2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【環境問題】二酸化炭素による「地球温暖化」はウソ

1 :1:2006/08/03(木) 21:45:58 ID:v7ZC+YXd
クールビスとか呑気にやってはいるが、
二酸化炭素が地球を温暖化させている根拠は薄弱。
どうしてこんな嘘が世界でまかり通るのか?

ttp://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0234/ss02342.htm


2 :名無しSUN:2006/08/03(木) 21:53:42 ID:GF/NNUZ5
2げっと

3 :名無しSUN:2006/08/03(木) 22:10:03 ID:IVERbCh0
カメだが勝ったから

4 :名無しSUN:2006/08/03(木) 22:29:42 ID:rvbroAJt
中国の経済発展を食い止めたいから。
原子力の利権がかかっているから。
国民的・世界的総意を形成したいから。

5 :名無しSUN:2006/08/04(金) 10:06:24 ID:49lZyNO6
末期症状の太陽さんが最期の一踏ん張りで

  いつもよりサービスアップしてくれてるのとちがうんか?

     ちょっと、ありがた迷惑な話しやケド・・・太陽さんからは人間なんかいるのかさえわかってないんだろうね。



6 :名無しSUN:2006/08/04(金) 10:35:46 ID:o9cRWwie
観測データを見れば過去100年間にどの地点でも平均気温が2℃程度上昇しているは明らかなのだが・・・。

http://www.data.kishou.go.jp/mdrr/smp/jp/index.html

30年移動平均グラフを使ってみればこの温暖化傾向は明瞭。
阿蘇山・南鳥島・寿都などの非都市部でもかなり上昇している。

過去の気温変動の歴史を見れば太陽活動など、自然変動要因と結びつけるのは余りにも短期的、急激な異常高温であり、不自然だ。
二酸化炭素が温室効果期待である以上、そして280⇒380ppmまで増えているのだから気温が上がるのは当たり前。
観測データが全てを物語っている。

7 :名無しSUN:2006/08/04(金) 12:35:20 ID:jZvyfKGF
476 :名無しSUN:2006/07/26(水) 00:50:56 ID:xfgcbct2
確かに温暖化に関係はなくても節約や環境に配慮する事は大事だと思う。


477 :名無しSUN:2006/07/26(水) 08:00:03 ID:KgdZ1NW+
http://100.102.606.2.254001.net/1001.e6a3aee794b020e6ada3e58589.html
正光さんの著書にもあったけど
人間活動の急速な拡大による「環境破壊」「環境汚染」進行と
「地球温暖化」「異常気象」を
意図的に混同しないで欲しい。
前者の原因は明らかだけど
後者の場合は自然変動によるフィールドバック効果もあるし
大きなスケールで考えるべきだ。

環境破壊=地球温暖化という捏造的な
風潮が蔓延してしまうと、
問題の本質から論点を逸らそうとしているようにしか思えない。



478 :名無しSUN:2006/07/26(水) 08:01:00 ID:KgdZ1NW+
http://www.sam.hi-ho.ne.jp/quimito/tutida.html


479 :名無しSUN:2006/07/26(水) 08:05:21 ID:KgdZ1NW+
>>473
それも正光さんが指摘していた。
既に15年程度前のバブル期に。
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1123552148/l100
>>1 ↑ここと重複

8 :名無しSUN:2006/08/04(金) 12:36:26 ID:jZvyfKGF
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss025/ss025.htm
総論

9 :名無しSUN:2006/08/04(金) 14:28:03 ID:HTO4aiuQ
重複

【無意味】地球温暖化【暴論】
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1123552148/

まだ温暖化防止とかいう馬鹿
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/sky/1136462603/

