2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

月の自転と公転周期が同じなのは偶然?

1 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 16:33:28 ID:9tdNvqNV
月の自転と公転周期が同じなのは、偶然な?
それとも、そうなる理由があるの?

そうなる理由があるなら、地球ではそうならずに
公転周期の方が365倍も長いのは何故?

物理的に説明できる人いますか?

2 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 17:05:20 ID:IgDuPhvK
>>1
ぐぐれ。

3 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 17:30:02 ID:9tdNvqNV
はい、説明できる方お願いします。

4 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 19:39:14 ID:???
>>3

ぐぐればすぐ出てくるのに・・・

5 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 20:21:40 ID:???
はい、お次。

説明できる方お願いします。

6 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 23:45:14 ID:???
月経のメコス自転と公転周期が同じなのは偶然?

7 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/03(土) 23:56:24 ID:???
代わりにぐぐった俺は優しいだろ。
http://www.google.com/search?rls=ja&q=%E6%9C%88%E3%81%AE%E8%87%AA%E8%BB%A2%E3%80%80%E5%85%AC%E8%BB%A2

削除依頼出しとけよ

8 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/04(日) 02:52:30 ID:???
はい、お次。

説明できる方お願いします。

9 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/04(日) 09:33:06 ID:???
はい、次の厨房さんどうぞ。

10 :DOHTEI:2006/06/05(月) 16:22:11 ID:???
ゴルァ!!
それはな、月がデカくて近いかららしいぜ!コノヤロー!
太陽はデカいけど、めっさ遠いねん!!
ザッツファーラウェイ!!

そんで、近くてデカいとどうなるかっちゅうと、
等ポテンシャル面が引き伸ばされるらしいよ?

どう引き伸ばされるかっちゅうと、
月と地球の近い側の面はお互いの重力で引き合う方向に伸びて
遠い側の面は、月と地球の重心回りの回転による遠心力で外側に伸びるらしいぜ、コノヤロー!

これを潮汐力つって、
地球も月のアレで海綿がグィングィンしてるやん?
その力が月にも働いてて、
月の形が等ポテンシャル面にぴったりフィットしてる時が、一番気持ちイイらしいよ?ハァハァ

で、月もまんまるじゃなくて、楕円形になってるから、
楕円の長い方が地球に向いている方が安定するぜコノヤロー!
だから月はいつも同じ亀頭を地球に剥けてるんだぜコノヤルー!

太陽と地球では、距離が遠すぎて月ほど潮汐力がないみたいだぜ、ゴルァ!







11 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/10(土) 23:10:50 ID:???
はい、説明できる方お願いします。

12 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/13(火) 22:09:35 ID:McRpBEv9
偶然

13 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/13(火) 22:26:01 ID:???
はい、説明できる方お願いします。

14 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/18(日) 13:17:51 ID:gexWX8kC
必然

15 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/18(日) 15:01:50 ID:???
有限の粘性力を考慮して地球や月を連続体と考えると,自己重力による収縮を天体内部の
圧力で支える事で天体表面が規定されている時,拮抗する力F_G=GMm/r^2が動径方向に
定常的に作用しない静的な解として,天体形状は通常は球体になる.さらに地球に対する
月や太陽など,外部重力の効果を考慮すると一般的には天体形状は楕円回転体(および
複数の天体がある場合にはその重ね合わせ)となる.ここで月に対する地球の潮汐力を
議論する事にすれば,特定の回転軸,すなわち月の構成物質が地球の重力に作用する力を
感じ,その後に月の硬度や質量分布等の地質的な因子を考慮して連続体力学的に決定される
軸l_z(重力の影響により引き伸ばされる方向)に対して長径aと短径bを定義する事が出来る.
そして,ここで月の自転周期と公転周期に有意な差異があると仮定すると,自転と公転の
周期を近付ける有限のトルクが発生する事が示される.すなわち,巨視的に見て月が柔かい
連続体であるならば,当然,自転運動を行いつつ地球の重力を受けて引き伸ばされる軸
l_zは,地球と月の重心を結ぶ直線から自転方向と逆方向にある有限な角度αを持つ事は
明らかであり,この引き伸ばされた部分も同様に地球の重力を受ける事を考えて,しかも
上の議論からα>0である事を考慮すれば,質量の偏り部分は,月の表側と裏側によらず常に
地球と月の重心を結ぶ直線に近い向きに引かれる事になり,これは自転の回転方向と逆で
ある.結果的に自転と公転に差が無くなるまで自転にブレーキ(もちろん,当初の自転周期
が遅すぎる場合には加速になる訳だが)が掛かり続ける事になる.さらに,この間の
過程が充分に断熱的で月の角運動量が保存されるならば,月は失った自転のエネルギーを
公転に与えざるを得ず,結果的に軌道半径が大きくなり月は地球からどんどん遠ざかる
訳だが,実際に昔の月は今より地球に近く早い周期で回っていた事などは中学で角運動量
を勉強した時に教科書のコラム欄で読んだ気がするが,このような知識が>>1のDQN生活に
何の役にも立たない事は明白であろう.

