2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

論理的思考力を身につける方法

1 :Nanashi_et_al.:2007/01/04(木) 18:18:16
論理の力を身につけるのは数学かなと思って今は高校数学の勉強してますけど
なかなか大変で進みません。でも、必要十分条件とか少しはわかって力がついてきたかなと思います。
このまま数学の勉強を続ければいいでしょうか。
論理的思考力がある理系のみなさんのアドバイスをいただけたら
ありがたいです。

私のスペックは高校、専門学校卒で今は普通の会社員<20後半>です。

2 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 00:51:24
>でも、必要十分条件とか少しはわかって力がついてきたかなと思います
そう感じてるなら少しずつでいいから続ければいいんじゃない?今の勉強を
こういうのはモチベーション保つのが一番難しいし

3 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 06:02:18
>>1
同じ論理思考なら、将棋の方が生産的だと思うよ。
数学には計算するための数学と、物事を理解するための数学がある。
数学をするのが目的というのは、書籍をまる暗記するのとあまり変わらないし、
数学を勉強したところで、一般的な論理思考が強くなるわけでもない。
俺の周りには、すごい速度で複雑な計算をこなすけど融通の利かない馬鹿な人がいっぱい。
そして、友人に言わせれば俺もその一人だと。自覚はある。

4 :('ω`):2007/01/05(金) 09:46:16
>>1
プログラミングとかもいいかも

5 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 12:21:40
『論理トレーニング101題』(野矢茂樹)
ISBN:478280136X


6 :Nanashi_et_al.:2007/01/05(金) 23:01:45
なんかの目的(論理的思考力を見つけるとかじゃなく)を持ってやるなら、プログラミングもその過程で論理力が養われるからいいかもね
何をやるにしてもそうだけど
論理力を見につけるなんて漠然とした事を目的にすると色々キツいんじゃない?

7 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 01:15:50
返事が遅れてすみませんでした。

>>2
参考書の説明ではわからなかったんですが、ネットで図を使って必要十分を丁寧に
説明してるサイトがあってイメージがつかめました。会話でこれは必要条件とか言ってる
意味が少しはわかったような気がします。数式じゃなくイメージでなんとなく理解するのは
本当の理解じゃないと思いますけど。


>>3
将棋はまったくわからないんです。
でもせっかくすすめていただいたのでルール覚えてやってみようかなと思います。
たしかに先を読むのは論理的な思考が必要ですもんね。

>>4,6
はずかしいんですがプログラムとかも全然わからないんです。
本屋で入門書でも見てみます。
たしかに何かを目的に勉強してその過程で論理の力がつくという
のが自然かもしれません。

>>5
お勧めの本、本屋で見てみます。

8 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 14:04:23
>>7
論理なんてたいそうなもんだと思わない方がいいよ。
つまるところはA=Aを言ってるにすぎんのだから。

9 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 16:44:42

小野田 博一の「論理的○○」シリーズ(日本実業出版社)。


10 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 18:02:04
いじめ(虐待、嫌がらせ)の原因はひとえに、いじめる側の「多様な(先天的障害を含む)個性を受け入れる包容力・寛容・忍耐力・思いやり・表現力・労り・想像力・慈愛」の欠如である
「いじめられる側にも原因が」という考えは、そう主張する人自身の「いじめたくなる原因」のすり替えであり、上述した己の欠陥から目を逸らすための口実・言い訳に過ぎない

「学校を何度変わってもいじめられるのはいじめられる側に原因がある証拠」という理屈は通らない。何故なら「どの学校にも、異なる個性を認められず不平不満を上手く自己処理できない未熟者がいること」が本当の原因だからである
「多数派は正しい」という安直な誤謬を盲信して物事の本質・因果関係を見誤ってはならない

「いじめは人格に問題がある者を矯正する手段」という理屈は、それこそ人格に問題がある者が多用する逃げ口上である
仮に何らかの欠点や落ち度があったとしても、その矯正法がいじめ(虐待、嫌がらせ)である必然性はない。寧ろいじめの目的は加害者側の一方的な快楽・ストレス解消であり、更正どころか却って社会憎悪・人間不信を増しかねない

「周囲を不快にさせるからいじめられて当然」も責任転嫁である。そもそも不快感の原因は「それを感じる個々人の持つ価値観・固定観念」であり、他人のせいにするのは筋違いである(いじめの報復も同様。下記リンク先参照)
従って、加害者をただ感情的に非難するだけに終わる人もまた「己の未熟さ」に気付かねばならない。安易な厳罰化や一時的な対処は、問題の陰湿化・冗長化を招くだけである

「どうせいじめは無くならない」と思う人は、名も無き人々の不断の努力によって人知れず解決している数多の実態を、まず知るべきである。大きく報道される事象だけが全てではない
また「いじめられる側を守ろう」とする行為は、被害者側の自尊心を傷つけ、実態の表面化を妨げる。被害者を助ける必要はない。真に救うべきは”愛に飢えた”加害者である

以上を読んでも尚「いじめられる側にも原因が」と正当化する人は、結局「自分自身の非(心の狭さ・貧しさ)を認めたくない」のである

感情自己責任論
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1167575534/1-3

11 :マルチ文系:2007/01/06(土) 19:16:38

>>1
スマリヤンの『パズルの国のアリス』


12 :Nanashi_et_al.:2007/01/06(土) 19:34:55
文系の方面の人なら最初の一歩として、プラトンの対話編から
始めるのがいいのでは? それから、実践的に論理的思考を
鍛えるなら、初等幾何学もリストの中に入れるといいかも。

13 :マルチ文系:2007/01/06(土) 20:17:27
>>11
『パズルランドのアリス』だった。すまそ。

14 :Nanashi_et_al.:2007/01/09(火) 15:26:48
>>1
アンソニー・ウェストン『論理的に書くためのルールブック』が(・∀・)イイ!
もっと早くにこの本に出会いたかった。凄く分かりやすい論証文の教科書です。
この本では「論証」は様々な問題に関し異なる見解の是非を自力で検討する
手段と考えます。実用的な論証ルールを簡潔に解説していて非常に助かりますよ。

15 :Nanashi_et_al.:2007/01/09(火) 15:37:33
>>1
高校数学の範囲を終わらせたら、大学の微積分・線型代数・位相の教科書を勉強するといい。

16 :Nanashi_et_al.:2007/01/09(火) 15:46:00
論理的思考の訓練なんてあんまりやると行動力のない優柔不断野郎になるよ。
こだわりの作業職人にはなれても決断力優秀なビジネスマンにはなれんよ。


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)