10 :名無しSUN:2006/08/08(火) 05:26:27 ID:zLAp9u7/
     i:::::::::::::i:::::::;:::::::::::::::::::::::::/i:::::/ i::::::::::::::::::::::| そんなことよりもっと考えるべきことがあるだろう。
     |::::::::::::|:::::/::::::::::;:::::::::/ /:::/  i::::::i:::::::::::::i たとえば『地球温暖化』だ。
     |:::::::::::|:::::i:::::::/::::/  /:::/   |::::|:::::::::::/ CO2排出量増加による地球温暖化は常識だね?
     ∨:::::::|::::|:::::イ:::/   /:::/    |::::|:::::::::/ そう、常識だ。いや、常識だと多くの人々が思っている。
      ∨:::::|:::| ̄ナナ=、  /::Zz=='"T:T|:::::::/  だが、実はCO2が地球温暖化の原因だという証拠は無いんだよ。  
      ∨:::|::|::ャ代戌ナ= // 弋戌テT:ァi::::::/   そもそも地球温暖化という現象は仮説に過ぎない。 
       ∨:::i:i/ i/     /      i/./:::::/,_,, そう主張する人も少なくない。
       rヤ::::|i. !    /       /i::::::ハ Y  ふっ、どうも私は口下手で困るよ。
      ,,イrヤ::::|ゝ.      i     / ,イ::::< .〉 .ト、 つまり常識を疑えということだ。
    rイ! レヤ:::|i .ゝ.   _ _     .イ.|:::/ ソ  ! ト‐、
>ー''フ/''|  | ヤi::| i .|\      // |::/ /    ト、 `ー、
   / i   i ャヤi j  > 、  //./  |:i /    | Y


11 :名無しSUN:2006/08/08(火) 05:56:50 ID:YusnIrC+
                      ∴∴∴∴ 
                    ∴∴∴∴∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|


12 :名無しSUN:2006/08/09(水) 21:37:37 ID:WlWdm+/6
>>1
過去の大気中におけるCO2濃度の上昇をしめすグラフと気温の上昇のそれとが一致するからだろ。
CO2が温室効果をもっているのも事実だし。

13 :名無しSUN:2006/08/10(木) 21:36:24 ID:GgwpO1o0
>>12
グラフにすると気温の変化に
二酸化炭素は「遅れて追いかけること」で一致するそうだ。

14 :名無しSUN:2006/08/10(木) 22:21:35 ID:N80pyJ67
また飴の工作員か

15 :名無しSUN:2006/08/11(金) 22:17:39 ID:6z7DMtgz
>>14
いや、事実だ。

16 :名無しSUN:2006/08/11(金) 22:36:08 ID:WyQl7L3Q
まぁそうだな
地球が温暖化してるからそれが原因で二酸化炭素が増えてる
つまりCO2が原因で温暖化してるわけではないと
それが定説だないまは

17 :名無しSUN:2006/08/11(金) 23:08:57 ID:cqSUDXD0
気温が上昇するとあとから二酸化炭素濃度が上がるのは
温室効果とはまったく別の何らかのシステムの働きによるだろう。
これは短期的変動にのみ着目した見かけ上の変化(季節変動みたいなものと同じだ)であって、
二酸化炭素が温室効果を持たないことの証明にはなんらなっていない!

長期的にみれば温室効果気体が増えれば熱を吸収するため、
気温が上昇する。

18 :名無しSUN:2006/08/11(金) 23:29:06 ID:YIDJyUM/
CO2が増えてるのは事実だけど、
実際の気候変動は主に太陽活動に起因すると考えるほうが普通。

19 :名無しSUN:2006/08/11(金) 23:34:42 ID:YIDJyUM/
まっ地球のCO2が増えすぎて、
酸欠で人類が窒息死するまで何にもしないで絶滅するんだろうな・・・

暑いのも寒いのも嫌だし、あらゆる欲望は果てしないからな。。。

20 :名無しSUN:2006/08/11(金) 23:50:44 ID:NrgcfavQ
>>19
いい事教えてあげる。現在の地球上のCO2濃度って
植物にとっては薄すぎるんだよ。つまり人間が標高の高い山で
呼吸困難になると同じぐらい、植物は光合成が困難なわけ。
そしてCO2濃度があがればあがるほど光合成は促進され
(農家がよくビニルハウスの脇で物燃やして、CO2をビニルハウスに入れてる)、
植物は成長する。だから人間が「最近ちょっと酸素薄くねぇか?」
と感じるようになったと思ったら、あっという間に光合成で解決だから。
残念でした。