16 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/18(日) 15:05:23 ID:7qGEkCVW
定性的説明は分かったから、定量的裏づけをクレパス、・・・クレヨン。

17 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/18(日) 15:07:33 ID:7qGEkCVW
計算するとざっと100億年かかるとか?

18 ::2006/06/18(日) 15:15:09 ID:???
http://nanpalife.com

19 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/20(火) 03:53:21 ID:???
偶然、あなたが居るのも私が居るのも

20 :大嘘つき:2006/06/22(木) 14:01:10 ID:37k6O090
地球から重力を受ける粒子と慣性重量を保持する粒子は別の物なんです。

21 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/22(木) 18:30:19 ID:OqYioQgQ
月って地球じゃなくて太陽の周りを回ってるんだってね。だいぶ前に科学雑誌で読んだ。

22 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/22(木) 18:35:26 ID:???
違います。銀河系を中心にして回ってます。

23 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/22(木) 18:47:25 ID:???
はい、説明できる方お願いします。

24 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/22(木) 20:27:17 ID:???
巨大ブラックホールの重力場のもとに回ってます。
そして宇宙もビックバンの中心の巨大ブラックホールを中心に回る

25 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/23(金) 00:27:02 ID:???
えーと、wikipedia にも >>15 (読みづらいが)と同じような説明があった。要するに
1.月は地球による潮汐力のせいで楕円体になっていて
2. 近い部分のほうが遠い部分よりも強く引っ張られるから
3. 潮汐力は回転に対するブレーキとして働くってことか。
弾性体と考えるのか、流体と考えるのかがいまいち分からんが。

26 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/06/23(金) 01:02:20 ID:???
http://www.kagaku.info/faq/moon990820/index.htm

これみたらすぐわかったよん

>>1
俺も気になってた
きっかけを与えてくれてありがとんw

27 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/01(土) 12:30:35 ID:H7bH8Mm2
えー、スレタイの疑問に対する回答を納得するとして・・・
 
  地 球 の 自 転 と 公 転 周 期 が 同 じ
 
くなることはないんだろうか????????
つまり、太陽に対して同じ面が向いていることになり・・・・
昼と夜の世界が地上で固定されてしまう時代が・・・ガクブル(AA略

28 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/01(土) 14:59:18 ID:???
>>27
月がなければものすごい長い時間の後にはそうなるだろうが、
月の公転周期と地球の自転周期が一致したところで安定すると思われ

29 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/01(土) 15:29:06 ID:???
>>27
 要は潮汐力。こいつは質量に比例するけど、距離の三乗に反比例する。
だから太陽より月の方が影響は大きい。

30 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/01(土) 23:07:06 ID:???
大小は別にして、朝夕力が地球の自転と公転の周期を同じにするように働くのは間違いない。
きちんと計算すれば何年後にそうなるのかは計算可能。

しかし安心しろ。地球が太陽に飲み込まれるほうが早い

31 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 00:37:15 ID:oK6mBvUF
>>27の疑問に定量的説明回答きぼん

32 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 03:39:27 ID:EWDEUKxT
忘れろ。

33 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 09:03:03 ID:???
>>28
は?月があろうがなかろうが最終的には一致しますが?

34 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 10:40:19 ID:KA0zAc95
アルマゲドン、ディープインパクト...どうして月を楯にする計画を考えないんだ?

35 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 10:52:51 ID:???
>>28
その後、地球の自転周期(=月の公転周期)が地球の公転周期に一致すべく遅くなっていく。
もし太陽が膨張しなければ、何百億年後か何千億年後かは知らないが、いつの日にか、
太陽・地球・月が一直線に並び、互いに同じ面を向けたまま、回り続けるようになる。

36 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/02(日) 23:31:45 ID:???
>>34
彗星や小惑星の対策ができないんだから、月を動かすなんてできないからじゃない?

37 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/30(日) 02:10:10 ID:Iz92/sTw
>>34
そういや、月を利用して隕石に着陸しようなんて話があったな。
あれ、なんか無理っぽく感じたのは俺だけか?

