまで参考のイメージの話にすぎないけど・・・

学問的には>>51に同意

58 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 17:08:43
>>55

モルモットも痕跡程度の尻尾だよ。

59 :るすばんの輪樹:2006/12/08(金) 23:10:50
>>56
そのビデオがおかしいんでしょう…。
その手の表現は
   虫歯菌が黒い悪魔のカッコをしてヤリをかまえる
   コレステロールに目鼻が描かれている
   サルの腰が歩きながら伸びて人間になるアニメ
と似たレベルで、そんな真に受けないで下さい。

60 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/08(金) 23:54:21
なぜ男と女は同じ位の数いるか。事故やら病気やらがあるのに。答えられんのかよ!こらー

61 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/09(土) 07:30:16
>>60
態度の悪いお子さまは心理学板へどうぞ

62 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/09(土) 13:06:34
生物ってなんですか?

63 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/09(土) 13:13:09
>>62
しばらくみないうちにテラ増えてたりするやつ

64 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/09(土) 14:53:00
>>63
座布団一枚

65 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 07:31:18
>>60
ネタだと思うが一応マジレス・・・
世界中の男女を調査したわけではないが、どっかの統計結果によると、
男子は51.3%、女子は48.7%らしいです。 若干男子の方が多いらしい。

>>62
この世で一番脆弱で驚異的な物。


66 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 17:47:33
ヒトの生態はどうも知性化に向いてないような気がするんですが

それぞれが本能のままに振舞えば社会が崩壊し
社会が発達し効率化すればそれぞれ本能のままに振舞う余裕が出てきちゃう
知性化(高度社会化)とデフォルト本能が真っ向から対立してる

交尾すりゃ問答無用に次世代生まれちゃうからやったモン勝ち
社会が高度化すればするほど「産み捨て」が有利になり劣悪遺伝子が増える
それを防ぐために宗教やらモラルやら
ワケの分からん物を発明するがあんま効果ないしてそれでまた揉める

アリ系とかの方が理想的な知性化社会を築けるんじゃないですか
なんでサルなんだ

67 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 18:04:48
生存戦略上、「知性化社会」が効率的だったのがサルだけだったから。
アリの寸法で無駄な知性をかこつほどのエネルギー代謝は割けません。

68 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 19:51:45
>>66
ちょっと質問に対する答えになってないが・・・一応・・・


>交尾すりゃ問答無用に次世代生まれちゃうからやったモン勝ち
>社会が高度化すればするほど「産み捨て」が有利になり劣悪遺伝子が増える

1920年代にも同じ事を考えた連中が居たんだよwww
ヨーロッパやアメリカの一部の上流階級の人間は「優良な形質だけを子孫に残すべきだ」と考えて、
劣悪な形質を持っていると思われる人間を片っ端から断種したんだ。

たとえば、自慰行為を行う人間は劣悪な遺伝子の持ち主だと考えられ、「強制的」に断種された。
インディアナ州で1907年に断種法が制定されてから、アメリカの30の州で強制断種法が制定された。

次第に、「劣悪な遺伝子」の定義が歪曲され、ナチスドイツの統制化ではアーリア人が優良形質とされ、
ユダヤ人は「劣悪な遺伝形質」の名の元に三年間で225000人が断種された。


69 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 21:38:58
ここで言う「劣等遺伝子」ってのは
知性の高度化を妨害する因子、それを持つ個体ってことね
どれがどれより生物的に優れてるとかはとりあえず置いといて。

ぶっちゃけて言うと例えば
三組の理想的な「つがい」がいたとして
そしてそれぞれが理想的な次世代を作ったとして、
でも一組の劣等な「つがい」が性欲のままに十人くらい作っちゃったら
その十人に全体知性化の足を引っ張られるって事です。

社会の高度化による生存恩恵はだいたい満遍なく受け取ることができるんだし
そして十人の方が数が多い分遺伝子を残せる可能性も高い
じゃあ結局欲望のままに振舞った方が得じゃんって事になる。
その辺の不公平を埋めるのに考えられたのが「神」であり「宗教」だけど
さてコレにそこまで圧倒的な力があるかって言うとかなり不安。
そもそもそんなモンわざわざ発明しなきゃならないって時点でおかしいんだよ
最初から遺伝子にばっちり刻んであるアリとかを考えるとな。