21 :名無しSUN:2006/08/12(土) 09:48:50 ID:d87MHoLj
>>20
あっという間ってことはないだろう。
植物が光合成をするようになってから現在の酸素濃度になるまで
何億年もかかってるんだから・・・

22 :名無しSUN:2006/08/13(日) 11:55:49 ID:99jQiBBP
>>18
温暖化の主原因が太陽活動だとしてもCO2に温室効果があるのは間違いないんだから
CO2を減らす努力はしたほうがよくね?少しは温暖化のペースが落ちるかも知れないし。

23 :名無しSUN:2006/08/13(日) 12:04:50 ID:/CEcIyQj
100年後の人間などどうでもいい。

24 :名無しSUN:2006/08/14(月) 11:40:17 ID:wd0017rP
人間は発汗作用のおかげである程度の熱さには耐えられる。
逆に体毛の大部分がなくなったせいで寒さには弱いから
暖冬傾向になればなるほど人間には好都合。

25 :名無しSUN:2006/08/16(水) 09:20:45 ID:fb2PMeR0
>>24
え・・・でも寒かったらたくさん着込めばいいけど
暑くても裸までしかなれないからやっぱ暑くなるのはまずいんじゃないか。

夏の気温はこれ以上上がらずに冬だけ少しあったかくなるとか都合よくいくならいいが・・

26 :結論!:2006/08/16(水) 09:25:29 ID:wHaDOn6Y
真夏日 1941-1970→1971-2000

室戸岬 23→8
大阪  68→68
名古屋 61→58
東京  47→46
秋田  20→16
仙台  17→17
潮岬  21→19
厳原  26→24
松山  61→56
八丈島 24→15

理科年表80箇所のうち、1941-1970より1971-2000のほうが
・真夏日が減った 41箇所
・真夏日が増えた 22箇所
・変わらず    17箇所


27 :名無しSUN:2006/08/16(水) 09:33:07 ID:wcoMDMQB
http://tanakanews.com/f0827warming.htm


28 :夏の寒冷化を隠蔽!:2006/08/16(水) 13:15:56 ID:wHaDOn6Y
■東京(大手町)の平年値

1941-1970年最高気温平均/1971-2000年最高気温平均
6月:25.3℃/6月:25.2℃(▲0.1℃低下)
7月:29.2℃/7月:29.0℃(▲0.2℃低下)
8月:31.0℃/8月:30.8℃(▲0.2℃低下)
9月:27.0℃/9月:26.8℃(▲0.2℃低下)

1941-1970年の真夏日平年値:47.1日
1971-2000年の真夏日平年値:45.6日(▲1.5日減少)

1941-1970年の夏日平年値:108.0日
1971-2000年の夏日平年値:106.1日(▲1.9日減少)

最高気温の平均、真夏日・夏日、いずれもこの60年間で減少。
体感イメージを一切排除した、あくまで客観的なデータが示している事実。

ではなぜ、東京の夏は寒冷化したのですか?
マスコミは「温暖化」という、寒冷化しているデータの
真実と逆のウソを流布しているのは許せません!


29 :名無しSUN:2006/08/16(水) 15:38:48 ID:ze9gRQVT
どんどん増やせ!二酸化炭素、

30 :名無しSUN:2006/08/17(木) 02:47:04 ID:ryi9N9KS
http://www.geocities.jp/x_meishu/kagakutekishoumei.html

31 :名無しSUN:2006/08/17(木) 09:32:03 ID:iujZzgh4
>>26>>28
最高気温の平均はともかく真夏日日数なんかは年によってかなりバラつきがあるから
あまり参考にしないほうがいいと思うよ。
年ごとの平均気温をグラフにしたものがあれば一番わかりやすいんだけどね。

32 :名無しSUN:2006/08/17(木) 09:54:11 ID:Tca0yGt1
今朝の最低気温 秋田27.4℃ 酒田27.0℃ 
新潟28.8℃ 相川29.7℃ 高田29.2℃ 敦賀28.1℃
神戸28.4℃ 姫路28.8℃ 広島29.5℃ 佐賀28.9℃
名瀬29.1℃など・・・。

これでも寒冷化が進んでいると言い張るのか?最低気温30℃突破寸前!!
暑すぎて眠れない、ふざけるな!!