38 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/30(日) 11:24:15 ID:???
隕石に着陸してどうすんだ
既に天体に落下済みじゃないか

39 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/30(日) 20:05:57 ID:???
スイングバイぐらい勉強しろ

40 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/07/31(月) 12:17:09 ID:???
>>39は誰に言ってるんだ?

41 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/01(火) 00:20:15 ID:???
>>34
月が落ちてきたらもっと怖いだろ

42 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/01(火) 20:23:54 ID:21yUI0ey
ここからのこのスレのテーマは、
 
1. 何らかの原因で
2. 月が現在の公転軌道を大きくズレて著しい楕円軌道を描くようになったと仮定する。
 そのとき、地球(気候風土、生物界及び人類社会など)にはどんな影響があるか?
 
ポイントは以上の1.〜2.で、討論&科学計算などスタート!

43 :a:2006/08/03(木) 21:19:53 ID:nlLwSwR2
偶然でしょう。地球なんか、365倍も違う。月の場合、
公転といっても、太陽を回る公転と、地球を回る公転と
ある。それだけ、パラメタが増えてくる、恒星ー>惑星ー>衛星の
順で。パラメタが増えてくると、ぐうぜんの一致も起こりやすくなる。
木星の衛星などでも、一致しているものはあるそうなので、偶然という
事で十分説明可能でほう。

44 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/03(木) 21:26:59 ID:???
はいはいわろわろ

45 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/03(木) 22:05:24 ID:4EEaNmnT
俺が不思議なのはイオの自転周期なんだが、誰か教えてエロい人!!

46 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/04(金) 00:50:57 ID:???
自転周期=1日18時間27.6分=公転周期
だそうです。

47 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/04(金) 20:16:16 ID:???
18時間で公転するんか。速いな。

48 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/05(土) 03:20:13 ID:???
毎日1歳年取るんだ。ウラシマ効果だな。

49 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/06(日) 10:56:01 ID:???
>>48
衛星の公転は年じゃなくて月だろ。

50 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/06(日) 14:34:57 ID:???
>>47
42時間だから、地球時間の1日と、18時間でしょうね。

>>49
そうだっけ?そしたら、一年はどうやって定義するんだろ?

51 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/06(日) 15:22:47 ID:???
1年は季節のサイクル。1日は日照のサイクル。
だから、衛星の自転周期が衛星の1日。衛星が回っている惑星の公転周期が1年じゃない?

衛星の惑星に対する公転周期は、単に惑星の満ち欠けの周期ではないかと。

52 :a:2006/08/18(金) 16:10:18 ID:an3kr1pe
>>51 すごい理路生前な説明ですね。それで思いついたのですが、
潮汐が働く場合は、汐の周期つまり出産の周期つまり月経の周期です。


53 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/18(金) 17:55:55 ID:???
そういうレスはお花畑板で

54 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/19(土) 18:28:32 ID:???
月の回転は偽自転だ!
月は自転していません。月の回転は共通重心による見かけの回転です。
本質的な自転は既に停止しています!

これを私は月-地球系とみなし、系理論と名づけました!

55 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/19(土) 19:51:24 ID:???
ほうほう それで?(AA略)

56 :ご冗談でしょう?名無しさん:2006/08/19(土) 21:11:23 ID:???
つまり、潮汐力で同期自転した時点で本質的な時点は停止なのです!

これ以降の回転は、系による作用です。

証拠に、月の公転周期がαに変わると=自転周期もαとなる!これは一定です、つまり自転ではない!
当然見かけのコリオリ力なども観測されるが、系によるもので自転の証拠にならない。

私だけが、真実に気付いている!!


57 :a:2006/08/22(火) 15:14:51 ID:???
いや、これは自転です。なぜなら、この「回転」によって月が扁平になる
効果を考えてみよ。もし月が自転していなくて公転だけしている。つまり、
月は、静止系に対して同じ面を向けており、従って、地球に対しては
いろんな面を向ける事になるが、そのとき、地球の周りを公転する力では
月は扁平になりません。遠心力と向心力は釣り合っているからです。
ところが、現実に起こっているように、月が地球に同じ面を見せ、静止系
に対しては「自転」している場合、この回転によって、月は扁平になるの
です。だから、これは、明らかに重心の周りに角運動量を持っているから
であり、自転なのです。その起源が、潮汐力であるか、生成時の初期
角運動量か、という事は、この扁平になる、というか、力学的な明白な
効果に比べたら、些細な事で、>>56 の発見は、バカだ、という事になります。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)