コレはコレで公に言ったら違う所から怒られそうだけど
まあ折角2ちゃんだから硬い事は抜きで行きましょう。


あと…アリは理想的な知性化社会を「築いてる」のかも知れませんね。既に。
理想的で完璧なマニュアルが出来上がれば既に各々の判断は必要ないんですよ。

70 :名無しゲノムのクローンさん :2006/12/11(月) 21:47:31
ここですべき質問かも不確かなのですが、
以前『たけしの万物創世紀』で、42.195キロを一番早く走れるのは、
動物の中で人間、また、不休でその距離を走り続けられるのは人間のみ、
と紹介されていましたが、これは本当でしょうか?
馬や狼でも無理という事に、どうも感覚的に納得いかないのですが・・・

http://www.youtube.com/watch?v=iMlwjN-DdhY

71 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 22:48:15
>>69
小学生にはわかりません。

72 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 22:50:40
>>70
ああ、ぜひこの本読んでレポートして。
とうぶん読むひまないんだ。
ヒトは長距離ランナーとして進化したというご本。

『人はなぜ走るのか』 ベルンド ハインリッチ著 清流出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860291735/

73 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/11(月) 23:36:03
>>70
また懐かしいものをwwwww

74 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 00:11:04
>>70
昔の中国の名馬は一日に4000kmぐらい走ったんだぞ

75 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 00:11:11
うむ、明らかに小学生ではない人間のカキコでほほえましい。>>70

76 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 00:12:00
>>74
おいおい、小学生が、まにうけたらどうする!
伝説は生物学じゃないぞ。

77 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 00:13:46
4000km÷24時間=時速167km

        \(@ ̄∇ ̄@)/

78 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 10:15:11
人間含め
うんこを出すという動作や
マンコにチン子を挿入するという動作や
ものを口に入れるという動作は習わなくてもみんなできるようになるんですか?

79 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 11:17:06
>>78
ならない。

80 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 18:29:04
地球で一番最初に生まれた生物ってなんですか?

81 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 20:05:13
>>80
ガイア理論によれば地球だなwwwww

82 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 21:52:58
>>81
生物学上は、地球は生物にはふくめません。

>>80
化石のような当時の過去を示す証拠もないし、科学者たちの合意もないので
正体は未確認ですし、もちろんまだ名前も付いていません。

83 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/12(火) 22:12:54
>>80
俺。

84 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 02:03:27
今確認されている範囲でいうとなんでしょうか?

85 :るすばんの輪樹:2006/12/13(水) 08:14:46
「科学者たちが合意している範囲」もなかなかさだめにくいんだけども、
無難なところではアルケア(古細菌)?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90



86 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 16:21:05
反射の連続だけで生きている動物は、個体維持と種族維持の為に動いているのですか?

87 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 16:27:11
>>86
「反射の連続だけ」だから、何のためにも何の目的もないんですけど。

88 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 16:47:52
名無しゲノムのクローンさんの『ゲノム』って何ですか?
クローンはわかるのですが・・・

89 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 17:02:48
小学生にもわかるように表現するならば、
「遺伝子のワンセットのこと」かな。

90 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 17:19:12
「遺伝子のカタマリ」とか?


91 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 18:27:45
人間の設計図一式

92 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/13(水) 22:46:35
遺伝子の鎌足(かまたり)

93 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/14(木) 21:30:46
E電子の又借り

94 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/15(金) 22:32:11
恋愛感情ってなんですか?

95 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/15(金) 22:47:55
ぼんのうです。
発情です。
性欲です。
思春期を過ぎて、特定の対象に対し、脳内の扁桃核が暴走する現象です。

96 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/17(日) 18:22:27
自分が気が付かないうちに麻薬を注射されても依存症になりますか?

97 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/17(日) 21:42:30
>>96
たとえば、寝ている間に麻薬を注射されたりとか?

そりゃ、投与された薬物によるだろうけど、覚醒剤とかなら禁断症状が出るよ。
ただ、本人はなんで禁断症状が出てるか解らないので、
「麻薬が欲しい!!」ってなるんじゃなくて、「何故か解らないけどイライラする・・・・」
って感じになるんじゃない?

98 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 13:33:57
今ふと思ったんだけど、
飴って食べたらウンコになるの?おしっこになるの?

99 :るすばんの輪樹:2006/12/19(火) 15:01:18
>>98
両方ですよ。
消化されて、血肉になって、成分は汗や涙、爪・髪の毛からも出るかもしれない。

100 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 16:18:22
ほぅ。。。
答えていただきありがとうございました。

101 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 17:32:11
なんで人間だけは食べ物を調理して食べるんですか?