33 :名無しSUN:2006/08/17(木) 10:16:52 ID:ZhyUKdnc
>>32
たった一日の出来事で「○○化」
と決め付けるのはどうかと。


34 :名無しSUN:2006/08/18(金) 14:14:56 ID:Ylnm4RKD
>>33君の観察眼はふしあなさん

もう、本州西部なら相当な田舎でも目で見て分かるほど蝉の
入れ替わりが分かるよ。
海沿いなら回遊魚の回帰日なんかもおかしい。

35 :名無しSUN:2006/08/18(金) 15:14:41 ID:4Drxou8K
そっかww
暑くなるんじゃなくて冷えなくなっっタンじゃんww
最低気温のデータも同様にお願いします>>1さんww

36 :名無しSUN:2006/08/18(金) 15:54:13 ID:0BnuCvPb
>>1
根拠が薄弱=嘘と決め込むのはいかがなものかと・・・

37 :名無しSUN:2006/08/18(金) 16:25:06 ID:9WYtKbgs
コメ異変、北海道産の人気上昇
http://www.asahi.com/life/update/0818/006.html
「子どものころと比べると冬が来るのが1カ月遅い。雪の深さも半分くらいになった」と語る

原因は、稲穂が出て成熟する登熟期の気温が高いために起こる高温障害。稲の呼吸量
が増えて栄養分が不足する。農水省によると佐賀県では05年の登熟期の平均気温が
28度と30年前より3度上がり、高温障害が急増するという27度を超えた。



38 :名無しSUN:2006/08/18(金) 17:33:42 ID:ySgO1De0
あちいねえ 軽井沢がこんなにあちいのはこの十年くらいだぜ

もっとも、直接加熱してるのはエアコンの排熱とクルマのエンジン、排気ガスだがな

39 :名無しSUN:2006/08/18(金) 17:50:08 ID:7nqRk99I
                      ∴∴∴∴ 
                    ∴∴∴∴∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|


40 :名無しSUN:2006/08/18(金) 19:54:33 ID:HmqjKUFJ
地球大気に含まれるCO2は、0.03%だ。そんなもので温暖化になるわけがない。CO2の温室効果なんて、ほとんど無しに等しい。

41 :名無しSUN:2006/08/18(金) 21:22:57 ID:0BnuCvPb
>>40
いくらなんでも温室効果なめすぎ。
つーかそんな理屈が通ったら体重100キロの人は30グラムの青酸カリを注入されたって
死ぬわけないとかそういう話になっちまう。

42 :名無しSUN:2006/08/18(金) 22:07:21 ID:cqTI/ygC
>>41
じゃあおまいはCO2の温室効果をどれだけ理解してんだってんだよ。
メタン、水素、フロンガスだって温室効果ガスだぞ。
しかも水素はCO2よりはるかに温室効果があって、CO2と比べ物にならないほど
大気中に存在してるんだぞ。

夏が少し熱いからって、温暖化信者はガタガタうるさい。

43 :名無しSUN:2006/08/19(土) 02:05:51 ID:xM2pnDnh
>>42
水蒸気が比べ物にならないぐらい沢山あるからこそ、本来なら極寒地獄のはずの地球が今の気温に保たれているんだと思うけど・・・
それに濃度が0.03%ってかなり濃いと思うぞ。
地球に来る紫外線の多くを吸収してくれる成層圏のオゾン層の一番厚い部分でも、そこの大気の0.012%かそこらじゃなかったっけ?
それに地球温暖化の一番怖いのは、温暖化傾向が進む途中からはもはや人間が出す二酸化炭素が原因じゃなくても暖かくなっていくことにあるんじゃない?

44 :名無しSUN:2006/08/19(土) 02:42:50 ID:Q5Zk1wZG
温暖化してることは事実だが。CO2が原因かは置いておいて
>>42の言うようにメタンの温室効果のほうが怖い。
温暖化は緩やかに進んでいるように見えるが、ある時点で急速に温暖化する。
現在の気温では、凍っているメタンハイドレートが溶け出すと百年後なんて
長い時間をかけずに平均気温がかなり上がるそうだ。

エネルギー問題解決の為、試掘され始めているが今のところ凍ったまま取り出す
技術がないというのがあほかと思う。大気中で12年ほどで分解するらしいが
それにも関わらず。5500万年前の温暖化の際には、人間一世代の期間に平均気温
は7度上昇したそうだ。海面も相当上昇するんじゃないだろうか。
CO2説はこれの隠蔽工作なんじゃないかとも思ったり、水素は次世代燃料の筆頭だしね。

アメリカ人の研究の理屈には金が絡むからな。テロ対策とかいう中東いじめの発端も
アメリカへの供給が優先されなくなったことらしいし、原油CO2=悪のイメージもその
延長かと。戦争しないと軍需産業は行き詰るし、平和なんて望んでいないのは明白。
ついでに原油関連企業は、代替燃料の準備ができてないから儲かるしな。

アフリカは銃弾の処理場、中東は原子力の技術で生き残りを図っては駄目。
日本はアメリカの軍事に手を貸せ、金も払え。オイルサンドのあるカナダ
ベネズエラ、穀物と肉、エタノールの供給源のブラジルはFTAAでアメリカを
支えろ。日本のアメリカ好きも大概にしたほうがいいんじゃないか。

アフリカ大陸はアメリカ締め出しに動いてるし、FTAAもブラジル他各国に拒否られ
(会議中のブッシュの顔は笑えた。あれ、こいつらついて来ない(゚ロ゚;みたいな)
インドはIT関連の技術をアメリカから奪い。ロシアは復興の兆し、中国には赤字
GDPでも2位につけられ(それでも倍以上の差をつけてるが、金権軍事政治の賜物だな)

日本の外交ってなにやってるんだろね。日中戦争で負けたのに似てる状況だな。
あとはアメリカに裏切られてあぽん。

45 :名無しSUN:2006/08/19(土) 09:18:01 ID:kLSB8Q8d
>>42
水蒸気はある程度の濃度に達すると雨になって降っちゃうからそれ以上は増えないけど
CO2はまだまだいくらでも増える余地があるから怖いんだろ。

46 :名無しSUN:2006/08/19(土) 10:15:36 ID:PB+jfeOW
CO2はすぐ海水に溶けるんですが

47 :名無しSUN:2006/08/19(土) 10:31:30 ID:ZRhwpE02
二酸化炭素は人間がチビチビ増やしたって言うより
海水が温まることで放出されたって考える方が自然だと思いますが。

あとさ温暖化支持派の人は、書き逃げするんじゃなく
気温upの根拠が、都市化や太陽活動でもなく
人間が増やした(これも疑問)CO2だって言うことを
説得的に論じてくれないかな?

48 :名無しSUN:2006/08/19(土) 10:46:44 ID:kLSB8Q8d
>>46
すぐに溶けきるならCO2濃度は上がらないって・・
もちろん海がCO2を吸収してるのは事実だがCO2は吸収される早さより
放出される早さのほうが早いから濃度が上がってるんでしょうが。


49 :名無しSUN:2006/08/19(土) 10:55:55 ID:5AVK9IFN
地球は今でも冷え続けている。
誕生以来気温は上がったり下がったりしながらも下降トレンドをとっている。
今はたまたま上がっているだけと思っているのだが…

50 :夏の寒冷化を隠蔽!:2006/08/19(土) 11:05:49 ID:utSHdPqG
■東京(大手町)の平年値

1941-1970年最高気温平均/1971-2000年最高気温平均
6月:25.3℃/6月:25.2℃(▲0.1℃低下)
7月:29.2℃/7月:29.0℃(▲0.2℃低下)
8月:31.0℃/8月:30.8℃(▲0.2℃低下)
9月:27.0℃/9月:26.8℃(▲0.2℃低下)