102 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 17:41:53
>>101
その方が、総合的に楽だから

103 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 18:08:14
そのほうが美味しいから。

104 :輪樹で〜す:2006/12/19(火) 19:27:40
>>101
マイナス・コントロールしづらい火気を使うという危険を冒す
マイナス・よけいな時間やいらない手間をかけなければならない

プラス・火を通して寄生虫の害を減らすことができる
プラス・食中毒の危険も減らせるっぽい
プラス・より消化しやすくなることも
プラス・保存がきくようになることも

マイナスを越えて、プラスを生かせるような、よぶんな脳みそを抱えたのが、
人間だ。
みたいな。

105 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 20:02:27
>>104
火を通さずとも調理

106 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/19(火) 20:54:49
>>101
そのまま(未料理)では食べられないもの、消化出来ないものも食べられるようになる。
すなわち、食料に出来るものが多くなる。

107 :輪樹でぇ:2006/12/19(火) 21:26:07
>>105
そこも含めたつもりだけど、一行目に置いたから誤解されるっぽいでした。

「どこからが調理か」を考える上で、ホミニッド研究では火が注目を集めやすいね。

108 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 09:54:06
動物のメスがオスを選ぶ基準として
綺麗な声で鳴くとか、音を鳴らすとか、羽が綺麗とか、角が長いとか
生きていく上であんまり必要の無さそうな部分に着目している動物いますよね
あれはなにか意味があるんですか?

109 :いつもの輪樹:2006/12/22(金) 10:51:32
>>108
「性淘汰」の研究では、「いろいろご利益がある」という話になっています。

 ・そんなよけいでややこしいことが余裕でできるほど、健康な個体
 ・そんなよけいでややこしいことが余裕でできるほど、賢い個体
という、「高品質オス」を選ぶ基準として使えるのだとされています。

人間でも
 歌 ダンス ケンカ 冒険 暴走 長髪 ピアス
など、「生きていく上であんまり必要の無さそうな部分に着目して」
惚れたりしていますね。

110 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 11:30:45
>>109
私は性格とセックスの相性です

111 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 11:33:54
>>110
「生きていく上であんまり必要の無さそうな部分」の典型ですね

112 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 15:36:36
また優生学みたいな話が出てきたなぁ・・・・

113 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 16:56:51
>>112
あなたはどう優生学についてカンチガイしているのか教えてください

114 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 19:11:29
なんでネタスレにマジレスを返すのかwwwwww

115 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 19:17:37
>>112-114
お前等VIPに帰れ。

116 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 20:37:54
843 名前: 名無しゲノムのクローンさん [sage] 投稿日: 2006/12/22(金) 19:44:56
これは可能なのでしょうか?

男だけでも人類は増やせるんだぜ??
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1166783710/l50



117 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 22:13:00
>>115
それ単数形なんじゃない?

118 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/22(金) 22:24:11
>>116
哺乳類の場合、半数体では発生すら始まらないだろう
だから無理

仮に発生が開始されても、
性染色体が「Y」の精子から生じた胎児は生存できない
(X染色体上に生命維持に必要な遺伝子がたくさん含まれているので)

したがって、仮に無事出産して成長したところですべて「XO」の女性になる
これは不妊であることが多いので一代限り

人類は男だけでは増やせません

119 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/23(土) 23:14:28
ふゆやすみあげ

120 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/24(日) 01:20:54
くりすますあげ

121 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/24(日) 01:52:43
くりとりす あげ

122 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/24(日) 22:09:52
冬に甘いものが欲しくなるのはなぜなんですか?
何か生物学的に根拠があるなら教えて欲しいです。

123 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/24(日) 23:02:48
それはあなたがクマだからです。

124 :輪樹:2006/12/24(日) 23:14:41
>>122
昔の冬期は今と違って、
えらい食糧が不足がちになること、寒さで体力を消耗しやすいこと、
太っていたり、栄養が足りていたりするほうが、生きて冬を越せる確率が高かったこと、
などから、
  寒いときに太るような行動をとる傾向がある性質
   (甘いモノ食いたい、脂っこいのがおいしい)
が、我々にはなんぼか溜まっているのだと思われ。

こんな説明でいいかな?