1941-1970年の真夏日平年値:47.1日
1971-2000年の真夏日平年値:45.6日(▲1.5日減少)

1941-1970年の夏日平年値:108.0日
1971-2000年の夏日平年値:106.1日(▲1.9日減少)

最高気温の平均、真夏日・夏日、いずれもこの60年間で減少。
体感イメージを一切排除した、あくまで客観的なデータが示している事実。

ではなぜ、東京の夏は寒冷化したのですか?
マスコミは「温暖化」という、寒冷化しているデータの
真実と逆のウソを流布しているのは許せません!


51 :名無しSUN:2006/08/19(土) 11:15:01 ID:kLSB8Q8d
>>47
俺は一応温暖化支持派だが・・別に温暖化に太陽活動が関与していないなどと言うつもりはないぞ?
その可能性も十分あるんじゃないかと考えている。ただそうだとしてもそれが全てではないと思う。
まずCO2に温室効果があるのは事実だし人間の活動でCO2が放出されているのも事実。
人間の活動が温暖化の主原因ではないとしても原因の一部である可能性はある。
とすれば温暖化をストップさせることはできないとしても進行速度を落とすことくらいは可能かもしれない。

・・あと確かに温暖化の原因が人間活動だという明確な証拠はないが
人間活動が関与していないという証拠もないんだから説得的(あまり聞きなれない言葉だが
言いたいことはわかるのでよしとしよう)に論じなければならないのはお互い様でしょ。

52 :名無しSUN:2006/08/19(土) 11:17:55 ID:KusTbgQ0
大体二酸化炭素濃度が280から370ppmまで増加しているのに、
気温がそのせいで全く上がっていない!ということのほうがおかしい。
これだけ濃度が増えているという観測データがあるのだから、そのために気温が上がるのは当然!
むしろこれだけ濃度が上がっているのに、地球の気候に何の変化も無かったらそれこそミステリーだろ。

53 :名無しSUN:2006/08/19(土) 11:19:29 ID:xM2pnDnh
以前地球が寒冷化しているって言う説が流行ってた時の本を見ると、
政府や企業は己の利益のために寒冷化の事実を隠しているって書かれてるのよ。
今地球が温暖化しているって言う説が流行っているからその手の本を見ると、
政府や企業は己の利益のために温暖化の事実を隠しているって書かれてるのよ。

へっ、どうにでもなれ そん時になって見なきゃわかんねえ

54 :名無しSUN:2006/08/19(土) 11:22:25 ID:PB+jfeOW
>>48
そのせいだけで上がっているとはとーてー思えない
どう考えても過剰な森林伐採が原因です、本当にありがとうございました

55 :名無しSUN:2006/08/19(土) 11:30:33 ID:kLSB8Q8d
>>54
過剰な森林伐採→植物の光合成量の低下→吸収されるCO2量の減少だろ。
>>48の「吸収される早さ」の低下に繋がるわけだが。


56 :名無しSUN:2006/08/19(土) 12:12:33 ID:UiS9r28v
温暖化の原因は二酸化炭素でなく
メタンだよw

57 :名無しSUN:2006/08/19(土) 12:58:49 ID:kLSB8Q8d
>>56
両方と考えるのが妥当だと思うが。
というか根拠も述べずにそれだけ言われてもな・・

58 :名無しSUN:2006/08/20(日) 00:55:33 ID:K5HbSWJ1
森林伐採で問題なのは、植物自身の持つ温度調整能力を失うことにある。二酸化炭素
の分解能力は藻類のほうが圧倒的に上。

伐採によりあらわになった地表に、都市部では、さらに吸熱特性の高いアスファルトを敷き詰めたりしてる
ことが問題。本来植物が熱をエネルギーに換え貯蔵するのに対して、アスファルトは裸の地面が反射できる
熱まで吸収している。大気中に放熱できなかった大部分の熱は、下水を通して海へと循環する。
その上、人間の生活で出た熱の多くは海へ流れている。

空気というのは本来熱伝導率が著しく悪い。水分は熱を伝える能力が高く、保持する時間も桁違いに長い。
50年前と比べて世界のエネルギー消費は5倍以上。膨大なエネルギーの多くは人間が使いきれずに
海へと流している。エルニーニョのような海面温度の上昇をもたらすには十分。

南米沖の大規模な海流の流れから独立している地域で起る海面の温度上昇のことだが、本来はオーストラリアから
インドネシア、フィリピン、台湾、日本、サハリン、アラスカと流れる過程で冷やすはずの海流が暖められ、
カナダ、アメリカ西海岸、メキシコから南太平洋まで南下、赤道の熱でさらに加熱されることで南太平洋還流
をまるごと暖めるということだが。エネルギー消費でいえばこの流れ沿いはぴか一。

その2へつづく

59 :名無しSUN:2006/08/20(日) 00:56:48 ID:K5HbSWJ1
その2

ここで大事なのは、エネルギーの消費カロリーを下げないと温暖化は止まらないということ。
もしくは、骨の髄まで使い切って(冷やして)から流すのが大事でCO2消費は惜しいけど
的外れでもある指標だということ。過去の気候変動の研究では海流および海水温のほうが影響が大きい。

冷やすのに腐海の木々のように植物に太陽や人間の出す熱を奪ってもらうのは現在のエネルギー消費を続ける上では
有効だけれど、根本的にエネルギーの使い方の効率化を図る。不要なエネルギーは採らないというのが自然になじみやすい。
化石燃料は”腐海の木々”の成れの果てですから燃やして喜んでいる場合でもないというのは一面の真理。
過去に降り注いだエネルギーを再利用するのは止めたほうがいい。太陽を2個にするようなもの、エタノールはその点
現在のエネルギーを変換して利用するわけだからまだましですね。

メタン以前の温度上昇のシナリオはこのような感じでしょうか。メタンハイドレートは
できれば使わずいたほうがいいけど、主要な地域は日本近海に広く分布しているのでエネルギー
大国になりたい日本は開発するでしょうね。逆に寒冷化したときの起爆剤のほうが向いている
気がしますけど。暖かい地域になってアジアのメタン王になるのとどっちがいいですかね?(゚ロ゚;




60 :名無しSUN:2006/08/20(日) 01:05:29 ID:mi+Td1fV
石油や石炭や天然ガスは
そもそも
(2億年近く続いた)恐竜などの死骸が蓄積して生まれたものが殆ど。
大元を辿れば太陽からの熱源。

61 :名無しSUN:2006/08/20(日) 01:11:15 ID:mi+Td1fV
植物・藻類の光合成によって炭化水素(その他、雑多な化合物)
として固定化し食物連鎖によって(ry…


62 :名無しSUN:2006/08/20(日) 10:00:01 ID:gQLR6hW3
しかし植物が光合成で固定したCO2って石炭や石油みたいな形で封印されない限り
結局は消費者や分解者の活動で大気中(または海中)に戻っていっちゃうんだよな・・

63 :名無しSUN:2006/08/20(日) 10:14:21 ID:h5mnEp0+
炭酸ガスの固定なら、こんなアイディアはある。
1、炭酸ガスと水素を化合させてエチレンを作る。
2、エチレンからポリエチレンを重合し、大きな塊を作る。
3、砂漠かどこかに積んでおく。

商業的にペイできるかどうかはシラネ。

64 :名無しSUN:2006/08/20(日) 11:43:10 ID:kWY/hnxt
       | ̄P━━━━━━
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|
      | エア   |
      | ダスター|
      |   . |
      |   . |
      |___|
        ∴
        ∴
       ∴∴
       ∴∴
      ∴∴∴      .        _ ,.... -‐‐
      ∴∴∴∴       ,...- ' ゙゙
                 , '´ヽ ヽ    _/
              /   j´  `'ー、_ j
              /  /`´      !ノ
           /  '!.j
          ,!'


65 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)