125 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/25(月) 01:18:22
>>123
うまいこといったつもりかもしれんが、熊は冬は冬眠してる。

126 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/26(火) 08:38:29
「オオカミの遠吠えはこだましない」と言う話を聞きましたが本当でしょうか?
もし本当ならそれはなぜでしょう。

127 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/26(火) 09:48:03
>>126
こだまするよ。
それより「どこでそんな話を聞いたのか」。

128 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/26(火) 12:25:00
寒い地方ほど強いお酒を飲みますが、
アルコールを摂るとポカポカするのは、寒さ対策として
感覚的なものではなくて、物理的に効果があるのでしょうか?
アルコール自体は体にとって負担ですよね?
たとえば雪山で遭難しそうな時とかにお酒を飲むのはいいんですか?
風邪ひきそう><

129 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/26(火) 13:46:21
>>128
ほろ酔い程度であれば、多少体温を上げる効果はある。
でも飲みすぎれば、
体温が少し上がるというプラスを上回ってだいなしにするほどのマイナスがいろいろ出るので、
タイミングと程度しだい。
http://www.arukenkyo.or.jp/drink/drink_a6.html

130 :126:2006/12/26(火) 17:10:00
>>127
ありがとうございます。生活板の↓のスレです。
あなたの知っているまったく役に立たない雑学4
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1165590712/l50

の323が発端で、339以下数レスその話です。
是非↑のスレに来て説明してやってください。

131 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/26(火) 22:11:20
……情けない

132 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 13:04:20
ふと思ったんだが、日本人(黄色人種)とアメリカ人(白人)のハーフって黄色人種?白人?
ついでに、白人と黒人、黄色人種と黒人のハーフってどっちの人種の子供が生まれるの?

133 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 13:20:13

熊の冬眠中は代謝が少ないの?
心臓以外にエネルギーを使わないのかな。

http://t3.i2ch.net/z/-/N8/Ej9wE/



134 :小学生:2006/12/28(木) 19:39:34
のうをいしょくすることはできますか?

135 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 21:49:34
>>132
それは生物学じゃないよ。 社会学かな。

136 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 21:53:20
>>134
今の技術では全然無理です。

>>133
使わないことはないけれど、使う量は極端に減るね。

>>132
白人、黒人、黄色人種のような区別は、生物学にはありません。

137 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 22:52:58
修学旅行でみんなの前であそこを出しするのは
皮がすこしうしろにさがってくびれてたらもうだめですか?

138 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/28(木) 23:40:24
>>137
生物学じゃないのは言わずもがな。

それ以前にもっと日本語を勉強しようね。

139 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/29(金) 02:31:30
>>132
生物学的には意味がないけど、
どうしても黒白黄の3タイプに分けたいというのなら、
産まれてきた子供の特徴によって個別に行なうしかないんじゃないかな?
黒っぽいから黒人とか?

でも、世界には見た目は黒人っぽいけどコーカソイドとか、
見た目は白人っぽいけどモンゴロイドとか、
そんな民族が各地にいます(いました)。ほらね、そう考えてくと意味ないでしょ?

140 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/29(金) 20:25:39
伴性劣性遺伝とX連鎖性劣性遺伝って同じことですか?

141 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/29(金) 22:24:58
>>140
うん

だけど、マルチポストは止めような。

142 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/29(金) 23:18:26
質問させてください。
寄生生物にさらに寄生する生物はいますか?

イメージとしては回虫のような比較的大型の寄生生物の体内には、大型寄生生物に寄生している小型の寄生生物がいるのかとか。



143 :輪樹:2006/12/29(金) 23:44:45
>>142
あったと思う。
寄生バチに寄生するナニカとか、ちょっととっさには思い出せないけど。

144 :名無しゲノムのクローンさん:2006/12/29(金) 23:53:16
>>142
これが本当の意味で「寄生生物に寄生している」と言えるのかは分からないが、
「カンテツ」という草食動物の肝臓に寄生する生き物がいるそうだ。
詳しくは説明しにくいんだけど、牛とかの肝臓に寄生していない時期には
中間宿主としてのヒメモノアラガイに「スポロシスト」とかいう名前の幼生で寄生する。

で、ここからが俺は結構驚いたんだが、そのスポロシストの中に「レディア」というやつが
住んでいて、そのレディアの中に「ケルカリア(セルカリアともいうらしい)」なるものがいるんだとか。
このケルカリアがカンテツに成長して、そこら辺の草について、それを牛が食べるというわけだ。
それで、そのうち牛の糞から「ミラシジウム」なる幼生でヒメモノアラガイに寄生する・・・ってのを繰り返すらしい。

145 :輪樹:2006/12/30(土) 00:22:11
●「幼虫の体内に寄生しているほかの寄生バチの幼虫に寄生する風変わりなもの(カギバラバチ)など」
http://www.e-propolis.com/hachi2/index.htm

●ほか、「超寄生」(hyperparasitism)でぐぐるとなんぼか出てくる。

●白石拓『トンデモない生き物たち  南極の魚はなぜ凍らないのか!?』宝島社 (2006/05)
のp.196には
タマゴコバチという寄生バチに寄生するウォルバキアが紹介されている。

…でもウォルバキア(ボルバキア)あたりになると、「感染」とどうちがうのかと混乱するなぁ。

146 :142:2006/12/30(土) 12:41:54
レスありがとうございました。 なんと珍妙な

147 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/02(火) 02:27:36
レジアはスポロシストの子供、セルカリアはレジアの子供でありますので寄生とは違うのでありやす
なお、セルカリアは水辺の草についたときにメタセルカリアという形態に変化しまして、
その状態で終宿主に草と一緒に食べられて寄生した後、成虫になるものでありやす

148 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/02(火) 09:25:10
ありやすの子どもたち

149 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/03(水) 05:19:36
ハリセンボンはフグ目のハリセンボン科と言いますが目か科か、ってのはどういう基準で選んでいるんですか?

150 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/04(木) 11:06:06
質問です。
人類の身体的な進化はまだ続いているのでしょうか?
数万年後の人間が今の人間とはまったく違う容姿になっているとか
寒冷地に定住した黒人が白人のようになってるとか・・・

151 :留守番の輪樹:2007/01/04(木) 11:27:48
進化(進歩ではなく変化のこと)は基本的に「止まる」とか「終わる」とかはないと考えたほうがいいでしょう。
人類の身体的な「世代間変化」は常に起きています。
ただ、ことさらに変わっているとはいいにくいほど、世代間変化はごくごくわずかなものでしかなく、
しかもいつも同じ方向に向かって変化しているとは限らないので
現状では将来のことは予測不能です。

「寒冷地に定住した黒人が白人のようになる」とは言えません。
過去と違い、日サロもサプリもある環境ですから。


152 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/04(木) 11:43:53
>>151
なるほど。
ご丁寧にありがとうございました。

153 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/04(木) 13:49:08
一生包茎ってそんなにおかしいか?
http://human6.2ch.net/test/read.cgi/dame/1167709718/

154 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/05(金) 11:12:08
うん。

155 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/06(土) 16:12:31
五界説で生物が多細胞化して性ができたのはどこらへんですか?
教えてください。

156 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/06(土) 18:09:56
なぜ小さすぎる物は見えないんですか?

157 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/06(土) 19:29:16
>>156
「フッ、戦闘力5・・・ゴミだな」

158 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/06(土) 22:33:13
>>156
人間の目の分解能の限界を超えているから。

159 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/07(日) 08:57:07
>>155
あなたが知っている五界説とは何かを説明して下さい。

160 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/07(日) 20:46:58
弥生時代、奈良時代、江戸時代の人の骨格って大きく違いますか?
現代人と昭和初期の人は大きく違うと聞いた事があるのですが
上記はどうでしょうか

161 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/07(日) 21:00:29
>>155
質問の意味がわかりません。

162 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/07(日) 21:14:50
>>160
大きいと言えば大きいし、小さいと言えば、小さいし。
少なくとも、「平均値は違っているね」とは言える。
詳しくは考古学板か、人類学板へどうぞ。

163 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/09(火) 15:59:28
対専門家質問スレの163へ

体細胞分裂の図解と説明。
http://tinyurl.com/secq4

164 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/09(火) 17:13:33
あの・・僕も大変基本的な質問で恐縮なんですが、
人間の細胞内には23対46本の染色体がありますよね?

で、体細胞分裂の時は、分裂直前の細胞内では46対92本の染色体があるんですか?
それとも、23対46本の染色体が直接、真っ二つにされて、細い染色体が出来上がるんですか?




165 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/09(火) 19:55:28
>>164
>>163

ていうか、164は>>163を見てもわからないのか?

166 :名無しゲノムのクローンさん:2007/01/10(水) 00:00:00
>>160
栄養状態でも変わりますので

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)